EU ユーザーの同意ポリシー

GDPR への準拠に関して販売者様をサポートするツール

Google は、長きにわたりユーザー第一をモットーにサービスを提供してまいりました。その取り組みの一環として、ユーザーの個人情報を決して販売しないほか、[アカウント情報]、[広告の表示について]、[この広告の表示を停止] といったツールを通じて広告に関する情報の透明性を高め、ユーザーが自ら広告表示を管理できるようにしています。また、健全で持続可能な広告エコシステムをサポートし、サイト運営者様やパブリッシャー様(以下「販売者様」)のビジネス拡大を支援するため、Coalition for Better AdsDigital News InitiativeGoogle ニュース イニシアティブads.txt といった取り組みにも投資しています。

Google は昨年 8 月に、欧州の新しい一般データ保護規則(GDPR)への準拠に向けた取り組みを発表しました。この規則は欧州経済領域のユーザーに適用されるもので、すでに施行されています。これに伴う変化に販売者様ができるだけスムーズに対応できるように、Google は取り組みを続けています。このヘルプセンターの記事では、GDPR によってもたらされる変更に関する販売者様へのサポート方法について詳しく説明しています。また、GDPR に関するよくある質問も参照情報としてご活用いただけます。

管理者の責任

Google の販売者向けサービス(Google アド マネージャー、Ad Exchange、AdMob、AdSense)で取り扱われる個人データについては、販売者様と Google の双方が独立したデータ管理者となります。Google は頻繁に個人データを利用してサービスの提供と改善を行っているため(広告配信アルゴリズムのテスト、エンドユーザー側のレイテンシの監視、Google の予測システムの的確性の確保など)、データ管理者の立場になります。また、Google は公開オークションの価格最適化機能などで、成果が見込める関連性の高い広告を配信するためにも個人データを使用します。Google アド マネージャーと Ad Exchange でデータを処理する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

Google の販売者向けサービスをデータ管理者と指定しても、販売者様がそうしたサービスの利用を通じて取得したデータに対して、Google にさらなる権利を付与することにはなりません。その後も Google によるデータの使用は、販売者様との契約条項と、販売者様がご利用のサービス管理画面で指定した機能固有の設定に則して管理されます。

Google のサイトにおけるユーザーの行動に関して、販売者様が同意を求める必要はありません(ユーザーが Google のサイトにアクセスしたときに、Google 自身が同意を取得します)。販売者様はご自身のプロパティで Google の広告サービスを使うことについてのみ、ユーザーに同意を求めることが必要です。欧州経済領域のユーザーから一定の同意を取得することは以前から必要でしたが、GDPR に則してこれらの要件が更新されています。Google による広告サービスデータの管理方法が説明されているこちらのユーザー向けページをリンクすることをおすすめします。これにより Google の個人データの使用に関する情報がユーザーに提供され、EU ユーザーの同意ポリシーの要件を満たすことができます。

同意取得のサポート

GDPR は、広告エコシステムに大きな影響を与える新しい義務を導入しています(GDPR の法律と規制に関する下記のガイダンス情報を参照)。Google が発表した EU ユーザーの同意ポリシーへの変更は、これを反映したものです。皆様から寄せられた質問にお答えするため、EU ユーザーの同意ポリシーのヘルプページを更新しました。

Google では、ウェブサイトやアプリでユーザーの同意を取得するために役立つツールを幅広くご用意しています(ご利用は任意です)。次に例を示します。

Google は今後も、欧州インタラクティブ広告協会(IAB ヨーロッパ)透明性と同意に関するフレームワークに関与し、Google のサイト運営者向け広告配信サービス(Google アド マネージャーAdSense)と業界ソリューションとの互換性を確保してまいります。

広告のカスタマイズを管理する

広告のパーソナライズ機能を管理していただけるよう、次のような新しい設定もご用意しています。

  • 広告技術プロバイダに関する管理設定(Google アド マネージャー ヘルプセンターAdMob ヘルプセンターAdSense ヘルプセンター参照): プログラマティック チャネルを介して広告枠を販売している場合(プログラマティック保証型取引の場合など)に、販売者様のサイトやアプリを利用する欧州経済領域のユーザーに対して広告の配信や測定を行うパートナーを、販売者様がご自身で選択できる機能です。GDPR への準拠情報を Google に提供している企業(ユーザーのデータの保護を定めた Google のデータ利用ポリシーへの準拠も必須)のリストに掲載されているパートナーから選ぶことができますこの設定で選択できる広告技術プロバイダの一覧については、ヘルプセンター(Google アド マネージャーAdSenseAdMob)をご覧ください(この情報をまだ提供していない測定パートナーおよび広告技術パートナーは、3p-cert-request@google.com にご連絡ください)。
  • Google アド マネージャー広告申込情報管理設定(こちらの Google アド マネージャー ヘルプセンター記事を参照)。欧州経済領域のユーザーに配信する広告申込情報を選択できます。タグを使用して、どのモード(パーソナライズド モードとパーソナライズされていないモード)で広告を配信するかを定義できます。
  • パーソナライズされていない広告に関するソリューション(Google アド マネージャー ヘルプセンターAdSense ヘルプセンター参照): 欧州経済領域のユーザーに、パーソナライズド広告とパーソナライズされていない広告のどちらを表示するか選択肢を提示できる機能です(あるいは、欧州経済領域の全ユーザーに、パーソナライズされていない広告だけを配信するよう指定することもできます)。パーソナライズされていない広告は、コンテキスト情報(市区町村レベルの大まかな地域情報など)のみに基づいて配信されます。
    • パーソナライズされていない広告でも、フリークエンシー キャップの設定、広告レポートの集計、詐欺や不正使用の防止のために Cookie が使われます。そのため、e プライバシー指令の Cookie 規定が適用される国において、こうした目的で Cookie を使用するには、ユーザーからの同意が必要になります。

GDPR における法律および規制ガイダンス関連情報

GDPR ならびに、そのデジタル パブリッシング業務とデジタル広告への適用についての詳細:

広告配信における Cookie 使用の同意に関する規制ガイダンス:

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。