Chrome デバイスの詳細を確認する

管理者は Google 管理コンソールを使用して、Chrome OS を搭載したドメイン内のデバイスの詳細を確認できます。確認できる情報は、各デバイスのユーザー、シリアル番号、登録日、最終同期の日時などです。また、デバイス用の組織部門を作成して、デバイスのグループごとに異なる設定を適用することもできます。

デバイスの詳細を確認する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [デバイス] をクリックします。

デバイスリストをダウンロードする

管理者は、Chrome デバイスのリストを CSV ファイル形式でダウンロードできます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [デバイス] をクリックします。
  4. すべてのデバイスを表示するには、[すべての組織部門を含める] をオンにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. (省略可)フィルタを適用して特定のデバイスを検索します。詳しくは、ステータスでフィルタするをご覧ください。
  6. 右上にあるデバイスリストをエクスポート アイコン ダウンロード をクリックします。
  7. [ダウンロード] をクリックします。
    右上の [タスク] の下にリンクが表示されます。
  8. リンクをクリックしてリストを取得します。
  9. Google スプレッドシートまたはお好みのスプレッドシート ソフトウェアを使用して CSV ファイルを開きます。詳しくは、データセットとスプレッドシートを読み込むをご覧ください。
エクスポートされたデバイスリストの詳細

名前 説明
deviceId デバイス ID
serialNumber シリアル番号
model ハードウェアの機種
lastPolicySyncMs デバイスがポリシー設定を最後に同期した日時(UNIX エポックタイム、ミリ秒)
osVersion Chrome OS のバージョン
orgUnitPath 組織部門
provisionStatus プロビジョニングのステータス
annotatedAssetId カスタム フィールド: アセット ID
annotatedUser カスタム フィールド: ユーザー
annotatedLocation カスタム フィールド: 場所
annotatedNotes カスタム フィールド: メモ
ethernetMacAddress イーサネット MAC アドレス
macAddress Wi-Fi MAC アドレス
autoExpirationMs 自動更新の有効期限(AUE)の日時(UNIX エポックタイム、ミリ秒)
meid モバイル機器の識別子
platformVersion プラットフォームのバージョン
firmwareVersion ファームウェアのバージョン
lastDeprovisionMs 最後にデバイスのプロビジョニング解除をした日時(UNIX エポックタイム、ミリ秒)
deprovisionReason デバイスのプロビジョニング解除をした理由
mostRecentActivity 最後のデバイス アクティビティの日時(UNIX エポックタイム、ミリ秒)とセッションの継続時間(秒)
mostRecentUser 最後のユーザーのユーザー ID
wifiSignalStrength Wi-Fi の信号強度(dBm)
volumeLevelPercent 音量レベル(%)
cpuUtilizationPercent CPU の使用率(%)
memoryUsageByte メモリの使用量(バイト)
diskSpaceUsageByte ディスクの使用量(バイト)
kioskApp キオスクアプリの ID とバージョン
lanIpAddress LAN の IP アドレス
wanIpAddress WAN の IP アドレス
lastIpAddressUpdateMs LAN および WAN の IP アドレスが最後に報告された日時(UNIX エポックタイム、ミリ秒)
bootMode 起動モード
tpmFirmwareVersion Trusted Platform Module(TPM)ファームウェアのバージョン

注: lastReportMsmanufactureMs の値は、CSV ファイルとスプレッドシートには表示されますが、エクスポートされません。

デバイスのページについて

[Chrome デバイス] のページには、ユーザーの各 Chrome デバイスに関する次の情報が表示されます。

項目 説明
シリアル番号 Chrome デバイスのシリアル番号です。[シリアル番号] をクリックすると、そのデバイスの全般情報が表示されます。デバイスにログインする前にシリアル番号を確認するには、Alt+V を押します。
ステータス デバイスの使用状況が表示されます(例: [プロビジョニング済み]、[プロビジョニング解除])。
アセット ID 管理者が付けたアセット ID です。ID や Chrome OS のバージョン番号を確認するには、登録済みデバイスからログアウトした状態で Alt+V を押します。ID は chrome://policy ページでも確認できます。この項目は、[カスタム フィールド] 内で手動で更新したり、登録時のアセット ID 機能を使用して登録時に更新したりできます。
オンライン ステータス 緑色の丸は、デバイスがオンライン状態にあり、正常に動作していることを示します。詳細については、デバイスのステータスをご覧ください。この項目は、自動起動のキオスク デバイスを含むように設定されている組織部門のみが対象となります。
登録時刻 デバイスがドメインに登録された日時です。
ポリシーの最終同期 デバイスが Google 管理コンソールのポリシー設定と最後に同期された日時です。
ユーザー 最初にデバイスを登録したユーザーのユーザー名が自動的に入力されます。自動入力された内容は編集可能です。
場所 デバイスの所在地または場所です。この欄は編集可能です。
メモ デバイスに関する特記事項を入力できます。この欄を使用して検索をカスタマイズできます。
管理モード デバイスをクラウドで管理するのか、Microsoft® Active Directory® で管理するのかを指定します。

デバイスの詳細

デバイスのシリアル番号をクリックすると、デバイスの詳細が表示されます。左側で、デバイスからユーザー プロファイルの移動、無効化、プロビジョニング解除、クリアを行うことができます。自動起動キオスクのデバイスである場合、再起動、ログの取得、スクリーンショットの作成、デバイスの音量の設定、キオスクへのリモート アクセスも選択できます。

ユーザー プロファイルをクリアする

管理者は、組織内のあるユーザーから別のユーザーにデバイスを再割り当てできます。たとえば、従業員が退社したとき、または生徒のデバイスを変更するときに再割り当てできます。デバイスを再割り当てすると、すべてのユーザー プロファイルとデータはデバイスから削除されますが、デバイスの登録状態とデバイスのデータ(ネットワーク プロファイルなど)は保持されます(詳細)。

デバイスの詳細を表示

注: [デバイスの状態の報告] が有効か無効かによって、一部の項目が空欄で表示される場合があります。

ハードウェアと OS

項目 説明
モデル Chrome デバイスのメーカーとモデル名です。
シリアル番号 Chrome デバイスのシリアル番号です。
MEID / IMEI モバイル機器の識別子であり、携帯電話機能を搭載したデバイスを識別する一意の番号です。CDMA デバイスの場合は MEID、その他のモバイル デバイスの場合は IMEI となります。[デバイス] ページで MEID を確認するには、デバイスにログインする必要があります。
管理モード デバイスをクラウドで管理するのか、Microsoft® Active Directory® で管理するのかを指定します。
Wi-Fi MAC メディア アクセス制御アドレスであり、Wi-Fi 接続のためにデバイスに割り当てられるネットワーク アドレスです。[デバイス] ページで MAC アドレスを確認するには、デバイスにログインする必要があります。
イーサネット MAC

メディア アクセス制御アドレスであり、イーサネット接続のためにデバイスに割り当てられるネットワーク アドレスです。[デバイス] ページで MAC アドレスを確認するには、デバイスにログインする必要があります。

Chrome のバージョン Chrome OS バージョンのベースとなっている Chrome のバージョンです。
プラットフォームのバージョン デバイスに搭載されている Chrome OS のバージョンです。
ファームウェアのバージョン デバイスのファームウェアのバージョンです。
TPM ファームウェアのバージョン デバイスの Trusted Platform Module(TPM)ファームウェアのバージョンです。
起動モード デバイスがデベロッパー モードか確認済みモードかを指定します。
登録時刻 デバイスがドメインに登録された日時です。
Directory API ID 個別の Chrome デバイス用の Directory API ID。この ID はアセット ID やシリアル番号とは異なります。
デバイスの種類

Chromebook Enterprise デバイスか、アップグレードを適用したスタンドアロン Chrome デバイスかを指定します。

  • Enterprise - Chrome Enterprise デバイス
  • Enterprise Upgrade - スタンドアロン Chrome デバイス(Chrome Enterprise Upgrade を含む)
  • Education Upgrade - スタンドアロン Chrome デバイス(Chrome Education Upgrade を含む)

カスタム フィールド

これらの項目を編集するには、編集アイコン 編集 をクリックします。

項目 説明
アセット ID デバイスの一意の ID です。
ユーザー 最初にデバイスをドメインに登録したユーザーの名前です(自動的に入力されます)。
場所 デバイスの所在地または場所です。
メモ デバイスに関する特記事項を入力します。後でデバイスを検索する際に、この項目に入力した情報を使用できます。

システム アクティビティとトラブルシューティング

設定 監視項目

最近のアクティビティ

デバイスの過去 15 日間のアクティビティ(最後に使用された日時、使用時間など)が表示されます。表示される日時は、デバイスのタイムゾーンに基づいています。

最近のアクティビティ情報を確認するには、デバイスの状態に関するレポートを有効にする必要があります。詳しくは、デバイスに関するレポートの設定についてご確認ください。

最近ログインしたユーザー

Chrome デバイスを最近使用したユーザーが一覧表示されます。キオスク セッションやゲスト セッションは表示されません。管理対象外のユーザーのメールアドレスは表示されず、「ドメインで管理されないユーザー」と表示されます。

最近ログインしたユーザーの情報を確認するには、最近のデバイスのユーザーの追跡を有効にする必要があります。詳しくは、デバイスに関するレポートの設定についてご確認ください。

Wi-Fi の信号強度

キオスクモードのデバイスの Wi-Fi 信号強度が表示されます。

音量

キオスクモードのデバイスの音量レベル(%)が表示されます。

CPU 使用率

デバイスの CPU 使用率(%)が表示されます。

CPU 温度

各 CPU コアの温度が摂氏(oC)で表示されます。

メモリ使用量

デバイスのメモリ使用量(% と GB)が表示されます。

ディスク使用量

デバイスのディスク使用量(% と GB)が表示されます。

キオスクアプリ情報

この機能は、管理対象ゲスト セッションを実行しているデバイスでは使用できません。

アプリの名前とバージョン番号が表示されます。

IP アドレス

デバイスの LAN と WAN の IP アドレスが報告された最後の日時が表示されます。日時はデバイスのタイムゾーンに基づいています。

ユーザーがログインする前のログイン画面の IP アドレス情報や、組織外の Google アカウント(Gmail アカウントなど)でログインしたユーザーの IP アドレス情報は報告されません。

LAN - デバイスが接続されている有線または無線ネットワークが表示されます。場合によっては、このアドレスを使ってデバイスの場所(建物や階数)を特定できます。

WAN - デバイスのインターネット接続に使用されている固有の IP アドレスが表示されます。

システムログ

キオスク デバイスから自動的に取得されたシステムログが表示されます。ログは 12 時間おきに取得され、アップロードされます。また、ログは最大で 60 日間保存され、最近の 100 件をダウンロードできます。

システムログ情報を確認するには、システムログのアップロードを有効にする必要があります。詳しくは、システムログのアップロード有効化の設定についてご確認ください。

ヒント: システム ログを調べるには、Log Analyzer を使用してください。

スクリーンショット

Chrome デバイスの最近のスクリーンショットのリストが、日付の新しい順に表示されます。

スクリーンショットを表示するには、青いリンクをクリックします。

リモートでキオスク デバイスを監視する

各デバイスのページで、次の設定を使用してキオスク デバイスをリモートで監視できます。監視の詳細については、キオスクの稼働状況を確認するをご覧ください。

操作 説明

移動

デバイスを登録すると、自動的に最上位の組織部門に配置されます。[移動] をクリックし、デバイスの移動先の組織を選択します。

再起動

Chrome デバイスが 10 分以上実行されていた場合、再起動します。

ログの取得

キオスクモードのデバイスから、デバイスの属性とログが新たにアップロードされます。ログは、[システム アクティビティとトラブルシューティング] の [システムログ] に保存されます。デバイスの属性が正常にアップロードされると、メッセージが表示されます。

スクリーンショットの撮影

デバイスの画面のスクリーンショットが撮影され、[システム アクティビティとトラブルシューティング] の [スクリーンショット] に保存されます。

スクリーンショットの取得に失敗すると、次のいずれかのエラーコードとメッセージが表示されます。

  • 0 - 一般的なエラー。
  • 1 - ユーザー入力が検出されたため、スクリーンショットの取得に失敗した。
  • 2 - スクリーンショットの取得に失敗した(例: デバイスに画面が接続されていない場合)。
  • 34 - サーバーエラーのため失敗した。
  • 5 - クライアント エラーのため失敗した。
  • 6 - アップロード用の URL が無効であるため失敗した。

注: キオスクモードのデバイスでは、ユーザー入力(たとえば、キオスク セッション中のマウスやキーボードの動作)があった場合、デバイスを再起動するまでスクリーンショットを取得できません。デバイスの再起動後、スクリーンショットが機能するためには、デバイスでキオスクアプリを自動起動する必要があります。

ボリュームの設定

キオスクモードの管理対象デバイスの場合、リモートで音量を設定できます。

スライダーを使用して音量を選択し、[ボリュームを設定] をクリックします。デバイスの音量が設定されると、デバイスの右上にある [タスク] に通知が表示されます。

リモート デスクトップ

キオスク デバイスへのリモート セッションを開始します。詳しくは、Chrome キオスク デバイスにリモートでアクセスするをご覧ください。

ユーザー プロファイルをクリア

すべてのユーザー プロファイルとデータをデバイスから削除しますが、デバイスの登録状態とデバイスのデータ(ネットワーク プロファイルなど)は保持されます。そのため、組織内のあるユーザーから別のユーザーにデバイスを再割り当てすることができます。詳しくは、デバイスを別のユーザーに再割り当てするをご覧ください。

