広告ネットワークの不正利用

Google はヘルプセンターの翻訳版を提供しています。ただし翻訳版の内容によって実際のポリシーが変更されることはありません。ポリシーに基づく措置は、公式言語である英語版の記述に沿って実施されます。この記事を別の言語で閲覧するには、ページ末尾のプルダウン メニューから言語を選択してください。

ディスプレイ&ビデオ 360 ユーザーは、この Google 広告ポリシーを遵守する必要があります。その他の制限については、ディスプレイ&ビデオ 360 のヘルプセンターをご覧ください。

ご希望の言語の字幕を表示するには、YouTube の字幕をオンにしてください。動画プレーヤーの下部にある [設定] アイコン YouTube 設定アイコンの画像 で [字幕] を選択し、言語を選択します。


Google ネットワークに表示される広告を、ユーザーにとって有意義で、バラエティ豊かで、関連性が高く、安全なものにするために、広告の審査プロセスを回避したりごまかそうとしたりする広告やコンテンツ、リンク先は認められません。

広告で避けるべき例をいくつか以下に示します。 ポリシーに違反した場合の詳細

悪意のあるソフトウェア

「マルウェア」とは、コンピュータ、デバイス、またはネットワークに害を与えたり、不正アクセスしたりすることを目的とするソフトウェアです。

これらの要件は広告に適用されます。また、サイトやアプリがホストまたはリンクしているソフトウェアに対しても、そのソフトウェアが Google の広告掲載ネットワークを通じて宣伝されているかどうかにかかわらず適用されます。以下は許可されません。

コンピュータ、デバイス、またはネットワークに害を与えたり、不正アクセスしたりする可能性がある悪意のあるソフトウェア(マルウェア)を意図的に拡散すること

例(すべての例を網羅するものではありません):

  • コンピュータ ウイルス、ランサムウェア、ワーム、トロイの木馬、ルートキット、キーロガー、ダイヤラー(接続ソフト)、スパイウェア、偽装セキュリティ ソフトウェア、その他の悪意あるプログラムまたはアプリ
  • 強制的なリダイレクト(実際に広告をクリックしなくても、悪意のあるソフトウェアが仕掛けられた未知のサイトへユーザーをリダイレクトするなど)
  • パブリッシャーのページからユーザーの認証情報を盗む HTML5 広告

このポリシーへの違反は重大かつ悪質と見なされます。Google 広告ポリシーの悪質な違反は、違法行為に該当する重大な違反行為であり、ユーザーに深刻な被害をもたらします。広告主様やリンク先がこのポリシーに違反しているかどうかの判断は、広告、ウェブサイト、アカウント、第三者からの情報など複数の情報を吟味したうえで行います。このポリシーに違反していることが判明した Google 広告アカウントは、事前の警告なく強制停止され、今後広告を掲載できなくなります。お客様が Google ポリシーに違反しておらず、この措置が誤りだとお考えの場合は、再審査請求をお送りいただき、その理由をご説明ください。なお、アカウントの再開は正当かつ妥当な理由に基づいてのみ行われるため、再審査請求の際は、嘘偽りのない正確かつ十分な情報をご提供ください。詳しくは、アカウントの強制停止の説明をご覧ください。

不正使用されているサイト

不正使用されているサイトとは、所有者または管理者が気付かないうちに、第三者を利するようにコードが操作されているサイトまたはリンク先のことで、たいていはサイトのユーザーに不利益をもたらします。以下の場合、「不正使用されているサイト」が理由で不承認となります。

赤い x マーク 乗っ取りまたはハッキングを受けているリンク先

例(一部): ユーザーのデータを同意なく送信するスクリプトまたはコードを注入するサイト(例: クレジット カードをスキミングする、エンドユーザーのデバイスにマルウェアをインストールする、ポップアップ広告を立ち上げる、ユーザーを他のウェブサイトへリダイレクトする、エンドユーザーの同意を得ることなくユーザーデータを利用するなど)、既知のセキュリティ上の脆弱性が存在し悪用されているコンテンツ管理システムを使って運営されているウェブサイト

修正する方法

ステップ 1/4

「不正使用されているサイト」が理由で不承認となった広告を確認します。

  1. Google 広告で、[広告とアセット] タブの [広告] を開きます。
  2. フィルタ「ポリシーの詳細: 不正使用されているサイト」を追加します。
    不正使用されているサイトのレスポンスの画像
  3. 「不正使用されているサイト」が理由で不承認となっている広告があれば続行します。

ステップ 2/4

不承認の理由を参照し、該当コンテンツがどこから読み込まれたものか確認します。

不正使用されているドメインを Google 広告が特定できている場合は、管理画面にドメイン名が表示されることがあります。

広告が不適格と報告された理由を確認する方法を示した GIF。

サイトを確認して、検出されたドメインを参照しているコードをすべて削除してください。

: ウェブサイトをハックされた場合のヘルプで、サイトの修正に役立つ情報をご案内しています。

ステップ 3/4

ポリシー マネージャーを使って、広告の再審査請求を行います。

拒否された広告の再審査の請求方法を示した GIF。

ステップ 4/4

Google がご提供しているセーフ ブラウジングのサイト ステータス チェッカー(外部サイト)で、ウェブサイトまたは最終ページ URL のステータスをチェックします。

セーフ ブラウジングで無効になっているサイトは、ユーザーを(たとえばオーガニック リスティング経由で)安全でないコンテンツへ誘導している可能性があると判断されています。ドメインをセーフ ブラウジングの脅威リストから削除するには、マルウェアに関する問題をサイトで修正し、Google Search Console を通して再審査請求を行ってください。このプロセスが成功すれば、サイトまたはランディング ページの広告配信は自動的に再開します。プロセスを完了しても広告が不承認のままの場合は、サポート窓口にお問い合わせください。

広告のリンク先を修正できない場合は、このポリシーに準拠したリンク先の広告に変更してください。広告を編集すると、広告とそのリンク先の再審査が行われます。

このポリシーに違反しても、事前の警告なくアカウントが直ちに強制停止されることはありません。アカウントが強制停止される場合には 7 日前までに警告が表示されます。詳しくは、アカウントの強制停止の説明をご覧ください。

望ましくないソフトウェア

ポリシー要件により、サイトまたはアプリがホスト(またはリンク)しているソフトウェアは、ポジティブなユーザー エクスペリエンスを提供するものである必要があります。Google の望ましくないソフトウェアのポリシーで例示されている、ユーザー エクスペリエンスを損なうおそれがあるソフトウェアの基本的な特徴は以下のとおりです。

  • 表示に虚偽がある。すなわちできていないことをできると約束している。
  • ユーザーをだましてインストールさせようとする、または別のプログラムのインストールに便乗する。
  • ユーザーにメインとなる重要な機能の一部を説明していない。
  • ユーザーのシステムに予期しない方法で影響を与える。
  • 簡単に削除できない。
  • ユーザーの理解を得ずに個人情報を収集または送信する。
  • 他のソフトウェアとバンドルされていながら、その存在が開示されていない。

広告とリンク先が、Google の望ましくないソフトウェアのポリシーに違反していないことを確認しましょう。

以下の場合、「望ましくないソフトウェア」が理由で不承認となります。

赤い x マーク 広告とランディング ページ内に、商品の明確な説明がない

例(一部): 広告とランディング ページ内に商品の種類(アプリ、拡張機能、ソフトウェア)についての情報がない、ソフトウェアが提供する機能に関して透明性を欠く、ソフトウェアの機能の説明が実際の機能と異なる

赤い x マーク ソフトウェアをインストールすることによって生じる影響の全貌をユーザーに開示していない

例(一部): ユーザーが同意および把握していないにもかかわらずシステムまたはブラウザ設定に変更を加える、ユーザーがソフトウェアを無効化またはアンインストールすることを困難にしている、利用規約とエンドユーザー使用許諾契約が含まれていない、ユーザーの理解を得ずにソフトウェアまたはアプリケーションをバンドルしている、ユーザーの理解を得ずに非公開情報を送信する

