アカウントをアド マネージャーにリンクする

AdSense、Ad Exchange、ディスプレイ&ビデオ 360 のアカウントを追加する

AdSense、Ad Exchange、ディスプレイ&ビデオ 360 のアカウントをアド マネージャーにリンクして、ネットワークで使用できます。

  • AdSense や Ad Exchange のアカウントを使用して、広告枠を購入者に公開できます。詳細
  • 自社オーディエンス セグメントをディスプレイ&ビデオ 360 や Ad Exchange のアカウントと共有できます。第三者セグメントは共有できません。詳細
下記のオプションが表示されない場合
ネットワークがアカウントのリンクに対応していない可能性があります。 Ad Exchange アカウントをまだお持ちでない場合は、営業担当者に問い合わせるか、DoubleClick パートナーに協力を依頼して、アカウントを作成してください。

アカウントをアド マネージャーにリンクする

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. [管理者] 次へ [全般設定] をクリックします。
  3. [AdSense アカウントにリンク] または [Ad Exchange アカウントにリンク] をクリックします。 Google Ad Manager 360 logo 一部のネットワークではご利用いただけません。
    • ウェブ プロパティ コードを入力します。これは AdSense または Ad Exchange のアカウントに関連付けられているコードで、サイト運営者 ID とも呼ばれます。

      ウェブ プロパティ コードを確認するには、AdSense または Ad Exchange のアカウントにログインして [管理者] タブを開き、[アカウント情報] をクリックします。「サイト運営者 ID」の横に表示されているのがウェブ プロパティ コードです。

      アド マネージャーにプロパティ コードを入力する際は、プロパティ タイプを表す接頭辞を追加します。

      • ディスプレイ広告の場合は、「ca-」を追加します(例: ca-pub-1234567890)。
      • モバイルアプリ広告の場合は、「ca-mb-app-」を追加します(例: ca-mb-app-pub-1234567890)。
      • 動画広告の場合は、「ca-video-」を追加します(例: ca-video-pub-1234567890)。
    • ウェブ プロパティの表示名を入力します。この表示名は、広告申込情報の作成時に AdSense または Ad Exchange のウェブ プロパティを選択する際に表示されます。
    • AdSense または Ad Exchange の連絡先メールアドレスを入力します。このメールアドレスは、AdSense または Ad Exchange にログインする際に使用するメールアドレスと同じにしてください。
    • アカウント確認用の情報を入力します。AdSense または Ad Exchange の請求情報に関連付けられている郵便番号全体または電話番号の末尾 5 桁を入力します。
    • [保存] をクリックします。Google アド マネージャーでリンクの確認が行われます。リンクが設定された場合は、[リンクされたアカウント] セクションに新しいネットワークが「保留」ステータスで表示されます。
  4. 下記の手順を行い、AdSense または Ad Exchange でアド マネージャーへのリンクを有効にします。

Ad Exchange とのリンクを有効にする

  1. Ad Exchange アカウントのアド マネージャー ネットワークで、[管理者] 次へ [アクセスと認証] 次へ [AdX リンク済みアカウント] をクリックします。
  2. リンクする Ad Exchange アカウントで [アクセスを有効にする] をクリックします。
  3. (推奨)アド マネージャーのデータを Ad Exchange で使用できるよう許可します。
    1. [在庫] 次へ [Ad Exchange の広告枠] 次へ [アド マネージャー: ネットワーク] をクリックします。
    2. [販売者のアド マネージャー アカウントのデータを Ad Exchange で使用することを許可する] チェックボックスをオンにします。
    3. [保存] をクリックします。

AdSense とのリンクを有効にする

上記の手順が完了した後、AdSense でリンクを確認します。
  1. AdSense でページ上部の メニュー をクリックしてメニューを開きます。
  2. 設定 [設定] 次へ [アクセスと認証] 次へ [サードパーティ アクセス権] をクリックします。
  3. アド マネージャー ネットワークのリクエストを見つけて、リクエストを承認します。

リンク済み Ad Exchange アカウントの情報をアド マネージャー レポートで確認する

2018 年 3 月 7 日より、アド マネージャー ネットワークから新規または既存のリンク済み Ad Exchange アカウントを通じて埋められたインプレッションに関して、設定情報をアド マネージャー レポートで確認できるようになります。

  • 「過去」レポートには、すべてのリンク済み Ad Exchange アカウントに関する情報が表示されます。
  • 「Ad Exchange の過去データ」レポートには、メインの Ad Exchange アカウントの情報のみ表示されます。

たとえば、アド マネージャーの過去レポートには間もなく「プログラマティック チャネル」という新しいディメンションが追加されます。このディメンションを使用すると、リンク済み Ad Exchange アカウントを通じて販売したすべてのチャネル(プログラマティック保証型取引、Ad Exchange 取引など)に関するデータをレポートに表示できます。

リンク済みアド マネージャー ネットワークのレポートに Ad Exchange の設定データが表示されないようにするには、アクセスを無効にします。

サービスのリンクのステータス

  • 有効: このアカウントとの関連付けは確認済みであるため、アド マネージャーのアカウントではバックフィル クリエイティブの作成時にスロット候補を使用できます。

  • 関連付けができません: 入力したサイト運営者 ID がオンライン パートナー形式と一致しません。オンライン AdSense パートナーまたはオンライン Ad Exchange パートナーの方は、ID を訂正してもう一度送信してください。この機能は、ダイレクト / プレミアム AdSense パートナー向けには最適化されていません。詳しくは、ダイレクト AdSense パートナー マネージャーにお問い合わせください。

  • 無効: プロパティ情報が変更されました。Google アド マネージャーでは、新しい情報が正しいかどうかを確認できなくなりました。

  • 関連付けられていません: アカウント情報をアド マネージャーに送信していないか、AdSense または Ad Exchange との関連付けを削除したため、このアカウントではバックフィル クリエイティブの作成時にスロット候補を使用できません。このアカウントを使用するには、アカウント情報を送信して確認を行う必要があります。

  • 保留: バックフィル クリエイティブの作成時にスロット候補を使用するには、まずこのアカウントとの関連付けの確認を行う必要があります。AdSense または Ad Exchange にログインして関連付けの確認を行ってください。

  • 拒否されました: このアド マネージャー アカウントとの関連付けが拒否されたため、このアカウントではバックフィル クリエイティブの作成時にスロット候補を使用できません。このアカウントを使用するには、正しいアカウント情報を送信し、関連付けの確認を行ってください。

リンクされたアカウントを管理する

下記のオプションが表示されない場合
ネットワークがアカウントのリンクに対応していない可能性があります。 Ad Exchange アカウントをまだお持ちでない場合は、営業担当者に問い合わせるか、DoubleClick パートナーに協力を依頼して、アカウントを作成してください。

アド マネージャー ネットワークにリンクされているアカウントを表示する

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. [管理者] 次へ [全般設定] をクリックします。
    • [メインの Ad Exchange アカウント] にメインの Ad Exchange アカウントが表示されます。
    • [リンクされたアカウント] に他のリンクされたアカウントが表示されます。アカウントの管理もここで行います。

メインの Ad Exchange アカウントにリンクされている他のアド マネージャー ネットワークを確認する

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. [管理者] 次へ [アクセスと承認] 次へ [その他] 次へ [AdX リンク済みアカウント] をクリックします。

アド マネージャー アカウントをリンクするには、[アクセスを有効にする] をクリックします。アド マネージャー アカウントのリンクを解除するには、[アクセスを無効にする] をクリックします。

メインの Ad Exchange アカウントとリンクされた Ad Exchange アカウントの違いは何ですか?

アド マネージャーには複数の Ad Exchange アカウントをリンクできますが、メイン アカウントは 1 つに限られます。

  • メインの Ad Exchange アカウント
    今後 Ad Exchange アカウントは、専用の管理画面ではなく、Ad Manager で管理します。Ad Exchange のメイン アカウントの設定とレポートが Google アド マネージャーの管理画面に表示され、優先交渉権やエクスチェンジ入札といったアド マネージャーの一部の機能で使用可能となります。メイン アカウントは、「マッピングされた」アカウントまたは「統合された」アカウントとも呼ばれます。
    メインの Ad Exchange アカウントは広告枠を埋める目的でのみ使用され、[リンクされたアカウント] に表示されます。[ダイナミック アロケーションのデフォルト] として指定できるのも、メイン アカウントのみです。
  • リンクされた Ad Exchange アカウント
    サブの Ad Exchange アカウントです。メイン アカウント以外の Ad Exchange アカウントを使用して広告枠を埋めたい場合に、このアカウントを追加して広告申込情報で使用できます。各アド マネージャー ネットワークにつき、1 つの Ad Exchange アカウントを使用することをおすすめします。AdSense やディスプレイ&ビデオ 360 のアカウントもリンクできます。

リンクされた Ad Exchange アカウント用の設定

アド マネージャーにリンクされた Ad Exchange アカウントに適用できる設定を以下に示します。設定を変更するには、リンクされた Ad Exchange アカウントの横にある [編集] をクリックします。

  • ダイナミック アロケーションのデフォルト
    メインの Ad Exchange アカウントに限り、ダイナミック アロケーションのデフォルトとして指定することができます。この設定を有効にした場合、このアカウントは、収益グループの配信、プログラマティック取引優先交渉権のほか、Ad Exchange 広告申込情報を使わずに Ad Exchange を配信するその他の機能に使用されます。
  • 表示名
    アド マネージャー ネットワークの広告担当者向けのわかりやすい名前を指定します。Ad Exchange アカウントの正式名称と一致する必要はありません。
  • オーディエンス セグメントの共有
    ネットワークでオーディエンス ソリューションを使用している場合は、アド マネージャーの自社セグメントを Ad Exchange アカウントと共有できます。第三者セグメントは共有できません。詳細

アカウントにユーザーを追加する

ユーザーを Google アド マネージャーに追加する方法をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。