「検索ページの目標掲載位置」入札戦略について

「検索ページの目標掲載位置」に関する最新情報については、こちらをご覧ください

「検索ページの目標掲載位置」はポートフォリオ入札戦略の一種で、Google 検索結果のページ上部や最初のページに広告が表示されるように、複数のキャンペーンでの入札が自動的に行われます。この記事では、「検索ページの目標掲載位置」ポートフォリオ入札戦略の仕組みと設定について説明します。

はじめに

どのタイプのポートフォリオ入札戦略を使うべきかわからない場合は、ポートフォリオ入札戦略に関する記事をご覧ください。

仕組み

広告が Google 検索結果のページ上部や最初のページに表示されるように、入札単価が自動的に調整されます。検索ネットワークのみを掲載対象とするキャンペーンで有効な入札戦略です。

この入札戦略を適用してから、入札単価が更新されるまでには数分かかります。また、目標の位置に広告を表示できるよう、入札単価は 1 日に数回更新されます。

この入札戦略を適用するキャンペーン、広告グループ、キーワードは、必ず有効である必要があります。「検索ページの目標掲載位置」入札は動的検索広告に対応していないため、広告グループで動的広告がターゲットに設定され、キーワードが設定されていない場合は、入札戦略は無効になります。入札戦略が新規の場合は、ステータスの更新に少し時間がかかることがあります。

注意点: 掲載位置は保証されません

「検索ページの目標掲載位置」入札戦略を使用しても、検索結果の最初のページやページ上部への広告掲載が保証されるわけではありません。これらの見積もりや入札戦略は、目標の位置に広告を掲載するために使用されますが、実際の掲載位置は広告オークションの結果によって決まるため、他の広告主様との競合状況や品質スコアの影響を受けます。

設定

掲載位置

広告をページ上部に掲載するか、Google 検索結果の最初のページに掲載するかによって、次のような選択肢があります。

  • 検索結果の最初のページの上部: ページ上部に表示される広告の推定入札単価(= 推定入札単価(ページ上部))に合わせて、入札単価が自動的に調整されます。ページ上部表示の推定入札単価は、検索語句がキーワードと完全に一致した場合に、広告が Google 検索結果のページ上部に掲載されるために必要なクリック単価(CPC)の見積もりです。
  • 検索結果の最初のページ: First Page Bid の見積もり(= 推定入札単価(1 ページ目))に合わせて、入札単価が自動的に調整されます。First Page Bid の見積もりは、検索語句がキーワードと完全に一致した場合に、広告が Google 検索結果の最初のページに掲載されるために必要なクリック単価(CPC)の見積もりです。

自動入札機能

  • 入札単価を自動的に調整する: Top Page Bid の見積もりや First Page Bid の見積もりに合わせて、入札単価を自動調整します。この設定では、入札単価を手動で設定する必要がありません。
  • 入札単価を手動で設定するが、自動で調整を加える: 入札単価を手動で設定した上で、ページ上部に表示される広告の推定入札単価や First Page Bid の見積もりと同等かそれ以上になるよう、自動調整します。この設定では、入札単価が上記の見積もりを下回る場合に、Google 広告が自動的に引き上げを行います。

省略可

  • 入札単価調整: 入札単価調整を使用すると、入札単価の競争力を高めることができます。この機能では、Top Page Bid の見積もりや First Page Bid の見積もりに基づき、特定の割合で入札単価が増減されます。モバイル端末、地域、広告のスケジュール設定などの入札単価を調整できるタイプの入札単価調整もあります。入札単価調整については、こちらをご覧ください。
  • 手動クリック単価の上限: この入札戦略を使用すると、キーワード、広告グループ、キャンペーンの入札単価の上限を設定できます。

高度な設定

  • 予算による制限: キャンペーンが「予算による制限」を受けている場合に、入札単価を引き上げるかどうかを選択します。ただし、そのような状況で入札単価を引き上げると、クリックの獲得数が減少する可能性があります。代わりに、入札単価を引き下げるか、予算を引き上げることを検討してください。入札単価を引き下げると、広告がクリックされた場合に発生する料金の平均値が下がり、結果として予算の寿命を延ばしてより多くのクリックを獲得できる可能性があります。
  • 品質スコアが低いキーワード: 品質スコアが 4 未満のキーワードの入札単価を引き上げるかどうかを選択します。入札単価を引き上げると、改善を要するキーワードに、より多くの費用がかかる可能性があります。キーワードの品質を改善する方法については、こちらをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。