Gmail Labs

Gmail Labs はリリース前の試験段階の機能ですが、有効にすると受信トレイに主要なビジネス機能を追加することができます。Gmail Labs が有効になっている場合、ユーザーは Gmail の [設定] の [Labs] タブにアクセスして、使用したい Labs 機能をオンにすることができます。メール送信直後に送信を取り消す機能や、返信文をあらかじめ設定しておく機能などがあります。

ユーザーが Gmail Labs を使用できるようにするには:

  1. Google Admin consoleログインします。
  2. [アプリ] をクリックし、[Google Apps] > [Gmail] をクリックします。
  3. ページ タイトルの下にあるリンクのリストから [Labs] を選択します。
  4. ドメインのユーザーが Labs を使用できるようにするには、[ユーザーが Gmail Labs を使用できるようにする] チェックボックスをオンにします。各 Labs のオプションを制御するには、[高度な Labs 管理] チェックボックスをオンにして、次のオプションから選択します。
    • 許可 - ユーザーが Labs を有効にできます。
    • 有効 - Labs がすべてのユーザーに対して有効になります。
    • 無効 - ユーザーはこの Labs を使用できません。既定では Labs は [許可] になっているので、設定を変更する場合は、プルダウン リストから別のオプションを選択します。
  5. [変更を保存] をクリックします。

    (変更が有効になるまで時間がかかる場合があります)。

Gmail Labs を有効にすると、すべてのユーザーが使用できるようになります。Google Apps アカウントに複数のドメインが関連付けられている場合、この設定はすべてのドメインに適用されます。

Gmail Labs は試験段階の機能であり、正式に「リリース」されたものではないので、随時変更、中断、提供中止されることがあります。

Labs を有効にしていて何らかの問題が発生した場合は、URL の後に /?labs=0 を追加すると(http://mail.google.com/?labs=0)、Labs を一時的に無効にすることができます。

この記事は役に立ちましたか?