検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

自動入札機能について

自動入札機能を利用すると、入札単価を設定する際の手間のかかる作業や推測に頼った作業を排除できます。自動入札戦略は、目標に応じて何種類か用意されています。この記事では、6 種類の自動入札戦略の概要とそれぞれの活用方法を説明します。

はじめに

ショッピング キャンペーンでの単価設定を自動化する場合は、ショッピング キャンペーンの自動入札をご覧ください。

目標コンバージョン単価を設定している複数のキャンペーンをまたいでコンバージョンを最大化したいものの、個々のキーワードの上限クリック単価を個別に設定する時間がないとします。このような場合は、「目標コンバージョン単価」のポートフォリオ入札戦略にキーワードを追加し、目標とするコンバージョン単価を設定します。すると、目標の範囲内でコンバージョン数が増加するよう、高度な機械学習を使ってキーワード全体の入札単価が自動的に最適化されます。

さまざまな自動入札戦略

目標 入札戦略 範囲

サイトへの訪問を増やす

クリック数の最大化では、予算内でクリック数を最大化できるように入札単価が自動的に調整されます。

クリック数の最大化は、1 つのキャンペーンの標準戦略、または複数のキャンペーンや広告グループ、キーワードにまたがるポートフォリオ入札戦略として使用できます。

詳細については、クリック数の最大化をご覧ください。

ショッピング キャンペーンの場合は、こちらのクリック数の最大化に関する記事をご覧ください。

キャンペーン、広告グループ、キーワード

Google 検索結果の最初のページやページ上部への広告掲載を増やす

検索ページの目標掲載位置では、検索結果の最初のページやページの上部に広告を表示できる機会が増えるように、入札単価が自動的に調整されます。

検索ネットワークでポートフォリオ入札戦略としてのみ使用できます。

詳細については、検索ページの目標掲載位置をご覧ください。

キャンペーン、広告グループ、キーワード

広告掲載を別のドメインよりも増やす

目標優位表示シェア: 掲載順位で上回りたい他の広告主の広告のドメインと回数を指定することで、その目標を達成できるように検索広告の入札単価が自動的に調整されます。

ポートフォリオ入札戦略としてのみ使用できます。

詳細については、目標優位表示シェアをご覧ください。

キャンペーン、広告グループ、キーワード

目標コンバージョン単価でコンバージョン数を増やす

目標コンバージョン単価では、指定した単価でコンバージョンを最大限に獲得できるように、検索広告やディスプレイ広告の入札単価が自動的に調整されます。コンバージョンによっては、実際の単価と目標値との間に差が生まれる場合があります。

目標コンバージョン単価は、1 つのキャンペーンの標準戦略、または複数のキャンペーンや広告グループにまたがるポートフォリオ入札戦略として使用できます。

目標コンバージョン単価制は、「コンバージョン オプティマイザー」から改称されました。

詳細については、目標コンバージョン単価をご覧ください。

キャンペーン、広告グループ

キーワードの入札単価を自分で設定しながら、コンバージョン数を増やす

拡張クリック単価(eCPC)は、同じコンバージョン単価を達成しようとしながら、より多くのコンバージョンを獲得するために、個別単価を調整します。

拡張クリック単価は、クリック単価制による個別単価設定で、またはポートフォリオ入札戦略として使用できます。単価設定を自動化するものを含め、サードパーティの入札単価管理システムと完全な互換性があります。

詳細については、拡張 CPC をご覧ください。

ショッピング キャンペーンの場合は、こちらの拡張 CPC に関する記事をご覧ください。

キャンペーン、広告グループ

各コンバージョンの価値が異なる場合に、目標広告費用対効果(ROAS)を達成する

目標広告費用対効果では、指定した目標広告費用対効果でコンバージョン値を最大化できるように、入札単価が自動的に調整されます。一部のコンバージョンでは、実際の広告費用対効果が目標より高くなる、または低くなる場合があります。

目標広告費用対効果は、ポートフォリオ入札戦略や、個々のキャンペーンの標準の入札戦略として使用できます。

詳細については、目標広告費用対効果をご覧ください。

ショッピング キャンペーンの場合は、こちらの目標広告費用対効果に関する記事をご覧ください。

キャンペーン、広告グループ、キーワード

予算全体を使おうとしながらコンバージョンを増やす

コンバージョン数の最大化を使用すると、予算全体を使おうとしながらキャンペーンのコンバージョン数を最大化するように自動的に入札単価が設定されます。

個々のキャンペーンの標準の入札戦略として使用できますが、ポートフォリオ入札戦略としては使用できません。

詳しくは、コンバージョン数の最大化についての記事をご覧ください。

キャンペーン、広告グループ、キーワード

AdWords スマート自動入札のメリット

スマート自動入札はコンバージョンに基づく入札戦略で、種類としては目標コンバージョン単価、目標広告費用対効果、拡張 CPC があります。高度な機械学習を使用して、オークションごとに適切な入札単価が設定されます。端末、地域、時間帯、リマーケティング リスト、言語、オペレーティング システムなど、オークション時のさまざまなシグナルを考慮し、すべての検索で状況に応じた処理が行われます。

AdWords スマート自動入札の仕組みについては、ガイド(検索ネットワーク向けとディスプレイ ネットワーク向け)をダウンロードしてください。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
オンライン広告でより多くのお客様にアプローチ

AdWords を使うと、Google 検索に広告を掲載してローカル検索を行うユーザーにアピールできます。料金が発生するのは、広告がクリックされた場合のみです。[詳細]

AdWords に申し込む