掲載結果データからレポートを作成、保存、スケジュール設定する

表示項目、分割、フィルタを活用することで、Google 広告アカウントの掲載結果データの表にニーズに沿ったデータを追加し、掲載結果をより詳しく分析できます。表に表示されたデータは、さまざまなフォーマットのレポートとしてダウンロードできます。保存したレポートは、そのアカウントにアクセスできるユーザーなら誰でも表示できます。保存したレポートをすべて表示するか、自分が作成したものだけを表示するかは各自で選択できます。また、レポートは定期的に自動作成したり、ご自身やアカウントにアクセス権を持つ他のユーザーにメール送信するようスケジュール設定をすることも可能です。

掲載結果データを表示して分析するには、掲載結果データの表を使用する方法と、レポート エディタを使用する方法があります。

この記事では、掲載結果データの表を使用してデータを管理する方法を説明します。内容は次のとおりです。

  • 表示項目、分割、フィルタを使用し、必要なデータを一目で把握できるように掲載結果データの表をカスタマイズする
  • 掲載結果データから単発のレポートや定期レポートを作成し、ダウンロード、スケジュール設定、他のユーザーとの共有を行う

手順

掲載結果データの表をカスタマイズする方法

  1. Google 広告 にログインします。
  2. 左側のページメニューで、表示するデータが含まれているページをクリックします。
  3. 掲載結果データの表で、レポートに必要な期間、表示項目、フィルタ、分割項目が設定されていることを確認します。掲載結果データに分割を適用している場合、レポートではそれらの分割項目が行として表示されます。表をカスタマイズする詳しい手順は、こちらの記事をご覧ください。

表をレポートとしてダウンロードする方法

  1. 目的の掲載結果データが含まれているページへ移動します。
  2. 表の右上にあるダウンロード アイコン download icon をクリックします。
  3. [ダウンロード] をクリックし、レポートの形式を選択します。使用可能な形式には、Excel、CSV、TSV、PDF、XLSX、XML、および Google スプレッドシートがあります。

レポートのメール送信スケジュールを設定し、表をレポートとして保存する方法

ご自身や、アクセス権でレポート表示が許可されている他のユーザーに、掲載結果データをレポートしてメール送信できます。掲載結果データの表をカスタマイズしている場合は、そのコピーを保存しておき、後でレポート エディタで表示したり、編集したりできます。

  1. 共有する掲載結果データが含まれているページへ移動します。
  2. 表の右上にあるダウンロード アイコン download icon をクリックします。
  3. [スケジュール] をクリックします。
  4. レポートを送信する頻度(毎日、毎週など)と、レポートの形式(.csv、.pdf など)を選択します。
  5. レポートのその他の項目を設定します。
  6. 表のコピーを保存し、レポート エディタで編集できるようにするには、[このレポートを保存する] をクリックして名前を入力します。
    保存したレポートを 18 か月間一度も利用しないと、アカウントから自動的に削除されます。レポートを利用したとみなされるのは、レポートを開くか、ダウンロードした場合、またはレポートが追加されているダッシュボードを開いた場合です。
  7. [スケジュール] をクリックします。

ヒント: [レポート] ページで既存のレポートを確認して編集

[レポート] ページでは、既存のレポートを表示、編集、削除したり、新しいレポートを追加したりできます。たとえば、レポートの頻度を確認したいときや、受信者を変更する場合などは、[レポート] ページへ移動すると、既存のレポートに関するすべての設定が表示されます。[レポート] ページでレポートを管理する方法をご確認ください。

レポートの作成時刻

個々のアカウントのレポートは、指定したタイムゾーンの午前 1 時に作成されます。クライアント センター(MCC)アカウントのレポートは、指定したタイムゾーンの午前 5 時に作成されます。どちらの場合も、タイムゾーンを指定していない場合は米国太平洋標準時間(PST)が適用されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。