無効にする

デバイスを無効にして、誰も使用できないようにします。たとえば、紛失や盗難が発生した場合などです。詳しくは、Chrome デバイスの修理、用途変更、廃棄をご覧ください。

プロビジョニング解除

組織内で使用されなくなったデバイスをデプロビジョニングして管理対象から外します。詳しくは、Chrome デバイスの修理、用途変更、廃棄をご覧ください。

検索

[デバイス] ページでは、列の見出しをクリックしてさまざまな条件で項目を並べ替えることができます。特定のデバイスを検索するには、フィルタを適用します。

デバイスを検索する

Chrome OS を実行しているデバイスを検索するには:

  1. (省略可)すべての組織部門を検索するには、左側の [すべての組織部門を含める] をオンにします。
  2. [フィルタを追加] をクリックして検索する項目を選択します。
  3. 検索条件を入力し、[適用] をクリックします。
  4. (省略可)複数の項目を検索するには、各項目にフィルタを追加し、検索条件を入力して [適用] をクリックします。
ステータスでフィルタする

デバイスをフィルタして、プロビジョニング済み、プロビジョニング解除、無効、停止の状態にあるすべてのデバイスを表示できます。

特定のステータスのデバイスをすべて表示するには:

  1. メインのリストページで、[ステータス] をクリックします。
  2. メニューからステータスを選択し、[適用] をクリックします。

指定したステータスのデバイスがすべて表示されます。すべてのデバイスを表示することもできます。

特定の項目を検索する

特定の項目のみを検索するには(特定のユーザーを検索する場合など)、その項目のフィルタを追加し、検索条件を入力します。下記に示す各項目のガイドラインをご覧ください。

シリアル番号

検索するデバイスのシリアル番号を入力し、[適用] をクリックします。たとえば、12345abcdefg のシリアル番号を検索するには、「12345abcdefg」と入力します。

シリアル番号に含まれる一部の文字列(ただし 3 文字以上)で検索することもできます。

アセット ID

アセット ID を入力します。たとえば、アセット ID に「1234」を含むデバイスを検索するには、「1234」と入力します。

登録時刻

特定の期間に管理サーバーに登録されたデバイスを表示するには、その期間の開始日と終了日を入力して [適用] をクリックします。

ポリシーの最終同期

Google のデバイス管理サーバーとの最終同期日時ごとにデバイスを表示します。期間を指定して検索するには、その期間の開始日と終了日を入力して [適用] をクリックします。特定の日に同期したデバイスを表示するには、開始日と終了日に同じ日付を入力します。

ユーザー

ユーザー名を入力し、[適用] をクリックします。たとえば、「鈴木 太郎」と入力すると、ユーザ名に「鈴木」または「太郎」が含まれるすべてのデバイスが検索結果に表示されます。

場所

ある場所に存在するすべてのデバイスを表示するには、場所を入力して [適用] をクリックします。たとえば、東京にあるすべてのデバイスを表示するには「東京」と入力します。

メモ

メモに特定の内容が入力されているデバイスを検索するには、そのテキストを入力します。たとえば、山田さんから借りたものを検索するには、「山田氏から借用」と入力します。

Wi-Fi MAC アドレス

アドレスを入力する際には、スペースやコロンは省略します。アドレスの部分一致検索はサポートされていません。複数のデバイスから同じアドレスが管理コンソールに報告された場合、一致するすべてのデバイスが検索結果に表示されます。たとえば、Wi-Fi MAC アドレスが「6C:29:95:72:4C:50」のデバイスを検索するには、「6c2995724c50」と入力します。

イーサネット MAC アドレス

アドレスを入力する際には、スペースやコロンは省略します。アドレスの部分一致検索はサポートされていません。複数のデバイスから同じアドレスが管理コンソールに報告された場合、一致するすべてのデバイスが検索結果に表示されます。たとえば、イーサネット MAC アドレスが「E8:EA:6A:15:79:81」のデバイスを検索するには、「e8ea6a157981」と入力します。

最近のユーザー

ユーザーのメールアドレスを入力します。たとえば、admin@solarmora.com が最近ログインしたすべてのデバイスを検索するには、「admin@solarmora.com」または「admin」と入力します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。