グループの管理

グループの作成方法


この記事は管理者向けです。ご自身のグループを管理する場合は、Google グループのヘルプをご覧ください。青色の線

G Suite の Google グループの管理者は、Google 管理コンソールGroups API、または Google Cloud Directory Sync(GCDS)で組織の Google グループを作成できます。ビジネス向け Google グループを有効にしている場合は、Google グループのインターフェース(groups.google.com)で組織のグループを作成することもできます。


すべて開く | すべて閉じる

グループの作成場所による違い

作成に使用したインターフェースごとのグループの違い

管理コンソール、Directory API、Google Cloud Directory Sync で作成したグループは、どの種類のグループとしても使用できます。

Google グループ(groups.google.com)で作成したグループは、コミュニケーションとコラボレーションのためのグループとしてのみ使用できます。

次の表に、作成できるグループの種類、作成場所、ビジネス向け Google グループが必要かどうかを示します。

組織内のグループを作成するインターフェース アクセス グループと設定グループ メーリング リスト専用グループ 共同トレイと Q&A フォーラム(内外)
管理コンソール: ホーム次に [グループ] 可能。ただし、管理コンソールでグループを作成した後、Google グループ(groups.google.com)でグループの種類を選択する必要があります。このインターフェースは、ビジネス向け Google グループがオンの場合のみ利用できます。
可能。ただし、Google グループ(groups.google.com)の機能を使用するには、ビジネス向け Google グループをオンにする必要があります。
Google グループ(groups.google.com 不可 可能。組織内のグループの場合、ビジネス向け Google グループをオンにする必要があります。
Google Cloud Platform Console 内のグループ 不可 可能。組織内のグループの場合、ビジネス向け Google グループをオンにする必要があります。

グループの作成方法

管理コンソールの使用
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[グループ] にアクセスします。
  3. 左上の [グループを作成] をクリックします。
  4. 次の情報を入力して、[次へ] をクリックします。
     
    設定 説明
    名前
    リストおよびメッセージでグループを識別する名前です。以下のガイドラインを参考にしてください。
    • 名前の長さは 73 文字以下にする必要があります。
    • そのグループの目的が容易にわかる名前を使用してください。

     

     

    説明

    グループの目的または使用方法です。この情報はグループの概要のページに表示されます。グループ メンバー、グループのコンテンツ、よくある質問、関連グループへのリンクなどの情報を含めることができます。

    グループのメールアドレス

    グループで使用するメールアドレスです。複数のドメインが表示される場合は、リストから適切なドメインを選択してください。メールアドレスの長さは 63 文字以下にする必要があります。アドレスのドメイン部分(@gmail.com など)は文字数に含まれません。

    一部の単語は予約されており、メールアドレスとして使用することはできません。詳しくは、メールアドレスで使用できない単語をご覧ください。また、groups.google.com でグループを作成する場合は、予約済みの単語をご覧ください。

    職場または学校のアカウントでグループを作成する場合は、メールアドレスに「-user-created」などのサフィックスが追加されることがあります。たとえば、作成するグループ名が「training」の場合、実際のメールアドレスは training-user-created@[ご利用のドメイン] となります。

    グループのオーナー (省略可)このグループのオーナーの役割を持つユーザーの名前かメールアドレスを検索します。
  5. オーナー、マネージャー、メンバーのロールを持つグループ メンバーの設定を選択し、グループを組織全体と組織外のユーザー(外部ユーザー)に公開するかどうかを設定します。

    設定

    説明

    アクセスタイプ

    事前設定されているアクセスタイプを選択するか、設定を手動で選択します。

    • 公開 - 組織内のすべてのユーザーに公開され、設定によっては組織外のユーザーからもアクセス可能です。グループを [公開] に設定すると、迷惑メールが届く可能性が高まります。これは、一般公開されているウェブサイトに掲載されたメールアドレスが、迷惑メールの宛先としてよく使用されるためです。
    • チーム - 組織内の特定のチームに公開されます。社内の特定の部署またはチームで利用するグループを作成する場合は、この設定を選択してください。
    • 通知のみ - グループへの情報配信に使用します。たとえば、社内情報を受け取るグループにこの設定を使用します。
    • 制限付き - 非公開情報や機密情報を共有する従業員用の限定公開グループに使用します。
    • カスタム - 設定が手動で適用されていることを示します。

    アクセス設定

    ユーザーのカテゴリごとに設定を選択します。これらの設定により、ユーザーがグループで行える基本的な操作が決まります。ただし、Google グループ(groups.google.com)でグループに役割ベースの権限を設定することもできます。詳しくは、グループの役割についてのページをご覧ください。

    : [外部] カテゴリに該当するのは組織外のユーザーです。外部ユーザーは、グループ メンバーであるかどうかは問いません。

    メンバーの設定

    オーナー、管理者、またはメンバーの役割を持つグループ メンバーが、グループにユーザーを直接追加したり、ユーザーをグループに招待したり、グループへの参加リクエストを承認したりできるようにするかどうかを設定します。

    グループに参加できるユーザー

    ユーザーをグループに追加する方法を選択します。

    • 組織内のすべてのユーザーがリクエストできる - 組織内のユーザーは、参加リクエストが承認されるとグループに参加できるようになります。
    • 組織内のすべてのユーザーが参加できる - 組織内のユーザーは、グループに自分を直接追加できます。
    • 招待されたユーザーのみ - ユーザーは、招待された場合にのみグループに参加できます。

    組織外のメンバーの許可

    この設定をオフにすることで、外部ユーザーがグループに参加するのを防ぐことができます。外部ユーザーが参加できるようにするには、この設定をオンにします。

    : G Suite 管理者として Google グループを管理している場合は、この設定にかかわらず、Google 管理コンソールでグループに外部メンバーを追加することができます。

     

  6. [グループを作成] をクリックします。新しいグループにメールを送信する際は、そのグループが有効になるまで数分ほどお待ちください。グループが有効になる前にメールを送信すると、メールを配信できなかったことを示す通知が届くことがあります。

次のステップ

新しい Google グループの使用

この機能を使用するには、ビジネス向け Google グループを有効にする必要があります。

  1. Google グループにログインします。
  2. 左上の [グループを作成] をクリックします。
  3. グループの情報を入力し、設定を選択します。
    設定リファレンス
  4. [グループを作成] をクリックします。

新しいグループにメールを送信する際は、そのグループが有効になるまで数分ほどお待ちください。グループが有効になる前にメールを送信すると、メールを配信できなかったことを示す通知が届くことがあります。


新しい Google グループの設定リファレンス

グループ情報

オプション 説明
グループ名
リストおよびメッセージでグループを識別する名前です。以下のガイドラインを参考にしてください。
  • 名前の長さは 73 文字以下にする必要があります。
  • そのグループの目的が容易にわかる名前を使用してください。

 

 

グループのメールアドレス

グループで使用するメールアドレスです。複数のドメインが表示される場合は、リストから適切なドメインを選択してください。メールアドレスの長さは 63 文字以下にする必要があります。アドレスのドメイン部分(@gmail.com など)は文字数に含まれません。

一部の単語は予約されており、メールアドレスとして使用することはできません。詳しくは、メールアドレスで使用できない単語をご覧ください。また、groups.google.com でグループを作成する場合は、予約済みの単語をご覧ください。

職場または学校のアカウントでグループを作成する場合は、メールアドレスに「-user-created」などのサフィックスが追加されることがあります。たとえば、作成するグループ名が「training」の場合、実際のメールアドレスは training-user-created@[ご利用のドメイン] となります。

グループの説明

グループの目的または使用方法です。この情報はグループの概要のページに表示されます。グループ メンバー、グループのコンテンツ、よくある質問、関連グループへのリンクなどの情報を含めることができます。

プライバシー設定

オプション  説明
グループを検索できるユーザー グループの名前、メールアドレス、スレッドでグループを検索できるユーザーを選択します。職場や学校で Google グループを使用している場合、利用できるオプションは組織の設定によって異なります。
グループに参加できるユーザー

次のいずれかを選択します。

  • 招待されたユーザーのみ — ユーザーがグループに参加するには、そのグループに招待される必要があります。ユーザーが自分自身を直接グループに追加したり、参加をリクエストしたりすることはできません。
  • 組織内のユーザーのみ — 組織内のユーザーは自分自身を直接グループに追加できます。
  • 組織内のユーザーが参加をリクエストできる — 組織内のユーザーはグループへの参加をリクエストできます。
会話を閲覧できるユーザー グループに投稿されたスレッドを表示できるユーザーを選択します。
投稿できるユーザー グループのメールアドレス宛にメッセージを送信できるユーザーを選択します。
メンバー一覧を表示できるユーザー グループのメンバー一覧を表示できるユーザーを選択します。

メンバーの追加

オプション 説明
グループ メンバー 追加してメンバーの役割を割り当てるユーザーの名前またはメールアドレス。
グループの参加者全員にメンバーの役割が割り当てられます。メンバーの役割に付与されている権限は、他のすべての役割にも自動的に付与されます。
グループのマネージャー 追加してマネージャーの役割を割り当てるユーザーの名前またはメールアドレス。マネージャーは、グループを削除することと、他のメンバーをオーナーにすること以外は、オーナーができる操作をすべて行えます。なお、グループを別のグループのマネージャーにすることはできません。
グループのオーナー 追加してオーナーの役割を割り当てるユーザーの名前またはメールアドレス。  

