オーディエンス セグメントについて

 

オーディエンスの全体像を 1 か所で把握し、オーディエンスの管理と最適化を簡素化するために、Google 広告では次のような改善が行われました。

  • 新しいオーディエンス レポート
    オーディエンスのユーザー属性、セグメント、除外設定に関する詳細情報がまとめられています。キャンペーン アイコン キャンペーン アイコン をクリックして [オーディエンス、キーワード、コンテンツ] タブを開き、[オーディエンス] をクリックします。このレポートページから、オーディエンスを簡単に管理することもできます。オーディエンス レポートについて
  • 新しい用語
    オーディエンス レポート内と Google 広告全体で新しい用語が使用されています。たとえば、「オーディエンス タイプ」(類似、カスタム、購買意向、アフィニティなど)はオーディエンス セグメントに、「リマーケティング」は「広告主様のデータ」にそれぞれ変更されました。オーディエンスに関する用語やフレーズの更新

広告グループにオーディエンス セグメントを追加して、ユーザーの属性、興味や習慣、積極的に調べている情報、広告主様のビジネスへの反応に基づいて、ユーザーにリーチできます。オーディエンス セグメントは、ユーザーがウェブサイトを閲覧しているとき、アプリを使用しているとき、動画を視聴しているときに広告を表示するのに役立ち、キャンペーンの成果向上に効果を発揮します。ユーザーにとっても広告主様にとっても有益な広告表示を実現できるよう、パーソナライズド広告に関するポリシー(旧称「インタレスト ベース広告に関するポリシー」)をご確認ください。

Apple の App Tracking Transparency(ATT)ポリシーの施行に伴い、データ セグメント(特にウェブサイト用リスト、アプリ用リスト、自動作成によるリスト)とカスタマー マッチ リストは、iOS 14 でのトラフィックによる影響を受ける可能性があります(これらのリストを除外設定で使う場合も含みます)。ウェブベースのコンバージョン目標の促進を目指す(特にカスタマー マッチやその他のデータ セグメントを使用している)キャンペーンでも、パフォーマンスが変動する可能性があります。こうした影響が予想される間、Google は推定コンバージョンの対象をさらに多くの iOS 14 トラフィックに拡大していきます。

 


オーディエンス セグメントの仕組み

ディスプレイ キャンペーン、検索キャンペーン、動画キャンペーン、ホテル キャンペーン、通常のショッピング キャンペーンの場合、オーディエンスは、特定の興味や関心、意図、ユーザー属性情報を持つと推定されるセグメントまたはユーザーのグループで構成されます。キャンペーンまたは広告グループにオーディエンスを追加する際に、豊富なセグメントから関心の対象(スポーツファン、旅行好きなど)やその他の条件(車の購入を考えている、広告主様のサイトやアプリを利用したことがあるなど)を選択すると、そのカテゴリに当てはまると思われるユーザーにターゲットを絞って広告が表示されます。

オーディエンスは、Google サービスおよび第三者のウェブサイトを使用しているユーザーのアクティビティに基づいて決定されるか、特定のユーザー グループが興味を持つ可能性が高いコンテンツに基づいて推定されます。第三者のウェブサイトでのアクティビティとコンテンツは、第三者のウェブサイトでのオーディエンス セグメントに主に使用され、Google サービスでのアクティビティとコンテンツは、Google サービスでのオーディエンス セグメントに主に使用されます。

: オーディエンス セグメントの作成に使用されるデータ(ページの訪問履歴、過去に Google 検索で検索した内容など)は、キャンペーンの単価設定と精度を高めるために使われる場合があります。

キャンペーンで精度を高めるために使用するさまざまなオーディエンス セグメントの種類について、以下で簡単に説明します。

  • アフィニティ セグメント: ユーザーが熱中していること、習慣、興味や関心に基づいてユーザーにリーチします。
  • カスタム セグメント: カスタム セグメントを使用すると、関連性の高いキーワード、URL、アプリを入力することで、最適なオーディエンスにアプローチできます。
  • 詳しいユーザー属性: 長期的なユーザー特性に基づいてリーチします。
  • ライフイベント: 人生の大きな節目を迎えているユーザーにリーチします。
  • 購買意向: 最近の購入意向に基づいてユーザーにリーチします。
  • データ セグメント: お客様のビジネスを利用したことがあるユーザーにリーチします。
    • ウェブサイトやアプリを過去に利用したユーザー: ウェブサイトまたはアプリにアクセスしたことのあるユーザーにリーチします。
    • カスタマー マッチ: CRM データに基づいて既存顧客にリーチします。
    • 類似セグメント: ウェブサイトにアクセスしたことのあるユーザーや既存顧客と同じような興味や関心を持つ、新しいユーザーにリーチします。

