Google に表示されるビジネス リスティングを編集する

Google ビジネス プロフィールを編集し、最新の正確なビジネス情報が Google に表示されるようにしてください。住所、営業時間、連絡先情報、写真を変更して、ビジネスの具体的な情報をユーザーにアピールしましょう。

ビジネス情報を Google 検索や Google マップなどの Google サービスに表示できるようにするには、ビジネスを追加または登録してから、ビジネス リスティングのオーナー確認を行ってください。

ビジネス リスティングのオーナー確認を行わずに情報を編集することもできます。ビジネス名、カテゴリ、住所、営業時間、電話番号、およびウェブサイトなどを変更できます。承認後は、ビジネス リスティングのオーナー確認が済んでいない場合でも、これらの変更を Google 検索や Google マップで公開できます。情報を編集する前にビジネスのオーナー確認を行う必要がある場合もあります。

ビジネス情報を編集

  1. パソコンで Google マイビジネスにログインします。
    • 複数のビジネス情報がある場合は、管理するビジネス情報を開きます。
  2. 画面左にあるメニューで [情報] をクリックします。
  3. 編集を行います。各項目を編集後、[適用] をクリックします。

編集内容を送信すると、編集した情報の横のステータスが [審査中] となります。

セクションを削除するには、そのセクションの横の削除アイコン 削除 をクリックします。

次の点にご注意ください。

  • アクティブなサーバーからの情報の削除には最大 60 日かかります。また、削除後も Google のバックアップ システムに保存される場合があります。
  • 一般公開の情報や他の情報源からの情報は削除できません。
  • ビジネスの横に表示される、編集者による概要やウェブからのキーワードは編集できません。

ヒント

編集できる情報

Google のビジネス リスティングで追加、編集できる情報の種類については、次の点を参照してください。

公開前に編集内容の審査が行われることがあります。詳しくは、ビジネス情報のガイドラインをご覧ください。

ビジネス名
実際のお店やサービス、看板や販促品などで使用されているブランド表記のとおりに、ビジネス名を正確に入力します。確認手続きのハガキをリクエストした後でビジネス名を変更した場合は、オーナー確認を再度行う必要があります。詳しくは、Google マイビジネスの品質に関するガイドラインをご覧ください。
カテゴリ

ビジネスの説明として最も的確なカテゴリを指定します。すべてのビジネス拠点に対し、同じメインカテゴリを設定します。できるだけ具体的、かつ中心となる事業内容を示すカテゴリをお選びください。複数のカテゴリを入力すると、最初の項目に入力されたカテゴリがメインカテゴリとなります。

カテゴリは 9 つまで選択できます。事業にぴったりと一致するカテゴリが見つからない場合は、一般的なカテゴリの中からお選びください。次の点にご注意ください。

  • キーワードそのもの、または事業の属性を示すカテゴリは使用しないでください。
  • 近隣または関連する別の事業(事業所内の別のビジネスや、ビジネスが所属している組織など)に該当するカテゴリを使用することはできません。

ビジネスのカテゴリについての詳細を参照してください。

住所

お店やサービスの所在地の完全な住所を正確に入力してください。詳しくは、住所入力に関するガイドラインをご覧ください。ビジネス拠点の住所で接客することがない場合は、住所項目を空欄にしてください。

確認手続きのハガキをリクエストした後でビジネス名を変更した場合は、オーナー確認を再度行う必要があります。

サービス提供地域

特定の地域内の顧客にサービスを提供している場合は、サービス提供地域を入力します。これにより、客先に出向く出張サービスや配達サービスの対象地域をユーザーに示すことができます。

サービス提供地域は、サービスを提供する市区町村や郵便番号などで指定できます。サービス提供地域の設定方法をご確認ください。

営業時間

顧客に対応可能な通常の営業時間を入力してください。祝祭日や特別イベントなどで、営業時間が普段と異なる日については、特別営業時間を設定します。詳しくは、営業時間のガイドラインをご覧ください。

営業時間を設定する手順は次のとおりです。

  1. Google マイビジネスにログインします。複数のビジネス情報がある場合は、管理するビジネス情報を開きます。
  2. メニューの [情報] をクリックします。
  3. [営業時間を追加] または現在の営業時間の横にある営業時間アイコン Hours をクリックします。
  4. 営業日をそれぞれオンにします。
  5. それぞれの営業日の横の [営業開始時間] をクリックして、開店時間を選択します。
  6. それぞれの営業日の横の [営業開始時間] をクリックして、閉店時間を選択します。
  7. 営業時間の設定が完了したら、[適用] をクリックします。

営業時間中の休憩時間を設定する

営業時間に休憩が含まれていることを示すには、同じ日に異なる時間のエントリを 2 つ作成します。

たとえば土曜日は午前 9 時に開店して、午後 2 時から 5 時まではいったん閉店し、夕方 5 時から夜 10 時までまた営業するとします。

  1. [土曜日] をオンにします。
  2. [土曜日] の横にある [営業開始時間] 次に [午前 9 時] をクリックします。
  3. [土曜日] の横にある [営業終了時間] 次に [午後 2 時] をクリックします。
  4. [土曜日] の横にある [営業開始時間] 次に [午後 5 時] をクリックします。
  5. [土曜日] の横にある [営業終了時間] 次に [午後 10 時] をクリックします。

