G Suite Business エディション

無制限のストレージとアーカイブ機能を備えた拡張版のオフィス スイート

G Suite Business エディションには G Suite Basic で利用可能なすべての機能に加え、以下の機能が含まれています。

標準価格: 1 ユーザーあたり月額 12 米ドル(またはご利用いただける現地通貨での同等額)。

一部の国と対象となる非営利団体には割引が適用されます。

G Suite Basic からアップグレードする

容量無制限のストレージ

G Suite Business では、組織内の各ユーザーは Gmail のメール、Google フォトの写真、ドライブ内のファイルを容量無制限で保存できます。Google for Nonprofits | 非営利団体向けプログラムの割引が適用された組織、またはユーザーが 4 人以下の組織の場合は、ユーザーあたり 1 TB の Google ドライブ ストレージをご利用いただけます。

会社全体を対象に検索する

Google Cloud Search では、次のことが可能です。

  • Gmail、ドキュメント、カレンダー、その他の G Suite サービスにある会社のコンテンツを横断的に検索する
  • アシストカードで有用な情報や提案を得る

詳しくは、Google Cloud Search をご覧ください。

共有ドライブ

共有ドライブ内のファイルは、個人ではなくチームが所有します。メンバーがいなくなってもファイルはそのまま残るため、チームで引き続きそのファイルを使用することができます。詳細

高度な管理機能

Vault でのアーカイブ

Vault を使用して、電子情報開示やコンプライアンスに必要な組織のデータの保持、アーカイブ、検索、書き出しを行う。詳細

詳細レポート

  • ドライブの高度な監査レポート、カスタム アラート、API。詳細
  • デバイスが不正に使用された場合などのモバイル監査やアラート。詳細

ドライブ操作に関するアラート

ドキュメントがドメイン外のユーザーと共有されたときなど、特定のドライブ操作に関するカスタム アラートを受け取る。詳細

セキュリティ キー

組織にセキュリティ キーを導入し、監視する(割引価格でのセキュリティ キーの購入も可能です)。詳細

ポリシーによるその他の管理

その他のタスクについても、組織部門に基づいて特定のユーザーの利用を管理することができます。

  • ドライブのファイルをパソコン上のローカル ファイルと同期する。詳細
  • ドライブやドキュメント エディタのファイルを組織外のすべてのユーザーと共有する、またはホワイトリスト登録済みのドメインのみと共有する。詳細
  • ドキュメント エディタをオフラインで使用する。詳細
  • Chrome ウェブストアからインストールしたサードパーティ製ウェブアプリでファイルを開く。詳細
  • サードパーティ デベロッパーが作成したドキュメントのアドオンを使用する。詳細

G Suite Business にアップグレードする前に

現在 Vault をご利用のお客様は、データが誤って削除されるのを防ぐため、必要な手順を踏んでからアップグレードしてください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。