「検索広告」理解度テストの学習ガイド

Google 運用ガイド: デバイスをまたいだコンバージョン重視で最適化

デバイスをまたいだユーザー行動の測定と対応に関する公式チェックリスト


Google 広告のデバイスをまたいだコンバージョンのデータを最大限に活用しましょう。デバイスをまたいだコンバージョンのデータは、データが十分に蓄積され高い精度に到達しないと Google 広告の画面に表示されません。こうした信頼性の高い綿密なデータにより、デバイスをまたいだユーザー行動を正確にきめ細かく分析することができます。

 

1. Google 広告でデバイスをまたいだコンバージョンを最大限に獲得する

理由: 一般的に、数種類のデバイスで情報収集しているユーザーは、1 つのデバイスしか使用しないユーザーよりも、コンバージョン達成にかかる時間が長くなります。

理由: アカウントをまたいだコンバージョンでは、アカウントの構成上の制限を取り払い、デバイスごとのユーザー行動をアカウント全体で把握することができます。

理由: デバイス、アプリ、ブラウザをまたいでコンバージョンをトラッキングするには、一貫したトラッキング タグを設置する必要があります。

  • 条件付きで呼び出されるコンバージョン タグの設置はお控えください。

理由: デバイスをまたいだコンバージョンのトラッキング効果は、なるべく多くのコンバージョンを認識するほど高まります。条件付きで Google 広告タグが呼び出されると、分析データが制限されてしまいます。

  • デバイスをまたいでも操作しやすいように、アプリや PC 版とモバイル版のサイトを設計します。

理由: 購入までの経路は、ユーザーの状況に応じて見え方が異なります。今使用しているデバイスでコンバージョンを達成することができないなら、設定内容を保存して、後ほど別のデバイスでも簡単にコンバージョンを達成できるよう工夫しましょう。

2. デバイスをまたいだユーザー行動に応じて、入札単価とメッセージを調整する

[コンバージョン] 列に表示されるデータに基づいて、入札単価を調整します。

理由: 入札単価は、[コンバージョン] 列に表示されるデバイスをまたいだコンバージョン数などの値を考慮して設定する必要があります。

Guide me in my account ガイドを表示: アカウントでモバイルの入札単価を調整する

ユーザーが使用中のデバイスで可能な操作に合わせて広告をカスタマイズする

理由: ユーザーがおかれている状況に即したメッセージを発信することが、コンバージョンへの近道となります。

 

運用ガイド ニュースレターに登録すると、Google 広告の上級者向けのヒントやサービスの最新情報がメールで届きます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。