通知

Duet AI は Gemini for Google Workspace になりました。詳細

Google Workspace の各エディションの比較

Google Workspace には、個人、中小企業、大規模組織、学校向けのサブスクリプション オプションがあります。以下のカテゴリで各エディションの比較をご覧ください。

  • Business - ユーザー数が 1~300 人のビジネス向けの生産性向上スイート
  • Education - 所定の要件を満たす教育機関向けの割引されたスイート
  • Enterprise - 無制限のユーザーに対する優れたセキュリティと高度な制御が追加で利用可能
  • Essentials - Gmail を使用しない生産性向上ツールとコラボレーション ツール

ご利用のエディションを確認するには、ご利用のエディションとお支払いプランを確認するをご覧ください。

Education のエディションの比較

Education には、小学校から高等教育機関までご利用いただける、指導と学習用の生産性向上ツールスイートが含まれており、いくつかのエディションが用意されています。以下の表は、基準を満たしている教育機関でご利用いただけるエディションを比較したものです。

  • Education Fundamentals - 所定の基準を満たす学校および大学は、Google のコアサービスおよびその他の Google サービスを利用できます。アドオン機能は、Teaching and Learning Upgrade でご利用いただけます。
  • Education Standard - Education Fundamentals と同じ機能に加えて、高度なセキュリティ機能と IT 機能を提供します。アドオン機能は、Teaching and Learning Upgrade でご利用いただけます。
  • Teaching and Learning Upgrade - 指導と学習の高度な機能を Education Fundamentals または Education Standard に追加できます。
  • Education Plus - Education Standard と Teaching and Learning Upgrade のすべての機能が含まれます。
スイート全体 個別のサービス

利用できるサービス

使用とサポート

ユーザー アクセスのオプション

セキュリティとデータ管理

移行プロダクト

レポートと監査ログ

エンドポイント管理

サードパーティ製アプリとの連携

Gmail

ドライブ、ドキュメント エディタ

Google グループ、ビジネス向け Google グループ

Google Meet

Google Chat

カレンダー

Classroom、アサインメント

サービスの可用性

比較する: Business エディション(1~300 ユーザー)Enterprise エディションEssentials エディション

  Education Fundamentals Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
Gmail とカレンダー
ビジネス向け Google グループ
Chat とチャットルーム ✔ 
Jamboard によるデジタル ホワイトボード機能
ストレージとコラボレーション: ドライブ、ドキュメント エディタ
サイト
ToDo リスト ✔ 
Keep でのメモ作成
Meet によるビデオ会議
ディレクトリ管理
Google Vault による電子情報開示と情報ガバナンス
その他の Google サービス ✔ 
Gemini (gemini.google.com
(その他の Google サービスとして、ユーザー ライセンスは不要)。詳細
✔ 
Gemini (gemini.google.com) *
(エンタープライズ グレードのデータ保護を備えたコアサービスとして、ユーザー ライセンスが必要) 詳細
Gemini for Google Workspace(アドオン)
AppSheet Core     ✔     ✔
Google Cloud Search によるドメイン内検索とアシスト機能(Google サービス、サードパーティ サービスとも)      

✔**

サードパーティのリポジトリを Cloud Search に統合する       ✔**
Cloud Search を使用してサードパーティ データをインデックスに登録する       ✔**

Gemini for Google Workspace アドオンが必要です。
** サードパーティ サービスと連携するには、組織に 500 以上のユーザー ライセンスがあることと、Google Cloud Search 認定パートナーのサポートを受けることが必要になります。

↑ トップへ戻る

使用とサポート

比較する: Business エディション(1~300 ユーザー)Enterprise エディションEssentials エディション

★ Education Fundamentals または Education Standard エディションで利用できる機能に加え、Teaching and Learning Upgrade ではこのマークの付いた機能を利用できます

  Education Fundamentals Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
費用 無料* 1 ユーザーあたりの料金
許可されるユーザー数 指定なし 指定なし
99.9% の稼働率保証
スタンダード サポート
メール、ドキュメント、写真の保存容量 プールされたストレージ 100 TB
プールされたクラウド ストレージの追加     1 ユーザーあたり 100 GB  1 ユーザーあたり 20 GB ‡

* 所定の要件を満たす教育機関向け
‡ Education Plus をご利用のお客様は、Workspace 追加ストレージを購入することもできます。これにより、サブスクリプションごとにストレージ プールに 10 TB が追加されます。