オーナーロールを持つメンバーには、次の権限があります。

  • グループにメッセージを送信する。
  • オーナーを含むグループ メンバーを追加または削除する。
  • メンバーのロールを変更する(メンバーからオーナーに変更するなど)。
  • グループ設定を変更する。
  • グループを削除する。
  • グループのメンバーシップとメッセージを書き出す。

: オーナーのロールは、任意のグループ メンバーに割り当てることができます。ただし、グループで別のグループのオーナーのロールを割り当てることはできません。

 

ウェルカム メッセージ 招待状なしでグループに追加されたユーザーに送信されるメールのメッセージ。このオプションは、[メンバーを直接追加] が [オン] の場合にのみ使用できます。
招待メッセージ ユーザーに送信されるグループへの招待メールのメッセージ。招待されたユーザーは招待状の中のリンクをクリックしてグループに参加します。このオプションは、[メンバーを直接追加] が [オフ] の場合にのみ使用できます。
登録

グループから受け取るメールの設定。指定できるオプションは次のとおりです。

  • メッセージごとにメール — グループにメッセージが投稿されるたびに、そのメッセージがメールで配信されます。
  • 要約 — 最大 150 件のメッセージの要旨が 1 通のメールにまとめられ、毎日配信されます。
  • ダイジェスト — 最大 25 件の完全なメッセージが 1 通のメールにまとめられ、毎日配信されます。
  • メールなし — グループからのメールは届きません。

グループのメッセージの要約またはダイジェストをメールで受け取るには、グループの会話の履歴をオンにする必要があります。

メンバーを直接追加

メンバーをグループに直接追加するか、メンバーをグループに招待するかを指定します。

[メンバーを直接追加] をオンにした場合: 指定したユーザーがグループに追加され、選択した登録設定が適用されます。メンバーは各自の登録設定を後で変更することができます。

[メンバーを直接追加] をオフにした場合: 指定したユーザーに、グループに参加するための招待メールが送信されます。招待を承諾したユーザーのみグループに追加されます。

従来の Google グループの使用

この機能を使用するには、ビジネス向け Google グループを有効にする必要があります。

  1. Google グループにログインします。
  2. 左上の [グループを作成] をクリックします。
  3. グループの情報を入力し、設定を選択します。
    設定リファレンス
  4. [グループを作成] をクリックします。

新しいグループにメールを送信する際は、そのグループが有効になるまで数分ほどお待ちください。グループが有効になる前にメールを送信すると、メールを配信できなかったことを示す通知が届くことがあります。


従来の Google グループの設定リファレンス

設定 説明
グループ名
リストおよびメッセージでグループを識別する名前です。以下のガイドラインを参考にしてください。
  • 名前の長さは 73 文字以下にする必要があります。
  • そのグループの目的が容易にわかる名前を使用してください。

 

 

グループのメールアドレス

グループで使用するメールアドレスです。複数のドメインが表示される場合は、リストから適切なドメインを選択してください。メールアドレスの長さは 63 文字以下にする必要があります。アドレスのドメイン部分(@gmail.com など)は文字数に含まれません。

一部の単語は予約されており、メールアドレスとして使用することはできません。詳しくは、メールアドレスで使用できない単語をご覧ください。また、groups.google.com でグループを作成する場合は、予約済みの単語をご覧ください。

職場または学校のアカウントでグループを作成する場合は、メールアドレスに「-user-created」などのサフィックスが追加されることがあります。たとえば、作成するグループ名が「training」の場合、実際のメールアドレスは training-user-created@[ご利用のドメイン] となります。

グループの説明

グループの目的または使用方法です。この情報はグループの概要のページに表示されます。グループ メンバー、グループのコンテンツ、よくある質問、関連グループへのリンクなどの情報を含めることができます。

グループの主要言語 メールの言語は、グループ メンバーに送信されるシステム生成情報(メールのダイジェストとフッターのコンテンツも含む)に使用されます。グループ メンバー向けの自動生成メッセージで使用される言語。メッセージには通知とフッターが含まれます。
グループの種類 グループの種類として [メーリング リスト] を選択します。
基本的な権限

次の項目に対する権限があります。

  • グループの公開設定: グループのメールアドレスと説明を閲覧できるユーザー。
  • トピックを表示: グループ内のトピックを表示できるユーザー。
  • 投稿: グループにメッセージを投稿できるユーザー。
  • グループへの参加: グループに参加できるユーザー。
Google Groups API または GCDS
グループは、Google Groups API、または Directory API を使用するツール(Google Cloud Directory Sync(GCDS)など)で作成することができます。API を使って作成したグループには、以下のデフォルト設定が適用されます。
  • グループ ディレクトリ: このグループをディレクトリ リストに表示しない
  • グループに参加: 組織内の誰でもリクエストできる
  • メンバーを追加: グループのオーナーと管理者
  • メンバーを招待: グループのオーナーと管理者
  • {domain} 外の新しいユーザーを許可する: 許可しない
  • メンバーを表示: グループのオーナーと管理者
  • トピックを表示: グループのすべてのメンバー
  • 投稿: ドメインのすべてのユーザーが投稿できる
  • メッセージを管理: なし

