検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

AdWords スマート自動入札について

AdWords スマート自動入札は自動入札戦略の一部で、機械学習を使用して個々のオークションのコンバージョン数やコンバージョン値の最適化を行います。この機能は、「オークションごとの自動入札機能」と呼ばれます。スマート自動入札戦略の種類としては、目標コンバージョン単価目標広告費用対効果コンバージョン数を最大化拡張クリック単価があります。

オークションごとの自動入札機能の仕組みついて詳しくは、ガイド(検索キャンペーン向けとディスプレイ キャンペーンディスプレイ向け)をダウンロードしてください。ショッピング キャンペーンでの単価設定を自動化する場合は、ショッピング キャンペーンの自動入札をご覧ください。

この記事では、スマート自動入札の概要に加え、スマート自動入札がもたらす時間節約や投資収益率の向上といったメリットについて説明します。

はじめに

Adwords の自動入札についてあまりご存知でない方は、まず自動入札機能についてをご覧ください。

Smart Bidding を使用するには、コンバージョン トラッキングを有効にする必要があります。詳細については、コンバージョン トラッキングを設定するをご覧ください。

AdWords スマート自動入札のメリット

AdWords Smart Bidding には、時間の節約や掲載結果の改善に役立つ 4 つの特長があります。

1. 高度な機械学習

単価設定では、機械学習アルゴリズムが極めて広範なデータを学習するため、さまざまな入札単価でのコンバージョン数やコンバージョン値をアカウントでより的確に予測できるようになります。このアルゴリズムでは、ユーザーが算出するよりも多様で、掲載結果に影響を与えるパラメータが考慮されます。

2. コンテキストに基づくさまざまなシグナル

オークションごとの自動入札機能では、入札単価の最適化の際にさまざまなシグナルが考慮されます。シグナルとは、個々のユーザーやオークション時のコンテキストを特定できる属性のことで、端末や地域など、手動の入札単価調整に利用できる属性のほか、AdWords Smart Bidding 固有のシグナルとその組み合わせが該当します。以下に重要なシグナルをいくつかまとめておきます。

自動入札で使用されるシグナル
端末

説明: ユーザーの使用端末(モバイル、パソコン、タブレット)に基づき、目標コンバージョン単価または目標広告費用対効果を考慮して入札単価が最適化されます。

例: ある自動車販売店では、ユーザーがモバイル端末で検索していて、近くの店舗に来店を予約をする可能性が高い場合に、入札単価が調整されます。

所在地

説明: ユーザーの所在地(都市レベル)に基づいて入札単価が最適化されます。その際、広告主様のターゲット地域がそのレベルにまで設定されているかどうかは問いません。

例: ある銀行の場合、広告主様のターゲット地域が東京都に設定されていても、支店が密集する地域にいるユーザーが「新しい預金口座」と検索していれば、口座開設を申し込む可能性が高いため、入札単価の調整が行われます。

地域に関する意図

説明: ユーザーの所在地に加え、地域に関する意図にも基づいて入札単価が最適化されます。

例: ある旅行会社の場合、たとえ店舗付近にいないユーザーでも、その会社が取り扱っている旅行先について積極的に検索していれば(例: 「沖縄旅行 8 月」)、入札単価の調整が行われます。

曜日と時間帯

説明: ユーザーのタイムゾーンでの現地時間や曜日に基づいて入札単価が最適化されます。

例: あるレストランの場合、月曜日の午前 8 時と比較して、木曜日の午後 8 時に検索するユーザーは週末のための予約を行う可能性が高いため、入札単価の調整が行われます。

リマーケティング リスト

説明: ユーザーが登録されているリマーケティング リストに基づいて、検索キャンペーンとディスプレイ キャンペーンの入札単価が最適化されます(ショッピング キャンペーンでも近日提供予定)。ユーザーがそのリストに追加されてからどの程度の時間が経っているかも考慮されます。検索キャンペーンでは、そのキャンペーンまたは広告グループでユーザーが登録されている個々のリストも考慮の対象となります。

例: あるオンラインの衣料小売業者の場合、サイト訪問者が商品を閲覧し、ショッピング カートに追加したのが先週であれば、先月だった場合よりも、近々購入に至る可能性が高いため、入札単価の調整が行われます。

広告の特性

説明: モバイルアプリ用かどうかも含め、表示される広告のパターンに基づいて入札単価が最適化されます。

例: ある通信事業者の場合、「最新の特別価格キャンペーン」や「柔軟なプラン」を宣伝する広告、またはモバイルサイトやモバイルアプリをリンク先とする広告が表示される際には、各パターンのコンバージョンに至る可能性の高さに応じて入札単価の調整が行われます。ディスプレイ キャンペーンの場合は、コンバージョンに至る可能性が高い広告のサイズとフォーマットを考慮して入札単価が調整されます。

表示言語

説明: ユーザーの言語設定に基づいて入札単価が最適化されます。

例: あるスペイン語学習サイトの場合、スペイン語ではなく日本語を設定しているユーザーが新しいチュートリアルを購入する可能性は低いため、「新しい言語 学習」という検索キーワードの入札単価の調整が行われます。

ブラウザ

説明: ユーザーが使用しているブラウザに基づいて入札単価が最適化されます。

例: 他のブラウザと比較して Chrome でのコンバージョン率が高い健康食品会社の場合、ユーザーが Chrome で検索したときには入札単価の調整が行われます。

オペレーティング システム

説明: ユーザーが使用しているオペレーティング システムに基づいて入札単価が最適化されます。

例: あるゲームアプリのデベロッパーの場合、最新のバージョンにアップグレードされている Android 端末から Google Play で「パズルゲーム」を検索したユーザーは、旧バージョンの使用時と比べて、アプリをインストールする可能性が高いため、入札単価の調整が行われます。

ユーザー属性(検索とディスプレイ)

説明: ユーザーの年齢、性別に基づいて入札単価が最適化されます。ディスプレイ キャンペーンでは、関心(インタレスト)に基づいても入札単価が最適化されます。

例: ある玩具店の場合、子どもがいるユーザーは、新しい知育玩具を宣伝するディスプレイ広告からコンバージョンに至る可能性が高いため、入札単価の調整が行われます。

実際の検索語句(検索キャンペーンとショッピング キャンペーン)

説明: 広告掲載の対象となった検索で、一致したキーワードだけでなく、実際の検索語句に基づいて入札単価が最適化されます。

例: ある靴の小売店の場合、「革のブーツ」と検索したユーザーは、キーワード「ブーツ」が同じく部分一致する「ブーツ 修理」と検索したユーザーよりも新しいブーツを購入する可能性が高いため、入札単価の調整が行われます。

検索ネットワーク パートナー(検索キャンペーンのみ)

説明: 広告が掲載される検索パートナー サイトに基づいて入札単価が最適化されます。

例: ある消費財ブランドの場合、ニュースサイトよりも、e コマースサイトとの関連性が高い検索語句が発生していれば、コンバージョンに至る可能性が高いため、入札単価の調整が行われます。

ウェブサイトのプレースメント(ディスプレイ キャンペーンのみ)

説明: 広告が掲載されるサイト プレースメントに基づいて入札単価が最適化されます。

例: ある消費財ブランドの場合、トラフィックの多い人気サイトに広告が掲載されると、コンバージョンに至る可能性が高いため、入札単価の調整が行われます。

サイトでの行動(ディスプレイ キャンペーンのみ)

説明: 閲覧したページ数や閲覧した商品の金額、コンバージョン プロセスにおける現在地、過去にアクセスした他のサイトなど、ユーザーのサイトでの行動に基づいて入札単価が最適化されます。

例: ある家具ブランドの場合、低価格帯の照明器具と比較して高額なソファをユーザーがいくつか閲覧していれば、入札単価の調整が行われます。

商品属性(ショッピング キャンペーンのみ)

説明: 価格、状態、ブランド、商品カテゴリなど、商品全体で類似する属性に基づいて入札単価が最適化されます。

例: あるアウトドア用品を販売する小売業者の場合、コンバージョンに至る可能性が高いテントと似たようなテントが商品データに新たに追加されると、入札単価の調整が行われます。

モバイルアプリの評価(今後対応予定)

説明: アプリのレビューの効果と数に基づいて入札単価が最適化されます。

例: あるフィットネス関連のブランドの場合、販売しているアプリが好意的なレビューを多く獲得していれば、インストールされる可能性が高いため、入札単価の調整が行われます。

価格競争力(ショッピング キャンペーンでは今後対応予定)

説明: 広告主様と同じオークションに参加している他の広告主様との商品価格の比較に基づいて入札単価が最適化されます。

例: 他の広告主様と比較して競争力のある価格でナイフセットを販売している調理器具の小売店の場合、入札単価の調整が行われます。

季節性(ショッピング キャンペーンでは今後対応予定)

説明: 1 年における特定の時期の季節的な掲載結果の傾向に基づいて入札単価が最適化されます。

例: ある家電販売店の場合、年末商戦期に最新のテレビを検索しているユーザーは通常、コンバージョンに至る可能性が高いため、入札単価の調整が行われます。

3. 掲載結果の柔軟な管理

AdWords Smart Bidding では、成果目標を設定できるほか、個々のビジネス目標に合わせて設定をカスタマイズすることも可能です。

  • データドリブン アトリビューションを含め、選択したアトリビューション モデルに合わせて検索広告の入札単価を最適化します。
  • 目標コンバージョン単価制で端末別(モバイル、パソコン、タブレット)の成果目標を設定します(今後対応予定)。

4. 透明性の高い掲載結果レポート

AdWords Smart Bidding では、入札の成果の詳細分析や問題の迅速な解決に役立つレポートツールが用意されています。その一部をご紹介します。

  • 詳細な入札戦略のステータス。入札戦略についてさらに詳しく把握できます。
  • キャンペーンの下書きとテスト(検索キャンペーンとディスプレイ キャンペーン向け)。現在の単価設定と比較しての AdWords Smart Bidding の効果を容易に測定できます。
  • 入札単価シミュレーション。異なる目標コンバージョン単価を設定した場合に獲得できたと思われるコンバージョン数を予測できます。
  • アラートと通知。コンバージョン トラッキングに関する問題を報告し、解決するための明確な手順を示します。
  • 充実した掲載結果レポート。入札戦略のステータスや目標と掲載結果との関係を容易に確認できます。各レポートには、メインの [キャンペーン] ビューまたは [共有ライブラリ] の [入札戦略] プルダウン メニューからアクセス可能です。

対象

AdWords Smart Bidding は、大小さまざまな規模の企業に適しています。機械学習アルゴリズムにより十分なデータに基づいて入札単価を設定し、最大限の成果を得るには、目標コンバージョン単価を使用する前の過去 30 日間に 30 回以上のコンバージョンを獲得していることが推奨されます(目標広告費用対効果の場合は同期間に 50 回以上)。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords にログイン

AdWords でご利用のメールアドレスでログインすると、皆様のご利用状況にあわせたヒントをご覧いただけます。AdWords の利用方法もあわせてご覧ください。