Search Console ユーザーの一般的なタスク

トピック
  •  
  • プロパティと設定の管理
    • サイトの設定を管理する
    • プロパティを追加する
    • プロパティを削除する
    • 関連付けを追加または削除する
    • サイトを別のホストに移行する
  • 確認
    • Search Console の基本的な使用方法
    • インデックス カバレッジ(サイトのどれだけの部分が Google に登録済みか)を確認する
    • Google に登録済みの AMP のカバレッジを確認する
    • リッチリザルトのカバレッジを確認する
    • サイトマップのカバレッジを確認する
    • Google からのサイト トラフィックを確認する
    • ページのユーザビリティを確認する
    • モバイル ユーザビリティを確認する
    • ウェブに関する主な指標の統計情報(LCP/FID/CLS)を確認する
  • トラブルシューティング
    • ページやサイトが Google に表示されない
    • リッチリザルトが Google に表示されない
    • トラフィック減少のデバッグ
    • ランキング低下のデバッグ
    • 検索スニペットに関する問題
  • テスト
  • クロールとインデックス登録
    • ページのクロール(または再クロール)を Google にリクエストする
    • ページや画像を一時的に Google からブロックする
    • クロールまたは再クロールをリクエストする
    • サイトマップのカバレッジを送信または確認する

プロパティと設定の管理

サイトの設定を管理する

サイトの設定にアクセスするには、ナビゲーション パネル下部の歯車アイコン 設定 をクリックします。サイトの設定を表示

ユーザー設定を変更するには、ページ上部のアイコンをクリックします。ユーザー設定は、プロパティに関係なく Search Console の動作に影響します(どのメッセージに関するメールを受信するかなど)。ユーザー設定を表示

プロパティを追加する

ウェブサイト プロパティを追加する方法についてはこちらをご覧ください。ドメインレベル プロパティの確認が可能な場合は、通常は URL プレフィックス プロパティではなくドメインレベル プロパティを追加するようおすすめします。ドメインレベル プロパティには、HTTP と HTTPS のトラフィックに加えて、プロパティ内ドメインのすべてのサブドメインへのトラフィックも含まれるためです。

プロパティを削除する

プロパティから所有者や所有者以外を削除する方法についてはこちらをご覧ください。

関連付けを追加または削除する

関連付けを管理するには、関連付けのページを使用します(ドキュメントはこちら)。

サイトを別のホストに移行する

サイトを URL の異なるホスト(example.com から example.org や example2.com など)に移行する場合は、移行中に Google からのトラフィックの損失が大きくなりすぎないよう、こちらの移行手順に沿って行うことをおすすめします。

確認

Search Console の基本的な使用方法

Search Console の基本的な使用方法についてはこちらのガイドをご覧ください(SEO を主なビジネスにしている場合を除く)。

インデックス カバレッジ(サイトのどれだけの部分が Google に登録済みか)を確認する

理想的なのは、サイト内の重要な正規ページ(つまり、重複しないページ)がすべて Google のインデックスに登録されることです。新しいページが表示されるまでには時間を要する場合がありますが、サイトマップを公開したり、クロールをリクエストしたりすることで、作成または更新したページが Google から検出されやすくなります。

サイトが小規模(数百ページ以下)の場合や、確認対象が数ページのみの場合は、単純に対象の URL を Google で検索します。

また、site: 検索演算子で検索結果を対象のホストやパスに制限し、任意でそのパス内の検索キーワードを指定して、どのページが Google のインデックスに登録済みかを確認するという方法も有効です。次に例を示します。

  • 検索キーワードに「site:example.com」を指定すると、example.com 内のインデックス登録済みページが(ほぼ)すべて返されます。
  • 検索キーワードに「site:example.com/pets」を指定すると、パス example.com/pets 内のインデックス登録済みページのみが返されます。
  • 検索キーワードに「site:example.com/pets food」を指定すると、パス example.com/pets 内のインデックス登録済みページのうち、「food」というキーワードに一致するもののみが返されます。

大規模なサイト全体のカバレッジを確認するには、カバレッジ レポートを使用します。理想的なのは、レポート内の URL 数がサイト内の URL 数とほぼ同じで、重要な URL はすべて「有効」ステータス、「エラー」ステータスの URL はあってもごく少数、「除外」ステータスは重複ページまたは重要でないと見なせるページのみ、という状態です。詳しくは、カバレッジ レポートのドキュメントをご覧ください。

