ランディング ページのパフォーマンスを評価する

この記事は、新しい Google 広告をご利用の方のみを対象としています。ご利用中の Google 広告がリニューアル版か従来版のどちらにあたるかを見分ける方法

ユーザーがウェブページをどのように利用しているのかを理解するためには、ランディング ページのパフォーマンスを定期的に確認することが重要です。この情報の概要を把握するなら、[ランディング ページ] のページがおすすめです。

[ランディング ページ] のページでは、次の操作を行うことができます。

  • 各ランディング ページに関連付けられている展開後のランディング ページを表示する
  • モバイル端末でのエクスペリエンスを向上するページを特定する
  • ページのモバイル対応度を確認したり、ページが有効な Accelerated Mobile Pages(AMP)として読み込まれているかを確認する

この記事では、[ランディング ページ] のページの使用方法について説明します。このページに表示される情報について詳しくは、[ランディング ページ] のページをご覧ください。

Google 広告のランディングページのパフォーマンス

 

ご希望の言語の字幕を表示するには、YouTube の字幕をオンにしてください。動画プレーヤーの下部にある設定アイコンをクリックし、[字幕] を選択して言語を指定します。

 

手順

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 左側のページメニューで [ランディング ページ] をクリックします。[モバイル フレンドリーなページのクリックの割合] と [有効な AMP ページのクリックの割合] 列を確認して、モバイル端末向けに最適化されていないページを確認します。
    • ランディング ページが Google のモバイル フレンドリー テストで毎回モバイル フレンドリーと見なされない場合、[モバイル フレンドリーなページのクリックの割合] 列の割合は 100% 未満になります。モバイル端末からページへのクリックがない場合、列の値は「—」になります。
    • ユーザーが広告をクリックしたときにランディング ページが有効な AMP ページとして読み込まれない場合、[有効な AMP ページのクリックの割合] 列の割合は 100% 未満になります。ページに AMP マークアップがない場合、列の値は「—」になります。
  3. ランディング ページのリンクの下にある [展開後のランディング ページを表示] をクリックします。そのランディング ページの展開後のランディング ページ URL の一覧が表示されます。
    • [モバイル フレンドリーなページのクリックの割合] 列で [テスト] をクリックすると、そのページ用に別のウィンドウで Google のモバイル フレンドリー テストが起動します。
    • [有効な AMP ページのクリックの割合] 列で [テスト] をクリックすると、そのページ用に別のウィンドウで AMP 検証ツールテストが起動します。
  4. ユーザーが最も反応したページを特定するには、[クリック数]、[表示回数](インプレッション数)、[CTR](クリック率)列を確認します。他の Google 広告レポートと同様に、これらの列のデータを分割してフィルタリングしたり、表全体をダウンロードして保存したりすることができます。
  5. 複数のランディング ページの展開後のランディング ページを表示するには:
    1. 左側のページメニューの [ランディング ページ] をクリックします。
    2. 複数のランディング ページの横にあるチェック ボックスをオンにします。
    3. 表の上に青色のバーが表示されたら、[展開後のランディング ページを表示] をクリックします。

    [ランディング ページ] ページに表示される広告見出しのクリック数にはランディング ページの表示につながったクリックのみが含まれているのに対し、[キャンペーン] ページや [広告と広告表示オプション] ページに表示されるクリック数には、地図、電話番号、その他の表示オプションのクリックが含まれています。このため、両者の数値は一致しません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。