この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。現在もユニバーサル アナリティクス プロパティをご利用の場合は、ユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。ユニバーサル アナリティクスは、2023 年 7 月 1 日にデータの処理が停止されます(アナリティクス 360 プロパティの場合は 2024 年 7 月 1 日)。

[GA4] アナリティクスで新しいウェブサイトまたはアプリのセットアップを行う

Google アナリティクス 4 プロパティを作成し、データ ストリームと Google アナリティクス コードを追加して、ウェブサイトやアプリ向けに Google アナリティクスを設定する方法を確認します。
この記事では、アナリティクスで新しいウェブサイトまたはアプリのデータ収集を始める際のセットアップ手順(Google アナリティクス 4 プロパティを使用する場合)を説明します。「UA-」形式のトラッキング ID が必要な場合は、代わりにこちらの記事をご覧ください。
複数のウェブサイトまたはアプリを扱いたい場合は、アナリティクス アカウントを構成するをご覧ください。

アナリティクスのアカウントを作成する

はじめに、アナリティクスのアカウントを作成します(まだお持ちでない場合)。すでにアカウントがあり、今回のウェブサイトまたはアプリ用に別アカウントを作成する必要がない場合は、プロパティの作成に進んでください。たとえば、既存のアカウントとは別のビジネスのウェブサイトやアプリを扱う場合は、別アカウントを作成するとよいでしょう。

  1. 管理ページの [アカウント] 列で、[アカウントを作成] をクリックします。
  2. アカウント名を入力します。データ共有設定を変更して、Google と共有するデータを指定します。
  3. [次へ] をクリックして、アカウントに最初のプロパティを追加します。

新しい Google アナリティクス 4 プロパティを作成する

Google アナリティクス アカウントにプロパティを追加するには、編集者の役割が必要です。自分で作成したアカウントについては、自動的に編集者の役割が付与されます。

1 つのアナリティクス アカウントに最大 100 個のプロパティ(ユニバーサル アナリティクス プロパティと Google アナリティクス 4 プロパティの任意の組み合わせが可能)を追加できます。この上限を引き上げる場合は、サポート担当者にご連絡ください。

プロパティを作成する方法は次のとおりです。

  1. 上記の「アナリティクス アカウントを作成する」の手順からの続きである場合は手順 2 に進み、それ以外の場合は、次の手順を行います。
    • 管理ページの [アカウント] 列で、正しいアカウントが選択されていることを確認します。次に、[プロパティ] 列で [プロパティを作成] をクリックします。
  2. プロパティの名前(「例: XX会社のウェブサイト」など)を入力し、レポートのタイムゾーンと通貨を選択します。ユーザーがウェブサイトにアクセスした曜日がユーザーのタイムゾーンで火曜日であったとしても、選択したタイムゾーンでは月曜日だった場合、このアクセスは月曜日に発生したものとして記録されます。
    • 夏時間を採用しているタイムゾーンを選択した場合、アナリティクスで自動的に時間調整が行われます。夏時間による調整を行わない場合は、グリニッジ標準時を選択してください。
    • タイムゾーンの変更は、それ以降に収集されるデータのみに反映されます。既存のプロパティのタイムゾーンを変更すると、データが一定になったり急増したりしたように見えることがありますが、これはタイムゾーンの切り替えによる時差の関係によるものです。なお、設定の変更がサーバーで処理されるまでのわずかな期間は、レポートデータが変更前のタイムゾーンで処理されることがあります。
    • プロパティのタイムゾーンの変更は、アナリティクスで変更を処理できるように 1 日 1 回にとどめることをおすすめします。
  3. [次へ] をクリックします。業種とビジネス規模を選択します。
  4. [作成] をクリックし、アナリティクスの利用規約とデータ処理の修正条項に同意します。

データ ストリームを追加する

  1. 上記の「プロパティを作成する」の手順からの続きである場合は手順 2 に進み、それ以外の場合は、次の手順を行います。
    1. 管理ページの [アカウント] 列で、正しいアカウントが選択されていることを確認します。次に、[プロパティ] 列で、目的のプロパティが選択されていることを確認します。
    2. [プロパティ] 列で、[データ ストリーム] > [ストリームを追加] の順にクリックします。
  2. [iOS アプリ]、[Android アプリ]、または [ウェブ] をクリックします。


iOS アプリまたは Android アプリ

アプリデータ ストリームを追加すると、対応する Firebase プロジェクトとアプリデータ ストリームが作成され、プロジェクトとプロパティがリンクされていない場合は自動的にリンクされます。

既存の Firebase プロジェクトにリンクすることも可能ですが、その設定は Firebase 側から行う必要があります(また、まだ Firebase とリンクしていない GA4 プロパティを使用する必要があります)。詳細
  1. iOS バンドル ID か Android パッケージ名のいずれかと、アプリ名、App Store ID(iOS の場合)を入力し、[アプリを登録] をクリックします。
  2. [次へ] をクリックし、手順に沿ってアプリの構成ファイルをダウンロードします。
  3. [次へ] をクリックし、手順に沿って Firebase 向け Google アナリティクス SDK をアプリに追加します。
  4. [次へ] をクリックします。
  5. アプリを実行して SDK のインストールをチェックし、アプリが Google のサーバーと通信していることを確認します。
  6. [終了] をクリックします。アプリの設定を後回しにしたい場合は、[このステップをスキップ] をクリックします。
ウェブ
  1. メインのウェブサイトの URL(「example.com」など)とストリーム名(「Example, Inc(ウェブ ストリーム)」など)を入力します。
  2. 拡張計測機能を有効または無効にできるようになりました。拡張計測機能では、ページビューやその他のイベントが自動的に収集されます。データ ストリームが作成されたら、いつでも前に戻って、拡張計測機能で収集しないイベントを個別に無効にすることができます。そのため、今の時点では拡張計測機能を有効にすることをおすすめします。
  3. [ストリームを作成] をクリックします。

データ収集を設定する(ウェブサイトの場合)

作成した Google アナリティクス 4 プロパティでデータ収集を始めるには、ウェブページに Google タグを追加する必要があります。

ウェブサイト作成ツールまたは CMS でホストされるウェブサイト(WordPress、Shopify など)にタグを追加する

Google サイト、HubSpot、Wix、WooCommerce、WordPress.com

Google サイト、HubSpot、Wix、WooCommerce、WordPress.com をご利用の場合は、以下の手順に沿って「G-」形式の ID を見つけ、CMS 側の Google アナリティクス設定欄に入力します。

 「G-」形式の ID を確認する手順は次のとおりです。

  1. [プロパティ] 列で、[データ ストリーム] をクリックします。
  2. ウェブサイトのデータ ストリームをクリックします。
  3. 「G-」形式の ID は、右上に表示されています。Measurement ID in the Web stream details pane

「G-」形式の ID を、CMS 側の設定欄に入力します。

その他のウェブサイト作成ツール

「G-」形式の ID を入力するフィールドが提供されていない CMS またはウェブサイト作成ツールをご使用の場合、CMS 側のカスタム HTML 機能を使って、Google タグをサイトに貼り付ける必要があります。

  1. [プロパティ] 列で [データ ストリーム] > [ウェブ] をクリックします。
  2. ウェブサイトのデータ ストリームをクリックします。
  3. Google タグの下にある [タグの実装手順を表示] をクリックします。
  4. [実装手順] ページで、[手動でインストール] を選択します。
    • アカウントの Google タグの JavaScript スニペットが画面に表示されます。Google タグは、表示されるコード全体で、以下から始まります。

      <!-- Google タグ(gtag.js)-->

      末尾が

      </script>

CMS のカスタム HTML 機能を使って、Google タグをウェブサイトに貼り付けます。手順については、以下の各 CMS のヘルプをご確認ください。

  • Blogger の手順
  • Cart.com: 手順については、Cart.com のサポート窓口にお問い合わせください。
  • PrestaShop: 手順については、PrestaShop のサポート窓口にお問い合わせください。
  • Salesforce(Demandware): 手順については、Salesforce のサポート窓口にお問い合わせください。
  • Shopify の手順
  • VTEX: 手順については、VTEX のサポート窓口にお問い合わせください。
  • Weebly の手順

データ収集が開始されるまでに最長で 30 分ほどかかる場合があります。その後、リアルタイム レポートで、データを受信していることを確認できます。

Google タグをウェブページに直接追加する

ウェブページの HTML へのアクセス権が必要です。ご自身で以下の手順を行えない場合は、ウェブ開発を担当されている方に依頼してください。

  1. [プロパティ] 列で [データ ストリーム] > [ウェブ] をクリックします。
  2. ウェブサイトのデータ ストリームをクリックします。
  3. Google タグの下にある [タグの実装手順を表示] をクリックします。
  4. [実装手順] ページで、[手動でインストール] を選択します。
    • アカウントの Google タグの JavaScript スニペットが画面に表示されます。Google タグは、表示されるコード全体で、以下から始まります。

      <!-- Google タグ(gtag.js)-->

      末尾が

      </script>

Google タグを、ウェブサイトの各ページの <head> の直後に貼り付けます。

データ収集が開始されるまでに最長で 30 分ほどかかる場合があります。その後、リアルタイム レポートで、データを受信していることを確認できます。

[プロパティ] 列にデータ ストリームのオプションが表示されない場合は、今回作成した GA4 プロパティではなく、既存のユニバーサル アナリティクス プロパティを開いてしまっている状態です。プロパティ セレクタまたは管理ページで、新しい GA4 プロパティを開きましょう。
Google タグ マネージャーを使用してタグを追加する

基本的なデータ収集については、Google タグ マネージャーのヘルプセンターに記載されている手順に沿ってGoogle アナリティクス: GA4 設定タグを追加します。

「G-」形式の ID を見つける(「G-」形式の ID が使用可能なすべてのプラットフォーム向け)

「G-」形式の ID を使用できるサービスやプラットフォームで Google アナリティクスを使用する場合は、以下の手順に沿って「G-」形式の ID を確認し、それから、サービスまたはプラットフォーム側の設定欄に「G-」形式の ID を入力します。

 「G-」形式の ID を確認する手順は次のとおりです。

  1. [プロパティ] 列で、[データ ストリーム] をクリックします。
  2. ウェブサイトのデータ ストリームをクリックします。
  3. 「G-」形式の ID は、右上に表示されています。Measurement ID in the Web stream details pane
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
69256
false
false