通知

このヘルプセンターでは、Merchant Center Next と従来の Merchant Center の両方に関するコンテンツをご覧いただけます。参照している記事がご利用の Merchant Center バージョンのものであるかどうかは、各記事の上部にあるロゴで確認してください。

非掲載先 [excluded_destination]

従来の Merchant Center と Merchant Center Next のカスタム アイコン。

非掲載先 [excluded_destination] 属性を使用すると、指定した地域に商品が掲載されなくなります。

この記事の内容

使用場面

Optional 各商品で任意

特定の場所に商品が表示されないようにするには、非掲載先 [excluded_destination] 属性を使用します。

サポートされている値:

  • ショッピング広告 [Shopping_ads]: ショッピング広告に商品情報が表示されないようにします。商品が Google 広告の商品グループとリスティング グループのセレクタに表示されなくなります。詳しくは、ショッピング広告についての記事をご覧ください。
  • ディスプレイ広告 [Display_ads]: ダイナミック リマーケティング広告に商品情報が表示されないようにします。なお、ディスプレイ広告を除外しても、スマート ショッピング キャンペーンや関連付けられた Merchant Center フィードのある P-MAX キャンペーンでは、ダイナミック リマーケティング広告が配信されます。
  • ローカル在庫広告 [Local_inventory_ads]: ローカル在庫広告に商品情報が表示されないようにします。
  • 無料リスティング [Free_listings]: Google の無料リスティングに商品が表示されないようにします。
  • 無料ローカル リスティング [Free_local_listings]: Google の無料ローカル商品リスティングに商品が表示されないようにします。
  • Cloud Retail [cloud_retail]: アクティブなリンクがある場合、Cloud Retail プロジェクトに商品情報が流れないようにします。
  • ローカル Cloud Retail [local_cloud_retail]: アクティブなリンクがある場合、Cloud Retail プロジェクトに商品情報が流れないようにします。
    • Cloud Retail [cloud_retail] とローカル Cloud Retail [local_cloud_retail] の掲載先は、Cloud Retail API でも使用できます。これらのサポートされている値は、Merchant Center Next と Content API ではまだ使用できません。
: Google Merchant Center で動的リマーケティング プログラムを有効にすると、非掲載先 [excluded_destination] 属性がディスプレイ広告でも正しく機能します。
: 商品の掲載先の名前が一部更新されています。商品の掲載先として、ショッピング アクション [Shopping Actions]、Google 掲載 [Surfaces across Google]、ローカル情報 Google 掲載 [Local surfaces across Google] の値を以前に送信している場合はご注意ください。これらの値は引き続き使用できますが、無料リスティング [Free_listings] と無料ローカル リスティング [Free_local_listings] という新しい値を掲載先として指定するように商品を更新することをおすすめします。

形式

登録したデータを Google が認識できるようにするため、以下の入力形式に関するガイドラインに沿って設定してください。

商品データを英語で登録するケースとその方法について詳しくは、こちらをご確認ください。

サポートされている値 Shopping_adsDisplay_adsLocal_inventory_adsFree_listingsFree_local_listingsCloud_retailLocal_cloud_retail
繰り返しフィールド
ファイル形式 値の例
テキスト フィード Display_ads
XML フィード <g:excluded_destination>Display_ads</g:excluded_destination>

繰り返しフィールド

テキスト

非掲載先を複数登録する場合、掲載先ごとに登録してください(推奨)。次に例を示します。

犬用の整形外科のベッドの商品データ
属性
タイトル [title] 犬用整形外科ベッド、XXL サイズ
非掲載先 [excluded_destination] Display_ads
非掲載先 [excluded_destination] Shopping_ads

掲載先をカンマ(,)で区切り、まとめて登録することもできます。

属性

非掲載先 [excluded_destination]

Display_ads,Shopping_ads

XML

XML フィードに複数の非掲載先を登録するには、掲載先ごとに個別の属性を指定します。

<g:excluded_destination>Display_ads</g:excluded_destination>

<g:excluded_destination>Shopping_ads</g:excluded_destination>

Content API 用にデータをフォーマットするには、Content API for Shopping に関するリソースをご覧ください。

: 非掲載先 [excluded_destination] 属性を適用したときに掲載先が販売者に表示されるかどうかは、Content API によってチェックされます。掲載先の表示は、プログラムのオプトインで可能にできます。
: この商品データ属性が Google のシステムで正しく認識されるよう、サポートされている形式のデータフィード ファイルを送信してください。

おすすめの方法

ここでは、商品データの基本的な要件を満たしたうえで、さらに効果を上げるための最適化方法を紹介します。

  • 非掲載先 [excluded_destination] 属性と掲載先 [included_destination] 属性に対して競合する情報を登録すると、常に非掲載先の値が掲載先の値よりも優先されます。
  • 商品に広告や無料リスティングを表示したくない場合: 商品の在庫があり販売可能であるものの、その商品の広告や無料リスティングの表示を停止したい場合は、非掲載先 [excluded_destination] 属性を使用します。これにより、商品の掲載先を管理できます。無料商品リスティングなどの特定の掲載先、またはすべての掲載先への商品の表示を停止できます。
  • 商品の広告掲載を一時的に停止する場合: 一時停止 [pause] 属性を使用します。この属性を使用すると、ショッピング広告、ディスプレイ広告、ローカル在庫広告への商品の表示を最大で 14 日間停止し、その後すぐに再開できます。詳しくは、一時停止 [pause] 属性をご覧ください。または、Google 広告キャンペーンの設定を変更して、商品の広告掲載を停止します。
  • メンテナンスや祝日のためにウェブサイトを停止する場合: 非掲載先[excluded_destination] 属性を使用している場合は、ウェブサイトがトラフィックを再度受信できるようになるまで、商品の広告と無料リスティングの表示が停止されます。この推奨事項に沿うことで、アカウントで無用な不承認が発生するのを防ぐことができます。また、商品が不承認となった場合よりも早く広告と無料リスティングの表示を再開できます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
15336897684508931046
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true