通知

在宅で働く社員とオフィスで働く社員が共同で作業する場合は、ハイブリッドな作業環境に対応するための方法をご覧ください。

ヘルスケアに関するヒント

目次


               

ビジネスのために Google Workspace の高度な機能をご希望ですか?

Google Workspace をぜひお試しください。

 

 

すべて開く  |  すべて閉じる

グレーの線

仮想医療ソリューションで患者をリモートでサポートする 青色の線

臨床現場で直接診察することができない患者に医療を提供できるように、代替ソリューションに注目する医療機関が増えています。Google MeetGmail などの仮想診療ソリューションを使用すると、医療従事者は患者とのやり取りを安全な暗号化された方法で行うことができます。Google Workspace および Cloud Identity HIPAA 実装ガイドでは、Google Workspace での HIPAA への準拠のサポートについて説明しています。

詳細

ビデオ会議を開始する

  1. Google Meet にアクセスします。
  2. [新しい会議を作成] をクリックします。
  3. 次のいずれかを行います。
    • 次回以降の会議を作成:
      • 今後の会議の詳細を共有するには、会議のリンクをコピーして参加者と共有します。
      • このリンクを使用して会議を直接開始するには、リンクをブラウザに貼り付けるか、[会議コードまたはリンクを入力] 欄にリンクを入力 次に [参加] をクリックします。
    • 会議を今すぐ開始: 新しい会議を作成し、その会議に直接参加します。
    • Google カレンダーでスケジュールを設定: Google カレンダーに移動して会議のスケジュールを設定します。

ヒント: Google Workspace Essentials をご利用の場合、Google カレンダーで会議のスケジュールを設定することはできません。

詳しくは、Google Meet ヘルプセンターをご覧ください

メールの作成と送信

  1. パソコンで Gmail にアクセスします。
  2. 左上にある「メールを作成」アイコン をクリックします。
  3. [宛先] に宛先を追加します。次の項目に宛先を追加することもできます。
    • [Cc] と [Bcc]
    • メッセージを作成する際に、テキスト欄に「+」または「@」記号に続けて連絡先の名前を入力して宛先を追加することもできます。
  4. 件名を追加します。
  5. メッセージを入力します。
  6. ページの下部にある [送信] をクリックします。

ヒント: 個人の宛先やラベルを使用して作成した連絡先のグループを追加するには、[宛先] をクリックします。

Gmail ヘルプセンターで詳細を確認する

グレーの線

現場のスタッフおよび医療関係者にセイフ バイ デザインなデバイスを提供する 青色の線

現場のスタッフと医療関係者が患者の情報をすばやく安全に入力したり、アクセスしたりできるようにしましょう。組織の基準、統制、ガバナンス、コンプライアンスを維持しながら、医療スタッフが院外でもモバイル デバイスとコラボレーション ツールを使用して業務を行えるようにすることができます。Android Enterprise または Chromebook でモバイル デバイス管理およびデバイスレベルの暗号化を導入すると、ファイル共有ソリューションが実現します。

HIPAA 準拠* の Google ドライブ ファイル リポジトリを 1 つ作成すれば、スタッフおよび担当者は、患者と組織に関するドキュメントと情報をファイルの形式に関係なく 1 か所で安全に保管できます。ドライブの同期機能と共有機能により、すべての職員(または特定のグループのみ)が組織の管理するデバイスからファイルにアクセスでき、情報の共有、共同編集を行うことができます。

*組織の中央ファイル リポジトリの作成方法は以下のドライブガイドに記載されています。ただし、HIPAA コンプライアンスの実現方法は記載されていません。コンプライアンスの実現方法については、Google Workspace および Cloud Identity の HIPAA コンプライアンス をご覧ください。

お客様事例

Omada Health(英語)

方法

ペーパーレスで共同作業可能な Google ドライブのプラットフォームを活用して、業務を効率化する 青色の線

マイドライブまたは共有ドライブを使用すれば、医師と看護師がレントゲン画像、CT スキャン画像、音声メッセージ、動画メッセージといった診断検査の結果を電子化して保存、共有できます。ドライブのファイルはリアルタイムで更新され、あらゆるデバイス(Android、Chrome、Apple iPad など)で安全な状態で表示できます。これにより、さまざまな EHR および EMR アプリケーションを使い分ける手間を軽減できます。

お客様事例

Mollen Healthcare(英語)

方法 

グレーの線

時間と場所を問わずに医療スタッフのトレーニングを実施する 青色の線

トレーニング対象の医療スタッフの職場が各地に分散していて、勤務時間帯もそれぞれ異なり、使用するサービスも多岐にわたるということがあります。そのような場合は自習型のトレーニング ポータルを構築すれば、新人研修からキャリアアップ研修に至るまで、さまざまなトレーニングを実施できます。すべてのトレーニング資料をマイドライブか共有ドライブに保存し、それを Google サイトに組み込めば、ポータルができあがります。Chromebook をキオスク スタイルのトレーニング デバイスとして使い、実地トレーニングを行いましょう。世界各国のスタッフにライブ トレーニングを行う場合は、Google Meet でバーチャル講座を開催して時間と出張費用を節約することができます。

