クリエイターを支援する YouTube の取り組みについて

クリエイターの皆様は、趣味を深めるために、またはビジネス上の取り組みとして、膨大な時間とエネルギーを動画の制作に注いでおられるでしょう。そのため、視聴者がどのように動画を見つけるのかを理解し、動画のパフォーマンスを把握することが重大な関心事となっています。クリエイターとコンテンツ プロバイダの皆様は、YouTube コミュニティの中心的な存在です。YouTube は、引き続き皆様と十分なコミュニケーションを取り、透明性を確保することに最善を尽くしてまいります。クリエイターの皆様の成功を全力でサポートする一環として、YouTube のシステムの仕組み、YouTube で収益を上げ、パフォーマンスを測定する方法、YouTube との関係を管理する方法に関するリソースをまとめました。ぜひ、ご活用ください。詳細については、以下をご覧ください。

YouTube にアップロードしたコンテンツ

YouTube 検索

YouTube 検索は、最適な検索結果を提供するために、関連性、エンゲージメント、品質の 3 つの要素を重視しています。関連性に関しては、タイトル、タグ、説明文、動画コンテンツが、ユーザーの検索クエリにどれだけ一致するかなど、さまざまな要因に基づいて評価しています。エンゲージメント シグナルは、関連性を判断するための重要な指標です。ユーザーからのエンゲージメント シグナルは総計して考慮されます。つまり、特定の検索キーワードで視聴された特定の動画の総再生時間を調べ、他のユーザーも同じキーワードで視聴しているかを判断します。品質に関しては、特定のトピックで専門性、権威性、信頼性を備えた優良チャンネルを判別できるよう、YouTube のシステムが関連シグナルを考慮します。YouTube にお金を支払って、オーガニック検索結果の上部に動画が表示されるようにすることはできません。

音楽やエンターテインメントなどの分野では、鮮度や人気度といった要素も考慮することで、ユーザーが楽しめる高品質のコンテンツを見つけられるようにしています。ニュース、政治、医療情報、科学情報など、信憑性や信頼性が鍵となる分野では、信頼できる参照元からの高品質で信頼できるコンテンツが検索システムで優先されるように最善を尽くしています。

また、YouTube 検索結果に表示される公式カードにも、視聴者がコンテンツを見つけやすいよう、公式コンテンツが目立つように表示されます。公式カードには、YouTube の人気クリエイター、有名人、音楽アーティストなどの人気チャンネルの公式動画や投稿が含まれます。また、スポーツチーム、映画、テレビ、音楽、特別なイベントに関連するコンテンツの動画や投稿も含まれます。公式カードは自動的に生成されるため、カスタマイズすることはできません。

クリエイターの皆様にリソースを提供する目的は、ユーザーに最良の検索結果を提供するために何が考慮されるのかを知っていただくことです。

その他の情報

おすすめの動画

試してみたい新しいレシピ、お気に入りになりそうな曲など、ユーザーが好みに合う動画を探すときに役立つのがおすすめ動画です。動画の視聴中のユーザーに、次に視聴する動画の提案として、YouTube のホーム画面と [次の動画] セクションの両方におすすめ動画が表示されます。関連性の高い動画をユーザーにおすすめするために、YouTube は常にテスト、学習、調整を行っています。再生履歴や検索履歴(有効にしている場合)、登録したチャンネルなど、さまざまなシグナルが考慮されます。また、視聴者の国や時間帯なども考慮されます。たとえば、視聴者の地域に関連するニュースを表示できます。

YouTube のおすすめシステムで考慮されるもう 1 つの要素は、同じ動画をクリックした他のユーザーがそれを最後まで視聴したか(これは動画の品質が高い、楽しめる内容である、といったことの証です)、またはクリックしたものの、少しだけ再生して視聴をやめたかです。また、ホーム画面およびアプリ内のさまざまな場所でアンケートをランダムに表示することで、個々の動画や YouTube のおすすめシステムについて評価してもらえるよう、ユーザーに直接お願いしています。アンケートで得られたフィードバックを活用して、すべてのユーザーに向けてシステムを調整、改善しています。