以下の表は、各キャンペーン タイプで使用できるオーディエンス セグメントの種類をまとめたものです。

キャンペーン タイプ アフィニティ セグメント カスタム セグメント 詳しいユーザー属性 ライフイベント 購買意向 広告主様のデータ

ディスプレイ ネットワーク向けのイメージ広告の例

ディスプレイ

検索ネットワーク向けのテキスト広告の例

検索
× ×

動画広告の例

動画

Hotel ads example

ホテル
× × × × ×

ショッピング広告 | 商品リスト広告

通常のショッピング キャンペーン
× ×
デマンド ジェネレーション
: P-MAX キャンペーンの場合、コンバージョンに至る可能性の高いユーザーを示すオーディエンス シグナルをキャンペーンに追加すると、Google AI がスピードアップします。ただし、これは、広告がこれらのオーディエンス内のユーザーにのみ配信されることを保証するものではありません。他のセグメントのほうがコンバージョンを達成しているユーザーが多いと判断された場合は、オーディエンス シグナルで指定されたユーザー以外のユーザーに広告が配信されます。詳しくは、アセット グループを作成する方法をご覧ください。

 


オーディエンス セグメントの種類

ターゲットとするユーザー層の興味や関心、ニーズ、行動パターン、目標を見極めたら、特定のキャンペーンや広告グループのオーディエンスを定義できます。Google 広告であらかじめ定義されているセグメントを選択できます。

ルックバック ウィンドウ

オーディエンスのデータは毎週更新されるため、表示される結果は週ごとに若干異なる場合があります。オーディエンスの月別ビューは、過去 11 か月までさかのぼって変更することもできます。これにより、コンテンツのオーディエンスの推移を確認できます。
検索データは翌月の第 1 週または第 2 週に更新されますが、データは過去 3 年分まで確認できます。30 日間のルックバック ウィンドウを使用して、オーディエンスの表示を月別に変更することもできます。これにより、特定の月のビジネスについてオーディエンスを確認できます。検索データを使用すると、分析情報を確認したい特定の月を選択できます。

データ

更新頻度 ルックバック ウィンドウ
オーディエンス 毎週 過去 30 日間
検索 翌月の第 1 週または第 2 週 3 年
アフィニティ セグメント

ライフスタイル、興味や関心、習慣などの全体像に基づいてユーザーに広告を表示できます。

動画には、アフィニティ カテゴリのラベルを割り当てることができます。たとえば、コンテキスト シグナルとカスタマイズされたシグナルの組み合わせ、またはコンテキスト シグナルのみに基づいて、「オートバイ ファン」というラベルを割り当てることが可能です。パーソナライズド広告が許可されていないアフィニティ オーディエンス セグメントを広告主が利用している場合、コンテキスト シグナルのみに基づいて動画に広告が表示されます。これには子ども向けに指定されている動画も含まれます。子ども向けに制作された動画の広告がパーソナライズされることはありません。

現在、Google のすべての広告主様は、検索キャンペーン、ディスプレイ キャンペーン、通常のショッピング キャンペーン、動画キャンペーン、Gmail、ディスプレイ&ビデオ 360 でアフィニティ セグメントを利用できます。

この CSV をダウンロードして、厳選されたアフィニティ カテゴリのセグメントを見つけてください。

健康アフィニティ セグメント

Google オーディエンスは、特定の興味や関心、意図、ユーザー属性情報を持つと推定されるセグメントまたはユーザーのグループで構成されます。

アフィニティ セグメント: ユーザーが熱中していること、習慣、興味や関心に基づいてユーザーにリーチできます。ライフスタイル、趣味、習慣などの全体像を基に広告を表示できます。アフィニティ セグメントのユーザーは、健康に関するトピックに高い関心を示すことがわかっており、広告主様は商品やサービスを最も関連性の高いユーザーにアピールできます。

アフィニティ健康セグメントの例を以下に示します。この CSV をダウンロードして、厳選されたアフィニティ カテゴリのセグメントを見つけてください。

アフィニティ セグメント名

アフィニティ セグメント名
/フード、ダイニング/ベジタリアン、ビーガン
/フード、ダイニング/ベジタリアン、ビーガン/ビーガン
/ライフスタイル、趣味/エコライフ派
/スポーツ、フィットネス
/スポーツ、フィットネス/健康、フィットネス ファン
/スポーツ、フィットネス/健康、フィットネス ファン/ウェイト リフター
/スポーツ、フィットネス/健康、フィットネス ファン/ヨガ愛好家
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/野球ファン
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/バスケットボール ファン
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/ボート、ヨットファン
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/クリケット ファン
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/サイクリング好き
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/アメリカン フットボールのファン
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/オーストラリアン フットボールのファン
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/格闘技、レスリング ファン
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/ゴルフファン
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/ホッケーファン
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/モーター スポーツファン
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/オリンピック ファン
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/ラケットボール ファン
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/ラグビーファン
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/ランニング好き
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/スキー好き
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/サッカーファン
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/水泳好き
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/テニスファン
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/ウォーター スポーツ好き
/スポーツ、フィットネス/スポーツファン/ウィンター スポーツファン

 

Google がユーザーに合わせた広告を表示するために健康状態や人種、宗教、性的指向といった機密情報を使うことは決してありません。

入力または選択したオーディエンス セグメントに基づいて、Google AI がキャンペーンのニーズに最適なオーディエンスを選択します。

最終更新日: 2023 年 4 月 28 日

ライフイベント

大学卒業や引っ越し、結婚など、人生の大きな節目を迎えているユーザーに、YouTube、Gmail、ディスプレイ広告でアプローチできます。このようなタイミングを捉えることで、適切なユーザーに適切なメッセージの広告を配信できます。

他の重要な出来事と同様にライフイベントはまれにしか起きないため、アフィニティ セグメントと比較するとアプローチできるユーザーは少なくなります。ただし、ライフイベントに伴って複数の購買決定が行われることも多いため、単独の購買決定だけをターゲットにした「購買意向の強いセグメント」よりも、全体の規模は大きくなります。たとえば引っ越ししようとしているユーザーは、同じ月に新しい家具、引っ越しサービス、住宅ローンなどの関連した支出が発生する可能性が高くなります。

購買意向の強いセグメント

広告主様が提供する商品やサービスに似たものを調べているユーザーや、購入を前向きに検討しているユーザーに広告を表示したい場合は、このセグメントが役立ちます。

購入見込みが高いユーザーに広告を表示してコンバージョン率を上げる場合にご利用ください。このセグメントは、購入段階に近いユーザーに広告を表示する際に効果的です。

この CSV をダウンロードして、購買意向の強いセグメントのリストをご確認ください。

購買意向の強いセグメント(健康)

最近の購入意向に基づいてユーザーにリーチできます。これらのユーザーは健康に関する商品を調べ、ページを頻繁に閲覧し、お客様が提供しているのと同じような商品やサービスの購入を積極的に検討しています。

以下は、購買意向の強い健康セグメントの例です。この CSV をダウンロードして、購買意向の強いセグメントのリストをご確認ください。

購買意向の強いセグメント

セグメント名
/スポーツ、フィットネス
/スポーツ、フィットネス/フィットネス商品、サービス
/スポーツ、フィットネス/フィットネス商品、サービス/健康ドリンク

Google がユーザーに合わせた広告を表示するために健康状態や人種、宗教、性的指向といった機密情報を使うことは決してありません。

入力または選択したオーディエンス セグメントに基づいて、Google AI がキャンペーンのニーズに最適なオーディエンスを選択します。

最終更新日: 2023 年 4 月 28 日

カスタム セグメント

カスタム セグメントでは、キーワード、URL、アプリ名を入力して、最適なセグメントに広告を表示する方法を指定できます。

ディスプレイ キャンペーン、デマンド ジェネレーション キャンペーン、Gmail キャンペーン、通常のショッピング キャンペーン、動画キャンペーンで、商品やサービスに関連する具体的なキーワード、URL、アプリを追加することで、カスタム セグメントを設定できます。これらのオーディエンスを使って、ページ、アプリ、動画内のキーワードに関心があると思われるユーザーに広告を表示できるようになります。

キャンペーンの目標と入札戦略の推測に基づいてこれらのシグナルがすべて解釈され、次のいずれかに焦点を当てたセグメントが選択されます。

  • リーチ
  • 比較検討
  • 実績

たとえば、ランニング シューズを販売している企業が「スポーツファン」ではなく、「熱心なマラソン愛好家」に広告を表示したい場合は、以下のようにカスタム セグメントを定義します。

  • 興味 / 関心: 東京 5 キロマラソン、トライアスロン選手、長距離ランナー
  • URL: ランニングやトレーニング スケジュール、マラソンに役立つ栄養学など、マラソン関連のコンテンツを扱っているウェブサイトの URL
  • アプリ
カスタム インテント セグメント: 自動作成(ディスプレイ)

自動作成されたカスタム インテント セグメントを利用すると、広告主様のディスプレイ キャンペーンにとって理想的なセグメントを定義してリーチできます。カスタム インテント セグメントを使って、特定のカテゴリやランディング ページで広告を表示することもできます。

現在、自動作成セグメントは、英語、ドイツ語、日本語、スペイン語、ロシア語、ポルトガル語、フランス語、イタリア語で利用可能です。最新の情報を随時ご確認ください。今後、言語が追加される予定です。

データ セグメント(旧称「リマーケティング」)

