included_destination: [掲載先]

included_destination [掲載先] 属性を使用すると、商品を掲載する広告タイプを管理できます。たとえば、特定のブランドの商品を動的リマーケティングのディスプレイ広告キャンペーンには掲載し、ショッピング広告キャンペーンには掲載しない場合にこの属性を使用します。

活用例

各商品で省略可

商品が特定のタイプの広告にのみ表示されるようにするには、included_destination [掲載先] 属性を使用します。

サポートされている値:

形式

登録したデータを Google が認識できるようにするため、以下の入力形式に関するガイドラインに沿って設定してください。

サポートされている値

Shopping Ads [ショッピング広告]、Shopping Actions [Shopping Actions]、Display Ads [ディスプレイ広告]、Surfaces across Google [Surfaces across Google]

繰り返しフィールド
 
ファイル形式 値の例
テキスト フィード

Display Ads [ディスプレイ広告]

XML フィード <g:included_destination>Display Ads</g:included_destination>
Content API v2(JSON) "destinations": [
  {
   "destinationName": "Display Ads",
   "intention": "included"
  }
]
Content API v2(XML) <destination intention="included">Display Ads</destination>

ガイドライン

高品質な商品データを登録して広告の効果を最大限に高めるため、以下のガイドラインに沿って設定してください。

  • excluded_destination [非掲載先] 属性と included_destination [掲載先] 属性に対して競合する情報を登録すると、常に excluded_destination [非掲載先] の値が included_destination [掲載先] の値よりも優先されます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。