重要なページが欠落している場合は、トラブルシューティングのセクションをご覧ください。

100% のサイト カバレッジは期待しない
さまざまな理由から、サイトのページが一つ残らず Google のインデックスに登録されることはほぼありません。大切なのは、重要なページの正規(非重複)バージョンが登録されていることです。

Google に登録済みの AMP のカバレッジを確認する

検出およびインデックス登録された AMP ページの数や、インデックス登録で発生した問題を確認するには、AMP ステータス レポートを使用します。レポートの確認すべき点や結果の見方については、AMP ステータス レポートのドキュメントをご覧ください。

ページに問題がある場合は、レポートをクリックし、[例] 表内の URL の横にある検査アイコン をクリックして、その URL を URL 検査ツールでトラブルシューティングします。AMP バージョンが Google からアクセスできること、インデックス登録できること、正しくリンクされていること、および Google による解析に問題がないことを確認します。

多くのページが欠落している場合は、そのうちの数ページを調査し、インデックス登録されない原因を確認します。このような場合には、通常多くのページに共通するインデックス登録の問題が存在します。

Google からの AMP トラフィックを確認するには、検索パフォーマンス レポートを表示し、対象の AMP タイプの「検索での見え方」でフィルタします(または、[検索での見え方] タブまたは [Discover での見え方] タブを表示します)。

リッチリザルトのカバレッジを確認する

Google が作成したサイトの各リッチリザルト タイプについて、Search Console からリッチリザルト レポートが提供されます。このレポートは、ナビゲーション バーの [拡張] セクションで表示できます。解析不能な構造化データが検出された場合は、解析不能な構造化データのレポートが作成されます。

サイトマップのカバレッジを確認する

サイトマップ レポートを使用して送信したサイトマップの解析に関する問題を確認するには、同レポートを使用します。

また、特定のサイトマップに含まれる URL のみを表示するようカバレッジ レポートをフィルタ(そのサイトマップ レポートを使用して送信したサイトマップに制限)できます。

Google からのサイト トラフィックを確認する

さまざまな Google プラットフォーム(検索、Discover、ニュースなど)からのトラフィックを確認するには、検索パフォーマンス レポートを使用します。このレポートの Discover 版とニュース版は、レポート用の十分なデータがある場合にのみ提供されます。

このレポートは、URL、日付、検索結果タイプなどでフィルタできます。このレポートについて詳しくは、ドキュメントをご覧ください。

ページのユーザビリティを確認する

Google からページ エクスペリエンスが優れていると見なされているページがサイト内にどれだけあるかを大まかに把握するには、ページ エクスペリエンス レポートを使用します。これを一般的な経験則として、サイトに悪影響を及ぼす大規模な問題がないかどうかを確認できます。

特定の URL のページ エクスペリエンスをテストするには、モバイル ユーザビリティ、ウェブに関する主な指標、HTTPS を使用しているかどうかについて、その URL をテストします。

モバイル ユーザビリティを確認する

サイトのモバイル ユーザビリティの問題に関するサイトワイドの統計情報を確認するには、モバイル ユーザビリティ レポートを使用します。これを使用して、サイトワイドの問題を検出、修正できます。特定のページのデバッグには、URL 検査ツールモバイル フレンドリー テストツールが役立ちます。

: モバイル フレンドリー テストツールでテストされるのは、ページの公開中のバージョンです。一方、URL 検査ツールにデフォルトで表示されるのは、インデックス登録済みのバージョンです。よって、最後のクロール以降にページが変更された場合、URL 検査ツールのデフォルト(インデックス登録済み)の結果とモバイル フレンドリー テストツール(公開中)の結果は異なります。

ウェブに関する主な指標の統計情報(LCP/FID/CLS)を確認する

実際のユーザーデータに基づいて、サイトの速度と応答性に関するサイトワイドの統計情報を確認します。主要な指標は Largest Contentful Paint初回入力遅延(FID)Cumulative Layout Shift です。