↑ トップへ戻る

ユーザー アクセスのオプション

比較する: Business エディション(1~300 ユーザー)Enterprise エディションEssentials エディション

  Education Fundamentals Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
サポートされているブラウザ
各種デバイス(パソコン、スマートフォン、タブレット)からのアクセス
オフライン アクセス
Microsoft Outlook
IMAP クライアントと POP クライアント
 

↑ トップへ戻る

セキュリティとデータ管理

移行プロダクト

比較する: Business エディション(1~300 ユーザー)Enterprise エディション

  Education Fundamentals Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
メールを移行する(ユーザー数 100 未満)
メール、カレンダー、連絡先、ファイルを移行する(各種ツール)
Gmail またはその他のウェブメールから移行する
Outlook から移行する
ユーザーにデータを移行してもらう
Google Workspace Migrate を使用してデータを移行する    

↑ トップへ戻る

レポートと監査ログ

比較する: Business エディション(1~300 ユーザー)Enterprise エディションEssentials エディション

★ Education Fundamentals または Education Standard エディションで利用できる機能に加え、Teaching and Learning Upgrade ではこのマークの付いた機能を利用できます

  Education Fundamentals Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
アプリの使用傾向とユーザー
ユーザーと管理者のアクティビティに関する監査ログ
ドライブの詳細な監査とレポート
BigQuery へのレポートのエクスポート    
Google Meet の出席レポート     ✔ 
管理アクティビティのアクセスの透明性ログ    
 

↑ トップへ戻る

エンドポイント管理

デバイスのセキュリティ設定

比較する: Business エディション(1~300 ユーザー) | Enterprise エディション | Essentials エディション

  Education Fundamentals** Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
基本のエンドポイント管理
基本的なパスコードの適用(モバイル)
Windows 用 Google 認証情報プロバイダ(スタンドアロン)
ネットワーク管理
(ChromeOS、ミーティング ルーム ハードウェア)
高度なエンドポイント管理*
強力なパスコードの適用    
ネットワーク管理(モバイル)    
モバイル デバイスのセキュリティ ポリシー    
Android の仕事用プロファイル    
エンタープライズ エンドポイント管理*
iOS データの保護    
モバイル デバイスの証明書    
コンテキストアウェア アクセス    

* 機能セットを使用するには、モバイルの詳細管理を有効にする必要があります
** すべてのエンドポイント管理機能を利用するには、Education Fundamentals に Endpoint Education Upgrade を追加してください

↑ トップへ戻る

デバイス管理

比較する: Business エディション(1~300 ユーザー) | Enterprise エディション | Essentials エディション

  Education Fundamentals** Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
基本のエンドポイント管理
基本的なモバイル デバイス管理
パソコンの基本管理
Endpoint Verification(エンドポイントの確認)
会社所有デバイスのインベントリ(エンドポイント)
リモート アカウントのログアウト
アカウントのリモートワイプ(モバイル)
デバイスのブロック
パソコン版ドライブ
高度なエンドポイント管理*
モバイルの詳細管理    
Android デバイスのゼロタッチ登録    
デバイスの管理者による承認    
デバイスのリモートワイプ    
Windows デバイス管理    
エンタープライズ エンドポイント管理*
会社所有デバイスのインベントリ(Android)    
会社所有デバイスのインベントリ(iOS)    
モバイル デバイス管理ルール    
BeyondCorp Alliance パートナーとの連携    

* 機能セットを使用するには、モバイルの詳細管理を有効にする必要があります
** すべてのエンドポイント管理機能を利用するには、Education Fundamentals に Endpoint Education Upgrade を追加してください
‡ Windows 10 デバイスのリモートワイプには Windows デバイス管理も必要です

↑ トップへ戻る

モバイルアプリの管理

比較する: Business エディション(1~300 ユーザー) | Enterprise エディション | Essentials エディション

  Education Fundamentals** Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
基本のエンドポイント管理
一般公開アプリと限定公開アプリの管理(Android)    
高度なエンドポイント管理*
一般公開 アプリ管理(iOS)    
Android アプリの実行時の権限    
ユーザーへのモバイルアプリの個別配布    
Android 向けの限定公開ウェブアプリを公開する    
管理対象の Android アプリの設定    
エンタープライズ エンドポイント管理*
限定公開の iOS アプリ管理    

