サービスのアクセス権の管理

G Suite などの Google Cloud サービスをお申し込みいただくと、通常はそのサービスがアカウントに追加され、組織のユーザーの皆様にご利用いただけるようになります。その他の Google サービスや、G Suite Marketplace から追加したサービスをご利用いただくこともできます。ほとんどの場合、特に操作しなくてもユーザーはこれらのサービスを利用できますが、一部のサービスは有効化する必要があります。また、ユーザーに使わせたくないサービスがあれば、必要に応じてサービスを無効にすることができます。

組織が使用できるサービスを管理するには:

ユーザーのサービスを有効または無効にする

管理コンソールを使用して、すべてのユーザーまたは特定のユーザーのために個々のサービスをオンまたはオフにします。サービスを有効にしたユーザーのみがそのサービスを使用できます。

注: Google サービスの中には、管理コンソールで個別にオンまたはオフのコントロールができないものもありますが、これらのサービスは管理コンソールで一括してオンまたはオフにすることができます。

購入したサービスのユーザー ライセンスを割り当てる

複数の Google Cloud サービス(G Suite と Cloud Identity Premium など)を購入した場合は、それぞれのサービスに一定数のユーザー ライセンスが付与されます。管理者の方には、そのライセンスをサービスを利用するユーザーに割り当てていただく必要があります。ライセンスの割り当ては、複数の Google サービスを購入した場合にのみ必要です

一部の G Suite サービスをオンにするには、そのサービスをアカウントに追加する必要があります。ドライブ ストレージを買い足すなどがこれに該当します。詳細については、アカウントへのサービスの追加をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。