目標インプレッション シェアの入札について

目標インプレッション シェアは、Google 検索結果ページの最上部、上部、または任意の場所に広告が表示されるように、自動的に入札単価を設定するスマート自動入札戦略です。目標インプレッション シェアは、1 つのキャンペーンの標準入札戦略として使用することも、複数のキャンペーンにまたがるポートフォリオ戦略として使用することもできます。この記事では、「目標インプレッション シェア」入札戦略の仕組みと設定について説明します。

はじめに

どの自動入札戦略を使用すればよいかわからない場合は、まず自動入札機能についてをご覧ください。

仕組み

目標インプレッション シェアの入札戦略では、この戦略を使うすべてのキャンペーンでインプレッション シェアの目標が達成されるように、入札単価が自動的に設定されます。

目標インプレッションシェアは、検索パートナーをオプトインしているキャンペーンでは、Google.com と検索パートナー両方を最適化の対象として含みます。

設定

プレースメント

目標インプレッション シェア戦略には、広告を表示する場所として、Google 検索結果ページの最上部、上部、または任意の場所の 3 つのオプションがあります。Google 広告では、プレースメントの設定に基づいて、広告を表示するための入札単価が自動的に設定されます。

たとえば、ページ最上部のインプレッション シェアの目標を 65% に設定した場合、Google 広告では、広告がページ最上部に表示される可能性があった合計回数のうち 65% を達成できるようにクリック単価が自動的に設定されます。

入札単価制限

上限クリック単価の上限は、この入札戦略で設定された入札単価の上限です。この上限を低く設定しすぎないことが重要です。上限の設定が低すぎる場合、戦略で設定された入札単価が制限され、インプレッション シェアの目標を達成できなくなることがあります。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。