レポートの概要

Search Console のレポートとツールの概要

Search Console の現在のレポートと、以前のものではあるものの有用なレポートとツールの概要を次に示します。

レポートまたはツール 説明

概要ページ

プロパティの状態の概要が表示されます。これには、サイトに適用されている手動による対策やセキュリティの問題、合計クリック数のグラフ、エラーまたは有効な状態にあるインデックス登録されたページ、エラーまたは有効な状態にあるサイト拡張機能の概要(モバイルと相性の良い URL、AMP ページ、構造化データなどサイトで確認されたもの)などが含まれます。

推奨される使用方法: 定期的にチェックし、手動による対策やセキュリティ上の問題を確認します。カバレッジや拡張機能のエラーを調べ、この数が急激に増加している場合は、レポートを開いてトラブルシューティングを行います。クリック数を確認し、大幅な減少が見られる場合は、レポートを開いて調査します。

対象ユーザー: すべてのユーザー

検索パフォーマンス レポート

Google 検索でサイトを閲覧してクリックしたユーザー数、検索結果にサイトを表示させた検索クエリ、検索結果での平均的な掲載順位を調べます。

データには、サイトのクリック数、インプレッション数、クリック率、掲載順位のほか、ユーザーが検索したクエリ文字列などが含まれます。

データは、ページ URL、検索が行われた国、または端末の種類によってグループ化できます。

推奨される使用方法: クリック数やインプレッション数に急激な増加や減少がないかを定期的に確認します。検索結果にサイトを表示させたクエリ文字列を調べて、想定した検索クエリでサイトが表示されるかどうかを確認します。詳しくは、サイトのトラフィック減少に関する記事をご覧ください。

対象ユーザー: SEO 担当者、サイト所有者 [ドキュメント]

URL 検査ツール

サイト上の特定の URL について、Google インデックスが収集した情報を確認したり、ライブページをテストしたりします。表示される情報は広範囲に及び、ページの HTML コードやエラー、AMP またはモバイル ユーザビリティのエラーやコード、ページを表示する際の JavaScript 処理の出力とエラー、選択されている正規 URL などが含まれます。ツールを使用するには、Search Console の上部にあるバーに URL を入力します。

推奨される使用方法: Google がサイトで検出したクロールエラーのトラブルシューティングに、このレポートを使用します。このツールにアクセスするには、カバレッジ レポートで対象となる URL をクリックします。このレポートは、インデックス登録のためにページを再送信する前に、ページを修正して再テストする際にも使用できます。

対象ユーザー: SEO 担当者、デベロッパー [ドキュメント]

カバレッジ レポート

サイト内のすべてのページについて、インデックス ステータスを示します。ページがインデックスに登録されているかどうか、インデックス登録できるかどうかによってグループ化され、さらにそのステータスになった理由も確認できます。

推奨される使用方法: エラーが急増していないか、またはインデックス登録数が減少していないかを定期的に確認し、サイトのクロールの問題を特定します。

対象ユーザー: SEO 担当者、デベロッパー、サイト管理者 [ドキュメント]

サイトマップ レポート

対象となるサイト用に送信したサイトマップ、サイトマップの統計情報、Google がサイトマップの処理中に検出したエラーが表示されます。

推奨される使用方法: サイトマップが Google によって処理されているかどうかを定期的に確認したり、サイトで新しいページが Google に検出されていないと思われる場合のデバッグに使用したりします。

対象ユーザー: SEO 担当者 [ドキュメント]

モバイル ユーザビリティ レポート

サイトでインデックス登録済みのすべてのページについて、モバイル ユーザビリティの評価を確認できます。

推奨される使用方法: サイトにモバイル ユーザビリティの問題が発生していないかを定期的に確認します。

対象ユーザー: SEO 担当者、デベロッパー [ドキュメント]

AMP レポート

サイトの AMP ページのうち、インデックスに登録できたものと、登録できなかったものを確認します。

推奨される使用方法: サイトのすべての AMP ページに影響する問題がないかを定期的に調べたり、エラーの予期しない急増や、インデックス登録済みの AMP ページの減少を確認したりします。

対象ユーザー: SEO 担当者、デベロッパー [ドキュメント]

リッチリザルトのステータス レポート

Google がクロールできた、またはクロールできなかったリッチリザルトが表示されます。このレポートはすべてのリッチリザルトのタイプには対応していません。対応しているリッチリザルトのタイプについては、ドキュメントをご覧ください。リッチリザルトのタイプに関するレポートは、対象となるタイプに該当するアイテムがサイトで Google によって検出された場合にのみ表示されます。

推奨される使用方法: エラーがないかを定期的に確認し、問題をデバッグします。また、指定したタイプで Google が処理できるリッチリザルトの数を確認することもできます。

対象ユーザー: SEO 担当者、デベロッパー [ドキュメント]

手動による対策レポート

サイトに適用されている手動による対策を示します。

推奨される使用方法: 概要ページに手動による対策が表示されている場合は、レポートを開いて、レポートの詳細や問題の修正方法を調べます。問題を修正したら再審査リクエストを提出します。

対象ユーザー: すべてのユーザー [ドキュメント]

