検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

レポートの作成、保存、スケジュール設定

間もなくレポートの共有に導入される変更について

間もなく、どの保存済みレポートもアカウントの全ユーザーが利用できるようになります。この変更は 11 月 14 日から導入が始まり、自分が作成したレポートだけをワンクリックで表示できるフィルタも用意されます。

表示項目、分割、フィルタを活用することで、AdWords アカウントの掲載結果の表にニーズに沿ったデータを追加し、掲載結果をより詳しく分析できます。表に表示されたデータは、さまざまなフォーマットのレポートとしてダウンロードできます。また、レポートは定期的に自動作成したり、広告主様やアカウントにアクセス権を持つ他のユーザーにメール送信するようスケジュール設定をすることも可能です。

掲載結果データの確認と分析は次の 2 か所で行うことができます。[キャンペーン] タブの統計情報の表と、[レポート] タブレポート エディタです。この記事では、次の方法で [キャンペーン] タブのデータを管理する方法について説明します。

  • 列、セグメント、フィルタを使って統計情報の表をカスタマイズして、必要なデータを表示する。
  • 統計情報の表のデータから単発のレポートや定期レポートを作成し、ダウンロード、スケジュール設定、他のユーザーとの共有を行う。

統計情報の表のカスタマイズ

  1. AdWords アカウントにログインします。
  2. [キャンペーン] タブをクリックします。
  3. ダウンロードする掲載結果の表が含まれるタブをクリックし、レポートに表示する期間、表示項目、フィルタ、分割の単位を設定します。管理画面上で適用されている分割の単位がレポートにも自動的に適用されます。詳細

表をレポートとしてダウンロードする

  1. 表の上にあるツールバーで ダウンロード ボタン をクリックします。ダウンロード パネルが開きます。
  2. [形式] メニューから、レポートのファイル形式を選択します。
  3. [作成] をクリックします。

レポートのメール送信、スケジュール設定、保存

  1. ご自身やアカウントにアクセス権を持つ他のユーザーにレポートをメール送信するには、[レポートのメール送信とスケジュール設定] をクリックします。表示されたセクションで、レポートの送信先と作成頻度を選択します。
  2. [このレポートを保存] チェックボックスをオンにして、[レポート] タブに保存します(他のユーザーにレポートを送信する場合、チェックボックスは自動的にオンになります)。レポート名はデフォルト設定をそのまま使用するか、独自の名前を作成できます。
  3. [ダウンロード] をクリックします。

ヒント: [レポート] タブで既存のレポートを確認して編集

[レポート] タブでは、新しいレポートの確認、編集、削除、追加ができます。たとえば、レポートの作成頻度を確認したり送信先を変更したりする場合は、[レポート] タブで既存のレポートの詳細をすべて確認できます。詳細

レポートの作成時刻

個人アカウントのレポートは、指定したタイムゾーンの午前 1 時に作成されます。クライアント センター(MCC)のレポートは、お客様が指定したタイムゾーンの午前 5時に作成されます。どちらの場合も、タイムゾーンを指定していない場合は米国太平洋標準時間(PST)が適用されます。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords にログイン

AdWords でご利用のメールアドレスでログインすると、皆様のご利用状況にあわせたヒントをご覧いただけます。AdWords の利用方法もあわせてご覧ください。