入札戦略のステータスについて

入札戦略のステータスは、その時々の自動入札戦略の状態を示します。キャンペーンの掲載結果を確認する際は、自動入札戦略が問題なく機能しているかどうかをステータスで確認し、問題があれば解決しましょう。この記事では、入札戦略の各ステータスの意味について説明します。

はじめに

まだ自動入札戦略を設定していない場合は、まず自動入札機能についてをご覧ください。入札戦略のステータスを確認する場所がわからない場合は、入札戦略のステータスを確認するをご覧ください。

入札戦略のステータス

無効

入札戦略が無効です。理由は以下のとおりです。

  • キャンペーンが一時停止されているか、この入札戦略が適用されているキャンペーンがない。
  • この戦略を使用しているすべてのキーワードや広告が一時停止されている。
  • 前払い残高がなくなっている。

有効

入札戦略が有効な状態であり、掲載結果を最適化するように入札単価が設定されています。変更の必要はありません。

学習中

入札戦略に変更を加えた場合、Google 広告が入札単価の最適化を実施するに伴い、掲載結果にわずかな変動が生じることがあります。その場合は、ステータスが「学習中」になります。ステータスにカーソルを合わせると、入札戦略のステータスが「学習中」になっている理由を確認できます。理由は次の 5 つのうちのいずれかに該当します。

新しい戦略

入札戦略が最近作成されたか、再度有効になりました。入札単価の最適化に向けて調整中です。

設定の変更

入札戦略の設定が変更されました。入札単価の最適化に向けて調整中です。

コンバージョン設定の変更

コンバージョン トラッキングの設定や変更が最近行われました。

コンバージョン アクション設定の変更

最近、入札戦略に関連するコンバージョン アクションが追加または削除されたか、[コンバージョン列に含める] 設定またはコンバージョンの [カウント] 設定が変更されました。

構成要素の変更

キャンペーン、広告グループ、またはキーワードが入札戦略に追加されたか入札戦略から削除されました。入札単価の最適化に向けて調整中です。

次のステップ

引き続きアカウントを通常どおりご利用いただけます。ただし、ステータスが「学習中」の間は主要な指標が一定しないため、戦略の調整が終わってから掲載結果を測定してください。

制限あり

次の 4 つの理由のいずれかが原因で、入札戦略が制限されています。ステータスにカーソルを合わせると、入札戦略が制限されている原因を確認できます。

入札単価制限

入札単価が上限または下限に達しているため、入札単価が十分に最適化されていません。

例: 入札の 95% が入札単価の上限により制約を受けている場合、入札の 95% で高い入札単価を設定しようとしたものの、上限入札単価の指定により、設定できなかったことを意味します。

次のステップ

ご使用の入札戦略で期待に沿う結果が得られていない場合は、入札単価の上限を上げたり、入札単価の下限を下げたりできます。

優先度が低い

この入札戦略の目標予算を達成することができません。この戦略に関連付けられた予算は、他の入札戦略やキーワードの個別の入札単価によって消化されている可能性があります。

次のステップ

  • この戦略に関連付けられた予算を上げるか、目標予算を下げてください。
  • 目標予算を完全に削除することもできます。その場合は、残りの予算で機能するように自動的に調整されます。

詳しくは、1 日の平均予算が不足する事態を避ける方法をご覧ください。

予算制限

この戦略を使用しているキーワードの多くは、予算の制約を受けています。その結果、目標達成に十分な額まで入札単価が引き上げられていない可能性があります。

次のステップ

  • この戦略に関連付けられた予算を増やしてください。

詳しくは、1 日の平均予算が不足する事態を避ける方法をご覧ください。

品質スコアが低い

この入札戦略に関連付けられたキーワードの多くは、品質スコアが低くなっています。結果として、目標を達成するのに十分な頻度で広告が表示されていない可能性があります。

次のステップ

  • この戦略に関連付けられている品質の低いキーワードを削除してください。

設定が不適切(予算を共有する最大化入札戦略)

「クリック数の最大化」入札戦略「コンバージョン数の最大化」入札戦略「コンバージョン値の最大化」入札戦略では、1 日の平均予算内で掲載結果(クリック数、コンバージョン数、コンバージョン値)を最大化するように入札単価が自動的に設定されます。こうした戦略が他の入札戦略と予算を共有している場合、入札戦略のステータスに「設定が不適切」と表示されることがあります。この問題を回避するには、すべてのキャンペーンをその入札戦略の一部として共有予算に含める必要があります。「設定が不適切」のステータスになる可能性がある場合と、それぞれの問題に対処する方法は、以下のとおりです。

標準の入札戦略(キャンペーン単位)が正しく設定されていない

標準の入札戦略のステータスが「設定が不適切」になっている場合、そのキャンペーンは他の入札戦略を使用しているキャンペーンと予算を共有しています。この問題を解決するには、キャンペーンから共有予算を削除するか、共有予算の対象キャンペーンすべてを 1 つのポートフォリオ入札戦略に追加してください。