ガイドラインのボーダーライン上のコンテンツや、誤った有害な情報の拡散を制限する

YouTube はオープンであることを目指しています。しかしそのため、ポリシーに違反するかどうかが際どい、ボーダーライン上のコンテンツが YouTube に投稿される恐れがあります。表現の自由を守ることは重要だと思いますが、YouTube はホーム画面や [次の動画] パネルのおすすめで目立つように表示する動画には厳しい基準を設けています。ユーザーに有害な誤った情報を伝えかねない、ガイドラインのボーダーラインにあるコンテンツや動画については、おすすめとして表示される割合を減らせるように、システムの改善に継続的に取り組んでいます。特に重点が置かれているのは、ニュース、医療、歴史上の出来事、科学といった信憑性が欠かせない分野です。

その他の情報

YouTube との関係

YouTube との契約

本サービスのご利用に際しては、あらゆる場面で YouTube の利用規約コミュニティ ガイドライン各種ポリシーを遵守していただく必要があります。

収益化ライブ配信グッズ紹介などの特別な機能を有効にした場合は、他のポリシーが追加で適用されます。また、本サービスの広告主またはスポンサーになる場合や、コンテンツに有料プロモーションを組み込む場合は、広告主向けの広告ポリシーも適用されますのでご注意ください。YouTube のすべてのポリシーは、ヘルプセンターで随時ご覧いただけます。

クリエイター ツール内で同意した最新のオンライン契約は、クリエイター ツールの [設定] にある [契約] セクションで確認できます。詳しい手順は、こちらをご覧ください

YouTube とのコミュニケーション

YouTube は、透明性とパートナーとのコミュニケーションを継続的に改善するという目標に取り組んでいます。この取り組みの一環として、皆様に影響を及ぼす可能性のある変更が行われる場合は、いち早くお知らせしてまいります。また、特定の問題にお困りの場合や、技術的な課題を解決するためにサポートが必要な場合、YouTube の活用方法をお知りになりたい場合など、何かございましたらお気軽にサポートをご利用いただけます。クリエイター サポートまたは担当のパートナー マネージャーまでお問い合わせください。YouTube へのお問い合わせ方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

YouTube で収益を上げる

YouTube パートナー プログラム

YouTube パートナー プログラムがご利用可能な国にお住まいで、かつ一定の条件を満たしていれば、プログラムに参加して複数の収益源を活用できます。また、クリエイター サポートやコピーライト マッチツールもご利用いただけます。YouTube パートナー プログラムの仕組みや参加方法などについて詳しくは、こちらをご覧ください。

YouTube Music チャンネルの収益化

音楽レーベル、パブリッシャー、インディーズ ミュージシャンの皆様は、YouTube を活用してファンの数と収益を増やすことができます。YouTube で広告、チャンネル登録、その他の収益源を通じて音楽を収益化する仕組みについて詳しくは、こちらをご覧ください。YouTube での音楽配信に利用できる拡張性の高いツールや戦略、デジタル著作権の管理についても、こちらから詳細をご確認いただけます。

Super Chat と Super Stickers

Super Chat と Super Stickers は、クリエイターがファンと交流したり、視聴者が自分のメッセージを目立たせるために購入できる手段です。チャットやプレミア公開の間、視聴者は Super Chat を購入して自分のメッセージを目立たせる、あるいは Super Stickers を購入してデジタル画像やアニメーション画像をチャット フィードに表示できます。利用資格がある場合は、Super Chat または Super Stickers を有効にする方法について詳しくご覧ください。また、Super Chat と Super Stickers 機能の管理方法についてもご確認いただけます。

YouTube でグッズを販売する

利用資格のあるチャンネル所有者は、YouTube 上で公式ブランドグッズを紹介できます。グッズ販売機能について詳しくはこちらをご覧ください。

また、YouTube で活動しているミュージック アーティストは、今後開催予定のコンサートの日程を YouTube に掲載できる場合があります。ツアーの日程とチケットを動画に表示する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

YouTube でのパフォーマンス

YouTube は Google の一員で、Google のプライバシー ポリシーと原則を遵守しています。お客様がユーザーとして、またはパートナーとして Google のサービスをご利用になる際は、Google を信頼してお客様の情報を託してくださることになります。Google は、お客様が YouTube における成果を把握するために、データが極めて重要であることを理解しています。YouTube では、プライバシー ポリシーに従って、ユーザーとパートナーのプライバシーとセキュリティを守ることを大前提としています。

お客様がデータを最大限活用できるように、YouTube アナリティクスと YouTube Reporting API を提供しています。これらにより YouTube チャンネルとコンテンツ所有者は YouTube アナリティクスのデータにアクセスできます。YouTube チャンネルとコンテンツ所有者が YouTube Reporting API を通じてアクセスできるレポートの種類について詳しくは、こちらをご覧ください。また、YouTube プラットフォームにアナリティクスの機能、YouTube アナリティクス、アーティスト向け YouTube アナリティクスを直接組み込み、以下のパフォーマンス指標にアクセスできるようにしています。

  • 総再生時間: 視聴者が動画を視聴した時間
  • チャンネル登録者数: チャンネルに登録している視聴者の数
  • 視聴回数: チャンネルや動画の正式な視聴回数
  • 人気の動画: パフォーマンスが非常に高い動画
  • 視聴者維持率: 動画が視聴者の注目をどの程度維持できているのかを確認できます
  • ライブ配信に関するデータ
  • ユーザー属性: 視聴者の属性(年齢、性別、地域に関する統計情報など)
  • トラフィック ソース: 視聴者がどのようにコンテンツにたどり着いたのかがわかります

また Google では、チャンネルや動画に関する分析情報の一部(チャンネル登録者の総数、動画視聴回数など)を、チャンネル ページ、動画再生ページ、YouTube 急上昇動画のサイト、アーティスト向け YouTube アナリティクス、ミュージック チャートとインサイトで、あるいは API サービスを通じて公開しています。さらに、サイトでは公開されない、チャンネルや動画に関する匿名の集計データを、Google のプライバシー ポリシーに従って、広告主、セールス パートナー、権利所有者と共有する場合があります。たとえば、ある国ではフィットネス関連の動画の数が過去 1 年で 2 倍に増えた、といった情報を共有することがあります。

クリエイターが YouTube で使用している機能によっては、特定の種類のデータが追加で共有される場合があります。たとえば、公式グッズ販売者と YouTube チャンネルをリンクすると、販売とアクセス数に関するアナリティクスのデータが Google とその販売者に共有されます。YouTube は、データの共有方法について、プログラム規約で常時公開していきます。

YouTube の信頼性と安全性の確保に携わるチームなど、一部の YouTube チームは、YouTube アナリティクス プラットフォームや API サービス経由では入手できない、チャンネルと動画の分析情報および詳細情報にアクセスする場合があります。たとえば、異常な行動を検出し、YouTube 利用規約に違反して視聴回数やチャンネル登録者数を増加させようとするユーザーを見つけるために、スパムやセキュリティ侵害を検出する YouTube のシステムによってサイト トラフィックとアナリティクスが詳細に分析される場合があります。

Google ではプラットフォームやデバイスが多様化し視聴者が変化する中で、企業のお客様や広告主様に向けて、正確で実用的な分析情報を提供する方法の開発に取り組んでいます。こうした方法は、YouTube のプライバシー ポリシーに従って、ユーザーのプライバシーとセキュリティを守ることが大前提となっています。お客様が YouTube サービスの使用を停止した場合に、データ保持ポリシーの一環として YouTube がお客様のデータを保持する仕組みについてもご一読ください。

新人クリエイターの支援

YouTube では新進クリエイターやアーティストを支援する取り組みの一環として、定期的にさまざまなプログラムを開催してクリエイターやアーティストの成長をサポートしています。具体的には、YouTube Spaces のスタジオへのアクセス、NextUp などのトレーニング キャンプ、新たなコンテンツの制作をサポートするシード ファンディングなどを提供しています。YouTube クリエイターやアーティストは、こうしたサポートを受け、YouTube 限定コンテンツを作成してユーザーを楽しませてくれます。

その他の情報

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。