不適切なコンテンツ

ディスプレイ&ビデオ 360 ユーザーは、この Google 広告ポリシーを遵守する必要があります。その他の制限については、ディスプレイ&ビデオ 360 のヘルプセンターをご覧ください。

Google では多様性を尊重し、他者への思いやりを大切にしています。そのため、衝撃的なコンテンツを表示したり、憎しみ、偏見、差別を助長したりするような広告やリンク先は許可していません。

広告で禁止されている事項について、以下に例をいくつか記載します。詳しくは、ポリシーに違反した場合をご覧ください。

以下のポリシーに違反しても、事前の警告なくアカウントが直ちに強制停止されることはありません。アカウントが強制停止される場合には 7 日前までに警告が表示されます。詳しくは、アカウントの強制停止の説明をご覧ください。

危険または中傷的なコンテンツ

以下は許可されません。

人種、民族、宗教、障がい、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、制度的な差別や軽視に結び付けられる特性に基づき、個人または集団の排斥を促し、差別を助長し、誹謗しているコンテンツ。

例(一部): ヘイトグループ(差別主義団体)の支援やヘイトグループ関連アイテムの販売を助長するコンテンツ、特定の個人や集団が非人間的である、劣っている、または排斥に値するとみなすことを他者に促しているコンテンツ

個人またはグループを、嫌がらせ、威嚇、いじめの対象にしているコンテンツ

例(一部): 個人を名指しで罵ったり中傷したりしているコンテンツ、ある不幸な出来事が実際には起きていないと示唆したり、被害者やその家族は実は俳優であるとほのめかしたりするコンテンツ、またはそういった出来事の隠蔽に加担するコンテンツ

自分自身や他者に身体的または精神的な危害を加えると脅迫したり、それを奨励したりしているコンテンツ

例(一部): 自殺、拒食症などの自傷行為を奨励するコンテンツ、健康上または医学的に有害な主張や行為を助長したり推奨したりするコンテンツ、実際に危害を加えることを示唆する脅迫のコンテンツ、他者に対する攻撃の呼び掛けをするコンテンツ、他者に対する暴力を助長、賞賛、容認しているコンテンツ、テロリスト グループまたは国際的麻薬密売組織が作成したコンテンツ、あるいはこれらのグループまたは組織を支援する目的で作成されたコンテンツ、テロリストの活動(人員募集など)を宣伝したり、国際的麻薬密売組織やテロ組織による攻撃を称賛したりするコンテンツ

他者の搾取を目的としたコンテンツ

: 強要、脅迫、花嫁持参金の要求や勧奨

衝撃的なコンテンツ

以下は許可されません。

暴力的な言葉、残酷または嫌悪感を与えるような画像、身体的外傷の生々しい映像や描写が含まれた宣伝

例(一部): 犯罪場面や事故現場の写真、処刑動画

体液や排泄物など不適切な描写が含まれた宣伝

例(一部): 血液、臓腑、血のり、性的な体液、人間や動物の排泄物

猥せつな言葉や冒とく的な言葉が含まれた宣伝

例(一部): 悪態や罵り言葉、人種や性別に触れる中傷、冒とく的な言葉の言い換えや表記ゆれ

: 商品やウェブサイト、アプリの正式名称に冒とく的な言葉が含まれる場合は、審査を申請し、名称について詳しく説明してください。

ショックや恐怖感を与える恐れのある宣伝

例(一部): 危険にさらされる、病気に感染する、陰謀の被害者になる恐れがあることを示唆する宣伝

デリケートな事象

以下は許可されません。

社会、文化、政治に影響するデリケートな事象(非常事態、自然災害、公衆衛生上の緊急事態、テロおよびテロ関連活動、紛争、集団暴動など)に乗じて利益を得ている、またはそうした事象を悪用している可能性のある広告

例(一部): ユーザーにとって特段のメリットもなく悲劇的な事象から利益を得ているように見えるもの、生命にかかわる必需品の入手を阻害または制限する便乗値上げや人為的な価格のつり上げがなされているもの、デリケートな事象のさなかにあって需要に供給が追いつかない可能性がある商品やサービスの販売、トラフィックの増加を狙ってデリケートな事象に関連するキーワードを使っているもの

デリケートな事象が起きた責任は被害者自身にあると主張する広告や同様の被害者非難を行っている広告、デリケートな事象の被害者が法的救済や支援を受ける資格がないと主張する広告

例(一部): 公衆衛生上の世界的危機について、特定の国の出身である被害者に責任がある、あるいは彼らはこうした危機の被害を受けて当然であると主張する広告

アメリカ大統領選挙の最新情報

2020 年 11 月 3 日時点での情報

Google では、状況の変化に応じて、アメリカ大統領選挙の結果を監視しながら、安全な広告エコシステムを維持できるよう適切な対策を講じています。

COVID-19 の最新情報

2020 年 4 月 14 日時点での情報

Google では、状況の変化に応じて、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)が及ぼす影響を監視しながら、安全な広告エコシステムを維持できるよう適切な対策を講じています。

詳しくは、Google 広告ヘルプセンターで、 「デリケートな事象」に関するポリシーの最新情報をご確認ください。

動物への残虐行為

以下は許可されません。

動物への残虐行為や不当な暴力を助長するコンテンツ

例(一部): 闘鶏や闘犬など娯楽目的で動物への残虐性を煽ること

絶滅危惧種の取引や絶滅危惧種を原料とする商品の販売と見なされる可能性のあるコンテンツ

例(一部): トラ、サメのヒレ、象牙、トラの皮、サイの角、イルカ油の販売

不正入手された政治的資料

以下は許可されません。

Google の選挙広告ポリシーの対象となる政治的団体に関係する、不正入手された資料へのアクセスを、直接的に幇助または宣伝する広告。コンピュータ、コンピュータ ネットワーク、個人用電子デバイスへの不正な侵入またはアクセスによって取得された保護資料は、第三者によって配布されたものを含め、すべて「不正入手された資料」と見なされます。

例(すべての例を網羅するものではありません): ハッキングされたコンテンツへのアクセスの宣伝(例: 「漏洩したメールを今すぐすべてチェック!」、「大統領のテキスト メッセージがハッキングされました!今すぐアクセス!」)、ハッキングされたコンテンツへのリンク(例: 「大統領選挙運動から不正入手されたドキュメントのデータベースをご覧ください。」、「外国のエージェントにハッキングされたコンピュータに格納されていた実際のドキュメントをご覧ください。」)

なお、不正入手された政治的資料についての議論や解説は、該当資料への直接的アクセスの提供や幇助を、広告でもランディング ページでも行っていない場合に限り認められます。


ご不明な点がある場合

ポリシーについてご不明な点がありましたらお知らせください。Google 広告サポートに問い合わせる
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。