修正する方法

ステップ 1/2

広告または広告のリンク先を修正する

広告に、商品の種類と、商品の機能を 1 行で正確に説明するテキストの両方が含まれていることを確認します。

広告のリンク先に、商品の種類への言及があり、商品の機能を 1 行で正確に説明するテキストが含まれており、かつソフトウェアをインストールすることによって生じる結果の全貌(ユーザーのブラウザまたは設定に加えられる可能性がある変更など)が明確に説明されていることを確認します。ソフトウェアをインストールすることによって生じる影響の全貌についての開示情報または免責条項は、明示的であること(目立つ位置に合理的な大きさのフォントで記載されていること)と、誰にでも(特にユーザーがコンピュータやテクノロジーに詳しくない場合でも)容易に理解できるシンプルで明快な説明であることを求められます。

ステップ 2/2

ポリシーに関する決定に対して再審査請求を行う

広告を編集すると、広告とそのリンク先の再審査が行われます。変更点がランディング ページのみの場合、再審査請求を行うためには、[ポリシーに沿って変更を実施した] ボタンを使用する必要があります。

An animation demonstrating how to appeal a disapproved ad due to unwanted software, by making changes to comply with Google’s policy.

Google の判断に誤りがあると思われる場合、ポリシー マネージャーの異議申し立てボタンを使用することで、Google 広告管理画面から直接再審査請求が可能です。広告と広告のリンク先のいずれにも問題のないことが確認されると、広告は承認されます。

An animation demonstrating how to appeal a disapproved ad due to unwanted software by disputing the decision.
このポリシーに違反しても、事前の警告なくアカウントが直ちに強制停止されることはありません。アカウントが強制停止される場合には 7 日前までに警告が表示されます。詳しくは、アカウントの強制停止の説明をご覧ください。

不当な手段による利益の獲得

以下は許可されません。

Google ネットワークで不当な手段を用いて他のオークション参加者よりも有利なトラフィックを獲得する行為

例(一部): 該当するアフィリエイト プログラムのルールに反する方法で Google 広告で広告を掲載し、同一または類似の検索語句に対して複数のアカウントから同一または類似のコンテンツを表示することによって、同じビジネス、アプリ、またはサイトの広告を同時に 2 つ以上表示しようとする行為

: キーワードは、ターゲット ユーザーが検索を行う際の考えられる意図に沿うものでなければなりません。また、宣伝するウェブサイトやアプリは、ユーザーに明確な価値を提供するものでなければなりません。たとえば、同価格帯の同様の商品を、互いに関連する複数のリンク先で宣伝することは避けてください。

このポリシーに違反しても、事前の警告なくアカウントが直ちに強制停止されることはありません。アカウントが強制停止される場合には 7 日前までに警告が表示されます。詳しくは、アカウントの強制停止の説明をご覧ください。

広告掲載システムを回避するように作成された広告コンテンツ

赤い x マーク 検出または違反措置を回避することを意図した、広告コンポーネント(広告文、画像、動画、ドメイン、サブドメイン)の不正操作

例(一部): 広告が不承認になることを避けるために禁止語句を不正確に表記する行為、商標使用に関する制限を回避するために広告文、ドメイン、サブドメイン、ロゴの中の商標関連語句の表記を不正操作する行為、ユーザーにとって広告コンテンツに価値を付加しない不可視の UNICODE 文字を使用する行為、ポリシーに違反しているコンテンツを隠すために画像または動画を不正操作する行為。

このポリシーに違反しても、事前の警告なくアカウントが直ちに強制停止されることはありません。アカウントが強制停止される場合には 7 日前までに警告が表示されます。詳しくは、アカウントの強制停止の説明をご覧ください。

広告掲載システムの回避

以下は許可されません。

Google の広告掲載システムとプロセスを回避したり阻害したりする行為またはその試みへの関与。

例(すべての例を網羅するものではありません):

