Google Workspace ユーザー向けにサービスを有効または無効にする

管理者は、ユーザーが自分のアカウントを使用してどの Google サービスを使用できるかを管理できます。これを行うには、Google 管理コンソールで、該当するユーザーに対してサービスを有効または無効に設定します。ユーザーが各自のアカウントにログインすると、そのユーザーに対して有効になっているサービスのみが表示されます。

通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、Google サービスへの変更の反映をご参照ください。  

方法 1: 組織部門のアクセス権を管理する

特定のユーザーに対してサービスを有効または無効にする最も簡単な方法は、組織部門を使用することです。たとえば、マーケティング チームにのみ YouTube の使用を許可したい場合は、マーケティング チーム用とその他のユーザー用に別々に組織部門を作成し、マーケティング チームに対してはサービスを有効にし、他のユーザーに対しては無効にします。

以下のサービス名をクリックして、手順を確認してください(管理者アカウントが必要です)。



Google Workspace


その他の Google サービス


Google Workspace Marketplace アプリ
カレンダー
Google Chat
Cloud Search
ディレクトリ
ドライブ
Gmail
Currents
ビジネス向け Google グループ
Jamboard
Keep
Google Meet
Google Voice
Google サイト
従来の Google サイト
ToDo リスト
従来のハングアウト
Vault

Blogger
ブランド アカウント
Google 広告
Google アナリティクス
Google Cloud
Google Domains
Google Earth
Google マップ
Google マイマップ
Google Payments
Google フォト
Google Play
検索とアシスタント
Search Console
ウェブとアプリのアクティビティ
YouTube
その他...

任意の Google Workspace Marketplace アプリ

方法 2: アクセス グループを使用して柔軟にアクセス権を管理する

アクセス権以外の設定の管理にすでに組織部門を利用している場合は、グループを使用してサービスのアクセス権を管理する方法があります。グループを使用することで、組織構造に関係なくアクセスを管理できます。

参照: アクセス グループを使用して Google Workspace サービスへのアクセス権を柔軟に管理する

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。