Google グループに関するよくある質問(管理者向け)

この記事は管理者向けです。ご自身のグループを管理する場合は、Google グループのヘルプをご覧ください。

すべて開く  |   すべて閉じる


概要

グループを作成できるのは誰ですか?
誰が組織内にグループを作成できるかは、グループ管理者が管理します。ビジネス向け Google グループ サービスを有効または無効にして、ビジネス向け Google グループの共有設定を選択してください。
Google Workspace でグループを作成するにはどうすればよいですか?

Google Workspace で Google グループを作成するにはいくつかの方法があります。

  • Directory API と Cloud Identity Groups API(プログラムでグループを作成できます)
  • 管理コンソールの [ホーム] > [グループ]
  • Google Cloud Directory Sync
  • Google グループ(groups.google.com
  • Google Cloud Platform Console の [グループ]
詳しくは、グループの作成方法をご覧ください。
Google Workspace アカウントに含まれていないユーザーをグループに追加できますか?

はい。外部のベンダー、クライアント、顧客などをグループに追加できます。これは、Google 管理コンソールで行うことができます。ビジネス向け Google グループの共有設定で外部メンバーを許可している場合は、他のユーザーでも外部メンバーをグループに追加できます。

グループはユーザーの [連絡先] ページに表示されますか?

はい。ただし、ユーザーがメールを送信したことがあるグループに限られます。ユーザーがメッセージを送信したグループは、[すべての連絡先] に表示されます。

Google コンタクトの詳細をご覧ください。

Google グループと Google コンタクトのグループ機能はどう違うのですか?

Google グループと Google コンタクトではどちらも、メーリング リストを使用して複数のユーザー グループに簡単にメールを送信できます。ただし、Google コンタクトで作成したメーリング リストは、Google グループで共有できません。Google コンタクトのメーリング リストはユーザー個人で使用するもので、Google グループのメールアドレスは、どのメンバーでも使用できます。

Google コンタクトの詳細をご覧ください。

グループ宛のメールを管理できますか?

はい。メッセージを確認してから、グループ宛の投稿を許可できます。メッセージを管理するには、次の操作を行う必要があります。

これまで使用していたメールシステムからグループを移行できますか?

はい。Google Cloud Directory Sync(GCDS)を使用して、LDAP サーバー上のグループ(メーリング リスト)を Google Workspace に移行できます。GCDS の詳細をご覧ください。

グループを作成、管理するための API はありますか?

はい。Directory API を使用できます。Directory API の詳細をご覧ください。

ビジネス向け Google グループ

ビジネス向け Google グループとは何ですか?

ビジネス向け Google グループは Google Workspace のコアサービスです。管理者は、このサービスに関する組織の設定を Google 管理コンソールで制御します。ビジネス向け Google グループの設定と、ご利用の Google Workspace ライセンスの種類によって、組織内のユーザーが Google グループのインターフェース(groups.google.com)で行える操作が異なります。

ビジネス向け Google グループの詳細をご覧ください。

ビジネス向け Google グループ サービスは、どの Google Workspace エディションで使用できますか?

ビジネス向け Google グループは、Google Workspace のすべてのエディションでご利用いただけます。

従来の G Suite(無償版)では、次の操作を行うことはできません。

  • Google グループでのメッセージの投稿
  • グループ メッセージの管理とアーカイブ
ビジネス向け Google グループのすべての機能をご利用いただくには、エディションをアップグレードしてください
ビジネス向け Google グループは従来の G Suite(無償版)で使用できますか?
はい。ただし一部の機能はご利用いただけません。ライセンス要件の詳細をご覧ください。
ビジネス向け Google グループ サービスは無償版の Google グループとどう違うのですか?

ビジネス向け Google グループでの主な違いは次のとおりです。

  • 共有オプション: 管理者は、ビジネス向け Google グループ サービスの共有オプションを設定して、ユーザーが行える操作を制限できます。たとえば、ユーザーがドメイン外のメンバーを追加できないようにしたり、ドメイン外のユーザーがグループ宛にメールを送信できないようにしたりできます。
  • プロフィール ページ: ビジネス向け Google グループでは、ユーザーが他のユーザーのプロフィール ページを閲覧することもできます。このページには、ユーザーが所属するすべてのグループが(非公開のグループを除いて)表示されます。
  • グループ ディレクトリ: ビジネス向け Google グループ サービスには、ドメインのグループのみが登録された企業グループ ディレクトリが用意されています。
  • API - API を利用できるのは、Google Workspace のお客様のみです。
ビジネス向け Google グループ サービスと Google コンタクトの「グループ」機能はどう違うのですか?

Google コンタクトの連絡先グループは、メールアドレスの単純なリストです。メールや会議の招待状に複数のアドレスをすばやくまとめて入力したりするために使用します。ビジネス向け Google グループを使用してユーザーが作成するグループもメールアドレスのリストですが、グループ自体にメールアドレスがあり、許可されたユーザーはそのアドレスにメールを送信できます。

また、グループ アドレスを使用して Google のドキュメントやサイトなどのコンテンツも共有できます。さらに、連絡先グループとは異なり、ビジネス向け Google グループ サービスは、ディスカッション アーカイブや管理などの高度な機能を備えています。

管理コンソールで作成したグループと groups.google.com で作成したグループはどう違うのですか?

ビジネス向け Google グループが有効になっていれば、管理コンソールで作成したグループと groups.google.com で作成したグループをメーリング リスト、共同トレイ、Q&A フォーラムとして使用できます。

さらに、管理コンソールDirectory API、または Google Cloud Directory Sync で作成したグループは、次の目的で使用できます。

  • グループ メンバーに対して Google Workspace サービスをオンにする - Google ドライブなどの Google Workspace サービスを、組織部門全体ではなくユーザー グループに対して有効にできます。詳しくは、アクセス グループについての記事をご覧ください。
  • グループ メンバーに対して Google Workspace サービスを設定する - Google Meet などの Google Workspace サービスの設定を、組織部門全体ではなくユーザー グループに適用できます。詳しくは、グループを使用した Google Workspace サービスの設定についての記事をご覧ください。

: 管理コンソールまたは Admin SDK で作成したグループに対してのみ、サービスをオンにできます。Google グループ(groups.google.com)で作成したグループを使用して Google Workspace サービスをオンにしたり設定したりすることはできません。

詳しくは、ビジネス向け Google グループの設定と Google グループのインターフェースをご覧ください。

広告は Google グループに表示されますか?

いいえ、表示されません。

Google グループでは、どの言語がサポートされていますか?

Google グループの UI(groups.google.com)は 42 の言語で表示できます。グループのオーナーとマネージャーは、グループの自動メール メッセージの表示言語を設定できます。グループの言語の設定方法をご覧ください。

管理者は、管理コンソールを複数の言語で使用できます。管理コンソールの言語設定の詳細をご覧ください。

ビジネス向け Google グループを有効にすると、管理コンソールのグループはどうなりますか?

ビジネス向け Google グループを有効にすると、Google 管理コンソールの [グループ] で作成済みのすべてのグループが、その公開設定に応じて組織のグループ ディレクトリに表示されます(表示されるまでには最長で 24 時間ほどかかることがあります)。それらのグループの共有設定は、そのまま維持されます。

ビジネス向け Google グループの有効化または無効化の詳細

ビジネス向け Google グループを有効または無効にすると、どうなりますか?

ビジネス向け Google グループを無効にすると、次のようになります。

  • ドメイン内のグループにアクセスできなくなります。次のような高度な機能を利用できなくなります。
    • グループの会話の履歴
    • メンバーと登録の設定
    • グループメールのフッター、件名のプレフィックス、メール管理の設定
  • 既存のグループは削除されません。管理者またはユーザーが作成したグループは Google Workspace アカウント内に残ります。グループへの投稿が許可されているユーザーは、メールでこれまでどおり投稿できます。グループを使用できないようにするには、グループも削除する必要があります。
  • 管理コンソールからは引き続きグループにアクセスできます。管理者はこれまでどおり、Google 管理コンソールからアカウント内のすべてのグループにアクセスできます。

ビジネス向け Google グループを再び有効にすると、次のようになります。

  • Google グループに再びアクセスできます。管理者とユーザーは、groups.google.com でグループの詳細設定にアクセスできます。

  • 削除したグループは復元されません。ビジネス向け Google グループをオフにした後に削除したグループを復元することはできません。

  • 会話の履歴に再びアクセスできます。会話の履歴がオンになっていたグループについては、グループ メッセージを投稿した時点でビジネス向け Google グループがオフになっていても、メッセージは履歴に保存されます。ビジネス向け Google グループのオンとオフを切り替えても、メッセージが履歴に保存されるかどうかには影響しません。ただし、メッセージの履歴にアクセスできるのは、ビジネス向け Google グループがオンの場合に限られます。

ビジネス向け Google グループの有効化または無効化の詳細

ビジネス向け Google グループを一部のユーザーだけに有効にすることはできますか?

はい。

組織部門のユーザーに対してのみサービスを有効または無効にするには:

  1. 左側で組織部門を選択します。
  2. [オン] または [オフ] を選択します。
  3. 親組織部門のサービス設定([オン] または [オフ])と同じにしたい場合は、[オーバーライド] をクリックします。
  4. 組織のステータスがすでに [上書きされました] になっている場合は、次のいずれかを選択します。
    • 継承 - 親と同じ設定に戻します。
    • 保存 - 新しい設定を保存します(親組織の設定が変更された場合でも、新しい設定を維持します)。

詳しくは、 組織部門についてのページをご覧ください。

組織部門全体または組織部門内の一部のユーザーに対してサービスを有効にするには、アクセス グループを使用します。詳しくは、グループに対するサービスの有効化についてのページをご覧ください。
Gmail サービスを有効にしなくても、ビジネス向け Google グループを使えますか?

はい。ドメインで Gmail が使用されていなくても、ビジネス向け Google グループの設定で許可されていれば、ユーザーは次の操作を行うことができます。

  • Microsoft Outlook などの他のメール クライアントを使用して、グループとの間でメールを送受信する
  • Google グループのインターフェース(groups.google.com)でメッセージを投稿する
  • グループ アドレスを使用して、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、カレンダー、動画などのコンテンツを共有する

ただし、Gmail で Google グループを使用すると、いくつかのメリットがあります。たとえば、Gmail の受信トレイを整理しやすくするために、Google グループでルールとフィルタを設定できます。

管理

ユーザーによるビジネス向け Google グループの使用方法を制御できますか?

はい。管理者は、ビジネス向け Google グループを有効または無効にできます。このサービスを使用している場合も、組織内のグループを完全に管理できます。ユーザーがグループに外部メンバーを追加できないようにしたり、ユーザーのグループを編集または削除したりすることも、ユーザーがグループを作成できないようにすることも可能です。ビジネス向け Google グループの共有オプションの設定をご覧ください。

ユーザーを強制的にグループのメンバーにすることはできますか?

ユーザーが特定のグループに自身を追加できるかどうかを管理することはできますが、ユーザーが所属グループから自身を削除することは禁止できません。ただし、組織の従業員をすべて 1 人のメンバーとしてグループに追加すれば、ユーザーは所属グループから自身を削除できなくなります。

ユーザーを特定のグループ(「全従業員」グループなど)のメンバーとして維持するには、LDAP サーバー上でグループを管理し、Google Cloud Directory Sync を使用して定期的にそのグループを Google Workspace と同期させます。

管理者が投稿するメッセージは管理の対象ですか?

いいえ。管理者が管理対象グループに送信するメッセージは、管理者がそのグループのメンバーかどうかにかかわらず、管理されません。この例外は、他の管理者によって作成された管理対象グループにも適用されます。

グループのオーナーが退職した場合はどうなりますか?

グループは通常どおり機能します。管理者が自分でグループを管理したり、別のユーザーをオーナーに指名したりできます。

複数ドメイン

組織のどのドメインにでもグループ アドレスを作成できますか?

はい。Google Workspace アカウントに複数のドメインがある場合は、グループの作成時に、どのドメインをグループのメールアドレスとして使用するかを選択できます。

異なるドメインに属するメンバーを 1 つのグループに混在させることはできますか?

はい。Google Workspace アカウントに複数のドメインがある場合は、異なる複数のドメインのメンバーを 1 つのグループに混在させることができます。

どのドメインのユーザーでもビジネス向け Google グループを使用できますか?

はい。Google Workspace アカウントに複数のドメインがある場合、それらすべてのドメインのユーザーがビジネス向け Google グループを使用できます。

制限事項

グループのメンバーシップやグループ宛のメッセージの数に上限はありますか?

