コンバージョン重視で動画キャンペーンを最適化する

コンバージョンに至る可能性が高いユーザーの購買意向を引き出す動画キャンペーンを作成しましょう。動画キャンペーンで [販売促進]、[見込み顧客の獲得]、[ウェブサイトのトラフィック] のいずれかを目標として設定すると、お支払い可能な平均額に基づきコンバージョン重視で入札単価を最適化したり(目標コンバージョン単価)、予算内で最大限のコンバージョンを獲得できるよう入札単価を自動調整したり(コンバージョン数の最大化)することができます。

この記事では、動画キャンペーンをコンバージョン重視で最適化するヒントをご紹介します。

はじめに

Google 広告で動画キャンペーンを初めてご利用になる場合は、Google 広告で動画キャンペーンを作成する手順をご確認ください。

動画キャンペーンの設定と運用

必須事項

コンバージョン トラッキング

ウェブサイトでコンバージョン トラッキングを設定し、グローバル サイトタグが正しく動作していることを確認します。シンプルなコンバージョン イベント(「カートに追加」や「サイトのアクセス数」など)の促進を重視し、キャンペーンに適したコンバージョンのカウント方法を選択してください。これにより、Google のシステムに貴重なシグナルが提供されるため、目標とする成果をより短い期間で達成することができます。

予算

予算をいくらに設定するかで、コンバージョン重視の最適化に要する期間が変化します。目標コンバージョン単価制を使用するキャンペーンでは、予算を目標コンバージョン単価の 15 倍以上に設定することが推奨されています。以下の表で、予算設定とキャンペーンの最適化に要する期間の関係をご確認ください。

予算設定 最適化に要する時間
目標コンバージョン単価の 15 倍以上 7~8 日
目標コンバージョン単価の 10~15 倍 2 週間
目標コンバージョン単価の 5~10 倍 3 週間

「コンバージョン数の最大化」入札戦略を使用するキャンペーンでは、1 日の予算を動画キャンペーンの目標コンバージョン単価の 10 倍以上に設定してください。

推奨事項

入札単価

目標として指定したい動画キャンペーンのコンバージョン単価がある場合は、「目標コンバージョン単価制」を選択してキャンペーンを開始しましょう(動画キャンペーンのコンバージョン単価がわからない場合は、キャンペーンの設定時に Google 広告に表示される入札単価ガイドの推奨値を参考にしてください)。

季節限定キャンペーンやプロモーション キャンペーンでできるだけ多くのコンバージョンを獲得することが主な目標である場合は、「コンバージョン数の最大化」入札戦略を選択しましょう。

オーディエンス

カスタム オーディエンス(検索キーワードに基づく)、カスタマー マッチ オーディエンスリマーケティング ユーザー、または類似ユーザーを選択して、キャンペーンを開始しましょう。これらのオーディエンスに加えて、オーディエンス拡張を有効にすると、コンバージョンに至る可能性が高い多くのユーザーにリーチを拡大できます。

カスタム オーディエンス(検索キーワードに基づく)を使用する場合は、過去のコンバージョン実績に基づいて提案されるキーワード、または検索キャンペーンでコンバージョン数の多い上位のキーワードを 10~15 個使用します。

キャンペーンでリマーケティング ユーザーやカスタマー マッチ オーディエンスを使用する場合は、類似ユーザーリストとペアで使用し、オーディエンス拡張機能を有効にしてください。これは、iOS でオーディエンス ターゲティングが機能するために必要な設定です。詳しくは、iOS 14 におけるユーザーのプライバシーとデータの使用に関する Apple の変更点をご確認ください

クリエイティブ

サイトリンク表示オプションを追加するか、クリエイティブのパターンを複数用意します(可能であれば、クリエイティブごとに「行動を促すフレーズ」ボタン、広告見出し、動画アセットの異なるパターンを 5 個以上作成してください)。

行動を促す明確なフレーズを含める: 「詳細を見る」、「申し込む」、「今すぐ購入」といったフレーズを使用します。

視聴者の心をつかむ: 冒頭の 5~10 秒間で解決すべき問題を明確に示し、自社の商品やサービスによる解決方法を提示して、関心を引き付けます。

商品やサービスを繰り返し提示する: 行動を促すフレーズを繰り返しナレーションで流すか、そのフレーズを含むグラフィックを重ねて表示します。

キャンペーンを作成したら、7~10 日ほど掲載結果を観察し、その結果を踏まえて最適化を行います。

準備はいいですか?