* 機能セットを使用するには、モバイルの詳細管理を有効にする必要があります
** すべてのエンドポイント管理機能を利用するには、Education Fundamentals に Endpoint Education Upgrade を追加してください

↑ トップへ戻る

デバイスの詳細

比較する: Business エディションEnterprise エディション | Essentials エディション

  Education Fundamentals** Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
基本のエンドポイント管理
デバイスの基本情報(モバイル)
エンドポイントの基本情報
(パソコン、スマートホーム デバイス)
基本的なデバイス レポート(Chrome、モバイル)
高度なエンドポイント管理*
高度なデバイス レポート(モバイル)     
エンタープライズ エンドポイント管理*
デバイス監査ログ    

* 機能セットを使用するには、モバイルの詳細管理を有効にする必要があります
** すべてのエンドポイント管理機能を利用するには、Education Fundamentals に Endpoint Education Upgrade を追加してください

↑ トップへ戻る

Gmail

メールアドレスとメーリング リスト

比較する: Business エディション(1~300 ユーザー)Enterprise エディション

  Education Fundamentals Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
メールアドレス([ユーザー名]@[会社名].com)
ユーザー単位で付与できる追加のアドレス([部署名]@[会社名].com)
複数ドメインのアドレス([ユーザー名]@[会社名 2].com)
管理者が管理するメーリング リスト
ユーザーが管理するメーリング リスト
メールを統合する    

↑ トップへ戻る

メールの使用と制限

比較する: Business エディション(1~300 ユーザー)Enterprise エディション

  Education Fundamentals Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
メールの保存容量(ドキュメントや写真と共用) プールされたクラウド ストレージ 100 TB
添付ファイルのサイズ制限(送信) 25 MB
添付ファイルのサイズ制限(受信) 50 MB
メール 1 通あたりの宛先数([To]、[Cc]、[Bcc] 欄のアドレス数) 2,000 件(外部の場合は 500 件)
1 日あたりの一意の宛先数
(一意のアドレスが 1 回ずつカウントされます)
3,000 件(外部の場合は 2,000 件、試用アカウントで外部の場合は 500 件)


↑ トップへ戻る

メールのセキュリティとコンプライアンス

比較する: Business エディション(1~300 ユーザー)Enterprise エディション

  Education Fundamentals Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
迷惑メールフィルタとウイルス ブロック
Gmail での広告の無効化
フィルタ機能やコンテンツ ポリシーのカスタマイズ
メールとチャットの保持ポリシー
許可された IP アドレス
ユーザーが管理する拒否リスト
コンプライアンス フッターの適用
IMAP と POP アクセスを無効にするオプション
Vault(メール / IM の電子情報開示とアーカイブ用)
Gmail のデータ損失防止(DLP) 
メールの S/MIME 暗号化
高度なフィッシングと不正なソフトウェアへの対策
BigQuery での Gmail ログ検索    
添付ファイルに含まれるマルウェアの検出(セキュリティ サンドボックス)    
メールのクライアントサイド暗号化    

↑ トップへ戻る

高度なメール配信オプション

比較する: Business エディション(1~300 ユーザー)Enterprise エディション

  Education Fundamentals Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
キャッチオール アドレス
分割配信と二重配信のメール ルーティング オプション 
受信ゲートウェイ
送信ゲートウェイ(組織全体)
送信リレーサーバー(別の差出人アドレス)
複数の POP アドレスからのメール受信 

↑ トップへ戻る

ドライブ、ドキュメント エディタ

比較する: Business エディション(1~300 ユーザー)Enterprise エディションEssentials エディション

  Education Fundamentals Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
パソコン版ドライブ
ドキュメントの作成機能を有効または無効にする
コネクテッド シート
ドライブの詳細な監査とレポート(ドライブの監査ログ)
共有ドライブ
ドライブのデータ損失防止(DLP)
スマートチップ データの抽出
組織のブランディング(カスタム テンプレート)
ドキュメント、スプレッドシート、スライドの生成 AI*  
ドキュメントの校正 *  
コネクテッド シートへのアクセスを委任する    
対象グループ(事前に設定された共有オプション)    
ドライブのメタデータを管理する(カスタムのラベルとフィールド)    
ドライブの共有権限の信頼ルール    
ドライブ ファイルのクライアントサイド暗号化    
ドキュメントの承認を管理する      
組織のブランディング(デフォルトのテンプレートとテーマ)**      

