カスタム列について

カスタム列のコンセプトを示すヒーロー画像。
カスタム列は、条件を指定して Google 広告のデータの一部を取り出し、分析することができる機能です。たとえば、通常の [クリック率] 列では全体のクリック率しか確認できませんが、カスタム列機能を使えば「パソコンでのクリック率」「モバイルでのクリック率」などの列も追加可能です。カスタム列ではデータの切り口を詳細に定義できるため、自社にとって最も重要な情報をすばやく把握できます。

カスタム列を使用するメリット

カスタム列機能は、複数の列を組み合わせたデータがほしい場合や、ある指標から特定の条件に合致するデータだけを抽出したい場合に便利なソリューションです。Google 広告の既存の指標をもとにカスタム指標を組み立てられるため、Google 広告から取り出したデータを改めてレポート化する手間を節約できます。その他、次のようなメリットがあります。

  • Google 広告のデータをもとに算出される多彩な指標を参照・活用できます。
  • ビジネスニーズやレポート作成の要件に応じたカスタム列や KPI 計算を独自に作成し、エンド クライアントにとってわかりやすい形で提供できます。
  • 数式を組み込んだデータ列を作成することで、定式化または重み付けされた KPI と予算に対する各キャンペーンの貢献度を把握できます。
  • 複数の期間の指標データを同じ表の中で並べて比較できます。
  • カスタム列とラベルを組み合わせれば、キャンペーン、広告グループ、広告、キーワードが大量にあっても、必要な情報を手軽に把握できます。
  • 計算はリアルタイムで行われるため、カスタム レポートには常に最新のデータが表示されます。

次のような例で考えてみましょう。A さんの会社では「モバイルでのクリック数の割合」という指標を重視しています。これはモバイルでのクリック数を総クリック数で割ったものですが、Google 広告の [キャンペーン] ページには、この指標に相当する列(表示項目)がありません。そこで A さんは次のようにカスタム列を作成することにします。

  • まず、カスタム列を新規作成して「モバイルでのクリック数の割合」という名前を付け、説明欄には「モバイルでのクリック数を総クリック数で割ったもの」と入力します。この説明は、同じアカウントを使用している他のユーザーに、作成したカスタム列の趣旨を伝えるのに役立ちます。
  • 次に、「クリック数」指標を選択し、「デバイス」>「モバイル」フィルタを追加して、モバイル デバイスからのクリック数だけが表示されるようにします。
  • 続いて「÷」を追加し、クリックの総数を表す「クリック数」指標をもう一度追加します。
  • その後、右上の [データ形式] メニューで [パーセント] を選択し、このカスタム列の計算結果がパーセンテージ形式で表示されるようにします。
  • 最後に、完成したカスタム列を保存します。

これで、A さんはいつでもこの指標を参照できるようになりました。

カスタム列では、スプレッドシートのような機能、たとえば関数を、Google 広告内で直接使用することができます。詳細: カスタム列を作成する

カスタム列は、Google 広告の通常のデータ列と同様にフィルタ処理、並べ替え、ダウンロードに対応しており、データ表の上にある概要グラフにも反映されます。詳細: 表やグラフをカスタマイズする

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false
false
false