はい。スパムやメールの不正使用を防ぐため、Google では次の数に対して上限を設けています。

  • オーナーごとのグループ数
  • 短い期間内にグループ宛に送信されるメッセージの数
  • グループの外部メンバーに一度に送信されるメッセージの数

すべての制限事項を確認するには、Google グループのポリシーと制限についてをご覧ください。

ユーザーが作成できるグループの数に上限はありますか?

上限はありませんが、1 ユーザーがオーナーになれるグループ数は最大 1,000 個です。グループを作成したユーザーは、自動的にそのグループのオーナーになりますが、グループを編集して自分のオーナー権限をいつでも削除できるので、ユーザーはいくつでもグループを作成できます。

すべての制限事項を確認するには、Google グループのポリシーと制限についてをご覧ください。

グループのメンバー数に上限はありますか?

Google Workspace の各種エディションの場合、グループのメンバー数に制限はありません。

グループに送信できるメッセージのサイズに上限はありますか?

あります。上限は、添付ファイルを含めて 25 MB(通常の Gmail の上限)です。

グループに送信できないメールの種類はありますか?

「返送メッセージ」とも呼ばれる配信不能レポート(NDR)をグループに送信または転送することはできません。NDR に似ているメッセージも、送信や転送はできません。

Google Workspace のサービスレベル契約(SLA)は Google グループに適用されますか?

はい。Google Workspace のサービスレベル契約(SLA)は Google Workspace サービスの Google グループ コンポーネントに適用されます。

セキュリティ

ユーザーが管理するグループのセキュリティはどうなっていますか?

ビジネス向け Google グループでは、管理者とユーザーは、ユーザーが管理するグループに適切なセキュリティ レベルを設定できます。たとえば管理者は、ユーザーがグループに外部アドレスを追加できないようにしたり、ユーザーが作成したグループを編集または削除したりできます。

グループ ディスカッション アーカイブには外部からアクセスできますか?

ビジネス向け Google グループでは、共有オプションを設定して、組織外からドメインのグループ アーカイブにアクセスできないようにすることができます。また、管理者がアーカイブへの外部アクセスを許可した場合でも、グループのオーナーとマネージャは、グループのアーカイブに外部からアクセスできないように設定できます。

グループを使用すると迷惑メールが増えますか?

ドメイン外のユーザーにグループ宛のメッセージの送信を許可するかどうかを選ぶことができます。グループのアドレスが悪質な送信者に知られた場合、グループのメンバーに届く迷惑メールは増える可能性があります。グループを作成する際には、各設定の内容を十分に検討することを強くおすすめします。

特定のグループの迷惑メールフィルタを強化するには、グループの迷惑メール管理の設定を変更してください。

グループを会議に招待する場合、招待状でグループのすべてのメンバーを確認できますか?

グループを会議に招待する場合、カレンダーの招待状にグループ メンバー全員が表示されるのは、グループに対する適切なアクセス権がある場合に限られます。この制限は、グループのプライバシー設定を保護するためのもので、ユーザーだけでなく管理者にも適用されます。

グループとメッセージ保持

メール メッセージがグループ ディスカッション アーカイブに保持される期間はどれくらいですか?

グループのアーカイブに期限はないため、アーカイブ内のメッセージはグループを削除しない限り保管されます。

メールの保持期間を設定した場合、グループ メッセージはその期間の経過後に削除されますか?

いいえ。メールの保持機能はグループのアーカイブ内のメッセージには適用されないため、アーカイブ内のメッセージはグループを削除しない限り保管されます。

ビジネス向け Google グループの使用を停止すると、既存のグループはどうなりますか?

管理者がビジネス向け Google グループの使用を停止した場合、管理者やユーザーが作成したグループは引き続き使用できますが、ビジネス向け Google グループの高度な機能は使用できなくなります。ビジネス向け Google グループの使用を再開すると、グループの設定はすべて復元されます。

従来の無償版に切り替えた場合、既存のグループはどうなりますか?

従来の無償版に切り替えた後も、引き続きすべてのグループを使用できます。ただし、Google Workspace のグループやメンバーの上限数を超えている場合は、削除するなどして上限数を下回らない限り、新しいグループやメンバーを追加できません。また、無償版にダウングレードする前にビジネス向け Google グループ サービスが有効にされていた場合、共同トレイの使用や登録設定の管理といった高度な機能はいずれもグループで使用できなくなります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。