Gemini for Google Workspace アドオンが必要

** Google スライド、フォーム、Google サイトのみ

↑ トップへ戻る

Google グループ、ビジネス向け Google グループ

比較する: Business エディション(1~300 ユーザー)Enterprise エディションEssentials エディション

  Education Fundamentals Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
メーリング リスト グループ
コンテンツの共有とカレンダーの招待状用のグループ
共同トレイとメッセージの管理
ユーザーが管理するグループ
管理者が使用する設定グループ
対象グループ(事前に設定された共有オプション)    
グループ メンバーを精査する    
グループ メンバーを制限する    
動的グループ(メンバーシップを自動的に管理)    
ネストしたグループのメンバーを確認(間接的なメンバー)    

↑ トップへ戻る

Google Meet

比較する: Business エディション(1~300 ユーザー)Enterprise エディション | Essentials エディション

  Education Fundamentals Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
会議の最長時間 24 時間 24 時間 24 時間 24 時間
会議あたりの参加者数の上限 100 250 1,000
外部の参加者
会議の安全な実施
プレゼンテーションと画面共有
Android 版と iOS 版のアプリ
挙手
Meet ハードウェアを使用して会議中に挙手する
管理用コントロール
デジタル ホワイトボード
Microsoft Outlook に Meet の動画を追加する
背景のカスタマイズ
視聴者が有効にできる字幕
共同主催者を会議に追加する
リアクション
Meet の生成 AI **
ダイヤルイン(米国および他の国 / 地域の電話番号から)* 米国のみ
スライドのプレゼンテーションの操作  
会議の録画とドライブへの保存     ✔ 
ドメイン内のライブ ストリーミング(最大視聴者数)    

1 万人 

10 万人

ノイズ キャンセル     ✔ 
ブレイクアウト ルーム     ✔ 
アンケート     ✔ 
Q&A     ✔ 
出席状況の確認(参加者が 2 人以上の場合)     ✔ 
画面共有の録画の画質を設定する    
字幕のリアルタイム翻訳    
音声と動画のクライアントサイド暗号化    

Google Voice を利用
** Gemini for Google Workspace アドオンが必要です。
★ 
Teaching and Learning Upgrade を追加することで Education Fundamentals または Education Standard エディションで利用できる機能

↑ トップへ戻る

Google Chat

比較する: Business エディション(1~300 ユーザー)Enterprise エディションEssentials エディション

  Education Fundamentals Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
チャットの履歴を有効または無効にする
ユーザーのスペースの履歴オプションを設定する
チャットへの招待を自動的に承認する
外部の相手との個々のチャット、グループ向けダイレクト メッセージ
外部とのチャットを許可または制限する
Chat アプリを許可または制限する
外部ユーザー参加のスペースを有効または無効にする
Chat とサードパーティ製アーカイブ ソリューションとの連携
検索可能なスペースを使用する
Chat のデータ損失防止(DLP)
組織の Chat メッセージを自動削除する    
Chat でのファイルの共有を管理する    
Chat のコンテンツを管理する    

↑ トップへ戻る

Google カレンダー

比較する: Business エディション(1~300 ユーザー)Enterprise エディション

  Education Fundamentals Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
チーム カレンダー
リソースの予約(会議室、ビルディング、設備)
予定にビデオ会議を追加する 
カレンダーに予定を自動的に追加する
カレンダーを Microsoft Exchange と同期する
予定にデフォルトの期間を設定する
予約スケジュールを設定する
不要になった会議室の予約を自動的にキャンセルする
ユーザーに勤務場所の共有を許可する
時間の割り当てに関する分析情報の表示をユーザーに許可する    
予定の説明のクライアントサイド暗号化    

Classroom、アサインメント

★ Teaching and Learning Upgrade を追加することで Education Fundamentals または Education Standard エディションで利用できる機能

  Education Fundamentals Education Standard Teaching and Learning Upgrade Education Plus
生徒の課題の独自性レポート コースごとに課題 5 件 無制限 
独自性レポートの類似レポートの比較     ✔ 
演習セット     ✔ 
アナリティクス データにアクセスできるユーザーを指定する      
クラスへの一時的なアクセス権を持つユーザーを指定する      
SIS の名簿インポート       米国のみ

↑ トップへ戻る


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー