Chrome デバイスを用途変更または廃棄する

デバイスをデプロビジョニングまたは無効化する

企業や学校で使う Chrome デバイスの管理者向けの内容です。

組織内で使用されなくなった Chrome デバイスがある場合は、デプロビジョニングして管理対象から外す必要があります。端末をデプロビジョニングすると、その端末上のすべてのポリシーと端末レベルのプリンタが削除され、端末をキオスクとして使用できなくなります。

端末を紛失したか端末の盗難にあった場合は、他で使用されないよう端末を無効にする必要があります。

端末をデプロビジョニングするタイミング

  • 強制再登録を有効にしていて、今後端末を管理しない場合。
  • 新しいモデルで端末をアップグレードまたは交換する必要がある場合。
  • 端末を売却または寄付するか、組織から完全に削除する場合。
  • デバイスが破損していて、返品または修理する場合。

同じモデルに交換する場合は、デプロビジョニングしたスタンドアロン デバイスに関連付けられていたライセンスを使用して、Chrome サービス ライセンス契約に準拠する他のスタンドアロン デバイスを登録できます。Chromebook Enterprise デバイスには永久アップグレードが組み込まれており、それを別のデバイスに移行することはできません。

注: 組織内で唯一の Chromebook Enterprise デバイスをデプロビジョニングし、Chrome Enterprise Upgrade や Chrome Education Upgrade などの他のアップグレードがない場合、構成済みの設定と管理対象デバイスは 90 日後にシステムから削除されます。

デバイスをデプロビジョニングまたは再登録する

デバイスをデプロビジョニングする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] 次に [Chrome デバイス] にアクセスします。

    [デバイス] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. 画面上部のフィルタを使用して、デプロビジョニングするデバイスの現在のステータスを選択します。詳しくは、管理コンソールのデバイス ステータス ビューをご覧ください。
  4. 画面左側で、設定を行う組織部門を選択します。
    全ユーザーを対象とする場合は、最上位の組織を選択します。それ以外の場合は子組織を選択します。初期設定では、組織部門の設定は親組織から継承されます。
  5. デプロビジョニングするデバイスの横にあるチェックボックスをオンにします。
    : 複数のデバイスを異なる理由でデプロビジョニングする場合は、理由ごとにまとめてデプロビジョニングします。
  6. 画面上部で、選択したアイテムをデプロビジョニングするアイコン 削除 をクリックします。
  7. チェックボックスをオンにして、デバイスの再登録に必要な操作を理解したことを確認します。
  8. デプロビジョニングする理由を選択します。ガイドラインについては、以下の表をご覧ください。
  9. [デプロビジョニング] をクリックします。
  10. (任意)デバイスの管理を完全に削除するには、デバイスをワイプします。

: デプロビジョニングした端末は、管理対象から外れても組織内には留まります。

事例 選択するオプション
交換保証(RMA)に基づいて、元の(故障した)端末と同じモデルに交換する。 同じモデルに置き換え
保証期間中に故障した端末を同じメーカーの新しい端末に交換する(特別交換保証など)。 同じモデルに置き換え
端末をアップグレードする、または同じ端末の新しいモデルに交換する。 別のモデルに置き換え
端末を売却、寄付する、または今後一切使用しない。 利用の終了

端末のワイプと再登録

デバイスが修理から戻ってきた場合や、誤ってデプロビジョニングしてしまった場合は、ワイプして再登録すれば、対象となる別のユーザーが使用できるようになります。デバイスを再登録する前に、ユーザー用に利用可能なアップグレードがあることを確認してください。

  1. デバイスをワイプします。
  2. デバイスを手動で登録します。

端末を無効にするタイミング

  • デバイスの紛失または盗難が発生した場合。

デバイスに関連付けられているアップグレードによっては、そのアップグレードを使用して、同じドメイン内の別のデバイスを登録したり、異なるドメイン内の Chromebook Enterprise デバイスを再登録したりできる場合があります。アップグレードについて詳しくは、Chrome Enterprise の注文オプションをご覧ください。

重要: 強制再登録を有効にしていない場合、デバイスが適切に無効化されないことがあります。

端末を無効または再度有効にする

デバイスを無効にする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] 次に [Chrome デバイス] にアクセスします。

    [デバイス] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. 画面上部のフィルタを使用して、無効にするデバイスの現在のステータスを選択します。詳しくは、管理コンソールのデバイス ステータス ビューをご覧ください。
  4. 画面左側で、設定を行う組織部門を選択します。
    全ユーザーを対象とする場合は、最上位の組織を選択します。それ以外の場合は子組織を選択します。初期設定では、組織部門の設定は親組織から継承されます。
  5. 無効にするデバイスの横にあるチェックボックスをオンにします。
  6. 画面上部で、選択したデバイスを無効にするアイコン Disable devices をクリックします。
  7. (任意)ロック画面に表示するメッセージを入力します。
    : メッセージにはデバイスの郵送先の住所と連絡先の電話番号を含めることをおすすめします。メッセージの編集は、デバイスの組織部門の [デバイスの設定] ページで行うことができます。
  8. [無効にする] をクリックします。

端末を再度有効にする

誤ってデバイスを無効にしたり、紛失したデバイスを見つけた場合は、再び有効にすることができます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] 次に [Chrome デバイス] にアクセスします。

    [デバイス] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. 画面上部のフィルタを使用して、無効なデバイスを一覧表示します。詳しくは、管理コンソールのデバイス ステータス ビューをご覧ください。
  4. 画面左側で、設定を行う組織部門を選択します。
    全ユーザーを対象とする場合は、最上位の組織を選択します。それ以外の場合は子組織を選択します。初期設定では、組織部門の設定は親組織から継承されます。
  5. 再度有効にするデバイスの横にあるチェックボックスをオンにします。
  6. 画面上部で、選択したデバイスを再有効化するアイコン Re-enable devices をクリックします。
  7. [有効にする] をクリックして確定します。

管理コンソールのデバイス ステータス ビュー

ステータス 端末の状態 ステータス ビューから直接実行できる操作
プロビジョニング済み 正常に登録済み デプロビジョニングまたは無効化(上述の手順を参照)。
デプロビジョニング済み デプロビジョニング済み 直接実行できる操作はありません。上述のワイプと再登録の手順をご覧ください。
無効 無効 再有効化またはデプロビジョニング(上述の手順を参照)。
停止中 正常に登録されているが、サブスクリプションの有効期限が切れている デプロビジョニング。
すべて 正常に登録、デプロビジョニング、または無効 直接実行できる操作はありません。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。