Google 広告の検索キャンペーンで広告が掲載されない、またはトラフィックが少ない場合の対処方法

If you are using Dynamic Search Ads, make sure to check out how to fix low traffic issues with Google Dynamic Search Ads.

ご希望の言語の字幕を表示するには、YouTube の字幕をオンにしてください。動画プレーヤーの下部にある [設定] アイコン YouTube 設定アイコンの画像 で [字幕] を選択し、言語を選択します。


検索キャンペーンのインプレッション数が予測を下回ったり、設定した 1 日の予算がほとんど消化されなかったりすることがあります。この記事では、広告が配信されない一般的な理由と、Google 広告のツールでトラブルシューティングを行う方法について説明します。


はじめに

キャンペーンを有効にした場合の注意事項

検索キャンペーンを最近有効にした場合は、キャンペーンでインプレッションが発生し始めるまでにしばらく時間がかかることがあります。これには次のような理由があります。

  • 新たに作成または編集された広告は、すべてのポリシーに関する要件を満たしていることを確認するために審査されます。この審査には 24~48 時間かかります。
  • 自動入札戦略を使用しているキャンペーンでは、設定された目標を重視して最適化できるように Google 広告で学習が行われるため、パフォーマンスの変動や費用の変化が生じることがあります。
  • キャンペーン設定を変更した場合、Google 広告での広告掲載の調整に時間がかかることがあります。

Google 広告アカウントの [キャンペーン] ページに移動

広告プレビュー ツールを使用する

広告プレビュー ツールと診断ツールを使用すると、特定の検索語句で広告が掲載されない原因を特定できます。このツールで返される検索結果は、時間の経過とともに変化する可能性があります。

Google 広告アカウントの広告プレビュー ツールに移動

最適化案

最適化案は、検索キャンペーンで広告が掲載されない場合や、トラフィックが少ない場合に、パフォーマンスを向上させるためのヒントとなります。以下は、トラブルシューティングを行う際に参照できる最適化案の種類の例です。

キャンペーンで広告が掲載されない場合の一般的な最適化案の種類:

  • キャンペーンは開始日になっていないか、終了日を過ぎています
  • 広告グループを作成するか、一時停止を解除します
  • アカウントの予算がなくなりました
  • すべての広告が不承認となっています
  • キーワードの追加、または一時停止解除を行います

トラフィックが少ない場合の一般的な最適化案の種類:

  • 目標コンバージョン単価を調整する
  • 予算を調整する

Google 広告アカウントの [最適化案] ページに移動

診断的インサイトを使用して、キャンペーンで広告が配信されていない理由を特定する

診断的インサイトでは、キャンペーンの広告配信を制限している可能性のある問題がハイライト表示されます。また、それらの問題を解決するための最適化案も確認できます。詳しくは、診断的インサイトについてをご覧ください。

: キャンペーンの作成後にコンバージョンまたはトラフィックが発生していない場合に、広告主は診断的インサイトを使用します。そこでアセットが不承認になっていることが原因でキャンペーンで広告が配信されていないことを発見し、不承認のアセットを修正するための最適化案を確認します。


検索広告が掲載されない、またはトラフィックが少ない場合の一般的な 11 個の原因

1. アカウントに関する問題

アカウントが強制停止されている場合や、ご請求に関する問題が発生している場合は、問題が解消されるまで広告掲載はできません。

詳しくは、アカウントに関する問題についての記事をご覧ください


2. 期間、キャンペーンの開始日と終了日

Google 広告の管理画面で表示されるのは、指定した期間のパフォーマンス データです。

詳しくは、期間、キャンペーンの開始日と終了日をご覧ください


3. 広告グループ、アセット、もしくは広告が有効でない、またはポリシーに関する問題がある

キャンペーンが有効になっている場合でも、キャンペーン内の広告グループ、アセット、広告がそれぞれ有効になっていることを確認してください。

詳しくは、広告グループ、アセット、もしくは広告が有効でない、またはポリシーに関する問題があるをご覧ください


4. 低い目標入札単価と最適化の目標

入札単価を低く設定しても広告の配信は可能ですが、オークションに参加したり落札したりできる可能性が減り、広告のインプレッション数がゼロになることもあります。

詳しくは、低い目標入札単価と最適化の目標をご覧ください


5. 予算が低い

予算が少ないと広告掲載の頻度が下がり、キャンペーンの予算が費用の上限を超えないように調整されます。

詳しくは、低予算に関する記事をご覧ください


6. ターゲットの範囲が狭すぎる

ターゲット設定を使用すると、お客様のビジネスに高い関心を示す適切なユーザー群にリーチできますが、ターゲティングを追加するたびに広告のリーチは狭まります。リマーケティング リストに問題がある場合も同様です。

詳しくは、ターゲットの範囲が狭すぎるをご覧ください


7. ターゲティングが他のキャンペーンや広告グループと重複している

アカウントに複数のキャンペーンまたは広告グループがあり、キーワードやターゲティングが類似しているために、参加できるオークションが重複する場合があります。

詳しくは、ターゲティングが他のキャンペーンや広告グループと重複しているをご覧ください


8. インプレッション シェア損失率

インプレッション シェア データの指標の中でも、特に検索広告のインプレッション シェア損失率(広告ランク)は、オークションでの広告ランクが原因で検索ネットワークに広告が掲載されなかった回数の割合を把握するのに役立ちます。

詳しくは、インプレッション シェア損失率をご覧ください


9. コンバージョン トラッキング

キャンペーンで自動入札を使ってコンバージョン重視の最適化を行っていても、十分なコンバージョン データが得られていなかったり、コンバージョン トラッキングが正しく設定されていなかったりすると、広告配信が制限される場合があります。

詳しくは、コンバージョン トラッキングをご覧ください


10. 広告の品質

広告の品質とは、検索広告をユーザーが目にした際のエクスペリエンスを推定したものです。

詳しくは、広告の品質をご覧ください


11. オークションの動向

同じオークションに参加している他の広告主様が、お客様のキャンペーンの広告配信に影響を与える場合があります。

詳しくは、オークションの動向をご覧ください


関連リンク

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー