オーディエンス ターゲティングについて

広告グループにオーディエンス ターゲティングを追加することで、ユーザーの属性、興味や習慣、積極的に調べている情報、お客様のビジネスを利用した方法に基づいて広告を表示できます。オーディエンス ターゲティングは、ユーザーがウェブサイトを閲覧しているときやアプリを使用しているとき、動画を視聴しているときなどに広告を表示するのに役立ち、キャンペーンの成果向上に効果を発揮します。ユーザーにとっても広告主様にとっても有益な広告表示を実現できるよう、パーソナライズド広告に関するポリシー(旧称「インタレスト ベース広告に関するポリシー」)をご確認ください。

オーディエンス ターゲティングの仕組み

ディスプレイ、検索、動画、ホテルのキャンペーンでは、オーディエンスとは特定の興味や関心、意図、ユーザー属性を持つと推定されるユーザーのグループを指します。キャンペーンや広告グループにオーディエンスを追加し、豊富なカテゴリから関心傾向(スポーツファン、旅行好きなど)やその他の条件(車の購入を考えている、広告主様のサイトやアプリを利用したことがあるなど)を選択すると、そのカテゴリに当てはまると思われるユーザーにターゲットを絞って広告が表示されます。

: オーディエンスの作成に使用されるデータ(ページの訪問履歴、過去に Google 検索で検索した内容など)は、キャンペーンの単価設定とターゲティングの精度を高めるために使われる場合があります。

以下の表では、キャンペーンでのターゲティングに使用するさまざまなオーディエンスのタイプについて簡単に説明します。

キャンペーン タイプ オーディエンスの種類
ディスプレイ
  • アフィニティ: ユーザーが熱中していること、習慣、興味や関心に基づいてユーザーにリーチします。
  • カスタム オーディエンス: キャンペーンの目標に応じて、ユーザーが熱中していること、習慣、興味や関心に加え、最近の購入意向に基づいてリーチします。詳しくは、カスタム オーディエンスについてをご覧ください。
  • 詳しいユーザー属性: 長年の生活習慣に基づいてユーザーにリーチします。
  • ライフイベント: 人生の大きな節目を迎えているユーザーにリーチします。
  • 購買意向: 最近の購入意向に基づいてユーザーにリーチします。
  • リマーケティング: お客様のビジネスを利用したことのあるユーザーにリーチします。
  • カスタマー マッチ: CRM データに基づいて既存顧客にリーチします。
  • 類似ユーザー: ウェブサイトにアクセスしたことのあるユーザーや既存顧客と同じような興味や関心を持つ、新しいユーザーにリーチします。
  • 詳しくは、適切なタイミングで適切なユーザーに広告を表示するをご覧ください。
検索
  • アフィニティ: ユーザーが熱中していること、習慣、興味や関心に基づいてユーザーにリーチします。
  • 詳しいユーザー属性: 長年の生活習慣に基づいてユーザーにリーチします。
  • 購買意向: 最近の購入意向に基づいてユーザーにリーチします。
  • リマーケティング: お客様のビジネスを利用したことのあるユーザーにリーチします。
  • カスタマー マッチ: CRM データに基づいて既存顧客にリーチします。
  • 類似ユーザー: ウェブサイトにアクセスしたことのあるユーザーや既存顧客と同じような興味や関心を持つ、新しいユーザーにリーチします。
動画
  • アフィニティ: ユーザーが熱中していること、習慣、興味や関心に基づいてユーザーにリーチします。
  • カスタム オーディエンス: キャンペーンの目標に応じて、ユーザーが熱中していること、習慣、興味や関心に加え、最近の購入意向に基づいてリーチします。
  • 詳しいユーザー属性: 長年の生活習慣に基づいてユーザーにリーチします。
  • 購買意向: 最近の購入意向に基づいてユーザーにリーチします。
  • リマーケティング: お客様のビジネスを利用したことのあるユーザーにリーチします。
  • カスタマー マッチ: CRM データに基づいて既存顧客にリーチします。
  • 類似ユーザー: ウェブサイトにアクセスしたことのあるユーザーや既存顧客と同じような興味や関心を持つ、新しいユーザーにリーチします。
ホテル
  • リマーケティング: お客様のビジネスを利用したことがあるユーザー(ウェブサイトにアクセスしたユーザー、類似ユーザー、組み合わせリスト、顧客リストなど)にリーチします。

オーディエンス ターゲティングの種類

ターゲットとするユーザー層の興味や関心、ニーズ、行動パターン、目標を見極めたら、特定のキャンペーンや広告グループのオーディエンスを定義できます。オーディエンスまたは組み合わせオーディエンスを作成するか、Google 広告であらかじめ定義されているオーディエンスを選択できます。

アフィニティ カテゴリ

アフィニティ カテゴリを使用すると、ライフスタイル、趣味、習慣などを総合的に把握できます。アフィニティ カテゴリのユーザーは、特定のトピックに高い関心を示しており、広告主様は商品やサービスを最も重要なユーザーにアピールできます。

現在、Google のすべての広告主様は、検索キャンペーン、ディスプレイ キャンペーン、動画キャンペーン、Gmail、ディスプレイ&ビデオ 360 でアフィニティ カテゴリにアクセスできます。

この CSV をダウンロードして、厳選されたアフィニティ カテゴリのリストを見つけてください。
ライフイベント

大学卒業や引っ越し、結婚など、人生の大きな節目を迎えているユーザーに、YouTube、Gmail、ディスプレイ広告でアプローチできます。このようなタイミングを捉えることで、適切なユーザーに適切なメッセージの広告を配信できます。

他の重要な出来事と同様にライフイベントはまれにしか起きないため、アフィニティ カテゴリと比較するとアプローチできるユーザーは少なくなります。ただし、ライフイベントに伴ってさまざまな購買決定が行われることも多いため、購買意向の強いユーザー層による単独の購買決定よりも、全体の規模は大きくなります。たとえば引っ越ししようとしているユーザーは、同じ月に新しい家具、引っ越しサービス、住宅ローンなどの関連した支出が発生する可能性が高くなります。

購買意向の強いオーディエンス

広告主様が提供する商品やサービスに似たものを調べているユーザーや、購入を前向きに検討しているユーザーに広告を表示したい場合は、このカテゴリが役立ちます。

購買意向の強いユーザー層は、購入に至る可能性が高いユーザーをコンバージョンに導くことを想定した機能で、リマーケティングの成果を高めたり、購入段階に極めて近いユーザーに広告を表示したりする際に効果的です。

この CSV をダウンロードして、購買意向の強いオーディエンスを見つけてください。

カスタム オーディエンス

カスタム オーディエンスでは、キーワード、URL、アプリ名を入力して、最適なオーディエンスに広告を表示する方法を指定できます。

ディスプレイ、ファインド、Gmail、動画のキャンペーンでカスタム オーディエンスを設定するには、商品やサービスに関連する特定のキーワード、URL、アプリに基づいてオーディエンスを定義します。これらのオーディエンスを使って、ページ、アプリ、動画内のキーワードに関心があると思われるユーザーに広告を表示できるようになります。詳しくは、オーディエンス ターゲティングについてをご覧ください。

キャンペーンの目標と入札戦略の推測に基づいてこれらのシグナルがすべて解釈され、次のいずれかに焦点を当てたユーザーが選択されます。

  • リーチ
  • 比較検討
  • 掲載結果

たとえば、ランニング シューズを販売している企業が「スポーツファン」ではなく、「熱心なマラソン愛好家」に広告を表示したい場合は、カスタム オーディエンスを以下のように定義します。

  • 興味 / 関心: 東京 5 キロマラソン、トライアスロン選手、長距離ランナー
  • URL: ランニングやトレーニング スケジュール、マラソンに役立つ栄養学など、マラソン関連のコンテンツを扱っているウェブサイトの URL
  • アプリ:

カスタム インテント オーディエンス: 自動作成(ディスプレイ)

自動作成されたカスタム インテント オーディエンスを利用すると、広告主様のディスプレイ キャンペーンにとって理想的なユーザーを定義してリーチすることができます。カスタム インテント オーディエンスを使って、広告グループを特定のカテゴリやランディング ページに分類することもできます。

現在、自動作成オーディエンスは、英語、ドイツ語、日本語、スペイン語、ロシア語、ポルトガル語、フランス語、イタリア語で利用可能です。最新の情報を随時ご確認ください。今後、言語が追加される予定です。

リマーケティング

広告主様のウェブサイト、モバイルアプリ、動画にアクセスしたことのあるユーザーや、過去に連絡先情報を提供したユーザーなど、すでに広告主様の商品やサービスに興味を示しているユーザーにアプローチできます。リマーケティングの詳細

詳しいユーザー属性

詳しいユーザー属性により、大学生、住宅所有者、最近子供が生まれたユーザーなど、共通の特徴を持つユーザー層に幅広くリーチできます。CSV をダウンロードして、厳選されたユーザー属性のリストをご覧ください。

カスタマー マッチ

カスタマー マッチでは、オンラインやオフラインのデータを使用して、検索、ショッピング、Gmail、YouTube、ディスプレイ広告を利用しているユーザーにリーチしたり、再アプローチしたりできます。さらに、顧客から提供された情報を活用し、情報を提供した顧客を広告のターゲットに設定できます。カスタマー マッチの詳細

類似ユーザー

類似ユーザー機能を利用すると、既存のユーザーと類似する新規顧客が自動的に割り出されるため、見込み顧客についての分析の精度が高まります。Google 広告では、機械学習を使用して類似ユーザーのリストをリアルタイムで更新し、新規ユーザーとリマーケティング リストが比較されます。類似ユーザーのターゲット設定を使用すると、既存のリマーケティング リストやカスタマー マッチ リストのユーザーと共通の特徴を持つユーザーに広告を表示できます。重複を避けるため、元となるリストに載っているユーザーは類似ユーザーリストから自動的に除外されます。類似ユーザーの詳細

複数のキャンペーンにおけるオーディエンス リストの入札単価の仕組み

複数のキャンペーンで同じトラフィックをターゲットにしている場合、オークションでは、有効な入札単価が最も高いキャンペーンが選ばれます。

キャンペーン A とキャンペーン B が、ある地域で同じモデルの靴をターゲットに設定しているとします。

キャンペーン A の基本入札単価は 200 円で、オーディエンス リストの入札単価調整比が 100% に設定されています。キャンペーン B の基本入札単価は 500 円で、入札単価調整比は設定されていません。この場合、オーディエンス リストの入札単価調整が設定されていなくても、広告を表示できるのはキャンペーン B になります。

動的プロスペクティングについて

動的プロスペクティングは、フィードベースの動的リマーケティング機能を活用する方法のひとつで、コンバージョンにつながる可能性の高い商品を新規ユーザーにアピールすることができます。動的リマーケティングは既存の顧客から最大限の価値を引き出すことに重点を置いているのに対して、動的プロスペクティングは新しいユーザーを獲得することに重点を置いています。そのため、動的プロスペクティングは、新しい広告主様のほか、自社データ(リマーケティング リストを含む)とは異なるオーディエンスをターゲティングしている広告主様に適しています。

仕組み

動的プロスペクティングでは機械学習を使って、見込み顧客が探しているフィード アイテムを予測します。さらに、過去のフィードの成果とユーザーの行動データに基づいて、フィード内のアイテムに対して価値の高い行動をする可能性が最も高い新規ユーザーを予測します。フィード アイテムとユーザーの意向との間に統計的に有意な関係が見つかると、その意向とユーザー属性(年齢や性別など)に基づく情報を組み合わせて、フィード内の関連商品とユーザーの意向をマッチングします。フィード内の商品は、効果性や関連性などの要因に基づいて評価され、コンバージョンにつながる可能性が最も高い商品が選ばれます。

動的プロスペクティング キャンペーンには、スマート ディスプレイ キャンペーンの使用をおすすめします。スマート ディスプレイ キャンペーンを使うと、動的リマーケティングのユーザーと動的プロスペクティングのユーザーを簡単に組み合わせられるため、目標到達プロセス全体であらゆるユーザーにアプローチできるようになります。

沖縄で休暇を取ろうとしているユーザーが、文化遺産、レストラン、ホテル、フライトなど、沖縄に関する多くの情報を集めているとします。ホテル経営者である広告主様が動的プロスペクティングを有効にしている場合、このユーザーの沖縄旅行の意向を示すひとつひとつの情報が積み重なって、沖縄のホテルの広告がこのユーザーにとって関連性の高い広告であること、そしてそのような広告を表示することでコンバージョンに導く可能性が高くなることをシステムが学習します。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。