管理コンソールの機能一覧

この記事は、Google 管理コンソールで行うことのできる設定と、設定を行う場所についてまとめたものです。

ヒント: 管理コンソールの上部にある検索バーに入力して設定を見つけることもできます。

機能や設定を見つける

管理コンソールにログインしたら、下記に示す場所で設定を行います。

ヒント: 目的の設定がホームページに表示されていない場合は、下部にある [その他の設定] を確認してください。

機能または設定 説明と設定の場所
管理者の役割 管理コンソールを使って組織のアカウントを管理できるユーザーを指定します。

ホームページから [管理者の役割] をクリックします。

アナリティクス サイト、ドキュメント、プレゼンテーション、スプレッドシートのトラフィックを分析します。

ホームページから [アプリ] > [その他の Google サービス] > [Google アナリティクス] をクリックします。

監査ログ 組織の管理者による Google 管理コンソールの使用状況に関する情報を表示します。

ホームページから [レポート] > [監査ログ] をクリックします。

OAuth と OpenID による認証 外部アプリが G Suite のデータに安全にアクセスできるようにします。

ホームページから [セキュリティ] > [詳細設定] をクリックします。

請求とサブスクリプション お支払い、ライセンス、サブスクリプションを管理します。

ホームページから [お支払い] をクリックします。

Chrome 端末 Chrome 端末に関する情報を表示し、端末の割り当て先となる組織部門を管理します。

ホームページから [端末管理] > [Chrome 搭載端末] をクリックします。

お知らせの設定 Google からのサービスに関するニュースやメールによる更新情報について、どの情報を受け取るかを選択します。

ホームページから [会社プロフィール] > [お知らせの設定] をクリックします。詳細

会社プロフィール 組織の基本情報(社名やタイムゾーンなど)、管理者の連絡先情報、広告オプションなどを指定します。

ホームページから [会社プロフィール] > [プロフィール] をクリックします。

カスタム URL Google の主要アプリ用に簡単で覚えやすいウェブアドレスを作成します。

ホームページから [会社プロフィール] > [カスタム URL] をクリックします。

データ移行 データ移行サービスを使用すると、ユーザーのメール、連絡先、カレンダーの予定を簡単に G Suite に移行できます。

ホームページから [移行] をクリックします。

ドメイン名 Google サービスで使用するドメインを追加し、プライマリ ドメインにドメイン エイリアスを作成します。

ホームページから [ドメイン] をクリックします。

グループ コミュニケーションやデータアクセスなどをよりスムーズに行うため、ユーザーをグループにまとめます。

ホームページから [グループ] をクリックします。

モバイル端末 Google 管理コンソールを使用して、組織のモバイル端末を管理できます。社内導入型の端末管理サーバーは必要ありません。

ホームページから [端末管理] > [モバイル端末] をクリックします。

パスワードの安全度要件 ユーザー パスワードの必須文字数を指定します。

ホームページから [セキュリティ] > [基本設定] をクリックします。

パスワードの安全度の監視 各ユーザーのパスワードの安全度を表示します。

ホームページから [セキュリティ] > [パスワードの監視] をクリックします。

API アクセス プログラムによるユーザー アカウントの管理や別のユーザー管理システムとの同期を有効にします。

ホームページから [セキュリティ] > [API リファレンス] をクリックします。

レポート ディスク容量や割り当て上限などに関するレポートを表示します。

ホームページから [レポート] をクリックします。

サービスのオンとオフ ユーザーのサービスをオンまたはオフにします。サービスには、以下が含まれます。

ホームページから [アプリ] をクリックし、対象となるサービスの種類([G Suite]、[Marketplace アプリ]、[その他の Google サービス] のいずれか)をクリックします。次に、サービスの名前をクリックします。

サービス固有の設定 G Suite(Gmail やドライブなど)、Marketplace アプリ、その他の無料の Google サービスなど、組織で使用する Google サービスを設定します。

ホームページから [アプリ] をクリックし、対象となるサービスの種類([G Suite]、[Marketplace アプリ]、[その他の Google サービス] のいずれか)をクリックします。次に、サービスの名前をクリックします。

シングル サインオン(SSO) LDAP やその他の SSO システムを Google の SAML ベースの SSO API と連携させます。

ホームページから [セキュリティ] > [詳細設定] をクリックします。

サポート サポート担当者に問い合わせるか、オンラインのサポート方法を探します。

ホームページから [サポート] をクリックします。

2 段階認証プロセス

アカウントへのログイン時に、ユーザー名とパスワードに加えて、確認コードの入力をユーザーに求めます。

最初に、組織で 2 段階認証プロセスを有効にします。
ホームページから [セキュリティ] > [基本設定] をクリックします。

次に、2 段階認証プロセスにユーザーを登録します。
ホームページから [セキュリティ] > [基本設定] > [2 段階認証プロセス] をクリックします。

ユーザー ユーザー アカウントの追加と管理を行い、ユーザーが所属する組織部門を管理します。

ホームページから [ユーザー] をクリックします。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。