Display & Video 360 announcements

  1. ディスプレイ&ビデオ 360 の環境ターゲティングと位置ターゲティングが刷新されました
    概要 8 月 28 日に、環境ターゲティングと位置ターゲティングの機能が刷新され、より正確できめ細かな広告のターゲット設定が可能になりました。ディスプレイ&ビデオ 360 では、この変更に合わせて、以下を含む更新が行われています。 アイテムを個別に、または一括で作成、編集する際のターゲット設定が刷新されます。 新しいターゲット設定を反映してレポート ディメンションが更新されます。 新しいターゲット設定に対応した新バージョンの構造化データファイルがリリースされます。 すべての広告掲載オーダーと広告申込情報の従来のターゲット設定は、刷新後のターゲット設定にマッピングされており、既存のターゲット設定はすべて有効です。広告申込情報はすべて、マッピングされた設定を使用して引き続き配信されます。 データ転送については、この変更の影響はありません。 レポートの一貫性を維持して、チームが新しいターゲット設定でキャンペーンを作成できるよう準備するには、次の手順を行うことをおすすめします。 新しいターゲット設定について十分に理解します。詳しくは下記をご覧ください。 「環境」ディメンションを使用しているレポートやダッシュボード(第三者ツールも含む)がある場合は、ディメンション値が変わっているため更新します。詳しくは下記をご覧ください。 新しい構造化データファイル バージョン 5 を使って環境ターゲティングの設定を更新する場合は、このツールを使用できるように準備します。以前のバージョンの構造化データファイルは、新しい環境ターゲティングの設定には対応していません。詳しくは下記をご覧ください。 8 月 28 日に、ディスプレイ&ビデオ 360 の環境ターゲティングと位置ターゲティングの機能が刷新されました。従来の環境ターゲティングの各項目は、パソコン向けとモバイル向けのウェブに掲載されるディスプレイ広告が主体のインターネットを想定して作成されていました。しかし、ユーザー行動や広告エコシステムは進化しているため、Google では、ディスプレイ&ビデオ 360 ユーザー様が環境(アプリまたはウェブ)や位置(画面上またはコンテンツ内)に基づいて明示的に広告のターゲット設定を行えるようにしたいと考えました。 新しいターゲット設定は、次のようになっています。 ディスプレイ広告、動画広告、オーディオ広告において、より正確できめ細かなターゲット設定を行えます。 新しい広告枠ソース(アウトストリーム動画など)をデバイスを問わず明示的にターゲットに設定できます。 ターゲット設定がより明確にグループ化され、簡単に関連項目を見つけられます。 ディスプレイ&ビデオ 360 では、この変更に合わせて全体的な更新が行われています。以下のセクションで、ターゲティング、構造化データファイル、レポートに関する更新について詳しく説明します。 ターゲット設定の更新 変更内容: 今回のメインの変更は、ディスプレイ&ビデオ 360 のターゲット設定の更新です。ディスプレイ&ビデオ 360 で使用できる従来のターゲット設定はすべて、新しいターゲット設定にマッピングされています。これまでと同じ環境と位置を設定することは引き続き可能ですが、設定場所は変わります(これまでは指定できなかった新しい組み合わせもいくつか使用できるようになっています)。 8 月 28 日以降は、次のようになっています。 環境ターゲティングの更新: 環境ターゲティングでは、主にウェブまたはアプリの配信環境を設定します。デバイスと位置関連の項目は、環境ターゲティングから別のターゲティングに移動しました。 新しい位置ターゲティングの設定: 画面上またはコンテンツ内での広告の掲載位置に関する項目はすべて、新しい位置ターゲティングにまとめられました。位置ターゲティングに移動したすべての項目は、その機能も役割もこれまでと同じです。具体的には、以下のターゲティングにある位置関連の設定項目が位置ターゲティングに移動しました。 視認性ターゲティング: 画面上の位置に関する項目が位置ターゲティングに移動しました。 動画ターゲティング: 動画広告の掲載位置に関する項目が位置ターゲティングに移動しました。 オーディオ ターゲティング: オーディオ広告の掲載位置に関する項目が位置ターゲティングに移動しました。なお、オーディオ ターゲティングにはこの項目しかないため、このターゲット設定は削除されました。 新しいターゲット設定は、アイテムを個別に、または一括で編集する際の項目、つまりパートナー、広告主、キャンペーン、広告掲載オーダー、広告申込情報のすべてのターゲティングの編集項目に反映されています。広告申込情報のリーチ予測でも、更新後のターゲティング項目がすべて反映されています。 すべての広告掲載オーダーと広告申込情報の従来のターゲット設定は、刷新後のターゲット設定にマッピングされており、既存のターゲット設定はすべて有効です。広告申込情報はすべて、マッピングされた設定を使用して引き続き配信されます。 必要な準備: 以下に説明する新しいターゲット設定について十分に理解しておくことをおすすめします。 更新: 環境ターゲティング 表示項目: ディスプレイ&ビデオ 360 の環境ターゲティングには次の項目が表示されます。 環境ターゲティングでは主にウェブまたはアプリの配信環境を設定します。デバイスタイプ別に最適化されていない広告枠(パソコン向けウェブサイトがモバイル デバイスで表示される場合など)はデフォルトで含まれますが、この設定を無効にすることもできます。 変更の理由: 従来の環境ターゲティングの設定では、デバイスタイプと広告の掲載位置をまとめて配信環境としていました。こうした異なる項目を関連するグループにまとめ、新しいバージョンの環境ターゲティングと位置ターゲティングにそれぞれ表示しています。 新規: 位置ターゲティング 表示項目: 広告掲載オーダーを作成する際に、次のような位置ターゲティングの設定が表示されます。 位置ターゲティングの設定では、個々の広告申込情報のタイプに関連する項目のみが表示されます。たとえば、ディスプレイ広告申込情報の場合、動画やオーディオに関する設定は表示されません。 位置ターゲティングに表示される項目は以下のとおりです。 画面上の位置: 画面上のどこに広告が表示されるか(スクロールせずに見える範囲かスクロールしないと見えない範囲か、など)に基づいて、ターゲティングを設定します。 コンテンツ内の位置: 他のコンテンツとの関連でどこに広告が表示されるか(ディスプレイやアウトストリーム動画の場合はインバナーや記事内、インストリーム オーディオやインストリーム動画の場合はプレロールなど)に基づいて、ターゲティングを設定します。 変更の理由: 広告の掲載位置に関するターゲティング項目をすべて 1 か所にまとめました。 画面上の位置に関する項目を視認性ターゲティングから位置ターゲティングに移動しました。このターゲティング項目は、設定場所が変わっても引き続き同じように機能します。 コンテンツ内の位置に関するいくつかの項目は、従来のバージョンの環境ターゲティングで設定することが可能でしたが、デバイスタイプと一緒にまとめられていました。今回、配信環境とは別に、フォーマットを問わず明示的にコンテンツ内の位置をターゲットに設定できるようになりました。 更新: 視認性ターゲティング 表示項目: ディスプレイ&ビデオ 360 の視認性ターゲティングには次の項目が表示されます。 これは以前と同様に、アクティブ ビューに基づく視認性ターゲティングを設定するための項目となります。 変更の理由: 画面上の位置に関する項目は、他の位置関連の項目と一緒にするため、視認性ターゲティングから位置ターゲティングに移動しました。このターゲティング項目は、設定場所が変わっても引き続き同じように機能します。 更新: 動画ターゲティング 表示項目: ディスプレイ&ビデオ 360 の動画ターゲティングには次の項目が表示されます。 これは引き続き、特定の動画プレーヤーのサイズを選択するためのターゲティング項目となります。 変更の理由: 動画広告の掲載位置に関する項目は、他の位置関連の項目と一緒にするため、動画ターゲティングから位置ターゲティングに移動しました。