「目標優位表示シェア」による入札について

目標優位表示シェアはポートフォリオ入札戦略の一つで、広告が別のドメインの広告よりも上位に表示されるようにするのに役立ちます。

この記事では、目標優位表示シェアの入札戦略の仕組み、設定内容、使用時の注意事項について説明します。

はじめに

どのタイプのポートフォリオ入札戦略を使うべきかわからない場合は、まず自動入札機能についてをご覧ください。

仕組み

広告が別のドメインの広告よりも上位に表示されるように、入札単価が自動的に調整されます。検索ネットワークのみを掲載対象とするキャンペーンで有効な入札戦略です。入札戦略ごとに 1 つのドメインのみを上位にターゲティングできます。

「別の広告よりも上位に表示される」とは、対象の広告が Google の検索結果ページ上で別のドメインの広告よりも上位に表示されること、または、別ドメインの広告が表示されていない状況で対象の広告が表示されることを指します。この戦略は、必ずしも全体的な広告ランクを引き上げるわけではなく、別ドメインの広告と比較して、対象の広告のランクを高くすることだけを目的としている点にご注意ください。

「目標優位表示シェア」入札戦略は、目標の場所に広告を掲載するために使用されますが、最終的な掲載位置は競合状況や品質スコアに基づく広告オークションの結果によって決まります。また、この戦略では入札単価のみが変更され、通常参加していないオークションへの参加が行われることはありません。

おすすめ

オークション分析レポートを使用すると、自分の広告と同じ広告オークションに頻繁に参加している広告のドメインを把握することができます。

設定

上位をとりにいくドメイン名

検索結果で掲載順位を上回りたい広告のドメインを指定します。キャンペーンに十分なデータがある場合は、最近自分の広告と同じオークションに入札したドメインのリストが表示されます。リストに目的のドメインが表示されていない場合は、手動でドメインを入力することも可能です。

上位をとりにいくターゲット

選択したドメインよりも上位に表示させたいオークションの割合を入力します。この割合が増えるほど、この戦略に必要な予算も増えると見込まれますのでご留意ください。

上限入札単価の上限

この目標優位表示シェアの戦略を使用するキーワード、広告グループ、キャンペーンで、自動設定できる上限クリック単価の上限値を指定します。ただし、予算が制限されたキャンペーンでは、キーワードの入札単価が引き上げられることはありません。キャンペーンの予算が制限されている場合、戦略を利用しても目標を達成できない可能性があります。

自動入札機能

  • [自動] では、選択したドメインよりも上位に表示するための入札単価が自動的に調整されます。この設定では、入札単価を手動で設定する必要はありません。
  • [手動] では入札単価を自分で設定できますが、選択したドメインよりも上位に表示するために必要な単価を維持するための調整は自動的に行われます。

品質の低いキーワード

広告オークションで品質の低いキーワードに対する Google 広告の入札方法を選択します。品質が低いキーワードの入札単価を上げると費用が上がる可能性があるため、この設定は [品質スコアが低いキーワードに対しては入札単価を引き上げない] のままにしておくことをおすすめします。

注意点

  • この戦略を最初に適用した際は、入札単価が更新されるまでに 1 日ほどかかる場合があります。優位表示シェアデータは 1 日 1 回更新されますが、目標優位表示シェアを実現するために入札単価も 1 日 1 回更新されます。戦略の効果が確認できるようになるまでに最大で 7 日間かかるため、戦略の設定を変更する場合は少なくとも 7 日間はお待ちになることをおすすめします。
  • 2 つのドメインで目標優位表示シェアの入札戦略を使用している場合は、いずれかのドメインの上限入札単価に達するまで両方のドメインの入札単価が引き上げられます。入札単価と品質スコアが高い参加者のほうが、高い広告ランクを獲得できます。
  • この戦略ではキーワードごとに入札単価が変更されます。広告オークションごとに入札単価が変更されることはありません。そのため、設定した入札単価の影響は、自分の広告と対象ドメインの広告が参加しているオークションだけでなく、各キーワードが一致するすべてのオークションに及びます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。