検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

G Suite の各エディションの比較

G Suite アカウントをお持ちの場合は、ログインすると、現在ご利用いただける機能やアップグレードについてご確認いただけます。

以下に各エディションの比較がまとめられています。

基本的なサービスと機能

エディションによっては、基本サービスの一部の機能が含まれない場合があります。たとえば、Gmail はすべてのエディションに含まれていますが、メールの S/MIME 暗号化機能は G Suite Enterprise でのみご利用いただけます。

具体的な相違点については、下記の各表をご覧ください。

  G Suite Enterprise G Suite Business G Suite Basic
メッセージ機能: Gmail、カレンダー、コンタクト
ストレージとコラボレーション: ドライブ、ドキュメント、ハングアウト
ウェブ フォーラムと共有の受信トレイ: ビジネス向け Google グループ
ドメイン全体のメールとドキュメントの検索、メールの保持: Vault ✘*
その他の Google サービス: Blogger、YouTube など
G Suite サービス内コンテンツの横断的な検索とアシスタント機能: Cloud Search **

* Google Vault は、G Suite Basic の有料アドオンとしてご利用いただけます。

** Google Cloud Search は、G Suite for Education ではご利用いただけません。

ご利用とサポート

  G Suite Enterprise G Suite Business G Suite Basic
最大ユーザー数 無制限 無制限 無制限
ユーザーあたりのメール、ドキュメント、写真の容量 無制限 * 無制限 * 30 GB
99.9% の稼働率の保証
24 時間 365 日の電話サポート
優先的なメールサポート
ビデオ会議

* 4 人以下のアカウントの場合、ユーザーあたり 1 TB になります。

セキュリティとビジネス向け管理機能

  G Suite Enterprise G Suite Business G Suite Basic
パスワードの確認と安全度の管理
2 段階認証プロセス
シングル サインオン(SSO)
SSL 接続の適用
ユーザーが管理するセキュリティ キー
ドメイン全体で管理者が管理するセキュリティ キー
   
モバイル端末の管理 *
モバイル監査 **
ドライブの詳細な監査とレポート
ドライブの高度な管理機能
ドライブのデータ損失防止(DLP)***
Gmail のデータ損失防止(DLP)(下の注記を参照)
BigQuery での Gmail ログ検索
サードパーティ製アーカイブ ソリューションとの Gmail の統合
セキュリティ キーの管理
メールの S/MIME 暗号化
自動プロビジョニングを設定できるアプリケーションの上限数 **** 無制限 無制限 3
   

* モバイル端末管理の一部の機能(「端末の所有者」など)は G Suite for Education ではご利用いただけませんが、別途ご購入いただけます。

** モバイル監査は G Suite for Education ではご利用いただけません。

***

2017 年 1 月 31 日以降、Gmail のデータ損失防止(DLP)機能は G Suite Enterprise でのみご利用いただけます。2017 年 3 月 31 日時点で G Suite Business をご契約中のお客様は、ライセンスを継続的に更新する場合、2020 年 1 月 31 日まで Gmail の DLP 機能を継続してご利用いただけます。

**** 4 個以上のアプリケーションに対してユーザーの自動プロビジョニングを設定している場合、G Suite Basic に切り替えるには、まずユーザーの自動プロビジョニングが設定されたアプリケーションを 3 個にまで減らす必要があります。

ブランディング

  G Suite Enterprise G Suite Business G Suite Basic
カスタム メールアドレス
([ユーザー名]@[会社名].com)
Google サイトでの www アドレス(www.[会社名].com)
広告の無効化
複数のドメインのアドレス
([ユーザー名]@[会社名 2].com)

連絡先、メーリング リスト、グループ

  G Suite Enterprise G Suite Business G Suite Basic
メーリング リスト(管理者が管理)
メーリング リスト(ユーザーが管理)
グローバル ディレクトリ(内部の連絡先)
グローバル ディレクトリ(外部の連絡先)
フォーラムと共同トレイ

ご利用いただけるサービス、機能

  G Suite Enterprise G Suite Business G Suite Basic
サポートされているブラウザ
スマートフォンとタブレット
オフライン メールとドキュメント エディタ
IMAP と POP メールのサポート
Microsoft® Outlook® のサポート

移行サービス

  G Suite Enterprise G Suite Business G Suite Basic
移行ツールとサービス
Exchange®、IBM® Notes®、その他のウェブメール ホストからのメール、連絡先、カレンダーの移行
ウェブメール ホストからのメールの読み込み
Exchange からの複数ユーザーの読み込み
IBM Notes からの複数ユーザーの読み込み

企業向け同期設定

  G Suite Enterprise G Suite Business G Suite Basic
ユーザーデータの LDAP サーバーとの同期
G Suite での Exchange カレンダーの使用
 
他の機能を見る: Gmail 機能比較表
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。