プライバシーに関するよくある質問: Google Nest

最終更新日: 2021 年 8 月 24 日 | アーカイブ

Google Nest へようこそ。このヘルプセンター記事では、Google Nest のスマートホーム向けのデバイスやサービスの利用時に、Google がどのようにデータを収集して使用するかについて説明します。

すべて展開 すべて折りたたむ

Google が収集する情報

Google Nest のスマートホームのデバイスやサービスを利用する際、どのようなデータが収集されますか?

Google が収集する情報、収集する理由は、スマートホームのデバイスやサービスに適用される Google のプライバシー ポリシーに記載されています。ユーザーが自分で情報を更新、管理、エクスポート、削除する方法もここで説明しています。また、Google Nest がお客様の個人情報をお守りするために採用している措置について、ご家庭でのプライバシーを保護する取り組みもあわせてお読みください。

収集されるデータのカテゴリ

プライバシー ポリシーに記載されているデータ以外にも、Google のスマートホームのデバイスやサービスの使用時には以下のデータが保存されます。
  • 設定情報: Google のアプリでアカウントやデバイスを設定する際に入力する情報(デバイス名、デバイスの種類のほか、住所、郵便番号、デバイスの配置場所といった家に関する情報など)。
  • センサーデータ: 検出された動き、周囲光の測定値、温度、湿度、一酸化炭素濃度、煙の濃度などのデータ、およびそれらのデータから抽出される情報(睡眠情報など)。センサーが Google に送信する情報の詳細や、そうした情報をどのような方法で提供して Nest のデバイスやサービスを改善しているかについては、Google Nest デバイスのセンサーについての記事をご確認ください。

  • 音声データや動画データ: カメラやマイクが搭載されたデバイスから収集されるデータ、およびそのデータから抽出される情報。咳やいびきなどのアクティビティ情報(その機能を設定している場合)、顔認識情報(その機能を設定している場合)、および人物、物体、音、動き、アクティビティなどの検出情報が含まれ、すべてユーザーの許可と設定に基づいて収集されます。たとえば、Google Nest Cam で Google の動画ストレージ サービスを受けることをユーザーが選択すると、Google は動画の映像を保存します。
  • デバイスの使用状況データ: 以下が含まれます。
    • デバイスの手動による操作(Google Nest サーモスタットでの手動による温度の調節など)、暖房や冷房の使用状況データ(いつ暖房や冷房をつけて消したかなど)、デバイスの状態や設定、使用された機能。
    • デバイスから Google サービス(Google アシスタント、YouTube、Google マップ、Google カレンダー、Google Fit、Google Duo など)またはサードパーティのサービス(Spotify、Pandora など)を使用した場合は、デバイスの使用状況データ(音声操作やタップ操作、デバイス上での長押し、または関連するデバイスの状態、設定、使用された機能を含む、その他のデバイス操作もしくは調節など)も収集されます。
  • 技術データ: デバイスのメーカー、モデル、シリアル番号、IP アドレスと MAC アドレス、Wi-Fi 接続、電波強度と設定内容、ネットワーク上の他のデバイスや付近のアクセス ポイントの検出、ハードウェアとソフトウェアのバージョン、センサーの状態、電池残量、接続のログファイル、電源の状態、暖房換気空調システムの機能のほか、クラッシュ、診断、信頼性とパフォーマンスのログやレポートなどの技術情報。
  • サービス情報: 使用したサービスの種類(Google Nest Aware またはピーク時間特典プログラムや季節に応じた節電といったエネルギー節約プログラムなど)、サービス属性(使用した機能や有効にした機能など)、サービスの使用状況データ(開始日と終了日、サービスの調整、機能の設定など)、サービスのパフォーマンス、サービスに関するフィードバックを含む。
デバイスやサービスのデータの詳細

Google Nest のスマートホームのデバイスやサービスによるデータ収集の詳細は、このセクションで説明するように、デバイスやサービスごとに異なり、設定の内容によっても異なります。Google のスマートホーム デバイスやサービス全体で、便利なサービスをお届けするためにデータがどのように使用されているかについては、サービスの改善を目的とした Google のデータ使用方法をご覧ください。

Chromecast
スピーカー(Google Home、Google Home Mini、GoogleNest Mini、Google Home Max)
Wifi(Google Wifi、Google Nest Wifi)
Google Nest サーモスタット ユーザーが提供する設定情報

