広告ネットワークの不正利用

ディスプレイ&ビデオ 360 ユーザーは、この Google 広告ポリシーを遵守する必要があります。その他の制限については、ディスプレイ&ビデオ 360 のヘルプセンターをご覧ください。

Google ネットワークに表示される広告を、ユーザーにとって有意義で、バラエティ豊かで、関連性が高く、安全なものにするために、広告の審査プロセスを回避したりごまかそうとしたりする広告やコンテンツ、リンク先は認められません。

広告で禁止されている事項について、以下に例をいくつか記載します。詳しくは、ポリシーに違反した場合をご覧ください。

悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア

これらの要件は広告に加えて、サイトやアプリがホストまたはリンクしているソフトウェアに対して、そのソフトウェアが Google の広告掲載ネットワークを通じて宣伝されているかどうかに関わらず適用されます。以下は許可されません。

パソコンやデバイス、ネットワークに害を与えたり、それらへの不正なアクセス権を取得したりする恐れのある不正なソフトウェア(マルウェア)

例(一部): コンピュータ ウイルス、ランサムウェア、ワーム、トロイの木馬、ルートキット、キーロガー、ダイヤラー(接続ソフト)、スパイウェア、偽装セキュリティ ソフトウェア、その他の不正なプログラムやアプリ

トラブルシューティング: 不正なソフトウェア
  1. Google Search Console でサイトの状態をチェックします。Search Console を初めてご利用の場合は、お客様のウェブサイトの URL を入力して [プロパティを追加] をクリックすると、サイトの状態が表示されます。場合によっては、そのサイトの所有者であることを確認する手続きが必要になります。

    Search Console で問題が報告されない場合でも、Google 広告で検出されたセキュリティ上の問題がサイトに残っている可能性があります。御社のウェブ担当者やご利用のウェブ ホスティング プロバイダにご相談のうえ、そうした問題がないか詳しく調査してください。詳しくは、マルウェアや望ましくないソフトウェアを検出する方法をご確認ください。

  2. マルウェアや望ましくないソフトウェアを削除します。

    Google では、ウェブサイトがハッキングされた場合のヘルプで、サイトの問題解決に役立つリソースと手順をご紹介しています。広告のリンク先を修正できない場合は、このポリシーに準拠する新しいリンク先を作成し、広告を更新してください。

  3. 広告を編集します。

    広告を編集すると、広告とそのリンク先の再審査が行われます。審査は通常 1 営業日以内に完了しますが、複雑な審査が必要な場合はさらに時間がかかることがあります。

 

Google の望ましくないソフトウェアのポリシーに違反する広告やリンク先

例(一部): ソフトウェアに備わっている機能について、またはソフトウェアのインストールによって見込まれるあらゆる影響について明確な説明がない、利用規約やエンドユーザーとのライセンス契約が含まれていない、ユーザーに知らせていないソフトウェアやアプリケーションをバンドル(同梱)している、ユーザーの同意なくシステムに変更を加えている、ユーザーによるソフトウェアの無効化やアンインストールを難しくしている、公開されている Google API を Google のサービスやプロダクトとの通信に適切に使用していない

トラブルシューティング: 望ましくないソフトウェア
  1. 広告とリンク先を確認し、Google の望ましくないソフトウェアのポリシーに確実に準拠させます。

  2. 広告やリンク先を編集します。

    広告の編集が完了すると、広告とそのリンク先が再び審査に送られます。ほとんどの場合、審査は 1 営業日で完了しますが、込み入った審査が必要な場合はさらに時間がかかります。

 
このポリシーに違反しても、事前の警告なくアカウントが直ちに強制停止されることはありません。アカウントが強制停止される場合には 7 日前までに警告が表示されます。詳しくは、アカウントの強制停止の説明をご覧ください。

不当な手段による利益の獲得

以下は許可されません。

Google ネットワークで不当な手段を用いて他のオークション参加者よりも有利なトラフィックを獲得する行為

例(一部): 該当するアフィリエイト プログラムのルールに反する方法で Google 広告で広告を掲載し、同一または類似の検索語句に対して複数のアカウントから同一または類似のコンテンツを表示することによって、同じビジネス、アプリ、またはサイトの広告を同時に 2 つ以上表示しようとする行為

: キーワードは、ターゲット ユーザーが検索を行う際の考えられる意図に沿うものでなければなりません。また、宣伝するウェブサイトやアプリは、ユーザーに明確な価値を提供するものでなければなりません。たとえば、同価格帯の同様の商品を、互いに関連する複数のリンク先で宣伝することは避けてください。

このポリシーに違反しても、事前の警告なくアカウントが直ちに強制停止されることはありません。アカウントが強制停止される場合には 7 日前までに警告が表示されます。詳しくは、アカウントの強制停止の説明をご覧ください。

広告掲載システムの回避

以下は許可されません。

禁止 Google の広告システムやプロセスを回避したり阻害したりする行為またはその試みへの関与

例(一部):

  • Google の審査システムの阻害を目的とする、もしくは結果として阻害する、または Google 広告ポリシーへの違反を隠す、もしくは隠そうとするクローキング行為(Google を含む特定のユーザーに対して、他のユーザーとは異なるコンテンツを表示する行為)。これには以下が含まれます。
    • 違反コンテンツへのリダイレクト
    • ページや広告のコンテンツを動的 DNS によって切り替える行為
    • サイト コンテンツの操作や、多数のランディング ページへのアクセス制限により、広告、サイト、アカウントに対する有効な審査を困難にすること

    注: コンテンツのカスタマイズによって特定のユーザーに純正な付加価値を提供する行為は、クローキングには含まれません。たとえば、同じコンテンツを別言語で提供することや、ユーザーのインターネット サービス プロバイダに応じて別バージョンのコンテンツを提供することは、提供内容が本質的には同一であり、提供するコンテンツの差が Google 広告ポリシー違反に該当せず、かつコンテンツのいずれかひとつのバージョンを Google が審査できる状態であれば、クローキングとは見なされません。

  • 同一管理者のアカウントのいずれかで度重なるポリシー違反が発生した場合。本ポリシーまたはその他の Google 広告ポリシーの規則の下で不承認となった広告と同様の広告を掲載することを目的とする、新しいドメインやアカウントの作成を含みます。
  • すでに(このポリシーまたは Google 広告のその他のポリシーにより)不承認となった広告、ドメイン、またはコンテンツの変種を作成することにより、ポリシー施行ないし違反検知の仕組みを回避する行為。
  • 強制停止の判断が下された後に、新規アカウントの作成によって Google 広告のシステムを再度利用しようと試みること。
  • ポリシー違反コンテンツの提供やトラフィック増加を目的として、Google 広告の機能を悪用すること。
  • Google の検証プログラムにおいて虚偽の情報を送信すること。

このポリシーへの違反は重大かつ悪質と見なされます。Google 広告ポリシーの悪質な違反は、違法行為に該当する重大な違反行為であり、ユーザーに深刻な被害をもたらします。広告主様やリンク先がこのポリシーに違反しているかどうかの判断は、広告、ウェブサイト、アカウント、第三者からの情報など複数の情報を吟味したうえで行います。このポリシーに違反していることが判明した Google 広告アカウントは、事前の警告なく強制停止され、今後広告を掲載できなくなります。お客様が Google ポリシーに違反しておらず、この措置が誤りだとお考えの場合は、再審査請求をお送りいただき、その理由をご説明ください。なお、アカウントの再開は正当かつ妥当な理由に基づいてのみ行われるため、再審査請求の際は、嘘偽りのない正確かつ十分な情報をご提供ください。詳しくは、アカウントの強制停止の説明をご覧ください。

禁止 Google の自動的なシステム チェックを回避する意図に基づく広告文の不適切な操作

例(一部): 広告が不承認になることを避けるために禁止語句を不正確に表記する行為、商標使用に関する制限を回避するために広告文中の商標関連語句の表記を操作する行為など

このポリシーに違反しても、事前の警告なくアカウントが直ちに強制停止されることはありません。アカウントが強制停止される場合には 7 日前までに警告が表示されます。詳しくは、アカウントの強制停止の説明をご覧ください。
トラブルシューティング: 広告掲載システムの回避

このポリシーに違反していても、アカウント全体が強制停止とならずに、特定の広告だけが不承認となる場合もあります。これは、禁止語句や商標用語(広告で使用権限のないもの)に酷似した語句を使った広告で特に多いケースです。その場合には、不承認の広告からポリシー違反に該当する語句を削除してください。修正して保存した広告は自動的に審査され、このポリシー違反が解消されたことが確認されると掲載されるようになります。

ウェブマスター向けガイドライン

以下は許可されません。

Google ウェブマスター向けガイドラインに違反する行為

例(一部): キーワードの乱用、クローキング、不正なリダイレクト、誘導ページ、ソーシャル ネットワーク サイトへのスパム行為

このポリシーに違反しても、事前の警告なくアカウントが直ちに強制停止されることはありません。アカウントが強制停止される場合には 7 日前までに警告が表示されます。詳しくは、アカウントの強制停止の説明をご覧ください。

ご不明な点がある場合

ポリシーについてご不明な点がありましたらお知らせください。Google 広告サポートに問い合わせる
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。