方法 

グレーの線

患者により満足してもらうために、受付、情報伝達、フィードバックを迅速に行う 青色の線

来院した患者が Chromebook のキオスクを使って、Google フォームで作成したオンラインの問診票に記入し、入力した情報が Google スプレッドシートに記録されるようにすれば、職員は待っている患者の順番を把握できます。診察中に医師と看護師が同じスプレッドシートに追加した管理情報はリアルタイムで更新されます。このため、職員は患者が帰宅する前に伝えるべき内容(次回の予約や注意事項など)をすぐに確認できます。長期入院が必要になった患者も、Google Meet を使ってどのデバイスからでも家族および友人と連絡を取ることができます。診察後は、患者に Chromebook キオスクでフォームのアンケートに入力してもらえば、以後の診察に活かすことができます。

お客様事例

Doctor.com(英語)

方法

グレーの線

病院の業務プロセス管理を任意のデバイスからオンラインで行う 青色の線

病院運営とプロセスのすべてをオンラインに移行して、業務のプロセスを合理化しましょう。Google フォームを使えば、患者のフィードバック、備品の注文、スタッフの休暇申請、病院ポリシーの確認などの電子フォームを簡単に作成できます。フォームは簡単に更新でき、キオスク、パソコン、モバイル デバイスからアクセスできます。

お客様事例

Mollen Healthcare(英語)

方法

フォーム

グレーの線

組織全体のデジタル ブランド アセットを作成、表示、管理する 青色の線

医療関連の組織では、大量の内部コンテンツおよび外部コンテンツを作成、管理しています。ポスター、食事メニュー、治療の日程、医薬品の広告、アレルギー情報などを Google ドキュメントスプレッドシートスライドで作成し、空きベッド率、勤務中の看護師、診察の待ち時間など組織の指標をスプレッドシートで管理して、透明性を確保しながら効果的な診療を行います。すべてのコンテンツをマイドライブまたは共有ドライブで管理すれば、スタッフが常に最新版にアクセスできます。また、これらの情報を電子化し、Chromebook キオスクなどで配信して表示することで、ペーパーレス化も推進できます。

方法 

グレーの線

医療スタッフの募集、面接、新人研修の時間を短縮する 青色の線

常に新規職員を募集している医療機関では、募集と新人研修に要する時間を短縮できれば経費の抑制につながります。応募者の情報を Google フォームで送信してもらい、候補者を絞り込んだら、世界のさまざまな場所にいる候補者と Google Meet で面接を行います。採用後は、Google サイトに掲載した新規スタッフのチェックリストと新人研修の項目に沿って、効率よく新人研修を進めます。

お客様事例

Middlesex Hospital(英語)

方法 

グレーの線

患者の診療プランの調整と情報の伝達を複数の担当者間で行う 青色の線

病院では、通常 1 人の患者に 10 人以上の医療スタッフが関わっているため、連携して効果的に患者に対応することが病状の改善、費用の抑制、再来院回数の減少といった良い結果につながります。Google Workspace を使用すれば、一貫した診療プランを医療スタッフや専門スタッフで共同作成し、共有することができます。マイドライブまたは共有フォルダに患者フォルダを作成し、診断書、グラフ、検査結果などのカルテを保存して、フォルダを適切な医療スタッフ全員と安全に共有します。同じフォルダ内に、医療メモ用の Google ドキュメントや、治療の内容と結果を追跡するための Google スプレッドシートなどを作成できるほか、ファイルにコメントを残して、特定のスタッフにフォローアップの質問をすることも可能です。患者フォルダ内のファイルはすべてリアルタイムで更新されるため、スタッフはいつでもどこでもどのデバイスからでも、最新情報にアクセスできます。

お客様事例

Mollen Healthcare(英語)

方法 

グレーの線

離れた場所で働く医療スタッフをGoogle Workspaceで支援する 青色の線

離れた場所で働く医療チームの連携を維持し、重要な情報と最新の状況を把握できるようにすると、業務をさらに効率化できます。Google Workspace では、病院、管理者、医療スタッフ向けに最新のデジタル コラボレーション ツールを提供しています。医療チームは、ビデオ会議、チャット、メール、共有ドキュメントなどのGoogle Workspace の機能を使用して、リモートでリアルタイムに連携できます。時間と場所を問わず、さまざまなデバイスを使用して、同僚および外部パートナーと共有、共同作業が可能です。

方法

グレーの線

詳細

 


               

ビジネスのために Google Workspace の高度な機能をご希望ですか?

Google Workspace をぜひお試しください。

 

 


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー