検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

広告ネットワークの不正利用

Google ネットワークに表示される広告を、ユーザーにとって有意義で、バラエティ豊かで、関連性が高く、安全なものにするために、広告の審査プロセスを回避したりごまかそうとしたりする、悪意のある広告やコンテンツ、リンク先は認められません。Google ではこれを重大な問題と捉えておりますので、常に公正に対応していただくようお願いいたします。

広告で禁止されている事項については、以下の例をご覧ください。ポリシーに違反した場合に適用される措置をご確認ください。

広告の不承認が間違っていると思われる場合は、不承認の広告とポリシーに関する質問フォームで審査をリクエストすることができます。

悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア

これらの要件は、そのソフトウェアが Google の広告掲載ネットワークを通じて宣伝されているかどうかに関わらず、サイトやアプリがホストまたはリンクしているソフトウェアに適用されます。次のようなケースは許可されません。

パソコン、端末、ネットワークへの損害や不正アクセスを引き起こす恐れのある不正なソフトウェア(マルウェア)

: コンピュータ ウイルス、ランサムウェア、ワーム、トロイの木馬、ルートキット、キーロガー、ダイヤラー(接続ソフト)、スパイウェア、偽装セキュリティ ソフトウェア、その他の不正なプログラムやアプリ

マルウェアに関する要件を確認する

Google の望ましくないソフトウェアのポリシーに違反する宣伝

例: ソフトウェアのインストールによって予測される事態やソフトウェアの機能について明確な説明がない、利用規約やエンドユーザー使用許諾契約が含まれていない、ユーザーの知らないソフトウェアやアプリケーションをバンドル(同梱)している、ユーザーの同意なくシステムを変更している、ユーザーによるソフトウェアの無効化やアンインストールを困難にしている、Google のサービスや製品との通信に公開されている Google API を適切に使用していない

Google の望ましくないソフトウェアのポリシーを確認する

サイトやアプリは Google の「望ましくないソフトウェアのポリシー」に準拠している必要があります。お客様のサイトやアプリが望ましくないソフトウェアをホストしている、またはこうしたソフトウェアへのリンクを掲載していると判明した場合、Google では、問題が解決されるまでお客様のサイトやアプリの広告を無効にする場合があります。また、宣伝の中でソフトウェアの動作や機能について明示されていない場合も、広告を不承認としたり、サイトやアプリを強制停止することがあります。

サイトやアプリが強制停止になると、それにつながるすべての広告が停止されます。そのような事態にならないように、広告で望ましくないソフトウェアを直接宣伝していない場合でも、サイトやアプリ全体でこうしたソフトウェアやリンクが提示されない状態にしてください。望ましくないソフトウェアが原因でサイトやアプリが強制停止になっている場合は、バイナリ マルウェアや望ましくないソフトウェアに関する詳細情報とリソースをご確認ください。

マルウェアを削除する手順をご確認ください。すべてのマルウェアが削除されたことを Google が確認すると、広告が承認されるようになります。

不当な手段による利益の獲得

次のようなケースは許可されません。

Google ネットワークで不当な手段を用いてオークションの他の参加者よりも優位に立つ行為

: 該当するアフィリエイト プログラムのルールに反する方法で AdWords で広告を掲載するアフィリエイト、同一か類似の検索語句に対して複数のアカウントから同一か類似のコンテンツを宣伝する行為、ご自身のビジネス、アプリ、またはサイトを宣伝する広告を同時に 2 つ以上表示しようとする行為

: キーワードは、ターゲット ユーザーの推定される意向に適したものでなければなりません。また、宣伝するウェブサイトやアプリはユーザーにとって明確な価値があるものでなければなりません。

不承認となった広告や広告表示オプションを修正する方法をご確認ください。広告のリンク先が原因で不承認となった場合には、強制停止されたサイトを修正する方法か強制停止されたアプリを修正する方法をご確認ください。

広告掲載システムの回避

次のようなケースは許可されません。

Google の広告システムやプロセスを回避、阻害するような行為への関与

: クローキングを行うこと、動的 DNS を使ってページや広告コンテンツを切り替えること、Google の自動的なシステム チェックを回避するために広告文やサイトのコンテンツを不正に操作すること、不当に多くのランディング ページへのアクセスを制限して広告、サイト、アカウントに対する有効な審査を困難にすること

トラブルシューティング: 広告掲載システムの回避

Google はこのような行為を深刻に捉え、ポリシーへの悪質な違反と見なします。Google ネットワークで詐欺的行為を行ったお客様またはアプリやサイトについては、アカウントが強制停止され、今後の広告掲載が許可されなくなります。

お客様がポリシーに違反していないのにアカウントが誤って強制停止された場合には、できる限り速やかにアカウントを再開させていただきます。サイトが誤って強制停止されたとみられる場合は、再審査を申請してください。このポリシー違反は非常に重大であるため、アカウントの再開は、Google が誤って強制停止をするなど、完全な妥当性があると判断された場合にのみ行われます。再審査の申し立ては、誠実に熟考したうえで的確に行ってください。

ウェブマスター向けガイドライン

次のようなケースは許可されません。

Google ウェブマスター向けガイドラインに違反する行為

: キーワードの乱用、クローキング、不正なリダイレクト、誘導ページ、ソーシャル ネットワーク サイトへのスパム行為

強制停止されたサイトを修正する方法をご確認ください。

ご不明な点がある場合

このポリシーに関してご質問がある方は、Google までお問い合わせください。
AdWords サポートに問い合わせる
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。