Google Nest サーモスタットを設置する際、サーモスタットが正常に機能するよう情報の入力を求められます。たとえば、サーモスタットのある場所(家や会社など)、その場所の郵便番号などです。こうした情報は、たとえば付近の天気情報を取得してサービスをカスタマイズするために使用されます。さらに Google Nest サーモスタットは、可能であれば、お使いの暖房換気空調システムから直接情報を引き出して、その機能を調べます。たとえば、そのシステムが冷暖房機能を備えているのか、暖房のみなのかを識別します。こうした質問への回答に基づき、常に快適にご利用いただけるよう初期プログラムが設定されます。

デバイス センサーからのデータ

Google Nest サーモスタットに搭載されている複数のセンサーから Google が収集するデータは、室内の現在の温度、湿度、動き、周囲光などです。これらのセンサーは在室状況も感知できます。これにより Google Nest サーモスタットは、在宅であれば快適さを保ち、外出中であればエネルギーを節約します。たとえば長時間不在だった部屋に人が入ってきたのを Google Nest サーモスタットが感知すると、起床または帰宅したばかりという想定に基づき、好みの温度に設定が調節されます。同様に、室内で動いている人がいない場合は運転を弱めて、エネルギーの節約を図ることがあります。またこれにより、在宅 / 外出アシストや在宅と外出のルーティンなどの機能も可能になり、外出や帰宅に応じて家にある他の Nest デバイスの動作を自動的に切り替えることができます。

Google Nest Protect ユーザーが提供する設定情報

Google Nest Protect を設置する際、家の住所や郵便番号のほか、家の中のどこにデバイスを設置するかを尋ねられます。こうした情報により、たとえば、何かが起こっている場所をユーザーに通知したり、サウンド チェックなどの機能を実行する時間帯のスケジュールを適切に管理したりすることが可能になり、ユーザーに合わせて機能をカスタマイズするうえで役立ちます。

デバイス センサーからのデータ

Google Nest Protect に搭載されている複数のセンサーから Google が収集するデータは、室内の煙や一酸化炭素(CO)の濃度、現在の温度、湿度、周囲光などです。室内で動くものがあるかどうかも感知できます。こうした情報を記録することで、Google Nest Protect は家の中の煙や CO を検出するなどして、危険を警告することができます。たとえば、Google Nest Protect が煙や一酸化炭素の濃度が上がってきていることを検出すると、その危険性が緊急警報のレベルになる前に異常検出アラートを通知して、どのような危険かを知らせます。Google Nest Protect 第 2 世代にはマイクも搭載されており、一部の機能が強化されています。具体的には、Google Nest Protect で安心チェックやサウンド チェックの際に発生させる音声サンプルをマイクが取り込んで、スピーカーやホーンが正常に機能しているかどうかを確認します。

Google Nest Cam、Google Nest Doorbell、Dropcam(総称して「Google Nest Cam」) ユーザーが提供する設定情報

Google Nest Cam を設置する際、カメラの名前や説明、家の住所や郵便番号、Google Nest Cam を設置した部屋といった基本情報を尋ねられます。こうした情報は、たとえば、どのデバイスから通知が生成されているかをユーザーに知らせるなどの機能のカスタマイズに使用されます。

デバイス センサーからのデータ

Google Nest Cam に搭載されている複数のセンサーから Google が収集するデータは、デバイスの温度や室内の周囲光などです。こうした情報を収集することで、Google Nest Cam は、たとえばその場所が暗いかどうか、暗視機能を有効にするかどうかを判断できます。

映像と音声の信号とデータ

Google Nest Cam の録画機能やストリーミング機能を有効にすると、ユーザーの指示、構成、設定に応じて、デバイスからの映像と音声の信号とデータが Google で処理されます。これらの処理には、そのデータの一部の取り込みやプッシュ通知やメールによる送信、動き、音、その他のアクティビティを識別するためのデータ分析などが含まれることもあります。Google Nest Cam がオンになっている場合、アクティビティを識別するために映像と音声の信号とデータが Google で処理されます。Google Nest Aware を定期購入すると、Google Nest Cam でのアクティビティの検出機能が強化されます。

ユーザーがカメラを設定してモバイル通知を受信することを選択すると、Google はその指示に従い、何かが発生した際にアラートを送信できるよう、Google Nest Cam の情報を処理することがあります。また、ユーザーが録画機能を有効にした場合は、デバイスからの映像と音声の記録データを Google が取り込んだうえで処理し、データの登録期間(5 日、10 日、30 日、60 日など)中は保持します。その期間の間、ユーザーは Google のサービスを使ってこうした記録データにアクセスできます。

一部の地域では、ユーザーの指示、構成、設定に応じて、顔認識アラートを可能にするために Google が顔認識データを処理します。ユーザーが Google Nest Cam でこの機能を使用することを選択すると、認識済みの顔の識別と、知り合いまたは知らない人についての通知をデバイスで実現するために、Google が顔の画像とその基になる顔認識データを処理します。ユーザーはアプリとアカウントの設定を使って、この生体認証処理を行うかどうかを管理できます。お住まいの地域やデバイスの設定方法によっては、家を訪れる人たちの顔をスキャンする際に同意を得ることが必要になります。

保存した共有コンテンツ

動画クリップ、ライブ動画ストリーム、画像、キャプション、コメントといった特定のコンテンツを保存し、他のユーザーが Google サービスを使ってアクセスできるよう共有することができます。

お住まいの国のデータ保護とプライバシーに関する法律によっては、ユーザー自身とユーザーによる Google Nest Cam の利用に特定の責任が課されることがあります。Google Nest Cam のご利用に際して、適用される法律を遵守することはユーザーの責任です。たとえば、アクティビティ データを処理する目的と手段によっては、家を訪問する者に通知を表示して Google Nest Cam を使用していることを警告する、明示的な同意を得る、またはその両方を行う義務が生じる場合があります。特に、他人が含まれるクリップの録画や共有、さらに人の顔のスキャンは、個人のプライバシーやデータ保護に関する権利を侵害するおそれがあるのでご注意ください。Google アカウントで Google Nest Cam を利用する場合は、追加の Nest 利用規約も適用されます。

アカウントに視覚的なアシスタント デバイスが接続されていると、そのデバイスからカメラにアクセスできるようになります。さらに、Google Nest Hub Max のようなカメラを搭載した一部の Google スマートディスプレイ デバイスでも、カメラを有効にして Google Nest Cam として機能させることができます。

詳細

Google Nest Secure(Google Nest Guard、Google Nest Detect、Google Nest Tag、Google Nest Connect など) ユーザーが提供する設定情報

Google Nest Secure を設置する際、家の住所や郵便番号のほか、Google Nest Guard や Google Nest Detect を家のどこに設置したか、およびそれらのデバイスのカスタムラベルなど、特定の基本情報について尋ねられます。こうした情報は、たとえば、どのデバイスから通知や警報が生成されているかをユーザーに知らせたり、外出するユーザーに対し、Google Nest Secure システムでの監視を在宅 / 外出アシスト(または同等の機能)で自動的にリマインドしたりする機能のカスタマイズに使用されます。

デバイス センサーからのデータ

Google Nest Secure デバイスに搭載された複数のセンサーからデータが収集されます。たとえば、Google Nest Guard は動きを検出できます。また、Google Nest Detect では、家にあるデバイスの設定内容に応じて、動きのほか、窓やドアの開閉も検出できます。これらのデバイスは、室内で何か動いていることを感知して、警報を鳴らしたり、通知を送信したりできます。Google Nest Guard に搭載されているマイクをオンにして、Google アシスタントを有効にするといった製品のオプション機能を使用できます。センサーではデバイスの温度や室内の周囲光などのデータも収集します。

Google Nest Hub

Google Nest Hub(第 2 世代)

Google Nest Hub Max

Setup information you provide

When you set up your Google Nest smart display, you’ll be asked for certain basic device setup information, such as your home address and the room in your home where the device is located. You can also choose to set up the Google Assistant to receive personalized experiences, such as by setting up Voice Match or Face Match, and you can also choose to enable specific features such as using your Nest Hub Max as a Nest Cam, setting up Sleep Sensing using your Nest Hub (2nd gen), making Duo calls, and so on.

Data from device sensors

We collect data from several sensors built into our smart displays, such as Soli sensor, capacitive touch signals and ambient light in the room. By collecting this information, a Nest Hub smart display can know, for instance, when and how to adjust the display to your home environment. Some device sensors allow us to offer optional features such as Sleep Sensing or Quick Gestures, that you can choose to turn on or off at any time.

Video and audio data

We collect data from the microphones built into Google Nest smart displays, as well as the camera built into Nest Hub Max, subject to your permissions, configurations and settings. Nest Hub smart displays include features that rely on sending audio recordings and video footage to Google to work—for example, Duo video calling or home monitoring with the built-in Nest Cam—as well as camera sensing features that enable you to personalize or control your experience without sending video or images from your Nest Hub Max to Google after setup. Other features may process your audio only on your device, for example the Nest Hub (2nd gen), lets you use your microphones to track sleep sound disturbances like coughing or snoring.

Health and wellness data with Sleep Sensing 

Sleep Sensing on your Nest Hub (2nd gen) lets you tracks your sleep, breathing, the time of day, and the light and temperature in the room, sound disturbances like your coughing and snoring, to help you understand your sleep, show relevant insights and educational content, and to develop and improve Google’s health and fitness services. Several safeguards are built into Sleep Sensing:

  • Sleep Sensing does not rely on a camera. It uses Motion Sense’s low-power radar to detect movement and breathing. No distinguishable images of your body or face are generated or used for Sleep Sensing with Motion Sense.
  • Sleep Sensing is off by default. You choose when to turn it on and can turn it off at any time.  You can even temporarily pause it through your on-device settings. 
  • You can also customize your settings in what you would like Sleep Sensing to track. For example, you could tell your Nest Hub to not record sound disturbances like coughing and snoring, or you can choose to not receive personalized insights and suggestions from Google Fit. You can review and delete your sleep data at any time in Google Fit.
  • Your sleep data is handled responsibly.  Your coughing and snoring sound data doesn’t leave the Nest Hub, only sounds events are sent to Google servers. Consistent with our commitment to privacy in the home, your sleep data is not used for ad personalization. 

Since Sleep Sensing monitors the spot you usually sleep in, children, pets, and other family members sleeping in that spot will affect your data. Device placement, motion, and other device sensors may cause inaccurate readings. Anyone with access to your Nest Hub can review and delete your most recent sleep session. If someone nearby coughs or snores while Sleep Sensing is on, this feature may process and attribute those sounds to you. Updates to this feature may improve its accuracy, for example, by using Motion Sense to exclude nearby noises from your coughs and snores. Please ensure you inform people nearby that this feature may process their sounds, and get their permission before you turn it on.

Learn more: 

サービスの改善を目的とした Google のデータ使用方法

便利なサービスを実現するため、Google はスマートホームのデバイスやサービス全体でデータをどのように使用しているのですか?

Google が収集する情報、収集する理由は、スマートホームのデバイスやサービスに適用される Google のプライバシー ポリシーに記載されています。ユーザーが自分で情報を更新、管理、エクスポート、削除する方法もここで説明しています。また、Google Nest がお客様の個人情報をお守りするために採用している措置について、ご家庭でのプライバシーを保護する取り組みもあわせてお読みください。

Google Nest 製品は、ユーザーの利便性をさらに向上させることを目的に、スマートホームのデバイスやサービスから収集したデータを使用します。それによって、スマートホームに関連する Google サービスを提供できるだけでなく、サービスや機能の改善とカスタマイズ、新しいサービスや機能の開発、Google サービス全体での安全性とセキュリティの維持、関連する Google のプロダクトやサービス、アップデートについての最新情報のお知らせが可能になります。

機能とサービスの改善を目的としたデータの使用方法の例:

  • サービスの提供、改善、カスタマイズ: Google Nest サーモスタットの温度や湿度のセンサーは、家を快適に保つ一方で、エネルギーの節約を図ります。Google Nest Wifi ネットワークのデータにより Wi-Fi パフォーマンスの最適化が可能になり、デバイスの統計情報や使用状況のデータに基づいてデバイスのパフォーマンスと信頼性が改善されます。Motion Sense を使用することで、Google Nest Hub(第 2 世代)で睡眠モニターを提供できるようになりました。
  • 便利な機能のサポート: 在宅 / 外出アシスト機能、在宅と外出のルーティンは、家にある複数の Google Nest デバイスのアクティビティ センサーを使用して、ユーザーが外出したときや帰宅したときに Google Nest デバイスの動作を自動的に切り替えます。Google Nest Aware の音の検知機能は複数の Google Nest デバイスで動作し、家の中でガラスが割れる音などを検出できます。
  • 新機能の開発: Google は、データを集計した上でアルゴリズムの開発に使用したり、Google のスマートホームのすべてのデバイスやサービスのパフォーマンス、安全性、信頼性のトラブルシューティングや改善のために活用したりします。たとえば、デバイスから取得した温度や湿度のデータを使って、環境が電池寿命に及ぼす影響を測定しています。さらに、さまざまなユーザーのサーモスタットから集計した周囲光や温度のセンサーデータに基づいて、サーモスタットに直射日光が当たると温度が実際よりも高く認識されることを確認しました。そこで、サーモスタットが直射日光の影響を調整して適切な温度に設定できるようにする「日光遮断」という新しい機能を導入しました。
  • Google とサードパーティの各デバイスやサービスとの連携: 家にある複数のデバイスは互いに連携してデータを共有し、発生する事象に対応することができます。たとえば、Google Nest Hub と Google Nest ドアホン製品が連携して、誰かが玄関にいることを伝えます。また、Google Home デバイスも Google Nest サーモスタットの温度の管理に使用することができます。これにより、家にいる誰もがこうしたデバイスの管理を簡単に行えます。Nest のスマートホーム サービスに個人のデバイスを登録して連携させることもできます。たとえば、Google Nest Aware を定期購入している場合、Google Nest Cam からの関連するアラートを有効にすることができます。ユーザーの設定に応じて、各自のデバイスをサードパーティのデバイス(電球、ロックなど)やサービス(Spotify、Pandora など)と連携させることができます。
  • Google アシスタントなどの Google サービスとの連携: Google Nest Cam IQ インドア、Google Nest Hub Max、Google Nest Secure などのさまざまな Google Nest デバイスでは、Google アシスタントなどの Google サービスを有効にすることができます。Google アシスタントや YouTube といった Google サービスを通じてデバイスを操作した場合、その内容は関連する広告表示など Google サービスをカスタマイズするために使用されることがあります。たとえば、Google アシスタントでの音声操作の内容を文字変換したものが、ユーザーの興味・関心に沿った広告のカスタマイズのために使用されることがあります。アシスタントでの過去の音声操作の内容を削除することはいつでも可能です。Google サービス全体で広告のカスタマイズを無効にすることもできます。プライバシー設定の確認と管理は、Google アカウントで行えます。
  • Google のプロダクト、サービス、アップデートに関する最新情報のお知らせ: エネルギー プログラムやご家庭の安全性プログラムなど、スマートホーム サービスの情報をお知らせすることがあります。また、Google のプロモーションは Google のデバイスやサービスの利用に基づいてカスタマイズされることがあります。たとえば、サーモスタットの使用状況や温度センサーの測定値に応じて節電プログラムを宣伝したり、複数の Google スマートホーム デバイスを使用している場合は、近日発売の Google Nest デバイスを宣伝したりする場合があります。ただし、Google からのプロモーションに関するメールを受け取るかどうかは、常にユーザーが選択できます。アカウント設定の確認と管理は Google アカウントから、家の設定の管理は Google Home アプリから行えます。

お客様により良いサービスをお届けするため、Google では常に改善に取り組んでおります。Google が提供する新しいサービスや機能、プロダクトの統合について常にユーザーにお知らせするとともに、ユーザーデータの使用方法を変更する場合はその旨をユーザーに通知し、引き続きスマートホームに関する情報をユーザー自身が適切に管理できるようにします。

パーソナライズド広告の詳細を確認し、広告のカスタマイズを無効にするにはどうすればよいですか?

詳しくは、パーソナライズド広告表示される広告の管理をご覧ください。広告設定で広告のカスタマイズをオフにしてください。

スマートホームのデバイスやサービスでの Google によるデータの使用の制限について、もっと詳しく知るにはどうすればよいですか?

ご家庭でのプライバシーを保護する Google の取り組みについてのページをご覧ください。このページでは、Google のすべてのスマートホームのデバイスやサービスについて、Google が動画の映像、録音、家の環境センサーデータを広告から切り離し、こうしたデータを広告のカスタマイズには使用しないことを説明しています。ただし、アシスタントを使って操作する場合、その音声操作の内容を文字変換したものが、ユーザーの興味・関心に沿った広告を表示するために使用されることがあります(詳しくは下記をご参照ください)。ユーザーは広告のカスタマイズを完全に無効にすることも含めて、Google の設定をいつでも確認し、広告を管理できます。

さらに、特定の Google Nest デバイスからの使用状況データ(手動によるデバイスの調節など)のほか、Nest アプリと Google Home アプリ経由で収集される特定の位置情報について、Google は一定の使用制限を設けています。詳細は以下のとおりです。

Google サービスを使わずに Google Nest デバイスを直接操作する場合

Google アシスタントなどの Google サービスを使わずに Google Nest デバイスを直接操作する場合(手動でサーモスタットを変更するなど)、デバイスの使用状況データは広告のカスタマイズには使用されません。詳しくは、Google 広告の仕組み表示される広告を管理する方法についての記事をご覧ください。デバイスの使用状況データに関するこの特定の制限に該当するのは、以前に Google Nest アカウントで使用されていた Google Nest デバイス(Google Nest サーモスタット、Google Nest Cam、Google Nest テレビ ドアフォン、Google Nest 警報システム、Google Nest ドアロック、Google Nest 煙・一酸化炭素警報)のみです。

Google Nest デバイスを直接操作する(アシスタントのような Google サービスを使わない)ときに処理されるこのデータはマイ アクティビティには表示されず、Google のアクティビティ管理を無効にしても、こうしたデータの収集や保持には影響しません。これは、こうしたデータはスマートホームに関連する Google のサービスやエクスペリエンスの提供、それらの改善とパーソナライズ、新しいサービスやエクスペリエンスの開発、Google サービス全体の安全性とセキュリティの維持、関連性の高い Google プロダクト、サービス、アップデートの提供(上記のような Google のスマートホーム デバイスやサービスの宣伝を含む)という限定的な目的で使用されており、データがスマートホーム デバイスやサービスの機能の中核を成しているためです。このようなデータは Google のアカウントの削除処理の対象であり、アカウントを削除すると削除されます。

Google サービス経由で Google Nest デバイスを操作する場合

Google アシスタントなどの Google サービス経由で Nest デバイスを使用する場合(たとえば、サーモスタットに対して「OK Google, 温度を 20 度に設定して」と言う場合や、Google Nest Hub で YouTube 動画を再生する場合など)、表示される広告にそのアクティビティ データが反映されることがあります。こうした Google サービスには、Google アシスタント(または Works with Google アシスタント プログラム)、YouTube、Google マップ、Google カレンダー、Google Duo、Google Home アプリなどがあります。広告設定(広告のカスタマイズを完全に無効にするなど)は、広告設定で管理できます。アクティビティ設定(ウェブとアプリのアクティビティを完全にオフにするなど)は、マイ アクティビティで管理できます。

位置情報

Google アカウントのロケーション履歴の設定によって認識されるスマートフォンの位置情報は、Nest の在宅 / 外出アシスト機能と在宅と外出のルーティン機能とは別のものです。ロケーション履歴(および Google アカウントでロケーション履歴の基となるスマートフォンが収集する位置情報)は、上記の Nest の機能には使用されません。

既存の Nest アカウントを Google アカウントに移行しようかと考えています。詳細について知るにはどうすればよいですか?

詳しくは、Google Nest の変更内容に関するよくある質問をご覧ください。Google に移行すると、Nest データが Google アカウントに関連付けられるようになります。Google ではこのデータを、Google プライバシー ポリシーと、ヘルプセンターの本記事(よくある質問)に記載されているとおりに取り扱います。また、Google 利用規約も、追加の Nest 利用規約とともに適用されます。欧州経済領域またはスイスにお住まいのユーザーに対しては、追加条項に特段の記載がない限り、Google サービス(移行する場合 Nest サービスを含む)は Google Ireland Limited が提供します。当社はアイルランドの法律によって設立、運営され(会社登録番号: 368047)、Gordon House, Barrow Street, Dublin 4, Ireland を本拠とします。Nest アカウントに関するよくある質問では、Nest アプリのアカウントに関する質問にも回答しているほか、Nest アカウントから Google アカウントへの移行手順についても説明しています。

Nest アカウントから Google アカウントに移行しない場合は、Nest Labs, Inc. の既存の利用規約とプライバシー ポリシーが引き続き適用されます。

ユーザー情報の共有

Google のスマートホームのデバイスとサービスをご利用の際は、Google プライバシー ポリシー(および下記の詳細)に記載されているとおり、ユーザーデータがサードパーティと共有される場合があります。このセクションでは、Google Nest のスマートホームのデバイスやサービス全体で、および Google Nest のある家のメンバー間で、情報がどのように共有されるかについても説明します。  

他のユーザーによる自分の家のデバイスへのアクセスを無効にしたり管理したりするには、どうすればよいですか?

ファミリー メンバーやルームメイトなどを、Google Nest のある家にメンバーとして追加できます。Google Home アプリで家やデバイスを共有するで説明されているように、家のメンバーには幅広い権限が与えられるので、信頼できる人のみ招待してください。

家を訪れた人が、デバイスにアクセスして操作を行える場合があることにご留意ください。たとえば、サーモスタットの調節や、スマートディスプレイに表示される動画の視聴、デバイスのマイクやカメラのボタンの操作を行う可能性もあります。家を訪れた人にデバイスを使ってほしくない場合は、デバイスをしまっておくことをおすすめします。

デバイスの共有についての詳細:

Google Home アプリと Nest アプリの両方を使用できますか?

Google アカウントがあれば、Google Home アプリ(Home アプリ)と Nest アプリの両方を使用して、家にあるデバイスを管理できます。ただし、一部のデバイスでは必要なものが Nest アプリと Home アプリのどちらかに限られる場合もあります。たとえば、Google Nest Mini を使用するには、Home アプリを使用する必要があります。

家での利便性の向上を目的とした Google Home アプリと Nest アプリの連携はどのように機能するのですか?

Nest アプリと Google Home アプリで同一の Google アカウントを使用すると、時間の経過とともに両方のアプリで家とそのメンバーが同じように表示されるようになります。ユーザーデータは Google のプライバシー ポリシーに記載されているとおりに扱われ、ユーザーは Google Home アプリに統合された特定の管理や設定を使用できます。詳しくは、家のデバイスを他のユーザーと共有する方法についての説明をご覧ください。

両方のアプリに同じ家が表示されるので、片方のアプリでの操作はもう一方のアプリで表示される家にも反映されます。以下に例を示します。

  • Nest アプリの新しいユーザーが、Google Home アプリで使用している Google アカウントで Nest アプリにログインすると、既存の Google での家が Nest アプリに自動的に表示されるようになり、Nest アプリと Home アプリの両方で家がリンクされます。
  • 家のファミリー メンバーの管理、家の名前の変更、家の削除を行うには、Nest アプリではなく Google Home アプリを使用する必要があります。
  • Nest のある家のオーナーが、その家の別のメンバーにより Home アプリを使って削除されると、Nest アプリ内で Nest のある家に関連付けられていた Nest のすべてのデバイスのリンクが解除され、その元オーナーは Nest のある家へのアクセス権も失います。
  • Nest のある家に追加されたサポート対象デバイスは、以下のようになります:
    • Google Home アプリで、リンクされた家の下に表示されます
    • 指定された家の他のすべてのメンバーと共有されます
    • Google アカウントを使ってアクセスできます
複数のスマートホーム デバイスを使用する場合、どのような情報が共有されますか?

家に Google サービスを使用するデバイスが複数ある場合、次のような特定の情報が共有されます。

  • Nest デバイスとサードパーティ デバイス間でのローカルな共有: Nest デバイスとサードパーティ デバイスは、利便性の向上を目的として情報を直接共有することがあります。たとえば、室内での動きの有無、キャストによるコンテンツを再生しているデバイス、温度のデータ、煙や一酸化炭素の警報の発生についての情報を共有します。
  • Nest デバイスとスマートフォンのモバイルアプリ間でのローカルな共有: コンテンツのキャストや関連機能(在宅 / 外出アシスト、在宅と外出のルーティンなど)を可能にするために、およびデバイスが他の Nest デバイスのボーダー ルーターとして機能するような特別な場合に情報が共有されます。
  • クラウド内の Google サーバー間の共有: Google は家のデバイスごとに異なるストレージ システムを使用します。

詳しくは、Nest 製品の連携方法およびNest 製品による相互接続とインターネット接続の方法についての説明をご覧ください。

Nest パートナーが提供するサービスを使用すると、どのようなデータが共有されますか?

Google のパートナー(たとえば、エネルギー会社や保険会社)が提供するスマートホームのサービスやプログラムにユーザーが登録する場合、Google はユーザーの許可を得てその個人情報を共有します。Google サービスと統合しているサードパーティのサービスを利用する場合、その利用に際しては、各サービスの利用規約とプライバシー ポリシーが適用されます。

スマートホームと Google アシスタント

スマートホームのデバイスやサービスでどのように Google アシスタントを使うことができますか? アシスタントの音声クエリは広告のカスタマイズに使用されますか?

Google のスマートホームのデバイスやサービスを使用する際、音声録音が広告サービスと共有されることはなく、広告のカスタマイズに使用されることもありません。ただし、ユーザーが音声でアシスタントとやり取りを行った場合、そのやり取りを文字変換したものが、ユーザーの興味・関心に沿った広告のカスタマイズのために使用されることがあります。アシスタントのアクティビティを確認する方法と、広告のカスタマイズを完全に無効にする方法について詳しくは、アシスタントでのユーザーデータについての説明をご覧ください。

アシスタントが保存するデータ量を指定し、データを管理するにはどうすればよいですか?

アシスタントが収集するデータに影響するアクティビティの設定と、そのデータを表示して削除する方法について詳しくは、Google アシスタントと共有する情報を指定するをご覧ください。

情報のエクスポート、削除、保護

自分のデータにはどのようにアクセスしてダウンロードできますか?

Google アカウントで Nest サービスを使用している場合は、データのダウンロード方法を確認して、Nest データのアーカイブを入手してください。

Nest デバイスと Home デバイスの使用に関するデータを削除するにはどうすればよいですか?
データの保持期間はどのくらいですか?

Google Nest データなどの情報を削除するまでの期間については、Google のデータの保持に関するポリシーをご確認ください。また、Google Home アプリの設定を変更すれば、いつでも構成(家)を削除したり、メンバーやデバイスを削除したりできます。

アカウントがなくても一部の Google Nest 製品は引き続き機能します。既存のアカウントを削除した後など、アカウントなしでそうしたデバイスやサービスを使用する場合でも、Google のプライバシー ポリシー利用規約、および追加の Google Nest 利用規約が引き続き適用されます。

たとえば、アカウントを削除した後でも、Google Nest サーモスタットは暖房や空調システムを制御し、動きを感知してエコ温度に切り替えるかどうかを判断できます。自動または手動でのスケジュール設定も可能で、基本的な機能も使用できます。また、Google Nest サーモスタットは Wi-Fi の情報も保存します。それによって、引き続きインターネットに接続し、Google サーバーと通信します。また、ソフトウェア アップデートを受け取ることもできます。インターネットに接続されている限り、Google Nest サーモスタットはデータとその発信元の IP アドレスを Google サーバーに送信します。データログの記録やソフトウェア アップデートの継続を希望しない場合は、Google Nest サーモスタットと Wi-Fi ネットワークの接続を切断する必要があります。詳しくは、Nest アプリでのアカウントに関するよくある質問の記事をご参照ください。

特定の使用状況データやクラッシュ レポートが Google に送信されないようにするにはどうすればよいですか?

「デバイスの機能向上に協力する」設定をユーザーが有効にしている場合は(この設定が利用可能な Nest デバイスの場合)、使用状況データやクラッシュ レポートがバックグラウンドで Google に送信され、問題のトラブルシューティングやサービスの改善に活用されます。Chromecast および Google Nest とプライバシーをご覧ください。

以下のデバイスやサービスで Google へのレポートの送信を無効にするには、各リンク先をご覧ください:

マーケティング メールの登録を解除するにはどうすればよいですか?

今後の受信を希望しないマーケティング メールを開き、登録解除のリンクを選択します。

Google アカウントを削除するにはどうすればよいですか?

詳しくは Google アカウントを削除する方法をご確認ください。

Google Nest デバイスをリセットするにはどうすればよいですか?

Nest アプリでアカウントからプロダクトを削除する方法もご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
1633396
false