広告主様のウェブサイト、モバイルアプリ、動画にアクセスしたことのあるユーザーや、過去に連絡先情報を提供したユーザーなど、すでに広告主様の商品やサービスに興味を示しているユーザーにアプローチできます。詳しくは、広告主様のデータ セグメントに関する記事をご確認ください。データ セグメントには次が含まれます。

  • ウェブサイトやアプリにアクセスしたことのあるユーザー。
  • データを提供した顧客。提供されたオンラインおよびオフラインのデータを活用して、検索、ショッピング、Gmail、通常のショッピング、YouTube、ディスプレイでユーザーにアプローチしたり再アピールしたりできます。
  • 既存の顧客と同じような興味、関心を持っているユーザー。Google 広告では、提供されたデータおよび顧客セグメントと新しいユーザーを比較して、関連性に基づき類似セグメントを自動的に更新します。重複を避けるため、類似セグメントからは、元となるセグメントに載っているユーザーは自動的に除外されます。類似セグメントの詳細
詳しいユーザー属性

ユーザー属性は通常、年齢、性別、子供の有無を指しますが、詳しいユーザー属性セグメントは共通の特徴を持つユーザー層の幅広いセグメントです。詳しいユーザー属性セグメントには、大学生、住宅所有者、最近子供が生まれたユーザーなどが含まれます。CSV をダウンロードして、厳選されたユーザー属性のセグメントをご覧ください。

: 現在のところ、カスタム セグメントとお客様のデータから作成されたセグメントは、ターゲット フリークエンシー動画キャンペーンではサポートされていません。

 


複数のキャンペーンにおけるセグメントの入札単価の仕組み

同じトラフィックに関連しているキャンペーンが複数ある場合、オークションでは、有効な入札単価が最も高いキャンペーンが選ばれます。

キャンペーン A とキャンペーン B が、ある地域で同じモデルの靴に関連しているとします。

キャンペーン A の基本入札単価は 200 円で、オーディエンス セグメントの入札単価調整比が 100% に設定されています。キャンペーン B の基本入札単価は 500 円で、入札単価調整比は設定されていません。この場合、セグメントの入札単価調整が設定されていなくても、広告を表示できるのはキャンペーン B になります。

 


動的顧客開拓について

動的顧客開拓を使用すると、コンバージョンにつながる可能性が高い商品の広告でリーチを拡大し、新規ユーザーの関心を引き付けることができます。

: 小売フィードを使用する場合は、スマート ショッピング キャンペーンを作成するか、Google アカウント担当者にお問い合わせください。詳しくは、スマート ショッピング キャンペーンについてをご覧ください。

仕組み

動的顧客開拓では Google AI を使って、見込み顧客が探しているフィード アイテムを予測します。さらに、過去のフィードの成果とユーザーの行動データに基づいて、フィード内のアイテムに対して価値の高い行動をする可能性が最も高い新規ユーザーを予測します。フィード アイテムとユーザーの意向との間に統計的に有意な関係が見つかると、その意向とユーザー属性(年齢や性別など)に基づく情報を組み合わせて、フィード内の関連商品とユーザーの意向をマッチングします。フィードの商品は、効果性や関連性などの要因に基づいて評価され、コンバージョンにつながる可能性が最も高い商品が選ばれます。

沖縄で休暇を取ろうとしているユーザーが、文化遺産、レストラン、ホテル、フライトなど、沖縄に関する多くの情報を集めているとします。ホテル経営者である広告主様が動的顧客開拓を有効にしている場合、このユーザーの沖縄旅行の意向を示すひとつひとつの情報が積み重なって、沖縄のホテルの広告がこのユーザーにとって関連性の高い広告であること、そしてそのような広告を表示することでコンバージョンに導く可能性が高くなることをシステムが学習します。

 


ターゲット フリークエンシーについて

2022 年後半より、ブランド認知度向上を目指すキャンペーンでターゲット フリークエンシーを最適化のソリューションとして活用できるようになります。この簡単なソリューションを使って、リーチを最適化し、YouTube での広告視聴回数を増やすことで、フリークエンシー目標を達成することができます。

ターゲット フリークエンシー キャンペーンでは、非除外ターゲティングが行われ、広告主様が指定した週あたりのターゲット フリークエンシーに基づいて、できるだけ多くのユーザーに広告が表示されます。ここでは、広告の表示頻度を上げることが最も重要な目標であると想定されます。キャンペーン条件と一致するできるだけ多くのユーザーに、まずは広告が配信されます。広告の初めての配信後は、オーディエンス プロフィールが変更されたり、指定したトピックやダイナミック ラインナップ以外の広告表示が発生したりした場合でも、広告が 7 日間にわたって頻度の残りの回数分自動的に配信されます。これにより、ターゲット オーディエンスのブランド認知度を高めることができます。詳しくは、ターゲット フリークエンシーについてをご覧ください。

 


関連リンク

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー