顧客リストを作成する

オーディエンスの全体像を 1 か所で把握し、オーディエンスの管理と最適化を簡素化するために、Google 広告では次のような改善が行われます。

  • 新しいオーディエンス レポート
    オーディエンスのユーザー属性、セグメント、除外設定に関する詳細情報が、ページ左側のナビゲーション メニューの [オーディエンス] タブにまとめられます。このレポートページから、オーディエンスを簡単に管理することもできます。詳しくは、オーディエンス レポートについての記事をご覧ください。
  • 新しい用語
    オーディエンス レポート内と Google 広告全体で新しい用語が使用されます。たとえば、「オーディエンス タイプ」(類似、カスタム、購買意向、アフィニティなど)はオーディエンス セグメントに、「リマーケティング」は「広告主様のデータ」にそれぞれ変更されます。オーディエンスに関する用語やフレーズの更新をご覧ください

カスタマー マッチを使用すると、顧客により提供されたデータを使って、顧客に広告のターゲットを設定できます。顧客データを含む CSV ファイルを作成して Google 広告にアップロードすることで、このターゲット設定をキャンペーンに組み込むことができます。

顧客データファイルが正常に機能するようにするには、顧客データファイルを正しくフォーマットすることが重要です。

アップロード処理で問題が発生した場合は、顧客リストの問題の解決に関する記事をご覧ください。

この記事では、データファイルをアップロードして顧客リストを作成する方法について説明します。

はじめに

カスタマー マッチの仕組みについては、カスタマー マッチについてをご覧ください。

アップロードされたデータファイルの Google での取り扱い方法やマッチングの仕組みについては、Google によるカスタマー マッチ データの使用をご覧ください。

手順

次の手順では、顧客データファイルをアップロードして、新しい顧客リストを作成する方法を説明します。

  1. 画面右上にあるツールアイコン Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックします。
  2. [共有ライブラリ] の下にある [オーディエンス マネージャー] をクリックします。
  3. 左側のページメニューで [オーディエンス リスト] をクリックします。
  4. プラスボタン をクリックし、新しいオーディエンス リストを作成します。
  5. [顧客リスト] を選択します。
  6. 書式なしテキスト データファイルとハッシュ化データファイルのどちらをアップロードするかを選択します。
    • 書式なしテキスト ファイルでのアップロードを選択すると、Google のサーバーにデータを安全に送るため、ファイル内の機密性の高い顧客データ(メール、電話番号、姓、名)が、ご利用のパソコン上で SHA256 アルゴリズムを使ってハッシュ化されます。国と郵便番号のデータはハッシュ化されません。
    • ハッシュ化データファイルでのアップロードを選択した場合は、この記事の顧客リスト データファイルのフォーマット ガイドラインに記載された要件を満たすようにしてください。
  7. 新しいファイルを選択します。
  8. 内容に同意する場合は、[このデータは、Google のカスタマー マッチに関するポリシーに従って収集され、Google と共有されています] のチェックボックスをオンにします。
  9. 有効期間を設定します。デフォルトの有効期間は無期限ですが、必要に応じて期間を設定できます。
  10. [アップロード] をクリックしてリストを作成します。
  11. データファイルのアップロード状況が [オーディエンス リスト] に表示されます。この処理が完了するまでに、最長で 48 時間ほどかかることがあります。
  12. データのアップロードが完了すると、ファイルのアップロード完了ページが表示され、正常にアップロードされた行数とマッチ率に関する情報が表示されます。

留意点

有効期間

カスタマー マッチのセグメントには決まった有効期間はなく、デフォルトでは無制限に内容が保持されます。カスタマー マッチのセグメントに顧客の情報を保持する期間は自由に指定できますが、定期的にセグメントを更新することをおすすめします。セグメントがしばらく更新されていない場合は、Google 広告からメールが送信されます。

複数のアカウントでのデータ共有

次の場合は、子アカウント間でオーディエンス セグメントを共有することができます。

  • クライアント センター(MCC)アカウントにカスタマー マッチのセグメントまたは類似セグメントがある
  • クライアント アカウントが、カスタマー マッチのセグメントまたは類似セグメントを MCC アカウントと共有している

カスタマー マッチのセグメントを使用するアカウントは、カスタマー マッチのポリシーを必ず遵守している必要があります。このデータを子アカウント以外の場で共有したり、使用したりすることは許可されません。カスタマー マッチのセグメントの顧客データを追加または削除できるのは、管理者権限を持つアカウントの所有者と管理者の方に限られます。

類似セグメント

カスタマー マッチのセグメントに基づいた類似セグメントのターゲティングは、検索、YouTube、Gmail、ディスプレイで利用できます。類似セグメントは、カスタマー マッチのセグメントが最低要件を満たしている場合に自動的に作成されます。類似セグメントを利用するには、カスタマー マッチやデータ セグメントの場合と同様に、広告グループまたはキャンペーンに追加します。

類似セグメントを使用できる場合、[ユーザーリスト] の表に広告の掲載対象となる各ネットワークのセグメントのサイズが表示されます。有効になっていたら、類似セグメント リストをターゲットに設定することができます。列の 1 つにセグメントが [非対応] と表示されている場合、そのセグメントはそのプロパティでターゲットに設定できないということです。

注: ターゲット設定がキャンペーンに反映されるまでに最長で 48 時間かかる場合があります。

Zapier とカスタマー マッチの統合

Zapier を統合パートナーとして利用することで、顧客管理(CRM)システムのデータソースを Google カスタマー マッチに統合できます。

ユーザーの情報を収集する顧客管理(CRM)システム、e コマース、マーケティング自動化ツールから、新しい連絡先情報が Google 広告の顧客リストに自動的にアップロードされます。つまり、連絡先を Google 広告に手動でアップロードしたり、適切なリストに並べ替えたり、リストから削除したりする必要はないということです。アップロードした顧客リストが常に自動的に更新され、CRM と同期されるようにすることができます。

Google Ads API の使用

アカウントの所有者または管理者は、データファイルのアップロードや、カスタマー マッチのセグメント管理に Google Ads API を使用することもできます。広告主様は、API を使って、データファイルをアップロードしたり、顧客データを追加または削除したり、設定を編集したりすることができます。詳しくは、Google Developers サイトの Google Ads API のデータの項をご覧ください。

カスタマー マッチのリストに問題がある場合

お問い合わせ

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

false
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false