組織内にグループを作成する

メーリング リスト、配信リスト、共有、設定などに

このページは管理者専用です。自分のアカウントのグループを管理する場合は、Google グループのヘルプをご覧ください。

グループの管理者は、組織内の部門、チーム、その他のユーザーの集まりに対応するグループを作成できます。

設定を行う場所: Google 管理コンソールまたは Google グループで、グループを作成してメンバーを追加できます。ただし、設定グループとして使用できるのは、管理コンソールで作成したグループのみです。

グループの用途

グループは、コラボレーションに利用したり、機能やサービスの構成を設定するために使用できます。グループの作成に最適なのは管理コンソールを使用する方法です。管理コンソールを使用すると、グループのメンバーを見つけたり、多数のメンバーをまとめて追加したりするのを簡単に行うことができます。Google グループで作成したグループは、機能またはサービスの設定には使用できません。

コミュニケーションまたはコラボレーション(メーリング リストを含む)

管理コンソールまたは Google グループでグループを作成すると、ユーザーは次のことを行えるようになります。

  • 1 つのアドレスで、グループのすべてのメンバーにメールを送信する
  • グループのメンバーを会議に招待する
  • メンバーとコンテンツ(ドキュメント、サイト、動画、カレンダーなど)を共有する
  • ディスカッションに参加する、Google グループの共同トレイを使用する(ビジネス向け Google グループを有効にする必要があります)

機能またはサービスの設定

Google グループではなく、管理コンソールでグループを作成する必要があります。

グループは次の目的にも使用できます。

方法 1: 管理コンソールを使用してグループを作成する

すべて開く  |  すべて閉じて一番上に移動

設定グループ、コミュニケーションやコラボレーションのためのグループ(メーリング リストを含む

ビジネス向け Google グループが有効になっている場合は、作成後に Google グループに移動して、管理コンソールでは利用できない機能をさらに設定できます。

手順 1: グループを作成する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン  次に  [ディレクトリ] 次に [グループ] にアクセスします。
  3. 上部の [グループを作成] をクリックします。
  4. 次の詳細情報を入力します。
    グループの詳細 説明
    グループ名
    リストおよびメッセージでグループを識別するための名前を入力します。以下のガイドラインを参考にしてください。
    • 名前の長さは 73 文字以下にする必要があります。
    • そのグループの目的が容易にわかる名前を使用してください。

    Google 管理コンソールで作成するグループには、等号(=)または山かっこ(<、>)を使用しないでください。これらの文字は groups.google.com で作成するグループにのみ使用できます。

    グループのメールアドレス

    グループのメールアドレスを入力します。複数のドメインが表示される場合は、リストから適切なドメインを選択してください。以下のガイドラインに準拠してください。

    • メールアドレスの長さは 63 文字以下にする必要があります。アドレスのドメイン部分(@gmail.com など)は文字数に含まれません。
    • 一部の単語は予約されており、メールアドレスとして使用することはできません。予約済みの単語の一覧をご確認ください。

    職場または学校のアカウントでグループを作成する場合は、メールアドレスに「-user-created」などのサフィックスが追加されることがあります。この場合、たとえば「training」というグループを作成すると、実際のメールアドレスは training-user-created@[ご利用のドメイン] となります。

    説明

    (省略可)グループの概要ページに、グループの目的や使い方などの情報を入力します。たとえば、グループ メンバーの説明、グループのコンテンツ、よくある質問、関連グループへのリンクなどです。

    Google 管理コンソールで作成するグループには、等号(=)または山かっこ(<、>)を使用しないでください。これらの文字は groups.google.com で作成するグループにのみ使用できます。

    グループのオーナー (省略可)グループのオーナーロールを付与するユーザーを追加するには、名前またはメールアドレスを検索して選択します。
  5. [次へ] をクリックします。
    注: 指定しようとしているグループのメールアドレスにユーザー アカウントが割り当てられていないにもかかわらず、「すでに使用されているメールアドレスです」というメッセージが表示される場合、そのアドレスはビジター セッション用として使用されている可能性があります。競合を解決するには、ビジターまたは Google Workspace サポートに連絡して、ビジター セッションの削除を依頼してください。
  6. (省略可)グループにセキュリティ ラベルを追加するには、[セキュリティ] チェックボックスをオンにします。詳しくは、セキュリティ グループについての記事をご覧ください。
  7. [次へ] をクリックします。
  8. グループのアクセスタイプを [公開]、[チーム]、[通知のみ]、[制限付き] から選択します。
    各タイプには、グループのオーナー、マネージャー、メンバーの定義済みの権限のほか、グループを組織全体または組織外のユーザーに公開するかどうかの設定が含まれています。
  9. (省略可)アクセス設定をカスタマイズするには、表のセルをクリックしてオプションを選択または選択解除します。オプションをカスタマイズすると、グループのアクセスタイプが [カスタム] に変わります。
    設定の説明については、次の表を参照してください。

    設定

    説明

    アクセス設定

    ユーザーがグループで行える操作を決定します。Google グループ(groups.google.com)でグループにロールベースの権限を設定することもできます。詳しくは、グループのロールについての記事をご覧ください。

    [外部] カテゴリに該当するのは組織外のユーザーです。外部ユーザーは、グループ メンバーであるかどうかは問いません。

    • グループ オーナーに連絡できるユーザー - グループ オーナーに直接メールを送信できるユーザーを指定します。
    • 会話を閲覧できるユーザー - グループに投稿された会話を閲覧できるユーザーを指定します。グループに属していない組織外の(外部)ユーザーは、ビジネス向け Google グループの共有オプションが [インターネット上で一般公開] に設定されている場合に限り、会話を閲覧できます。
    • 投稿できるユーザー - グループへのメッセージを公開できるユーザーを指定します。
    • メンバーを閲覧できるユーザー - グループ メンバーを閲覧できるユーザーを指定します。
    • グループに参加できるユーザー - グループへのユーザーの追加、ユーザーの招待、リクエストの承認を行えるユーザーを指定します。

    グループに参加できるユーザー

    ユーザーをグループに追加する方法を選択します。

    • 組織内のすべてのユーザーがリクエストできる - 組織内のユーザーは、参加リクエストが承認されるとグループに参加できるようになります。
    • 組織内のすべてのユーザーが参加できる - 組織内のユーザーは、グループに自分を直接追加できます。
    • 招待されたユーザーのみ - ユーザーは、招待された場合にのみグループに参加できます。

    組織外のメンバーの許可

    この設定をオフにすることで、外部ユーザーがグループに参加するのを防ぐことができます。外部ユーザーが参加できるようにするには、この設定をオンにします。

    外部メンバーシップ設定にかかわらず、管理者はいつでも Google 管理コンソールで外部ユーザーをグループに追加できます。

     

  10. [次へ] をクリックします。
  11. (省略可)このグループのメンバーになれるユーザーを制限するには、[メンバーを制限] を選択してクエリ条件を追加します。詳しくは、グループ メンバーの制限についての記事をご覧ください。
  12. [グループを作成] をクリックします。
  13. 次の手順に進んでグループ メンバーを追加します。
手順 2: グループ メンバーを追加する

数人のメンバーを追加する場合

  1. [メンバーを追加] をクリックします。
  2. [メンバーを追加] をクリックします。
  3. ユーザーまたはグループを追加する場合は、メールアドレスの最初の数文字を入力して選択します。
  4. サービス アカウントを追加する場合は、メールアドレス全体を入力します。
  5. 必要に応じて前の手順を繰り返します。
  6. [グループに追加] をクリックします。

追加したユーザーには「メンバー」のロールが付与され、所属先のグループ宛ての「すべてのメール」が配信されるようになります。

多数のメンバーをまとめて追加する場合

多数のメンバーを追加するには、次のいずれかの方法をお試しください。

他のユーザーを招待する

ビジネス向け Google グループを有効にする必要があります

ユーザーにグループへの参加をお願いするには、招待状を送信します。相手が招待を承諾すると、グループに追加されます。

ユーザーをグループに招待するには、ラーニング センターの手順に沿ってメールで招待します。

方法 2: Google グループを使用してグループを作成する

この方法は、コミュニケーションとコラボレーションを目的としたグループのみに対応しています。ビジネス向け Google グループを有効にする必要があります設定グループとして使用する場合は、上の手順に沿って管理コンソールでグループを作成してください。Google グループで作成したグループは、機能またはサービスの設定には使用できません。

メーリング リストなどのコミュニケーション / コラボレーション グループを作成する場合は、Google グループも使用できます。Google グループでは、管理対象のディスカッションまたは共同トレイなどの機能を追加することもできます。

Google グループでグループを作成するには、ラーニング センターの手順に沿ってグループを作成します。

グループを作成した後

  • グループ ディレクトリに新しいグループが表示され、すべてのユーザーがアクセスできるようになるまでには、最長で 24 時間ほどかかることがあります。ディレクトリにグループを表示しない場合は、グループ オーナーにグループの非表示を許可する必要があります。詳細については、グループを使用するための組織全体のポリシーを設定するをご覧ください。
  • 新しいグループにメッセージを送信する際は、そのグループが有効になるまで数分ほどお待ちください。グループが有効になる前にメッセージを送信すると、メッセージを配信できなかったことを示す通知が届くことがあります。

大規模な組織向けの詳細オプション

次のステップ

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー