[ホーム] タブでの掲載結果のトラッキング

この記事は AdWords 従来版に関する内容となっています。使用中のアカウントが AdWords のリニューアル版か従来版のどちらかを見分ける方法

AdWords の [ホーム] タブでは、アカウントの情報の多くをまとめて表示できます。慣れてくれば、ページ上のモジュールをカスタマイズして、掲載結果を効率的に確認することができます。

モジュールの選択と削除

ログインしたときに表示されるモジュール(アカウントに関するさまざまな情報を表示するボックス)の数は自由に変更できます。次の手順に従って、目的に合ったモジュールだけを選択して表示します。

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. [ホーム] タブが表示されていない場合は、[ホーム] タブをクリックします。
  3. 上の隅にある [モジュールのカスタマイズ] をクリックします。
  4. [モジュールを選択] という見出しの下に、選択できるモジュールの一覧が表示されます。それぞれ、[表示 / 非表示] チェックボックスを使用して、ログイン時に表示するかどうかを切り替えることができます。
  5. [保存] をクリック
実際に試す

既定のモジュールのカスタマイズ

広告主様の一般的なニーズに合わせて、既定のモジュールがいくつか用意されています。たとえば、クリック数の変化を表した掲載結果グラフが表示されます。

クリック数も有効な情報ですが、表示回数の方が重要な場面もあります。あるいは、掲載結果グラフに費用とクリック数の両方を表示したいケースも考えられます。そのような場合は、既定のモジュールをカスタマイズできます。下記の手順をご覧ください。

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. [ホーム] タブが表示されていない場合は、[ホーム] タブをクリックします。
  3. 上の隅にある [モジュールのカスタマイズ] をクリックします。
  4. [モジュールを選択] という見出しの下に、既定のモジュールがすべて表示されます。ここで、カスタマイズする領域をプルダウン メニューから選びます。たとえば [すべてのキャンペーン] を選択すると、すべてのキャンペーンの全体的な情報を扱うモジュール(たとえば掲載結果グラフ)をカスタマイズすることができます。
  5. 次のメニューから、フィルタに使用する指標(掲載結果データ)を選びます。たとえば [費用] を選択すると、掲載結果グラフにはクリック数ではなく費用の変化が表示されます。
  6. 2 つの指標を比較する場合は、もう 1 つの指標を指定します。たとえばメインの統計情報に [費用] を選択し、2 つ目のプルダウン メニューで [クリック数] を選択すると、掲載結果グラフにはクリック数の変化と費用の変化の両方が表示されます。
  7. 設定が完了したら、既定のモジュールの上にある [保存] をクリックします。
実際に試す

カスタム モジュールの作成

たとえば、常に表示回数が 100 回を上回っている広告や、クリック数が 50 回を下回っている広告を確認するには、ログインするたびに特定の情報を表示するカスタム モジュールを作成します。下記の手順をご覧ください。

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. [キャンペーン] タブをクリックします。
  3. [キャンペーン]、[広告グループ]、[広告]、[キーワード]、[ネットワーク]、[オーディエンス]、[広告表示オプション]、[ディメンション] といったサブタブが表示されます。表示されていないタブを追加するには、タブの右側にあるプルダウン ボタンをクリックして、目的のタブを選択します。
  4. カスタム モジュールを作成するカテゴリのタブをクリックします。たとえばキーワード用のモジュールを作成するには、[キーワード] タブをクリックします。次に、タブの下のグレーのバーにある [フィルタ] メニューをクリックします。
  5. 表示されている既存のモジュールは、横にある [削除] ボタンで削除できます。新しいモジュールを作成する場合は、[フィルタを作成] をクリックします。
  6. [フィルタを作成] をクリックすると、フィルタに使用するデータを選択できるプルダウン メニューが表示されます。たとえば、キーワード用のフィルタを作成する場合は、クリック数、表示回数、品質スコアなどによるフィルタが可能です。
  7. 選択すると 2 つ目のプルダウン メニューが表示され、さらにフィルタをかけることができます。メニューの項目は、前のメニューで選択した内容に応じて変化します。たとえばクリック数を選択している場合、指定の数値よりも大きい、小さい、または同じクリック数を表示することができます。
  8. フィルタに使用する数値を空欄に入力します。
  9. フィルタを追加するには、[+ 追加] をクリックします。同じ手順でカテゴリとフィルタの種類を選び、値を入力します。
  10. [フィルタを保存] をオンにしてフィルタ名を付け、[適用] をクリックします。続いて、作成したフィルタを [ホーム] タブに追加するため、[ホーム] タブをクリックします。
  11. 画面左上にある [表示するデータの変更] をクリックします。
  12. モジュールのリスト内で、作成したフィルタの [表示 / 非表示] 列のボックスを 。
  13. [保存] をクリックします。これで [ホーム] タブに新しいカスタム モジュールが表示されます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。