トラブルシューティング

ページやサイトが Google に表示されない

リッチリザルトが Google に表示されない

構造化データを実装したにもかかわらず Google に表示されない場合は、こちらのトラブルシューティングの手順を行ってください。

トラフィック減少のデバッグ

Google からのサイト トラフィックの減少に関するトラブルシューティングについては、こちらのヘルプページとこちらのブログ投稿をご覧ください。

ランキング低下のデバッグ

Google 検索におけるランキングの低下に関するトラブルシューティングについては、こちらのヘルプページをご覧ください。

検索スニペットに関する問題

サイトの検索スニペットが短すぎる場合、長すぎる場合、またはページを正確に説明していないと思われる場合は、こちらをご覧ください。

テスト

Search Console には、以下のサイトテスト ツールが用意されています。

  • URL 検査ツール: 対象ページに関するインデックス作成、クロール、AMP、モバイル ユーザビリティ、構造化データの情報を提供する包括的なテストツール。ページの公開中バージョンとインデックス登録済みバージョンの両方について、あらゆる問題の複雑なデバッグに使用します。このツールを使用するには、プロパティの所有者である必要があります。
  • AMP テスト: ページが Google の AMP 要件を満たしているかどうかをテストします。公開中のページに対してのみ機能します。インデックス登録済みバージョンのページに関する情報は提供しません。このツールは、プロパティの所有者でなくとも、またログインしていなくとも使用できます。
  • モバイル フレンドリー テストツール: ページが Google からモバイル ユーザビリティに問題ありと見なされるかどうかをテストします。公開中のページに対してのみ機能します。インデックス登録済みバージョンのページに関する情報は提供しません。このツールは、プロパティの所有者でなくとも、またログインしていなくとも使用できます。
  • リッチリザルト テスト: ページ上のリッチリザルト構造化データを Google が処理できるかどうかをテストします。公開中のページに対してのみ機能します。インデックス登録済みバージョンのページに関する情報は提供しません。このツールは、プロパティの所有者でなくとも、またログインしていなくとも使用できます。
: URL 検査ツールにデフォルトで表示されるのは、対象 URL のインデックス登録済みバージョンです。他のすべてのツールは、ページの公開中バージョンのみをテストします。最後のクロール以降にページが変更された場合、インデックス登録済みページ(URL 検査ツール)のテスト結果と、公開中ページ用テストツールの結果は異なります。ただし、URL 検査ツールで [公開 URL をテスト] をクリックした場合は、他の公開中ページ用テストツールと同じ結果が得られます。

クロールとインデックス登録

ページのクロール(または再クロール)を Google にリクエストする

サイトにページを追加したり変更を加えたりした場合は、ここに記載されている方法を使用して、インデックスへの再登録を Google にリクエストできます。

ページや画像を一時的に Google からブロックする

Google から自分が所有するサイトのページや画像を一時的に(6 か月間)削除するには、削除ツールを使用します。

クロールまたは再クロールをリクエストする

1 つのページのクロールをリクエストする場合は、URL 検査ツールを使用して次の手順を行うのが簡単です。

  1. URL 検査ツールを開きます。
  2. ページの完全な URL を入力して Enter キーを押します。
  3. [インデックス登録をリクエスト] をクリックします。ページへのアクセスに問題がある場合は、リクエストがすぐに失敗します。インデックス登録リクエストの割り当てを超えた場合は、メッセージを表示することなくリクエストが失敗します。

複数のページのクロールをリクエストする場合は、サイトマップを使用します

サイトマップの送信、送信したサイトマップの確認、サイトマップ内 URL のインデックス カバレッジの確認を行う

サイトマップの送信や、送信したサイトマップが Google から読み取れるかどうかの確認には、サイトマップ レポートを使用します。

注: サイトマップ レポートには、そのレポートを使用して送信したサイトマップのみに関する情報が表示されます。Google が独自に検出したサイトマップは表示されません。ただし、Google のクロール動作を確認できるようにする目的で、Google がすでに認識しているサイトマップもレポートで送信できます。

サイトマップの読み取りをブロックするには、サイトマップを削除するか、robots.txt でブロックするかのいずれかしかありません。

サイトマップごとにインデックス登録済み URL を確認するには、ページ インデックス登録レポートのプルダウン メニューでサイトマップを選択します。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
14513374155671877254
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
83844