モバイル デバイスでのアップロード時に動画加工ツールを使用して、動画品質を向上させる

モバイル デバイスから動画をアップロードする際に、微調整を加えることができます。
 
視聴回数が 10 万回を超えている場合、動画に変更を加えて保存することはできません。なお、この制限は、YouTube パートナー プログラムに参加しているユーザーには適用されません。
 
変更を保存できない場合は、変更したうえで新しい動画として保存できます(新しい動画 URL が作成されます)。[新しい動画として保存] オプションを使用して、変更してください。

動画を加工する

モバイルでは、次の方法で加工できます。

  1. カメラアイコン をタップし、動画をアップロードします。
  2. 新しい動画を撮影するか、既存の動画を選択してアップロードします。
  3. 次のような加工を行えます。
    • 動画をカットする: 動画プレビューの下のフィルム ストリップ内にある白いドットをドラッグして、動画の開始位置と終了位置を変更します。ハンドルを長押しすると細かく調整できます。
    • 動画に音楽を追加する: ミュージック をタップして、オーディオ ライブラリまたはデバイスから音楽トラックを追加します。
    • フィルタをかける: をタップすると、動画にフィルタをかけられます。
  4. 残りの動画の詳細を入力し、 をタップして保存します。

音声トラックを調整する

YouTube のオーディオ ライブラリまたはデバイスに保存された音楽を、音楽トラックとして動画に追加できます。

  • オーディオ ライブラリ: 無料の音楽を YouTube ミュージック ライブラリから追加できます。[おすすめ] タブまたは [ジャンルとムード] タブを選択して音楽を探します。動画に追加する前に曲を試聴することができます。
  • デバイスから: デバイスに音楽を保存してある場合は、[デバイス] タブを選択して自分の音楽を追加できます。著作権で保護されている楽曲は追加できません。

追加した音楽は次の方法で編集できます。

  • 位置の変更: 音楽トラックをスクロールして、動画に同期する位置を変更します。
  • ミキシング レベルの変更: をタップして、音楽トラックとオリジナル音声の音量バランスを調整します。

加工した動画の保存に関するトラブルシューティング

変更内容を保存するには、動画が次の条件を満たしている必要があります。

  • 視聴回数: 動画の視聴回数が 10 万回を超えていない(顔のぼかし処理による変更はこの回数を超えていても保存できます)。なお、この制限は、YouTube パートナー プログラムに参加しているユーザーには適用されません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。