 

  1. Google 広告にログインします。
  2. 入札戦略レポートに移動します。詳しくは、入札戦略レポートを表示する方法をご覧ください。
  3. [修正] をクリックします。
  4. キャンペーンの表に、共有予算の対象キャンペーンすべてが自動的に表示されます。
  5. [キャンペーン] 列の上部にあるチェックボックスをオンにして、すべてのキャンペーンを選択します。
  6. [編集] をクリックし、[入札戦略を変更] を選択します。
  7. プルダウンから、次のいずれかを選択してキャンペーンを 1 つのポートフォリオ入札戦略に追加します。
    • クリック数の最大化
    • コンバージョン数の最大化
    • コンバージョン値の最大化
  8. [ポートフォリオ戦略を使用する] をクリックし、[新しいポートフォリオ戦略を作成する] を選択します。選択した戦略に基づいて名前とオプションを設定します。
  9. [適用] をクリックします。
注: キャンペーンから共有予算を削除することもできます。詳しくは、共有予算を削除する方法をご覧ください。

ポートフォリオ入札戦略が正しく設定されていない

ポートフォリオ入札戦略のステータスが「設定が不適切」になっている場合、その入札戦略は他の入札戦略を使用しているキャンペーンと予算を共有しています。この場合、こうしたキャンペーンを共有予算から削除するか、ポートフォリオ入札戦略に追加する必要があります。

 
  1. Google 広告にログインします。
  2. 入札戦略レポートに移動します。詳しくは、入札戦略レポートを表示する方法をご覧ください。
  3. [修正] をクリックします。
  4. キャンペーンの表に、共有予算の対象キャンペーンすべてが自動的に表示されます。
  5. [キャンペーン] 列の上部にあるチェックボックスをオンにして、すべてのキャンペーンを選択します。
  6. [編集] をクリックし、[入札戦略を変更] を選択します。
  7. プルダウンから、次のいずれかを選択してキャンペーンを 1 つのポートフォリオ入札戦略に追加します。
    • クリック数の最大化
    • コンバージョン数の最大化
    • コンバージョン値の最大化
  8. [ポートフォリオ戦略を使用する] をクリックし、[既存のポートフォリオ戦略を使用する] を選択します。「設定が不適切」になっていた元のポートフォリオ戦略を選択します。
  9. [適用] をクリックします。
 
注: キャンペーンから共有予算を削除することもできます。詳しくは、共有予算を削除する方法をご覧ください。

設定が不適切(コンバージョン設定)

自動化されたコンバージョン ベースの入札戦略(目標コンバージョン単価、目標広告費用対効果、コンバージョン数の最大化、拡張クリック単価を検索キャンペーンやショッピング キャンペーンで使用した場合)では、広告主様のコンバージョン履歴をもとに、オークションごとに入札単価の精密な最適化を行いますが、適切なコンバージョン アクションが設定されていない場合、入札戦略の自動入札の精度に悪影響を及ぼし、コンバージョン数が伸びないことがあります。

コンバージョン トラッキングの設定によって入札戦略の効果が妨げられるケースの例と、それぞれの解決方法は以下のとおりです。

コンバージョン トラッキングが有効になっていない

入札戦略ではコンバージョンの促進が目標となっていますが、それに対応するコンバージョン アクションが設定されていません。

: クロスアカウント コンバージョン トラッキングを使用している場合、この問題を解決する作業は Google 広告クライアント センター(MCC)アカウントで行う必要があります。

次のステップ

コンバージョン トラッキングを設定します(未設定の場合)。

コンバージョン トラッキングの設定が済んでいる場合、コンバージョン データを入札戦略で利用できる状態になっているかどうか調べるため、次の設定を確認します。

コンバージョン アクションが有効になっていることを確認する

  1. Google 広告にログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン をクリックし、[測定] で [コンバージョン] をクリックします。
  3. 表示されるリストでコンバージョン アクションを見つけて選択し、ステータス アイコンを確認します。
    • コンバージョン アクションが有効であれば、緑色の丸が表示されます。
    • コンバージョン アクションが削除済みの場合は赤い X が表示されます。有効にするには、[編集] をクリックして [有効] を選択します。

[コンバージョン列に含める] がオンになっていることを確認する

  1. Google 広告にログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン をクリックし、[測定] で [コンバージョン] をクリックします。
  3. コンバージョン アクションの名前をクリックして、[コンバージョン列に含める] 設定を見つけます。
    • [コンバージョン列に含める] が「はい」になっている場合、変更は不要です。
    • [コンバージョン列に含める] が「いいえ」になっている場合、設定をオンにする必要があります。

[コンバージョン列に含める] 設定の詳細

アプリ インストールのコンバージョン アクションが設定されていない

入札戦略ではアプリのインストールの促進が目標となっていますが、それに対応するコンバージョン アクションが設定されていません。

: クロスアカウント コンバージョン トラッキングを使用している場合、この問題を解決する作業は Google 広告クライアント センター(MCC)アカウントで行う必要があります。

次のステップ

Android または iOS 向けにアプリ インストールのコンバージョン アクションを設定します(未設定の場合)。

モバイルアプリ用コンバージョン トラッキングの設定が済んでいる場合、コンバージョン データを入札戦略で利用できる状態になっているかどうか調べるため、次の設定を確認します。

コンバージョン アクションが有効になっていることを確認する

  1. Google 広告にログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン をクリックし、[測定] で [コンバージョン] をクリックします。
  3. コンバージョン アクションを選択し、そのステータスを確認します。
    • コンバージョン アクションが有効であれば、緑色の丸が表示されます。
    • コンバージョン アクションが削除済みの場合は赤い X が表示されます。有効にするには、[編集] をクリックして [有効] を選択します。

[コンバージョン列に含める] がオンになっていることを確認する

  1. Google 広告にログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン をクリックし、[測定] で [コンバージョン] をクリックします。
  3. コンバージョン アクションの名前をクリックして、[コンバージョン列に含める] 設定を見つけます。
    • [コンバージョン列に含める] が「はい」になっている場合、変更は不要です。
    • [コンバージョン列に含める] が「いいえ」になっている場合、設定をオンにする必要があります。

[コンバージョン列に含める] 設定の詳細

通話コンバージョン アクションが設定されていない

入札戦略では広告からの電話問い合わせの促進が目標となっていますが、それに対応するコンバージョン アクションが設定されていません。

: クロスアカウント コンバージョン トラッキングを使用している場合、この問題を解決する作業は Google 広告クライアント センター(MCC)アカウントで行う必要があります。

次のステップ

広告からの電話問い合わせをトラッキングするよう、コンバージョン トラッキングを設定します(未設定の場合)。

コンバージョン トラッキングで広告から電話問い合わせをトラッキングするよう設定済みの場合、コンバージョン データを入札戦略で利用できる状態になっているかどうか調べるため、次の設定を確認します。

コンバージョン アクションが有効になっていることを確認する

  1. Google 広告にログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン をクリックし、[測定] で [コンバージョン] をクリックします。
  3. コンバージョン アクションを選択し、そのステータスを確認します。
    • コンバージョン アクションが有効であれば、緑色の丸が表示されます。
    • コンバージョン アクションが削除済みの場合は赤い X が表示されます。有効にするには、[編集] をクリックして [有効] を選択します。

[コンバージョン列に含める] がオンになっていることを確認する

  1. Google 広告にログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン をクリックし、[測定] で [コンバージョン] をクリックします。
  3. コンバージョン アクションの名前をクリックして、[コンバージョン列に含める] 設定を見つけます。
    • [コンバージョン列に含める] が「はい」になっている場合、変更は不要です。
    • [コンバージョン列に含める] が「いいえ」になっている場合、設定をオンにする必要があります。

[コンバージョン列に含める] 設定の詳細

ウェブサイト コンバージョン アクションが設定されていない

入札戦略ではウェブサイト コンバージョンの促進が目標となっていますが、それに対応するコンバージョン アクションが設定されていません。

: クロスアカウント コンバージョン トラッキングを使用している場合、この問題を解決する作業は Google 広告クライアント センター(MCC)アカウントで行う必要があります。

次のステップ

ウェブサイトでのコンバージョンをトラッキングするよう設定します(未設定の場合)。

すでにウェブサイト用のコンバージョン トラッキングの設定が済んでいる場合、コンバージョン データを入札戦略で利用できる状態になっているかどうか調べるため、次の設定を確認します。

コンバージョン アクションが有効になっていることを確認する

  1. Google 広告にログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン をクリックし、[測定] で [コンバージョン] をクリックします。
  3. コンバージョン アクションを選択し、そのステータスを確認します。
    • コンバージョン アクションが有効であれば、緑色の丸が表示されます。
    • コンバージョン アクションが削除済みの場合は赤い X が表示されます。有効にするには、[編集] をクリックして [有効] を選択します。

[コンバージョン列に含める] がオンになっていることを確認する

  1. Google 広告にログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン をクリックし、[測定] で [コンバージョン] をクリックします。
  3. コンバージョン アクションの名前をクリックして、[コンバージョン列に含める] 設定を見つけます。
    • [コンバージョン列に含める] が「はい」になっている場合、変更は不要です。
    • [コンバージョン列に含める] が「いいえ」になっている場合、設定をオンにする必要があります。

[コンバージョン列に含める] 設定の詳細

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。