プライバシーに関するよくある質問: Google Nest スマートホームのデバイスとサービス

最終更新日: 2019 年 9 月 9 日 | アーカイブ

Nest と Google は Google Nest として統合されました。このヘルプセンター記事では、Google Nest のスマートホームのデバイスとサービスの仕組みや、こうしたデバイスやサービスをユーザーが利用する際に Google がどのようにデータを収集して使用するかについて詳しく解説します。

Google が収集する情報

すべて展開  すべて折りたたむ

Google Nest のスマートホームのデバイスやサービスを利用する際、どのようなデータが収集されますか?

スマートホームのデバイスやサービスには Google のプライバシー ポリシーが適用されます。プライバシー ポリシーには、Google が収集する情報、情報を収集する理由、およびユーザーが自分の情報を更新、管理、書き出し、削除する方法が記載されています。ご家庭でのプライバシー保護に対する Google の取り組みについてもご確認ください。

収集されるデータのカテゴリ

プライバシー ポリシーに記載されているデータ以外にも、Google のスマートホームのデバイスやサービスが使用される際には以下のデータが保存されます。
  • 設定情報: Google のアプリでアカウントやデバイスを設定する際に入力する情報(デバイス名、デバイスの種類のほか、住所、郵便番号、デバイスの配置場所といった家に関する情報など)
  • センサーデータ: 検出された動き、周囲光の測定値、温度、湿度、一酸化炭素濃度、煙の濃度など。センサーが Google に送信する情報の詳細や、そうした情報を活用した Nest のデバイスやサービスの改善例については、Google Nest デバイスのセンサーについての記事をご確認ください。
  • 音声データや動画データ: カメラやマイクが搭載されたデバイスから収集されるデータ、そのデータから抽出される顔認識(その機能を設定している場合)などの情報、および人物、物体、音、動き、アクティビティなどの検出情報。すべてユーザーの許可と設定に基づきます(たとえば、Google Nest Cam で Google の動画ストレージ サービスを受けることをユーザーが選択すると、Google は動画の映像を保存します)。
  • デバイスの使用状況データ: 以下が含まれます。
    • デバイスの手動による操作(Google Nest サーモスタットでの手動による温度の調節など)、暖房や冷房の使用状況データ(いつ暖房や冷房をつけて消したかなど)、デバイスの状態や設定、使用された機能。
    • デバイスから Google サービス(Google アシスタント、YouTube、Google マップ、Google カレンダー、Google Duo など)またはサードパーティのサービス(Spotify、Pandora など)を使用すると、デバイスの使用状況データ(音声、デバイス上でのタップや長押しなどの操作や調節、関連するデバイスの状態や設定、使用される機能など)も収集されます。
  • 技術データ: デバイスのメーカー、モデル、シリアル番号、IP アドレスと MAC アドレス、Wi-Fi 接続、電波強度と設定内容、ネットワーク上の他のデバイスや付近のアクセス ポイントの検出、ハードウェアとソフトウェアのバージョン、センサーの状態、電池残量、接続のログファイル、電源の状態、HVAC システムの機能のほか、クラッシュ、診断、信頼性とパフォーマンスのログやレポートなどの技術情報。
デバイスのデータの詳細

Google Nest のスマートホームのデバイスとサービスのデータ収集方法は、このセクションで説明するように、デバイスごと、およびその設定内容によって一部異なります。便利なサービスを実現するために Google がスマートホームのデバイスやサービス全体でデータをどのように使用しているかについては、サービスの改善を目的とした Google のデータ使用方法についてのセクションをご覧ください。

Chromecast 詳細は以下をご覧ください。
Google Home 詳細は以下をご覧ください。
Google Wifi 詳細は以下をご覧ください。
Google Nest サーモスタット ユーザーが提供する設定情報

Google Nest サーモスタットを設置する際、サーモスタットが正常に機能するよう情報の入力を求められます。たとえば、サーモスタットのある場所(家や会社など)、その場所の郵便番号などです。こうした情報は、たとえば付近の天気情報を取得してサービスをカスタマイズするために使用されます。さらに Google Nest サーモスタットは、可能であれば、お使いの冷暖房(HAVC)システムから直接情報を引き出して、その機能を調べます。たとえば、そのシステムが冷暖房機能を備えているのか、暖房のみなのかを識別します。こうした質問への回答に基づき、常に快適にご利用いただけるよう初期プログラムが設定されます。

デバイス センサーからのデータ

Google Nest サーモスタットに搭載されている複数のセンサーから Google が収集するデータは、室内の現在の温度、湿度、動き、周囲光などです。これらのセンサーは在室状況も感知できます。これにより Google Nest サーモスタットは、在宅であれば快適さを保ち、外出中であればエネルギーを節約します。たとえば長時間不在だった部屋に人が入ってきたのを Google Nest サーモスタットが感知すると、起床または帰宅したばかりという想定に基づき、好みの温度に設定が調節されます。同様に、室内で動いている人がいない場合は温度を下げて、エネルギーの節約を図ることがあります。またこれにより、在宅 / 外出アシストのような機能も可能になり、外出や帰宅に応じて家にある他の Google Nest デバイスの動作を自動的に切り替えることができます。

Google Nest Protect ユーザーが提供する設定情報

Google Nest Protect を設置する際、家の住所や郵便番号のほか、家の中のどこにデバイスを設置するかを尋ねられます。こうした情報は、たとえば、ある事象がどこで発生しているかをユーザーに伝えたり、一日のうちの特定の時間にサウンド チェックなどの機能をスムーズに実行するのに適したスケジュールを設定したりする機能のカスタマイズに使用されます。

デバイス センサーからのデータ

Google Nest Protect に搭載されている複数のセンサーから Google が収集するデータは、室内の煙や一酸化炭素(CO)の濃度、現在の温度、湿度、周囲光などです。室内で動くものがあるかどうかも感知できます。こうした情報を記録することで、Google Nest Protect は家の中の煙や CO を検出するなどして、危険を警告することができます。たとえば、Google Nest Protect が煙や CO の濃度が上がってきていることを検出すると、その危険性が緊急警報のレベルになる前に異常検出アラートを通知して、どのような危険かを知らせます。Google Nest Protect 第 2 世代にはマイクも搭載されており、一部の機能が強化されています。具体的には、Google Nest Protect で安心チェックやサウンド チェックの際に発生させる音声サンプルをマイクが取り込んで、スピーカーやホーンが正常に機能しているかどうかを確認します。

Google Nest Cam、Dropcam、Google Nest Hello(「Google Nest Cam」と総称) ユーザーが提供する設定情報

Google Nest Cam を設置する際、カメラの名前や説明、家の住所や郵便番号、Google Nest Cam を設置した部屋といった基本情報を尋ねられます。こうした情報は、たとえば、どのデバイスから通知が生成されているかをユーザーに知らせるなどの機能のカスタマイズに使用されます。

デバイス センサーからのデータ

Google Nest Cam に搭載されている複数のセンサーから Google が収集するデータは、デバイスの温度や室内の周囲光などです。こうした情報を収集することで、Google Nest Cam は、たとえばその場所が暗いかどうか、暗視機能を有効にするかどうかを判断できます。

映像と音声の信号とデータ

Google Nest Cam の録画機能やストリーミング機能を有効にすると、ユーザーの指示、構成、設定に応じて、デバイスからの映像と音声の記録データが Google で処理されます。これらの処理には、そのデータの一部の取り込みやユーザーへのメールによる送信、動きやその他の事象を識別するためのデータ分析などが含まれることもあります。ユーザーがカメラを設定してモバイル通知を受信することを選択すると、Google はその指示に従い、何かが発生した際にアラートを送信できるよう、Google Nest Cam の情報を処理することがあります。また、ユーザーが録画機能を有効にした場合は、デバイスからの映像と音声の記録データを Google が取り込んだうえで処理し、データの登録期間(5 日、10 日、30 日など)中は保持します。その期間の間、ユーザーは Google のサービスを使ってこうした記録データにアクセスできます。

一部の地域では、ユーザーの指示、構成、設定に応じて、顔認識アラートを可能にするために Google が顔認識データを処理します。ユーザーが Google Nest Cam でこの機能を使用することを選択すると、認識済みの顔の識別と、知り合いまたは知らない人についての通知をデバイスで実現するために、Google が顔の画像とその基になる顔認識データを処理します。ユーザーはアプリとアカウントの設定を使って、この生体認証処理を行うかどうかを管理できます。お住まいの地域やデバイスの設定方法によっては、家を訪れる人たちの顔をスキャンする際に同意を得ることが必要になります。

保存した共有コンテンツ

動画クリップ、ライブ動画ストリーム、画像、キャプション、コメントといった特定のコンテンツを保存し、他のユーザーが Google サービスを使ってアクセスできるよう共有することができます。

お住まいの国のデータ保護とプライバシーに関する法律によっては、ユーザー自身とユーザーによる Google Nest Cam の利用に特定の責任が課されることがあります。Google Nest Cam のご利用に際して、適用される法律を遵守することはユーザーの責任です。たとえば、アクティビティ データを処理する目的と手段によっては、家を訪問する者に通知を表示して Google Nest Cam を使用していることを警告する、明示的な同意を得る、またはその両方を行う義務が生じる場合があります。特に、他人が含まれるクリップの録画や共有、さらに人の顔のスキャンは、個人のプライバシーやデータ保護に関する権利を侵害するおそれがあるのでご注意ください。Google アカウントで Google Nest Cam を利用する場合は、こうした追加の Nest 利用規約も適用されます。

アカウントに視覚的なアシスタント デバイスが接続されていると、そのデバイスからカメラにアクセスできるようになります。さらに、Google Nest Hub Max のようなカメラを搭載した一部の Google スマートディスプレイ デバイスでも、カメラを有効にして Google Nest Cam として機能させることができます。

Google Nest Secure(Google Nest Guard、Google Nest Detect、Google Nest Tag、Google Nest Connect など) ユーザーが提供する設定情報

Google Nest Secure を設置すると、家の住所や郵便番号のほか、Google Nest Guard や Google Nest Detect を家のどこに設置したか、およびそれらのデバイスのカスタムラベルなど、特定の基本情報について尋ねられます。こうした情報は、たとえば、どのデバイスから通知や警報が生成されているかをユーザーに知らせたり、外出するユーザーに対し、Google Nest Secure システムでの監視を在宅 / 外出アシスト(または同等の機能)で自動的にリマインドしたりする機能のカスタマイズに使用されます。

デバイス センサーからのデータ

Google Nest Secure デバイスに搭載された複数のセンサーからデータが収集されます。たとえば、Google Nest Guard は動きを検出できます。また、Google Nest Detect では、家にあるデバイスの設定内容に応じて、動きのほか、窓やドアの開閉も検出できます。これらのデバイスは、室内で何か動いていることを感知して、警報を鳴らしたり、通知を送信したりできます。Google Nest Guard に搭載されているマイクをオンにして、Google アシスタントを有効にするといった製品のオプション機能を使用できます。センサーではデバイスの温度や室内の周囲光などのデータも収集します。

Nest Hub、Nest Hub Max

ユーザーが提供する設定情報

Google Nest スマートディスプレイをセットアップする際に、家の住所、デバイスを設置する部屋など、特定の基本的なセットアップ情報について尋ねられます。Voice Match や Face Match を設定して、アカウントに基づく情報を入手できるよう Google アシスタントをセットアップすることも可能です。また、Nest Cam としての Nest Hub Max の使用や Duo 通話など、特定の機能を有効にすることもできます。

デバイス センサーからのデータ

静電容量方式のタッチ信号や室内の周囲光など、スマートディスプレイに搭載されている複数のセンサーからデータが収集されます。こうした情報を収集することで、家の環境に合わせてディスプレイを調整するタイミングやその方法などを Nest Hub Max で判断できるようになります。

動画データと音声データ

ユーザーの権限、構成、設定に応じて、Nest Hub Max に搭載されているカメラのほか、Google Nest スマートディスプレイに搭載されているマイクからデータが収集されます。Nest Hub Max には、Duo のビデオ通話機能や内蔵 Nest Cam によるホーム モニタリングなど、Google への録音や録画の送信を利用する機能があります。また、カメラセンサーの操作性をカスタマイズしたり制御したりする機能など、セットアップ後に Google への動画や画像の送信を伴わない機能もあります。

詳細:

サービスの改善を目的とした Google のデータ使用方法

すべて展開  すべて折りたたむ

便利なサービスを実現するため、Google はスマートホームのデバイスやサービス全体でデータをどのように使用しているのですか?

スマートホームのデバイスやサービスには Google のプライバシー ポリシーが適用されます。プライバシー ポリシーには、Google が収集する情報、情報を収集する理由、およびユーザーが自分の情報を更新、管理、書き出し、削除する方法について記載されています。ご家庭でのプライバシー保護に対する Google の取り組みについてもご確認ください。

Google Nest 製品は、ユーザーの利便性をさらに向上させることを目的に、スマートホームのデバイスやサービスから収集したデータを使用します。それによって、スマートホーム関連の Google サービスを提供できるだけでなく、サービスや機能の改善やカスタマイズ、新しいサービスや機能の開発、Google サービス全体での安全性とセキュリティの維持、関連する Google のプロダクトやサービス、アップデートについての最新情報のお知らせが可能になります。

機能とサービスの改善を目的としたデータの使用方法の例:

  • サービスの提供、改善、カスタマイズ: Google Nest サーモスタットの温度や湿度のセンサーは、家を快適に保つ一方で、エネルギーの節約を図ります。Google Wifi ネットワークのデータにより Wi-Fi パフォーマンスの最適化が可能になり、デバイスの統計情報や使用状況のデータに基づいてデバイスのパフォーマンスと信頼性が改善されます。
  • 便利な機能のサポート: 在宅 / 外出アシストは、家にある複数の Google Nest デバイスのアクティビティ センサーを使用して、ユーザーが外出したときや帰宅したときに Google Nest デバイスの動作を自動的に切り替えます。
  • 新機能の開発: Google ではデータを集計してアルゴリズムを開発するほか、そのデータを活用して Google のスマートホームのすべてのデバイスやサービスのパフォーマンス、安全性、信頼性についてトラブルシューティングや改善を行います。たとえば、デバイスから取得した温度や湿度のデータを使って、環境が電池寿命に及ぼす影響を測定しています。さらに、さまざまなユーザーのサーモスタットから集計した周囲光や温度のセンサーデータに基づいて、サーモスタットに直射日光が当たると温度が実際よりも高く認識されることを確認しました。そこで、サーモスタットが直射日光の影響を調整して適切な温度に設定できるようにする「日光遮断」という新しい機能を導入しました。
  • Google とサードパーティの各デバイスやサービスとの連携: 家にある複数のデバイスは互いに連携してデータを共有し、発生する事象に対応することができます。たとえば、Google Nest Hub と Google Nest Hello テレビ ドアフォンが連携して、誰かが玄関にいることを伝えます。また、Google Home デバイスも Google Nest サーモスタットの温度の管理に使用することができます。これにより、家にいる誰もがこうしたデバイスの管理を簡単に行えます。Nest のスマートホーム サービスに個人のデバイスを登録して連携させることもできます。たとえば、Google Nest Aware を定期購入している場合、Google Nest Cam からの関連するアラートを有効にすることができます。ユーザーの設定に応じて、各自のデバイスをサードパーティのデバイス(電球、ロックなど)やサービス(Spotify、Pandora など)と連携させることができます。
  • Google アシスタントなどの Google サービスとの連携: Google Nest Cam IQ インドア、Google Nest Hub Max、Google Nest Secure などのさまざまな Google Nest デバイスでは、Google アシスタントなどの Google サービスを有効にすることができます。Google アシスタントや YouTube といった Google サービスを通じてデバイスを操作した場合、その内容は関連する広告表示など Google サービスをカスタマイズするために使用されることがあります。たとえば、Google アシスタントでの音声操作の内容を文字変換したものから、広告のカスタマイズに使用できるユーザーの興味・関心を把握することがあります。アシスタントでの過去の音声操作の内容を削除することはいつでも可能です。Google サービス全体で広告のカスタマイズを無効にすることもできます。
  • Google のプロダクト、サービス、アップデートに関する最新情報のお知らせ: エネルギー プログラムやご家庭の安全性プログラムなど、スマートホーム サービスの情報をお知らせすることがあります。また、Google のプロモーションは Google サービスの利用に基づいてカスタマイズされることがあります。ただし、Google からのプロモーションに関するメールを受け取るかどうかは、常にユーザーが選択できます。

お客様により良いサービスをお届けするため、Google では常に改善に取り組んでおります。Google が提供する新しいサービスや機能、プロダクトの統合について常にユーザーにお知らせするとともに、ユーザーデータの使用方法を変更する場合はその旨をユーザーに通知し、引き続きスマートホームに関する情報をユーザー自身が適切に管理できるようにします。

広告のカスタマイズを無効にするにはどうすればよいですか?

広告設定で広告のカスタマイズをオフにしてください。

スマートホームのデバイスやサービスでの Google によるデータの使用の制限について、もっと詳しく知るにはどうすればよいですか?

ご家庭でのプライバシー保護に対する Google の取り組みについてのページをご覧ください。このページでは、Google のすべてのスマートホームのデバイスやサービスについて、Google が動画の映像、録音、家の環境センサーデータを広告から切り離し、こうしたデータを広告のカスタマイズには使用しないことを説明しています。ただし、アシスタントを使って操作する場合、その音声操作の内容を文字変換したものが、ユーザーの興味・関心に沿った広告を表示するために使用されることがあります(詳しくは下記をご参照ください)。ユーザーは広告のカスタマイズを完全に無効にすることも含めて、Google の設定を常に確認し、広告を管理することができます。

その他、一部の Google Nest デバイスからの使用状況データ(手動によるデバイスの調節など)のほか、Nest アプリ経由で収集される位置情報について、Google は一定の使用制限を設けています。詳細は以下のとおりです。

Google サービスは使わずに Google Nest デバイスを直接操作する場合

Google サービスを使わずに Google Nest デバイスを直接操作する場合(手動でサーモスタットを変更するなど)、デバイスの使用状況データは広告のカスタマイズには使用されません。つまり、こうしたデバイスの操作によって、表示される広告が変わることはありません。デバイスの使用状況データに関するこの特定の制限に該当するのは、以前に Nest アカウントで使用されていた Google Nest デバイス(Google Nest サーモスタット、Google Nest Cam、Google Nest テレビ ドアフォン、Google Nest 警報システム、Google Nest ドアロック、Google Nest 煙・一酸化炭素警報)のみです。

Google Nest デバイスを直接操作する(アシスタントのような Google サービスを使わない)ときに処理されるデータはマイ アクティビティには表示されず、Google のアクティビティ管理を無効にしても、こうしたデータの収集や保管には影響しません。これは、限定的な目的でこうしたデータを Google が使用しているため、またそのデータがスマートホームのデバイスやサービスの仕組みにとって重要であるためです。このようなデータはアカウントを削除すると削除され、Google のアカウントの削除処理の対象です。

Google サービス経由で Google Nest デバイスを操作する場合

Google サービス経由で Google Nest デバイスを使用する場合、表示される広告にそのアクティビティ データを反映させることがあります(たとえば、サーモスタットに対して「OK Google, 温度を 20 度に設定して」と言う場合や、Google Nest Hub で YouTube 動画を再生する場合)。こうした Google サービスには、Google アシスタント(または Works with Google アシスタント プログラム)、YouTube、Google マップ、Google カレンダー、Google Duo などがあります。ユーザーは広告設定で、広告のカスタマイズを完全に無効にするなど、広告について管理できます。

Nest アプリからの位置情報

Nest の在宅 / 外出アシストでは、アクティビティ センサーからのデータをスマートフォンの位置情報(ユーザーが許可した場合)と組み合わせて使用し、ユーザーの外出時や帰宅時に Google Nest デバイスの動作を自動的に変更します。スマートフォンの位置情報を在宅 / 外出アシストに伝える機能を無効にするには、Nest アプリを使用します。

Google アカウントのロケーション履歴の設定によって認識されるユーザーの位置情報が在宅 / 外出アシストで使用されることはなく、Nest アプリで収集されるスマートフォンの位置情報が Google アカウントのロケーション履歴に含まれることもありません。今後、Nest と Google の位置情報サービスを統合して新機能を提供していく際は、透明性を確保するとともに、位置情報をユーザー自身が管理できるようにします。

既存の Nest アカウントを Google アカウントに移行しようかと考えています。詳細について知るにはどうすればよいですか?

詳しくは、Google Nest の変更内容に関するよくある質問をご参照ください。Google に移行すると、Nest データが Google アカウントに関連付けられるようになります。Google ではこのデータを、Google プライバシー ポリシーと、ヘルプセンターの本記事(よくある質問のページ)に記載されているとおりに取り扱います。また、Google 利用規約も、追加の Nest 利用規約とともに適用されます。欧州経済領域またはスイスにお住まいのユーザーに対しては、追加条項に特段の記載がない限り、Google サービス(移行する場合 Nest サービスを含む)は Google Ireland Limited が提供します。当社はアイルランドの法律によって設立、運営され(会社登録番号: 368047)、Gordon House, Barrow Street, Dublin 4, Ireland を本拠とします。ヘルプセンターのこちらのページでは、Nest アプリのアカウントに関する質問にも回答しているほか、Nest アカウントから Google アカウントへの移行手順についても説明しています。

Nest アカウントから Google アカウントへの移行を行わない場合は、こちらに掲載されている Nest Labs, Inc. の既存の利用規約とプライバシー ポリシーが引き続き適用されます。

ユーザー情報の共有

Google のスマートホームのデバイスやサービスをご利用の際は、Google プライバシー ポリシー(および下記の詳細)に記載されているとおり、ユーザーデータがサードパーティと共有される場合があります。このセクションでは、Google Nest のスマートホームのデバイスやサービス全体で、および Google Nest のある家のメンバー間で、情報がどのように共有されるかについても説明します。

すべて展開  すべて折りたたむ

他のユーザーによる自分の家のデバイスへのアクセスを無効にしたり管理したりするには、どうすればよいですか?

ファミリー メンバーやルームメイトなどを、Google Nest のある家にメンバーとして追加できます。家のメンバーには幅広い権限が与えられるので、信頼できる人のみ招待してください。メンバーが行える操作は、デバイスの追加や削除、既存のデバイス設定の使用や変更、特定の場合での他のサービスへのリンク、あなたを含む他のメンバーの追加や削除などです。

家を実際に訪れるゲストが、デバイスへのアクセスや操作ができる場合があることにご留意ください。たとえば、サーモスタットの調節や、スマートディスプレイに表示される動画の視聴、デバイスのマイクやカメラのボタンの操作を行う可能性もあります。家に訪れたゲストにデバイスを使ってほしくない場合は、デバイスをしまっておくことをおすすめします。

デバイスの共有についての詳細:

Google Home アプリと Nest アプリの両方を使用できますか?

はい、Google アカウントがあれば、Google Home アプリ(Home アプリ)と Nest アプリの両方を使用して、家にあるデバイスを管理できます。一部の機能や Google Nest デバイス(Google Nest Cam など)では、Nest アプリを使用する必要があります。他の一部のデバイス(Google Home など)では、Home アプリを使用する必要があります。

Home アプリで家を設定している場合、Nest アプリをダウンロードして Google アカウントでログインすると、Nest アプリにもその家を反映させて表示することができます。Nest アプリを使って家のデータにアクセスするその家の最初のメンバーには、郵便番号がまだ入力されていない場合は入力することと、さらにその家のオーナー権限を引き受けることが求められます。

家での利便性の向上を目的とした Home アプリと Nest アプリの連携はどのように機能するのですか?

Nest アプリと Google Home アプリで同一の Google アカウントを使用すると、時間の経過とともに両方のアプリで家とそのメンバーが同じように表示されるようになります。ユーザーデータは Google のプライバシー ポリシーに記載されているとおりに扱われ、ユーザーは Google Home アプリに統合された特定の管理や設定を使用できます。詳しくは、Google Home アプリで家のメンバーとなる場合についての記事と、家のデバイスを他のユーザーと共有する場合についての記事をご確認ください。

両方のアプリに同じ家が表示されるので、片方のアプリでの操作はもう一方のアプリで表示される家にも反映されます。次に例を示します。

  • Nest アプリの新しいユーザーが、Home アプリで使用している Google アカウントで Nest アプリにログインすると、既存の Google での家が Nest アプリに自動的に表示されるようになり、Nest アプリと Home アプリの両方で家がリンクされます。
  • 家のファミリー メンバーの管理、家の名前の変更、家の削除を行うには、Nest アプリではなく Google Home アプリを使用する必要があります。
  • Nest のある家のオーナーが、その家の別のメンバーにより Home アプリを使って削除されると、Nest アプリ内で Nest のある家に関連付けられていた Nest のすべてのデバイスのリンクが解除され、その元オーナーは Nest のある家へのアクセス権も失います。
  • Nest のある家に追加されるサポート対象デバイスについて:
    • Google Home アプリで、リンクされた家の下に表示されます
    • 指定された家の他のすべてのメンバーと共有されます
    • Google アカウントを使ってアクセスできます
複数のスマートホーム デバイスを使用する場合、どのような情報が共有されますか?

家に Google サービスを使用するデバイスが複数ある場合、次のような特定の情報が共有されます。

  • Google Nest デバイスとサードパーティ デバイス間でのローカルな共有: Google Nest デバイスとサードパーティ デバイスは、より便利なサービスの提供を目的として情報を直接共有します。たとえば、室内で動いているものがあるか、家にあるどのデバイスがキャストしたコンテンツを再生しているか、温度のデータ、煙や一酸化炭素の発生の警報についての情報を共有します。
  • Google Nest デバイスとスマートフォンのモバイルアプリ間でのローカルな共有: コンテンツのキャストやその関連機能、在宅 / 外出アシストなどの機能を可能にするため、およびデバイスが他の Google Nest デバイスの境界ルーターとして機能するような特別な場合に情報が共有されます。
  • クラウド内の Google サーバー間の共有: Google は家のデバイスごとに異なるストレージ システムを使用します。

Nest 製品の連携方法をご確認ください。また、Nest 製品による相互接続とインターネット接続の方法をご確認ください

Nest パートナーが提供するサービスを使用すると、どのようなデータが共有されますか?

Google のパートナー(たとえば、エネルギー会社や保険会社)が提供するスマートホームのサービスやプログラムにユーザーが登録する場合、Google はユーザーの許可を得てその個人情報を共有します。Google サービスと統合しているサードパーティのサービスを使用する場合、利用に際しては、そのサービスの利用規約とプライバシー ポリシーが適用されます。

スマートホームと Google アシスタント

すべて展開  すべて折りたたむ

スマートホームのデバイスやサービスでどのように Google アシスタントを使うことができますか? アシスタントの音声クエリは広告のカスタマイズに使用されますか?

Google のスマートホームのデバイスやサービスを使用する際、音声録音が広告サービスと共有されることはなく、広告のカスタマイズに使用されることもありません。ただし、ユーザーが音声でアシスタントとやり取りを行った場合、そのやり取りを文字変換したものが、ユーザーの興味・関心に沿った広告のカスタマイズのために使用されることがあります。アシスタントのアクティビティを確認する方法と、広告のカスタマイズを完全に無効にする方法について詳しくは、アシスタントでのユーザーデータについてのページをご覧ください。

アシスタントが保存するデータ量を指定し、データを管理するにはどうすればよいですか?

アシスタントが収集するデータに影響するアクティビティの設定と、そのデータを表示して削除する方法については、Google アシスタントと共有するデータを指定する方法についての記事をご覧ください。

情報の書き出し、削除、保護

すべて展開  すべて折りたたむ

自分のデータにはどのようにアクセスしてダウンロードできますか?

Google アカウントで Google Nest サービスを使用している場合は、データのダウンロードに関する記事で Google Nest データのアーカイブをダウンロードする方法をご確認ください。

Google Nest デバイスと Google Home デバイスの使用に関するデータを削除できますか?
私のデータの保持期間はどのようになりますか?

Google Nest データなどの情報を削除するまでの期間については、Google のデータの保持に関するポリシーをご確認ください。また、Home アプリの設定を変更すれば、いつでも構成(家)を削除したり、メンバーやデバイスを削除したりできます。

アカウントがなくても一部の Google Nest 製品は引き続き機能します。既存のアカウントを削除した後など、アカウントなしでそうしたデバイスやサービスを使用する場合でも、Google のプライバシー ポリシー利用規約、および追加の Nest 利用規約が引き続き適用されます。

たとえば、アカウントを削除した後でも、Google Nest サーモスタットは暖房や空調システムを制御し、動きを感知してエコ温度に切り替えるかどうかを判断できます。自動または手動でのスケジュール設定も可能で、基本的な機能も使用できます。また、Google Nest サーモスタットは Wi-Fi の情報も保存します。それによって、引き続きインターネットに接続し、Google サーバーと通信します。また、ソフトウェア アップデートを受け取ることもできます。インターネットに接続されている限り、Google Nest サーモスタットはデータとその発信元の IP アドレスを Google サーバーに送信します。データログの記録やソフトウェア アップデートの継続を希望しない場合は、Google Nest サーモスタットと Wi-Fi ネットワークの接続を切断する必要があります。詳しくは、Nest アプリでのアカウントに関するよくある質問の記事をご参照ください。

特定の使用状況データやクラッシュ レポートが Google に送信されるのを阻止するにはどうすればよいですか?

デバイスのサービス改善への協力をユーザーが有効にしている場合(Google Nest デバイスの場合はそのための設定があります)、使用状況データやクラッシュ レポートはバックグラウンドで Google に送信され、問題のトラブルシューティングやサービスの改善に活用されます。Chromecast および Google Home とプライバシーをご確認ください。

以下のデバイスやサービスで Google へのレポートの送信を無効にするには:

マーケティング メールの登録を解除するにはどうすればよいですか?

今後の受信を希望しないマーケティング メールを開き、登録解除のリンクを選択します。

Google アカウントを削除するにはどうすればよいですか?

Google アカウントの削除をご参照ください。

Google Nest デバイスをリセットするにはどうすればよいですか?

Nest アプリでアカウントからプロダクトを削除する方法もご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。