営業時間を 24 時間に設定する

それぞれの営業日の横の、[営業開始時間] 次に [24 時間] をクリックします。

特別営業時間を設定する

祝祭日など、特定の期間中の営業時間を変更する場合は、こちらの手順に従ってください。

電話
ビジネスのメインの電話番号に加えて、2 つまで電話番号(携帯電話または固定電話のみ、ファックスなし)を入力できます。
ウェブサイト

ビジネス用ウェブサイトの URL を入力してください。次の要件が満たされていることを確認します。

  • サイトで Googlebot がブロックされていない
  • サイトが適切に運営されているか Search Console で確認済みである

オンラインでの注文や予約などのリンクを追加するためのオプションが表示されます。このオプションはビジネス カテゴリに応じて異なります。

リスティングにウェブサイトを追加する手順は次のとおりです。

  1. Google マイビジネスにログインします。
  2. 複数のビジネス情報がある場合は、管理するビジネス情報を開きます。メニューの [情報] をクリックします。
  3. [URL を追加] の横のウェブサイト アイコン Website をクリックします。
  4. 該当する項目に URL を入力します。: メニューを追加してリスティングに表示する場合は、メニューの URL に関する Google マイビジネス ガイドラインに準拠している必要があります。
  5. [適用] をクリックします。
属性

属性を使えば、ビジネスについてもっと詳しく知ってもらうことができます(例:「Wi-Fi あり」「テラス席あり」など)。「テラス席あり」などの事実に基づく特定の属性はビジネス側で直接編集できますが、「地元の人に人気があるかどうか」などの主観的な属性は来店した Google ユーザーの意見によって決まります。

ビジネス カテゴリで使用できる属性を追加または削除するには、属性アイコン Attributes をクリックします。

ヒント: 医師のプロフィールを所有または管理している場合は、属性アイコン  で性別情報を編集できます。性別情報を削除する場合は、Google までご連絡ください

写真
ビジネスの写真を追加、管理するには、こちらの手順に従ってください。
ビジネス情報

取り扱い商品やユニークな特長、ビジネスの沿革など、ユーザーが参考にできるような、ビジネスについての簡単な説明を入力してください。プロモーション、価格、セールに関する詳細ではなく、ビジネスに関する詳細を中心に記載します。説明欄は全角 375 文字(半角 750 文字)以下で入力し、URL や HTML コードを含めないようにします。ガイドラインの全リストについては、Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドラインをご覧ください。

例: 街の中心部から歩いてすぐの場所にある個人経営のアイスクリーム店で、友だちとアイスクリームを楽しむ地元の人たちでいつも賑わっています。できたてピザの電話宅配も行っています。35 種類の手づくりアイスとソルベを常時ご用意しており、ピザ釜で焼いたニューヨーク スタイルのピザは毎日正午から閉店までお買い求めいただけます。皆様のお越しを心よりお待ちしています!

開業日

Google マイビジネスのリスティングに開業日を追加して、その住所でビジネスを開業したこと(または開業すること)をユーザーに知らせます。

開業日の入力で必要になるのは、年と月のみです。1 年先までの日付を入力できますが、その日付の 90 日前までは Google 上に表示されません。

メニューやサービス(利用制限あり)

メニュー エディタとサービス エディタを使用すると、メニュー品目やサービスとそれぞれの価格に関する情報を正確に保つことができます。メニューを整理するには、品目やサービスをグループに分類します。ユーザーがモバイル デバイスの Google マップでお客様のビジネス プロフィールを検索すると、[メニュー] または [サービス] 項目にその品目が表示されます。これは、その品目はモバイルアプリでのみ使用できるためです。

ビジネスが飲食業、美容業、サービス業で、第三者によるメニューが表示されている場合は、メニュー エディタやサービス エディタをご利用いただけます。

また、第三者による構造化されたメニューやサービスのリストが表示されているビジネスには、Google マイビジネスのダッシュボードに空のメニュー エディタまたはサービス エディタが表示されます。表示されている第三者によるメニューは、メニュー エディタ、サービス エディタ、商品エディタに変更を加えると削除されます。

: メニュー エディタとサービス エディタは、「人気の料理」機能の使用には影響しません。

メニューやサービスのリストが第三者によって提供されたものかどうかを確認するには:

  1. モバイル デバイスで Google マップ マップ を開きます。
  2. 検索バーに、ビジネスの名前を入力します。
  3. メニューやサービスのリストがあるかどうかを確認するには、ビジネス プロフィールで [メニュー] をタップします。
  4. パソコンで Google マイビジネスにログインします。
  5. リスティングが複数ある場合は、管理するビジネス情報を開きます。
  6. 画面左にあるメニューで [情報] をクリックします。

[メニュー] または [サービス] のセクションが空の場合は、現在表示されているメニューやサービスのリストは第三者によるものです。メニュー エディタ、サービス エディタ、商品エディタに変更を加えると、これらのリストは上書きされます。

チェックイン時刻とチェックアウト時刻(ホテルのみ)
Google マイビジネスのビジネス リスティングに、ホテルのチェックインとチェックアウトの時刻を追加することができます。この情報は、部屋の準備ができる時間と、宿泊者が部屋を出なければならない時間を知るのに役立ちます。
この機能はホテルでのみご利用いただけます。

ビジネスが入力したチェックイン時刻とチェックアウト時刻は、ビジネス リスティングに表示されます。

Google では、ホテルのリスティング情報を正確に保つため、信頼できるさまざまなソース(ユーザーからの報告やライセンス付きコンテンツなど)から、チェックインやチェックアウトの情報を収集しています。ビジネス オーナーはその更新情報を自動的に受け取るかどうかを選択できます。

ホテルの情報(ホテルのみ)
ホテルのリスティングのオーナー確認を済ませたオーナーは、Google マイビジネスの [ホテルの属性] セクションから、サービスやアメニティに関する情報を編集できます。情報を編集するためのツールが別に開きます。
この機能はパソコンでのみご利用いただけます。
詳しくは、ホテルの情報を管理する方法をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。