セキュリティの問題レポート

Google がサイト上で検出した、セキュリティの問題がすべて表示されます。

推奨される使用方法: 概要ページにセキュリティの問題が表示された場合、またはサイトを開いた際に、危険なコンテンツやハッキングされたコンテンツを警告するブラウザのアラートが表示される場合は、レポートを開いて詳細や問題の解決方法を確認し、問題を修正した後で再審査リクエストを提出してください。

対象ユーザー: すべてのユーザー [ドキュメント]

リンクレポート

自分のサイトにリンクしているサイトや、リンクテキスト、サイト内のリンク ターゲットを確認できます。

推奨される使用方法: 自分のサイトにリンクされているサイトが、スパムサイトか有益なサイトかどうかを判断するために使用できます。

対象ユーザー: SEO 担当者 [ドキュメント]

AMP テストツール

AMP ページとして有効かどうかをテストします。

対象ユーザー: デベロッパー、テクニカル SEO 担当者 [ドキュメント]

モバイル フレンドリー テストツール

指定したページがモバイル対応かどうかをテストします。

対象ユーザー: デベロッパー、テクニカル SEO 担当者 [ドキュメント]

アドレス変更

サイトを別のドメインに移行する場合は、そのことを Google に通知します。

対象ユーザー: サイト所有者、サイト開発者 [ドキュメントとツールのリンク]

以前のツールとレポート

次のツールやレポートは、まだ新しい Search Console に実装されていませんが、下記のリンクからアクセスできます。Search Console チームは、このようなアイテムの置き換え計画に取り組んでいます。

レポートまたはツール 説明
URL 削除ツール

これは Google 検索結果から URL を一時的に削除するためのツールです。削除される期間は、さまざまな要因によって異なります。そのため、このツールは URL を Google から即時に削除したい場合にのみ役立ちます。削除したらすぐに、URL が再度表示されないようにするための追加の手順(サイトからページを削除したり、ページをパスワードで保護したりするなど)を行う必要があります。

Search Console 上で URL のプロパティを所有している必要があります。URL のプロパティを所有していない場合は、「Google 検索結果から情報を削除する」の「自分が管理するウェブページではない場合」をご覧ください。

対象ユーザー: Search Console 上のサイト所有者 [ドキュメント]

クロールの統計情報

Google がサイトをクロールする頻度と、サイトに送信しているクロール リクエスト数を示します。

推奨される使用方法: Google のクロール リクエストによってサイトが過負荷になっている場合、ここで問題をトラッキングし、クロール頻度の削減をリクエストできます。

対象ユーザー: 上級 SEO 担当者、ウェブサイト管理者 [ドキュメント]

robots.txt テスター

robots.txt ファイルの構文や、robots.txt ファイルによって指定した URL がブロックされるかどうかをテストします。

推奨される使用方法: robots.txt ファイルの構文テストや、サイトでブロックされたリソースやページのデバッグ、修正に適しています。

対象ユーザー: SEO 担当者、デベロッパー [ドキュメント]

URL パラメータ ツール

ページやサイトに重大な変更を加える特別なパラメータ(サイトのコンテンツを変更する国パラメータなど)をページ URL で使用している際に、これを Google に伝え、効果的にクロールできるようにします。

推奨される使用方法: 上級ユーザーのみにおすすめします。よく知らずに使用すると、サイトのクロールに悪影響を与える可能性があります。

対象ユーザー: 上級 SEO 担当者、デベロッパー [ドキュメント]

インターナショナル ターゲティング

多言語のサイトで hreflang の設定をデバッグしたり、検索結果でターゲットにする国を設定したりします。

推奨される使用方法: 異なる言語や地域でクロールが正しく行われるように、サイトに hreflang タグを追加する際に使用します。また、サイトのメインの対象国を 1 つ設定するために使用します(サイトのコンテンツから明白でない場合)。

対象ユーザー: SEO 担当者 [ドキュメント]

Google アナリティクスの関連付け

その他の関連付け

プロパティの Search Console アナリティクス データを Google アナリティクス アカウントにインポートします。その他のプロパティ タイプ(YouTube チャンネル、Android アプリなど)では、関連付けリクエストを承認または拒否します。

対象ユーザー: サイト所有者 [Google アナリティクスの関連付けのドキュメント]

データ ハイライター ツール

サイト上のテンプレート ページから Google がデータ抽出するのに役立つシンプルなツールです。

推奨される使用方法: テンプレートに基づくデータ(バスの路線やイベント スケジュールなど)を含むページがサイトに多数あり、なんらかの理由で構造化データを使用できない場合に、このツールを使用します。このツールは、同じようにコード化されたページから、類似したデータを Google が抽出できるようにします。ページのデザインを変更するたびに、Google に通知する必要があります。

対象ユーザー: 基本的なサイト ホスティング サービスのサイト所有者 [ドキュメント]

メッセージ レポート プロパティに送信されたメールを表示します。
クロール頻度の設定

サイトに対する Google のクロール トラフィックを抑えます。

推奨される使用方法: Google によるクロール リクエストでサイトが過負荷になっている場合にのみ使用します。

対象ユーザー: ウェブサイト所有者、上級 SEO 担当者 [ドキュメント]

メール設定 Search Console でプロパティに関する情報やアラートのメールを送信するかどうかを指定します。[ドキュメント]
Web Tools ご利用のサイトに役立つさまざまなツールがあります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。