このターゲティング項目は、設定場所が変わっても引き続き同じように機能します。 削除: オーディオ ターゲティング 表示項目: オーディオ ターゲティングは、オーディオ広告申込情報から削除されました。 変更の理由: オーディオ広告の掲載位置に関する項目は、他の位置関連の項目と一緒にするため、オーディオ ターゲティングから位置ターゲティングに移動しました。このターゲティング項目は、設定場所が変わっても引き続き同じように機能します。 新しい環境ターゲティングと位置ターゲティングの組み合わせをダウンロードする ターゲティングのワークフローを新しい設定に合わせてすばやく調整できるよう、新しい設定が従来のターゲティングの組み合わせにどう対応するかを表にまとめました。ダウンロードしてご確認ください。 ダウンロード レポート ディメンションの更新 変更内容: 新しいターゲット設定を反映して、レポート ディメンションの一部が更新されました。インスタント レポートやオフライン レポートを含め、すべてのレポートが更新対象です。 8 月 28 日以降は、次のようになっています。 「環境」ディメンションの値の更新: 新しい環境ターゲティングの設定を反映して、既存の「環境」ディメンションの値が更新されました。従来の値はすべて新しい値にマッピングされています(過去のデータも含まれます)。 新しい値 アプリ デバイス向けに最適化されたウェブ これには、想定されているデバイスで表示された広告枠が含まれます(モバイル ウェブサイトがモバイル デバイスで表示されたケースなど)。 デバイス向けに最適化されていないウェブ これには、想定されているデバイス以外で表示された広告枠が含まれます(パソコン向けに最適化されたウェブサイトがモバイル デバイスで表示されたケースなど)。 従来の値(変更されていないもの) 不明 従来の値(マッピングされたもの) 「デバイス向けに最適化されたウェブ」にマッピングされた従来の値 デスクトップ ウェブ ゲーム(動画 RTB) デスクトップ ウェブ(ディスプレイ RTB) デスクトップ ウェブ動画(動画 RTB) モバイルウェブ 動画デスクトップ フィード内 動画デスクトップ - 記事内 「デバイス向けに最適化されていないウェブ」にマッピングされた従来の値 モバイル向けデスクトップ(ディスプレイ RTB) 「アプリ」にマッピングされた従来の値 モバイルアプリ モバイルアプリ インタースティシャル(ディスプレイ RTB) 動画モバイルアプリ インタースティシャル(動画 RTB) 新しい「コンテンツ内の位置」ディメンション: 位置ターゲティングのコンテンツ内の位置に関する項目を反映して、「コンテンツ内の位置」ディメンションが追加されました。このディメンションの値は次のとおりです。 記事内 インバナー インフィード インタースティシャル 不明 - アウトストリーム プレロール ミッドロール ポストロール スケジュールに基づくレポートは引き続き配信され、「環境」ディメンションの新しい値が反映されます。これらのレポートには、新しい「コンテンツ内の位置」ディメンションは含まれません。 既存の「広告掲載位置」ディメンションについては、変更はありません。 必要な準備: レポートやダッシュボード(第三者ツールも含む)がこの変更による影響を受けないようにするには、以下の更新を行うことをおすすめします。 「環境」ディメンションの値をフィルタ条件に指定しているレポートを更新する: 「環境」ディメンションの値は変更されたため、それらの値を指定したレポートやダッシュボードを使用している場合は、それらの値が削除され、正常に機能していない可能性があります。したがって、このディメンションの値(上記)のうち、変更されないもののみを使用するように各種ツールを更新します。 新しい「コンテンツ内の位置」ディメンションをレポートに追加する: 広告の掲載位置に関する正確なレポートを作成するには、新しい「コンテンツ内の位置」ディメンションをレポートに追加します。 「デバイスタイプ」ディメンションをレポートに追加する: これまで「環境」ディメンションを使用してデバイス オプションに関するレポートを作成していた場合は、このデータ用に「デバイスタイプ」ディメンションを使用する必要があります。 新バージョンの構造化データファイル 変更内容: 新バージョンの構造化データファイル(SDF)が導入されました。SDF バージョン 5 には、新しいターゲティングのすべての項目を反映した更新後のフィールドが含まれます。SDF バージョン 5 について 以前のバージョンの SDF を使用して環境または位置関連のターゲティング項目を更新することはできません。それ以外のフィールドはすべて引き続き以前のバージョンを使用できます。 必要な準備: 新しいターゲティングにファイルが完全に対応するように、SDF バージョン 5 を使用する必要があります。環境ターゲティングと位置ターゲティングのための SDF バージョン 5 の更新について データ転送に関する変更はありません データ転送については、ターゲティングの刷新に伴う変更はありません。既存の DBM 広告掲載順位フィールドは、データ転送ファイルに含まれる各インプレッションがスクロールせずに見える範囲かスクロールしないと見えない範囲かに関係なく、引き続き表示されます。
    詳細
  2. 最新情報: 2019 年 3 月
    ディスプレイ&ビデオ 360 の最新の機能と変更点について(2019 年 3 月)
    キャンペーンとワークフローに関する変更 ディスプレイ&ビデオ 360 でのキャンペーンの計画とユニークリーチの予測 計画に使える新しいワークスペースを [キャンペーン] モジュールに追加しました。あらゆる広告枠に対応する包括的なプランニング ツールと、動画購入時のリーチ予測ツールを広告主様向けにご用意しています。計画を立てる際はこれらのツールを使って、新しい広告枠を見つけ、動画リーチを予測して、キャンペーンの計画を書き出すことができます。詳細 EU での選挙広告 イギリスを除く EU 加盟国での選挙広告の掲載をご希望の広告主様は、Google による確認を受けていただく必要があります。確認の申請は 2019 年 3 月 14 日より受け付けています。申請から確認の完了までにかかる日数は 3〜5 営業日です。詳細 重要な瞬間を捉えて瞬時に顧客にリーチできるリアルタイムのトリガー リアルタイムのトリガーを使用すると、スポーツ イベントのようなオフラインの出来事のシグナルをデジタル キャンペーンと同期できるので、重要な瞬間を捉えて瞬時に顧客にアピールできます。オフラインのシグナルに基づいて即座にキャンペーンを開始し、迅速に配信を行うことが可能です。費用を支払うのは、シグナルがお客様のブランドや顧客と関連している場合のみです。リアルタイムのトリガーは、ディスプレイと動画の広告申込情報で使用できます。詳細 構造化データファイル バージョン 4.2 の提供開始 構造化データファイル(SDF)バージョン 4.2 をリリースしました。このバージョンの主な特長は次のとおりです。 TrueView インターネット テレビの入札単価調整に対応しています。 広告掲載オーダーの開始日と終了日を広告申込情報に継承できます。 ディスプレイ&ビデオ 360 の管理画面に合わせて SDF の一部のフィールド名を変更しました。 広告掲載オーダーから「予算オプションの確認」グラフを表示することが可能に 広告掲載オーダーの画面から、新しい「予算オプションの確認」グラフを表示できるようになりました。このグラフでは、各広告申込情報に割り当てる予算の比率を維持したまま広告掲載オーダーの予算を調整した場合に、主な掲載結果指標がどのように変化するかを確認できます。詳細 広告掲載オーダーで自動入札戦略が使用可能に 広告掲載オーダーを作成する際に、広告掲載オーダーの最適化設定として、掲載結果の良い広告申込情報の入札単価と予算割り当てを自動調整するよう指定することが可能になりました。詳細 [ブランド品質] の設定画面に TrueView 広告申込情報を追加 [ブランド品質] の設定の概要画面に TrueView 広告申込情報と TrueView 広告グループが表示されるようになりました。詳細 インターネット テレビ アプリの管理機能とレポート機能の改善 チャネルを使用したアプリのターゲティングの管理: インターネット テレビ アプリのチャネルを作成できるようになり、ターゲティング用にアプリのグループを管理しやすくなりました。詳細 レポートでのアプリ ID の表示: レポートで [アプリ / URL] ディメンションを指定した場合に、インターネット テレビ アプリの ID が表示されるようになりました。動画広告がインターネット テレビ デバイス経由でどのアプリに配信されたかを詳しく分析できます。これまでインターネット テレビ デバイスは、[アプリ / URL] ディメンションを指定した場合、「ボリュームの少ない広告枠」に分類されていました。詳細 地域ターゲティングで地域リストが使用可能に 郵便番号の一括ターゲティングで地域リストを使用できるようになりました。これに伴い、すべての地域リストのサイズ制限も次のように変わりました。 1 つの地域リストにつき最大 10,000 件のエントリを含めることができます。 近隣地域ターゲティングのリストは最大 50 件、地域ターゲティングのリストは最大 50 件(合計 100 件)作成できます。 詳細 キャンペーンの [掲載期間] タブの [統合] ビューで一括編集が可能に 広告掲載オーダーと広告申込情報のターゲティング設定を、[統合] ビューで一括編集できるようになりました。 ディスプレイ&ビデオ 360 でのメールアドレスの表示方法を他の Google サービスと統一 ディスプレイ&ビデオ 360 の [ユーザー管理] で Google アカウントのメインのメールアドレスが表示されるようになりました。この変更の目的は、ディスプレイ&ビデオ 360 でのメールアドレスの表示方法を他の Google サービスと統一することです。ディスプレイ&ビデオ 360 へのログインに使用するメールアドレスは変更されません。 クリエイティブに関する変更 広告キャンバスの改善と下書きに対応したクリエイティブ フォーマットの追加 広告キャンバスで、クリエイティブの下書きバージョンと公開バージョンをより直感的に区別して操作を行えるようになりました。最新の広告キャンバスでは次のことが可能です。 表示中のバージョンの判別 バージョンの切り替え 各バージョンの編集可能な項目の判別 上記に加え、パラパラ動画とライトボックスのクリエイティブ フォーマットでも下書きを使用できるようになりました。詳細 クリエイティブの一括コピーが可能に 「複製」一括操作を使用してクリエイティブのコピーを作成できるようになりました。詳細 広告キャンバスのリスト表示でのコピーと貼り付け バリエーションが数多くあるクリエイティブは、リスト表示を使用してスプレッドシートのように管理できます。効率良く編集できるように、リスト表示では次の操作が可能になりました。 セルと列をコピーして貼り付ける 外部スプレッドシートとの間でデータをコピーする 上記に加え、パラパラ動画とライトボックスのクリエイティブ フォーマットでも下書きを使用できるようになりました。詳細 広告枠に関する変更 Google アド マネージャーへの優先取引の移行 2018 年 10 月 31 日より、以前の優先取引(Google アド マネージャーで作成されていない優先取引)は読み取り専用となり、購入者や販売者による取引の変更はできなくなっています。アド マネージャーの優先取引機能が 2018 年 7 月 31 日に提供開始されて以来、ほとんどのサイト運営者(パブリッシャー)の方は以前の優先取引をアド マネージャーに移行されています。以前の優先取引はすべて、2019 年 3 月 31 日をもって無効になります。特定の優先取引についてご不明な点がありましたら、ディスプレイ&ビデオ 360 の担当者にお問い合わせください。 広告枠ソースに関する変更 ディスプレイ&ビデオ 360 の広告枠ソースに関する最新情報については、対応しているディスプレイ エクスチェンジ対応しているネイティブ エクスチェンジ対応しているオーディオと動画のエクスチェンジをご覧ください。
    詳細