excluded_destination [非掲載先]

excluded_destination [非掲載先] 属性を使用すると、コンテンツを掲載する場所を制御できます。たとえば、動的リマーケティングのディスプレイ広告キャンペーンには掲載したいけれども、ショッピング広告キャンペーンには掲載したくない商品がある場合にこの属性を使用します。

使用する場面

各商品で任意

特定のタイプの広告に商品が掲載されないようにするには、excluded_destination [非掲載先] 属性を使用します。

サポートされている値:

形式

登録したデータを Google が認識できるようにするため、以下の入力形式に関するガイドラインに沿って設定してください。

サポートされている値 Shopping Ads [ショッピング広告]Shopping Actions [Shopping Actions]Display Ads [ディスプレイ広告]Local Shopping [ローカル ショッピング]Surfaces across Google [Surfaces across Google]
繰り返しフィールド
ファイル形式 値の例
テキスト フィード Display Ads [ディスプレイ広告]
XML フィード <g:excluded_destination>Display Ads [ディスプレイ広告]</g:excluded_destination>

繰り返しフィールド

テキスト

非掲載先を複数登録する場合、掲載先ごとに登録してください(推奨)。例:

商品 犬用整形外科ベッド
title [商品名] 犬用整形外科ベッド、XXL サイズ
excluded_destination [非掲載先] Display Ads [ディスプレイ広告]
excluded_destination [非掲載先] Shopping Ads [ショッピング広告]
excluded_destination [非掲載先] Shopping Actions [Shopping Actions]
 

掲載先をカンマ(,)で区切り、まとめて登録することもできます。

Display Ads [ディスプレイ広告],Shopping Ads [ショッピング広告],Shopping Actions [Shopping Actions]

XML

XML フィードに複数の非掲載先を登録するには、掲載先ごとに個別の属性を指定します。

<g:excluded_destination>Display Ads [ディスプレイ広告]</g:excluded_destination>
<g:excluded_destination>Shopping Ads [ショッピング広告]</g:excluded_destination>
<g:excluded_destination>Shopping Actions [Shopping Actions]</g:excluded_destination>

形式の API については、Content API for Shopping をご覧ください。

ガイドライン

この属性には最小要件やおすすめの設定はありませんが、 ガイドラインに従っていない場合は、登録した情報を使用できなくなる点にご注意ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。