キャンペーンを作成する

コンバージョンをさらに増やす

キャンペーンが当初の目標を達成しており、過去 14 日間に 1 日あたり 5 回以上のコンバージョンを獲得している場合、次のヒントを参考にしてキャンペーンの成果をさらに向上しましょう。

キャンペーンは最低 4 週間運用すると、効率が最大 15% 向上します。

予算

キャンペーンが予算の制限を受けている場合は、全体的な予算を増やしてください。キャンペーンの設定時に Google 広告の右側に表示される予算ガイドの推奨値を参考にしてください。

オーディエンス

Google 広告アカウントの少なくとも 1 つのキャンペーンで、購買意向の強いオーディエンスをターゲットに設定してください。キャンペーンで年齢や性別によるターゲティングを使用している場合は、少なくとも 1 つの広告グループでユーザー属性によるターゲティングを解除してください。

ネットワーク

キャンペーン設定で Google 動画パートナーを有効にすると、より多くのコンバージョンを効率的に獲得できます。Google 動画パートナーとは、質の高いサイト運営者またはパブリッシャーのウェブサイトやモバイルアプリを指します。動画パートナーを活用することで、YouTube 以外の場所でもユーザーに動画広告を表示することができます。

測定

アトリビューション レポートを活用し、さまざまなネットワークをまたいでユーザーがコンバージョンに至った経路を把握しましょう。

クリエイティブ

動画テストを利用して新しいクリエイティブの最も効果的なクリエイティブ戦略を見極め、広告の最適化を検討しましょう。

動画テストは、動画キャンペーンの効果を最適化するためのテストツールです。動画テストでは、コンバージョンの成果に基づいて複数の動画広告を比較するテストを設定できます。動画テストのご利用が可能かどうかは、Google のアカウント担当者にお問い合わせください。

キャンペーンのタイプ

動画アクション キャンペーンに加えてファインド キャンペーンを展開し、さらに多くのコンバージョンを獲得しましょう。

目標コンバージョン単価制を使用するキャンペーンのベスト プラクティス

キャンペーンに調整を加えるのは、少なくとも 7~14 日間キャンペーンの掲載結果を確認してからにしてください。目標コンバージョン単価制で思うような掲載結果が得られない場合は、以下の最適化のヒントを参考にしてください。

シナリオ 最適化案 入札単価
キャンペーンの予算を使い切っておらず、目標コンバージョン単価を達成している オーディエンスの範囲を拡大します。新しいオーディエンスをターゲットとする広告グループを作成して、コンバージョンに至る可能性がより高いユーザーを獲得できるよう個別に最適化します。または、ターゲティングを設定しない広告グループを追加して、目標コンバージョン単価の算出対象となるオーディエンスの範囲をできる限り拡大し、コンバージョンを獲得します。 目標コンバージョン単価を徐々に 10%~15% ずつ引き上げて、配信を改善します。
キャンペーンの予算を使い切っておらず、目標コンバージョン単価を上回っている オーディエンスを変更します。別のオーディエンスをターゲットとする広告グループを作成して、コンバージョンに至る可能性がより高いユーザーを獲得できるよう最適化します。商品やサービスの認知度を向上したい場合は、キャンペーン単位のコンバージョン設定を使用して最適化してください。 目標コンバージョン単価を据え置きます。
キャンペーンの予算を均等に使用していて、目標コンバージョン単価を上回っている オーディエンスを絞り込みます。現在幅広いオーディエンスを設定している場合は、コンバージョンに至る可能性が高いと考えられるオーディエンスを複数組み合わせることを検討します。 コンバージョン数を確認しながら、目標コンバージョン単価を徐々に 10%~15% ずつ引き下げます。

「コンバージョン数の最大化」入札戦略を使用するキャンペーンのベスト プラクティス

「コンバージョン数の最大化」入札戦略を使用する場合、キャンペーンに調整を加えるまでに、少なくとも 1 週間(3~7 日間)は掲載結果を観察してください。キャンペーンのコンバージョン、予算、コンバージョン単価で問題が発生する場合は、以下の最適化のヒントを参考にしてください。

シナリオ 最適化案
キャンペーンでコンバージョンが発生していない
  • コンバージョン トラッキングが正しく設定されているか確認します。
  • カスタマー マッチ オーディエンス、類似ユーザー、または購買意向の強いオーディエンスをターゲットとする新しい広告グループを追加して、オーディエンスの範囲を拡大します。
  • よりシンプルなコンバージョン イベントを重視した最適化に切り替えることを検討します。あるいは、広告の視聴からコンバージョン達成までに要する時間に合わせて、計測期間を延長します。
キャンペーンの予算が使用されていない

カスタマー マッチ オーディエンス、類似ユーザー、または購買意向の強いオーディエンスをターゲットとする新しい広告グループを追加して、オーディエンスの範囲を拡大します。

コンバージョン単価が高すぎる

自動入札の効率が上がるまでには 7~14 日ほどかかります。7~14 日経過してもコンバージョン単価が高すぎる場合は、以下の方法をお試しください。

  • よりシンプルなコンバージョン イベントを重視した最適化に切り替えることを検討します。あるいは、広告の視聴からコンバージョン達成までに要する時間に合わせて、計測期間を延長します。
  • 別のオーディエンスをターゲットとする広告グループを作成して、コンバージョンに至る可能性がより高いユーザーを獲得できるよう最適化します。
  • コンバージョン率を改善するため、サイトリンクを追加するか、テキスト(広告見出し、行動を促すフレーズなど)や動画を変更してさまざまな広告のパターンをテストします。

次のステップ

緑色のチェックマーク チェックリストを利用して、YouTube 広告でオンライン コンバージョンを促進しましょう。

緑色のチェックマーク 動画キャンペーンの管理について学ぶスキルショップのコースを受講しましょう。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。