  • Google の審査システムの阻害を目的とする、もしくは結果として阻害する、または Google 広告ポリシーへの違反を隠す、もしくは隠そうとするクローキング行為(Google を含む特定のユーザーに対して、他のユーザーとは異なるコンテンツを表示する行為)。これには以下が含まれます。
    • 違反コンテンツへのリダイレクト
    • ページや広告のコンテンツを動的 DNS によって切り替える行為
    • サイト コンテンツの操作や、多数のランディング ページへのアクセス制限により、広告、サイト、アカウントに対する有効な審査を困難にすること
    • クリック トラッカーを使用して、悪質なサイトにユーザーをリダイレクトすること

    注: コンテンツのカスタマイズによって特定のユーザーに純正な付加価値を提供する行為(たとえば、同じコンテンツを別言語で提供したり、ユーザーのインターネット サービス プロバイダに応じて別バージョンのコンテンツを提供すること)は、提供内容が本質的に同一で、それぞれのバージョンのコンテンツが Google 広告ポリシーに違反せず、かつコンテンツのいずれかひとつのバージョンを Google が審査できる状態であれば、クローキングとは見なされません。

  • 本ポリシーまたはその他の Google 広告ポリシーに違反している広告を複数のアカウントで配信する行為を含む、アカウントで繰り返しまたは同時にポリシーに違反する行為(例: 本ポリシーを含む Google 広告ポリシーに違反して不承認となった広告と同様の広告を掲載するために、新しいドメインやアカウントを作成する)。
  • すでに(このポリシーまたは他の Google 広告ポリシーに基づき)不承認となった広告、ドメイン、コンテンツのバリエーションを作成すること、またはテキスト、画像、動画を加工して露骨な性的描写を含むコンテンツを曖昧にすることにより、ポリシー施行ないし違反検知の仕組みを回避する行為
  • 強制停止の判断が下された後に、新規アカウントの作成によって Google 広告のシステムを再度利用しようと試みること
  • ポリシー違反コンテンツの提供やトラフィック増加を目的として、Google 広告の機能を悪用すること
  • Google の適格性確認プログラムにおいて虚偽の情報を送信すること

このポリシーへの違反は重大かつ悪質と見なされます。Google 広告ポリシーの悪質な違反は、違法行為に該当する重大な違反行為であり、ユーザーに深刻な被害をもたらします。広告主様やリンク先がこのポリシーに違反しているかどうかの判断は、広告、ウェブサイト、アカウント、第三者からの情報など複数の情報を吟味したうえで行います。このポリシーに違反していることが判明した Google 広告アカウントは、事前の警告なく強制停止され、今後広告を掲載できなくなります。お客様が Google ポリシーに違反しておらず、この措置が誤りだとお考えの場合は、再審査請求をお送りいただき、その理由をご説明ください。なお、アカウントの再開は正当かつ妥当な理由に基づいてのみ行われるため、再審査請求の際は、嘘偽りのない正確かつ十分な情報をご提供ください。詳しくは、アカウントの強制停止の説明をご覧ください。

注: Google では、特定の規制に基づく広告主様の広告掲載に対する警告、和解、判断や、ユーザーまたは企業から直接寄せられた申し立てに基づき、広告主様のアカウントに対して措置を取らせていただく場合があります。

Google ウェブ検索のスパムに関するポリシー

以下は許可されません。

赤い x マーク Google ウェブ検索のスパムに関するポリシーに違反する行為

例(一部): キーワードの乱用、クローキング、不正なリダイレクト、誘導ページ、ソーシャル ネットワーク サイトへのスパム行為

このポリシーに違反しても、事前の警告なくアカウントが直ちに強制停止されることはありません。アカウントが強制停止される場合には 7 日前までに警告が表示されます。詳しくは、アカウントの強制停止の説明をご覧ください。

ご不明な点がある場合

ポリシーについてご不明な点がありましたらお知らせください。Google 広告サポートに問い合わせる

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー