ユーザーの興味や関心に基づいたターゲティングについて

広告グループにオーディエンス ターゲティングを追加することで、提供している商品やサービスに関心があるユーザーを狙って広告を表示できます。オーディエンス ターゲティングは、ユーザーがウェブサイトを閲覧しているときやアプリを使用しているとき、動画を視聴しているときなどに広告を表示するのに役立ち、キャンペーンの成果向上に効果を発揮します。ユーザーにとっても広告主様にとっても有益な広告表示を実現できるよう、パーソナライズド広告に関するポリシー(旧称「インタレスト ベース広告に関するポリシー」)をご確認ください。

オーディエンス ターゲティングの仕組み

オーディエンスを追加することで、ユーザーが Google ディスプレイ ネットワークや YouTube でウェブページ、アプリ、チャンネル、動画、その他のコンテンツを閲覧しているときに、そのユーザーの関心内容に応じた広告を表示できます。豊富なカテゴリから関心傾向(スポーツファン、旅行好きなど)やその他の条件(車の購入を考えているユーザー、広告主様のサイトを訪問したことがあるユーザーなど)を選択すれば、そのカテゴリに当てはまる可能性が高いユーザーを狙って広告が表示されます。

アフィニティ カテゴリ:

このカテゴリは、現在テレビ広告を展開しており、その広告キャンペーンのリーチを費用対効果の高い方法でオンライン上にも広げたいと考えている広告主様に適しています。

幅広い見込み顧客に広告を表示して、ビジネスの認知度を高めることができます。

カスタム アフィニティ カテゴリ

カスタム アフィニティ カテゴリを利用すると、テレビ広告のように広い範囲ではなく、よりターゲットを絞ったカテゴリを作成できます。カスタム アフィニティ カテゴリは、次の要素を組み合わせて作成します。

  • 興味 / 関心: キーワードを入力します
  • URL: ウェブサイトのコンテンツに基づいてインタレスト カテゴリを作成します
  • 場所: ユーザーが興味を持っている場所の種類を入力します
  • アプリ: 有望なユーザーが興味を持っている可能性があるアプリを入力します。指定したアプリに広告が表示されるという意味ではありません。指定したものと似たアプリをモバイル端末にインストールしているユーザーに広告を表示するという意味です。たとえば Google Fit と入力すると、フィットネス関連のアプリを利用しているユーザーに広告が表示されます。

たとえばランニング シューズを販売している企業が「スポーツファン」ではなく、「熱心なマラソン愛好者」に広告を表示したい場合は、カスタム アフィニティ カテゴリを以下のように作成してターゲットを絞り込みます。

  • 興味 / 関心: 東京マラソン、トライアスロン選手、長距離ランナー
  • URL: ランニングやトレーニング スケジュール、マラソンに役立つ栄養学など、マラソン関連のコンテンツを扱っているウェブサイトの URL
  • 場所: ジム、スポーツ用品店、自然食品スーパーなど、熱心なマラソン愛好家が関心を持っている可能性が高い場所
  • アプリ: Google Fit など、熱心なマラソン愛好家が関心を持っている可能性が高い健康、フィットネスのカテゴリのアプリ

現時点では、場所が対応しているのは YouTube 上の動画キャンペーンのみです。

ライフイベント

大学卒業、引越し、結婚などの人生の節目に、YouTube や Gmail で見込み顧客にアプローチできます。このようなタイミングを捉えることで、適切なユーザーに適切なメッセージの広告を配信できます。たとえば生花店や保険会社の広告主様が、結婚式の計画から新婚旅行に至るまでの各段階で、新婚夫婦に向けて最適な広告を表示するといったことが可能です。

次のようなライフイベントによって購入行動やブランドの好みが変わるタイミングで、見込み顧客にアプローチできます。

  • もうすぐ大学を卒業する
  • 最近大学を卒業した
  • もうすぐ引っ越しする
  • 最近引っ越した
  • もうすぐ結婚する
  • 最近結婚した

他の重要な出来事と同様にライフイベントはまれにしか起きないため、アフィニティ カテゴリと比較するとアプローチできるユーザーは少なくなります。ただし、ライフイベントに伴ってさまざまな購買決定が行われることも多いため、購買意向の強いユーザー層による単独の購買決定よりも、全体の規模は大きくなります。たとえば引っ越ししようとしているユーザーは、同じ月に新しい家具、引っ越しサービス、住宅ローンなどの関連した支出が発生する可能性が高くなります。

購買意向の強いユーザー層

広告主様が提供する商品やサービスに似たものを調べているユーザーや、購入を前向きに検討しているユーザーに広告を表示する場合は、このカテゴリが役立ちます。

「購買意向の強いユーザー層」は、購入に至る可能性が高いユーザーをコンバージョンに導くことを想定した機能で、リマーケティングの成果を高めたり、購入段階に極めて近いユーザーに広告を表示したりする際に効果的です。

カスタム インテント オーディエンス

カスタム インテント オーディエンスを利用すると、広告主様のビジネスにとって理想的なユーザーを定義してリーチすることができます。成果を重視する広告主様を想定したこのカテゴリでは、事前定義されたオーディエンス カテゴリでカバーされていない、購入判断プロセスのさなかにいるユーザーにアプローチできます。

ディスプレイ キャンペーンでは、購買意向の強いユーザー層向けのキーワードを使用して、カスタム インテント オーディエンスを作成できます。それには、ターゲットとするユーザーがサイトやアプリで検索している商品やサービスに関連するキーワードや URL を入力します。

購買意向の強いユーザー層向けのキーワード(ディスプレイ キャンペーン)

  • 関連する商品やサービスを積極的に検索しているオンライン ユーザーに広告を表示するために、キーワード、URL、アプリ、YouTube コンテンツを入力します。
  • 広告主様にとって理想的なユーザーを AdWords に学習させられるよう、キーワードと URL を、合計 15 個程度指定することをおすすめします。
  • ソーシャル メディアやメールサービスなど、ユーザーのログインが必要な URL は入力しないでください。
  • 目的のユーザー層が探しているはずの商品やサービスに関連するキーワードは、必ず含めましょう。これらのキーワードが、カスタム インテント オーディエンス作成の核となります。
キャンペーンの運用開始前にコンバージョン トラッキングを設定

カスタム インテント オーディエンス: 自動作成(ディスプレイ キャンペーン)

適切なユーザーを簡単に見つけられるように、Google が機械学習技術を使ってお客様の既存のキャンペーンを分析し、カスタム インテント オーディエンスを自動作成します。このオーディエンスは、特定の商品やサービスの情報を調べる際にユーザーが閲覧するコンテンツにおいて、特によく見受けられるキーワードや URL に基づいて作成されます。

たとえば既存のキャンペーンの分析によって、スポーツ用品のサイトを訪問したユーザーが雨天に履く運動靴についても積極的に情報を収集していたことがわかったとします。この場合、この特定分野のユーザー層に簡単にリーチできるようにするため、「防水ランニング シューズ」という、新たなカスタム インテント オーディエンスが自動作成されることがあります。

なお、こうした自動作成オーディエンスは、現在のところ英語でのみサポートされておりますのでご了承ください。

オーディエンス キーワード

カスタム インテント オーディエンスでオーディエンス キーワードが使われるようになったため、1 つの広告グループで両方のターゲティング オプションを併用すると、「広告が表示されていません」というエラーが出る場合があります。この問題は、AdWords リニューアル版に限り、次の方法で解決できます。

  1. 左側のナビゲーション パネルで、問題のキャンペーンかキャンペーン タイプをクリックします。
  2. ページメニューで [キーワード] をクリックします。
  3. オーディエンス キーワードを削除します。
    • オーディエンス キーワードに関心のあるユーザーにアプローチしたい場合は、それらのキーワードを使って新しいカスタム インテント オーディエンスを作成し、広告グループに追加してください。

リマーケティング

広告主様のウェブサイト、モバイルアプリ、動画にアクセスしたことのあるユーザーや、過去に連絡先情報を提供したユーザーなど、すでに広告主様の商品やサービスに興味を示しているたユーザーにアプローチできます。詳しくは、リマーケティングについての説明をご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。