ドライブのファイルを新しいオーナーに譲渡する

G Suite 管理者は、ドライブのファイルのオーナーを変更することができます。たとえば、ある従業員が退職した場合、管理者はその従業員のファイルのオーナー権限を他のユーザーに譲渡することができます。こうすることで、退職した従業員のアカウントを削除する前に、その従業員のファイルを保存しておくことが可能です。

注: ユーザーのファイルのうち、ゴミ箱にあるものは譲渡されません。

1 つのファイルのオーナー権限を譲渡する

ユーザーは、自分のファイルのオーナーを変更することができます。
また、管理者は、Google Drive API を使用して個々のファイルのオーナー権限を譲渡することができます。

ユーザーのすべてのファイルのオーナー権限を譲渡する

管理者は、ユーザーのすべてのファイルのオーナー権限を新しいオーナーに譲渡することができます。

注:

  • Google フォトとマップのオーナー権限は譲渡されません。
  • ユーザーのゴミ箱内のファイルやフォルダのオーナー権限は譲渡されません。そのため、保持する必要があるファイルは、ゴミ箱から移動しておくようにしてください。ゴミ箱内に残っているファイルは、ユーザーが削除されたときに一緒に削除されますのでご注意ください。

はじめる前に

現在のオーナーのアカウント

  • 現在のオーナーのアカウントを停止することをおすすめします。譲渡中に新しいコンテンツが作成または移動されるのを防ぐためです。

新しいオーナーのアカウント

  • 新しいオーナーのアカウントがアクティブであることを確認します。
  • 新しいオーナーに、オーナー権限の譲渡中は各自のドライブにファイルを追加しないよう伝えてください。
  • 新しいオーナーのドライブに十分な保存容量があることを確認します。十分な保存容量がない場合は、次の対処を取ってください。
    • 新しいオーナー用に追加の保存容量を購入する
    • ファイルのオーナー権限を別のユーザーのアカウントに譲渡する
    • ファイルを複数のユーザー間で再度割り当てる

オーナー権限を譲渡する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから [アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [ドライブとドキュメント] にアクセスします。

  3. [オーナー権限を譲渡] をクリックします。
    注: このオプションは、ドライブ サービス権限とデータ移行権限をお持ちの場合にのみ表示されます。

  4. [現在のオーナー] 欄に現在のオーナーのユーザー名を入力し、ユーザーのドメインを選択します。

  5. [新しいオーナー] 欄に新しいオーナーのユーザー名を入力し、ユーザーのドメインを選択します。

  6. [ファイルを譲渡] をクリックします。

    • ファイルが新しいオーナーのドライブに自動的に追加されます。そのファイルを含むフォルダの名前には、以前のオーナーのメールアドレスが付いています。

    • 元のオーナーは、アカウントを削除されたり、権限を変更されたりしない限り、引き続きファイルを編集できます。

    • オーナー権限の譲渡中は、新しいオーナーのアカウントを停止しないでください。

    • 管理者、新しいオーナー、以前のオーナーにメールが届きます。メールにはオーナー権限の譲渡が成功したかどうかが記載されています。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。