[レポート] ページでレポートを作成して管理する

レポートはデータの確認、分類、分析に役立つ機能です。大量のデータを多次元の表やグラフ、カスタマイズ可能なダッシュボードで視覚化して、特定のパターンや傾向が見られないか探ることができます。

この記事では、レポートを作成して保存する方法、以前に保存したレポートを開く方法、ご自身、およびアカウントへのアクセスを許可されている他のユーザーにレポートをメール送信するようスケジュール設定する方法について説明します。

手順

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で [従来版] をご選択ください。詳細

既定のレポートを開く

特定のデータを探す手間を省くため、[レポート] タブにはいくつかのレポートがあらかじめ用意されています。この「既定のレポート」を基に新しいカスタム レポートを作成して、編集、スケジュール設定、共有することもできます。

既定のレポートを開くには:

  1. AdWords にログインします。
  2. 画面上部の [レポート] タブをクリックします。
  3. 画面左上の [既定のレポート] プルダウン メニューをクリックし、任意のレポートを選択して開きます。

レポートの管理

[レポート] タブでは、保存された既定のレポートやカスタム レポートを簡単に表示できます。自分が作成したレポートは、そのアカウントにアクセスできるユーザーなら誰でも閲覧できます。保存されたレポートをすべて表示するか、自分が作成したものだけを表示するかは各自で選択できます。こうしたレポートはすべて、編集、保存、スケジュール設定、共有が可能です。

保存したレポートを 18 か月間一度も利用しないと、アカウントから自動的に削除されます。レポートを利用したとみなされるのは、レポートを開くかダウンロードした場合、レポートが追加されているダッシュボードを開いた場合、[レポート] タブの該当するレポートで [同様のものを作成] をクリックした場合です。

保存されたレポートを開く

  1. AdWords にログインします。
  2. [レポート] タブをクリックして、アカウントのすべてのレポートのリストを表示します。
  3. 表示するレポートのタイトルをクリックして開きます。

現在のところ、レポート エディタ以外のページからダウンロードして保存したレポートは、レポート エディタで作成したレポートと比べて一部の機能が制限され、ダウンロード元のタブで開くことができる場合と、ダウンロードだけできる場合があります。

レポートのメール送信をスケジュール設定する

[レポート] タブでは、レポートが 1 回だけメール送信されるように設定できます。また、ご自身や、アカウントへのアクセスを許可されている他のユーザーに、指定した間隔でレポートを定期的にメール送信することもできます。

  1. AdWords にログインします。
  2. 画面上部の [レポート] タブをクリックして、保存されたレポートの一覧を表示します。
  3. 表示するレポートを検索して [スケジュール設定 / 形式] 列でその名前をクリックします。
  4. 表示されるプルダウン フォームで、次の項目を設定します。
    • 形式: レポートのファイル形式を選択します(Excel、PDF など)。
    • 送信先: レポートを誰に送信するかを指定します(自分、他のユーザーなど)。
    • 頻度: レポートをどの間隔で自動送信するかを指定します。

  5. [保存] をクリックします。

ヒント

レポートのスケジュールを設定するには、レポート エディタを開き、シェルフの上にある calendar icon アイコンをクリックする方法もあります。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。