API を使用して作成したグループは、次の場所で編集できます。

GCP Console でのグループの使用(ベータ版)

この機能を使用するには、ビジネス向け Google グループを有効にする必要があります。

  1. Google Cloud Platform にログインします。
  2. メニューから [IAM と管理] 次に [グループ] を選択します。
  3. 左上の [作成] をクリックします。
  4. グループの情報を入力し、メンバーを追加します。
    設定リファレンス
  5. [送信] をクリックします。

詳しくは、GCP Console でのグループの作成と管理についての記事をご覧ください。


GCP のグループの設定リファレンス(ベータ版)

グループ情報

設定 説明
グループ名
リストおよびメッセージでグループを識別する名前です。以下のガイドラインを参考にしてください。
  • 名前の長さは 73 文字以下にする必要があります。
  • そのグループの目的が容易にわかる名前を使用してください。

 

 

グループのメールアドレス

このアドレスは、IAM の役割と権限を設定する際にグループのメイン識別子として使用されます。グループのすべてのメンバーにメールを送信するためにも使用できます。メールアドレスの長さは 63 文字までです。アドレスのドメイン部分(@gmail.com など)は文字数に含まれません。

一部の単語は予約されており、メールアドレスとして使用することはできません。詳しくは、メールアドレスで使用できない単語をご覧ください。また、groups.google.com でグループを作成する場合は、予約済みの単語をご覧ください。

職場または学校のアカウントでグループを作成する場合は、メールアドレスに「-user-created」などのサフィックスが追加されることがあります。たとえば、作成するグループ名が「training」の場合、実際のメールアドレスは training-user-created@[ご利用のドメイン] となります。

グループの説明

グループの目的または使用方法です。この情報はグループの概要のページに表示されます。グループ メンバー、グループのコンテンツ、よくある質問、関連グループへのリンクなどの情報を含めることができます。

プライバシー設定

作成した新しいグループには、以下のデフォルト設定が適用されます。

  • 組織のすべてのユーザーがグループを表示、検索できます。
  • グループ メンバーのみがメンバーリストを表示できます。
  • 組織内のすべてのユーザーがトピックを投稿、表示できます。

メンバーの追加

設定 説明
グループのメンバー 追加してメンバーの役割を割り当てるユーザーのメールアドレス。
グループの管理者 追加して管理者の役割を追加して割り当てるユーザーのメールアドレス。マネージャーは、グループを削除することと、他のメンバーをオーナーにすること以外は、オーナーができる操作をすべて行えます。なお、グループを別のグループのマネージャーにすることはできません。
グループのオーナー 追加してオーナーの役割を割り当てるユーザーのメールアドレス。

オーナーロールを持つメンバーには、次の権限があります。

  • グループにメッセージを送信する。
  • オーナーを含むグループ メンバーを追加または削除する。
  • メンバーのロールを変更する(メンバーからオーナーに変更するなど)。
  • グループ設定を変更する。
  • グループを削除する。
  • グループのメンバーシップとメッセージを書き出す。

: オーナーのロールは、任意のグループ メンバーに割り当てることができます。ただし、グループで別のグループのオーナーのロールを割り当てることはできません。

 

対象グループの使用

対象グループとは、特定のユーザー間でアイテムを共有できるように管理者が作成、推奨するグループのことです。このグループは、Google ドライブなどの Google サービスにおけるユーザーの共有オプションとして追加できます。対象グループを使用すると、アイテムの共有相手として組織全体ではなく適切なチームを選べるようになります。

対象グループは、他の種類のグループとは分けて管理します。詳しくは、対象グループに関する記事をご覧ください。

最近作成したグループの使用

グループ メッセージを送信する

新しいグループにメールを送信する際は、そのグループが有効になるまで数分ほどお待ちください。グループが有効になる前にメールを送信すると、メールを配信できなかったことを示す通知が届くことがあります。

グループ ディレクトリのリスト
グループ ディレクトリに新しいグループが表示されてすべてのユーザーがアクセスできるようになるまでには、最長で 24 時間ほどかかることがあります。ディレクトリでグループを非表示にする場合は、グループ オーナーにグループの非表示を許可する必要があります。詳しくは、共有オプションの設定に関するページをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。