初心者向けガイド

フィードの概要

 

以前のフィード コンテンツ

この記事では、Merchant Center で以前のフィードに適用される情報について説明します。メインフィードと補助フィードを使用する場合は、フィードの設定方法をご覧ください。

 

フィードとは、商品のリストをファイルにしたもので、さまざまな属性を指定することで各商品を一意的に定義できます。condition [状態] や availability [在庫状況] といった属性には、標準化された値、つまり許容される値が存在する場合があります。一方、id [ID] や title [商品名] のように、値を自由に入力できる属性もあります。必須の属性や推奨される属性を使用して商品アイテムを正確に定義することで、ユーザーが商品アイテムを見つけやすくなります。

各属性の使用方法や商品データの更新頻度については、いくつかのポリシーが定められています。Google ショッピングのポリシーをよく読んで、要件を理解しておいてください。

アカウントを設定したら、次に商品データを作成してアップロードします。商品データを送信するには、いずれかのフィード形式か、Google Content API for Shopping を使用します。また、サポートされている e コマース プラットフォームから商品データをインポートすることもできます。API の使用に慣れていない場合は、データフィードを使用するか、e コマース プラットフォームからインポートすることをおすすめします。

How to choose the right export option for your product feed

フィード

フィードとは、取扱商品に関するすべての情報を記載したファイルのことです。商品に関する各種情報は属性として記述されます。属性があることで、ユーザーの検索と一致する商品が表示されるようになります。詳しくは、フィードの使用についての記事をご覧ください。

e コマース プラットフォームからのインポート

サポートされている e コマース プラットフォームであれば、Merchant Center アカウントとご利用のショップ アカウントをリンクさせ、商品データを自動的にインポートすることができます。リンクさせることで、ショップで更新した情報が常に Google Merchant Center に自動的に反映されるようになります。

Google Content API for Shopping(高度な管理方法)

Content API for Shopping は、Google にアップロードされた構造化データアイテムをプログラムで管理し、Google ショッピングやウェブ検索などの Google サービスで使用できるようにするものです。この API を使用して商品アイテムを検索したり、Google Merchant Center アカウントで商品アイテムを挿入、更新、削除したりできます。

Google Content API for Shopping は、Google ショッピングとアプリケーションの統合を担当する開発者向けに設計されています。Google Content API for Shopping の性質上、開発者にはアプリケーション プログラミングでの経験や技術的な専門知識が必要です。詳しくは、Google Content API for Shopping についての記事をご覧ください。

推奨されるファイル形式

新しいフィードを作成する際は、ショップのニーズに適したファイル形式を選択することが重要です。サポートされている形式は、一般的なファイル形式であるテキスト形式(.txt)と XML 形式(.xml)の 2 種類です。

小規模なショップの場合は、スプレッドシート エディタを使って .txt 形式のファイルを作成するか、提供されているフィード テンプレートと Merchant Center アドオンを使用して Google スプレッドシートでフィードを作成することをおすすめします。

商品データの作成

商品データのフィードを作成する際は、商品詳細で説明されている属性のガイドラインを参照してください。商品データを Merchant Center に登録する際には、商品詳細の要件と一致しているか、要件に合わせて Merchant Center で変換する必要があります。効果的な商品広告を作成するうえで、適切な商品データを登録することが重要です。

フィードのルールを使用して、商品データベースをそのままの形式でエクスポートして送信してから、直接 Google Merchant Center 内で属性や値を商品詳細の要件に合わせて変換できる場合もあります。

未処理の商品データが商品詳細の要件を満たしていない場合は、高度な機能を使用して、追加の属性と値でデータを補足できます。

フィードを作成して登録すると、商品データをアップロードまたは取得できるようになります。

フィードのアップロードや取得は、商品データを Merchant Center に送信する方法の一例です。Content API for Google Shopping を使用して商品データを送信することもできます。

高度な機能

Merchant Center アカウントの [フィード] セクションにある高度な機能を使用すると、複数のフィードから商品データを取得し、Merchant Center でそのデータを変換して Google のフィード要件を満たすことができます。また、高度な機能により、複数の国や言語の広告で既存の商品データを簡単に使用できるようになります。

高度なフィード機能では、補助ファイルを送信してメインフィードを更新したり、複数の国を対象として商品データを複製したり、フィードのルールを使用して商品データを変換したりできます。詳しくは、フィードの作成方法をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。