GDPR への準拠に関する広告主様のためのサポート

Google は、あらゆる面においてユーザー ファーストの方針を採用しています。その取り組みの一環として、ユーザーの個人情報を決して販売しないことへのコミットメントや、アカウント情報その他の機能における情報の透明性を高め、ユーザーが自ら広告表示を管理できるようにする手段を提供しています。パーソナライズド広告に関するポリシーに記載のとおり、デリケートな情報を使用して広告をパーソナライズすることはありません。また、健全で持続可能な広告エコシステムをサポートするため、Coalition for Better AdsDigital News InitiativeGoogle ニュース イニシアティブads.txt といった取り組みにも投資しています。

2017 年 8 月、Google は欧州の新しい一般データ保護規則(GDPR)への準拠に向けた取り組みを発表しました。この規則は欧州経済領域(EEA)内のユーザーに適用されるものです。この記事では、GDPR の施行に伴う変更への対応について、広告主様をサポートする Google の取り組みを詳しく説明します。

契約の更新

Google では 2017 年 8 月より、多くのサービスの契約条項を更新し、新しい法律の下では Google の立場をデータ処理者またはデータ管理者のいずれかとしています。

Google マーケティング プラットフォームの広告サービスと Google 広告でのデータの取り扱い方法について詳しくは、以下の説明をご覧ください。

同意取得のサポート

GDPR には、広告エコシステムに関する重要な義務が新たに導入されています。Google が発表した EU ユーザーの同意ポリシーに対する変更は、これを反映したものです。このポリシーに基づき、リマーケティング タグを設定する広告主様は、パーソナライズド広告のデータを収集する対象となるユーザーから同意を得る必要があります。また、測定の目的でコンバージョン タグを設定する広告主様は、Cookie の使用についてユーザーから同意を得る必要があります。

皆様から寄せられた質問にお答えするため、cookiechoices.org を更新して、同意の取得に関する文例とご利用可能な第三者ソリューションの情報を追加しました。

お客様のサイトやアプリからデータを受け取る Google の広告サービスをご利用の場合は、Google による広告サービスでのデータ管理方法を説明した Google のサービスを使用するサイトやアプリから収集した情報の Google による使用にリンクすることをおすすめいたします。これにより Google の個人データの使用に関する情報がユーザーに提供され、EU ユーザーの同意ポリシーの新しい要件を満たすことができます。

第三者による広告配信と測定に関する変更

Google アド マネージャー、Ad Exchange、AdSense、AdMob

サイト運営者様のサイトやパブリッシャー様のアプリ上で欧州経済領域のユーザー向けの広告の提供と測定を行う広告技術プロバイダを、ご自身で選択できるようにするため、サイト運営者様およびパブリッシャー様向けの広告技術プロバイダ管理設定(アド マネージャー/AdXAdMobAdSense)の提供を開始しました。これらの管理設定を使用してサイト運営者様、パブリッシャー様が独自のリストを選択しなかった場合は、よく使用される広告技術プロバイダ リストが適用されます。

この管理設定を使うと、欧州経済領域での広告インプレッションについては、広告主様がご利用の広告技術プロバイダを選択した(およびユーザーの同意を得た)サイト運営者様、パブリッシャー様の広告枠のみに、Google 広告やディスプレイ&ビデオ 360 のキャンペーン広告が配信されるようになります。リストに掲載されているプロバイダはすべて、データの用途に関する説明と GDPR で規定された情報へのリンクを Google に公開しており、Google のデータ利用ポリシーにも同意しています。ご利用のプロバイダが広告技術プロバイダ リストに登録されていない場合は、プロバイダから Google に認定資格の取得を申し込むことができます。

また、以前にお知らせしましたとおり、パーソナライズされていない広告に関するソリューション(アド マネージャー/AdXAdMobAdSense)の提供も開始し、欧州経済領域のユーザーがパーソラナイズド広告とパーソナライズされていない広告のいずれかを選べる選択肢を、サイト運営者様、パブリッシャー様が提示できるようにいたします(あるいは、欧州経済領域の全ユーザーに、パーソナライズされていない広告だけを配信するよう指定することもできます)。たとえば、ユーザー属性とユーザーがインストールしたアプリのカテゴリに基づきユーザーにリーチするキャンペーンは、パーソナライズされていない広告枠には配信できません。パーソナライズされていない広告を提供するサイト運営者様のサイトでは、ユーザーが選択したオプションによって、パーソナライズド広告枠とパーソナライズされていない広告枠による広告の配信の有無が決まります。Google 広告とディスプレイ&ビデオ 360 の広告主様には、5 月 25 日以降のキャンペーン配信状況を注意深く監視することをおすすめいたします。必要に応じて別のキャンペーン条件もご検討ください。

YouTube

2017 年 1 月、YouTube では第三者測定ピクセルの大半の受け入れを 2018 年 5 月 21 日より世界的に停止することを発表しました。同時に、少数のベンダー(comScore、DoubleVerify、IAS、MOAT、Nielsen、Kantar、Research Now など)と協力して、各ベンダーのピクセルの再認定を評価していることも発表しました。また、広告主様は、Ads Data Hub(ADH)と統合したパートナーを通じて YouTube のレポート作成を有効にすることができます。

データの収集、削除、保持の管理

Google 広告または Google マーケティング プラットフォームのオーディエンス リスト

  • Google 広告 カスタマー マッチのオーディエンス: 広告主様がアップロードしたデータファイルは、カスタマー マッチのオーディエンスを作成し、かつ Google のポリシーに準拠していることを確認するために必要な期間に限り保持します(Google によるカスタマー マッチ データの使用についてをご覧ください)。Google 広告または Google 広告 API にアップロードされたデータファイルは、処理が完了次第すぐに削除されます。既存のカスタマー マッチのオーディエンスを更新または置換する方法については、顧客リストを更新するをご覧ください。
  • Google 広告または Floodlight タグによるリマーケティング: リマーケティング リストにユーザーを追加するルールとユーザーをリストに保持しておく期間は広告主様が管理します。現時点で、Google 広告または Floodlight タグをリマーケティングに使用する場合は、パーソナライズド広告を受け取らないように指定しているユーザーに対して、タグが有効に設定されていないことをご確認ください。これにはさまざまな方法があります。Google タグマネージャーの利用など、解決方法についてはウェブマスターにご相談ください。Google 広告 のリマーケティングに Google アナリティクスのタグを使用している場合は、下記の「Google アナリティクスのデータ」の項をご覧ください。
  • キャンペーン マネージャーによるリスト: 特定のオーディエンス リストで Cookie が保持される期間は広告主様が管理します。リストからユーザーを削除するには、リストから削除する Cookie に関連付けられている識別子に「1」を追加します。詳しくは、ヘルプセンターの記事、指定リストファイル形式 > ファイル ヘッダー > delete をご覧ください。

Google アナリティクスのデータ

Google アナリティクスでは、以前からお客様のデータを保護するための機能とポリシーが提供されています。特に、以下の機能は各社固有の状況とアナリティクスの実装に GDPR が及ぼす影響を評価する際に役立つ場合があります。

  • データの保持: データ保持コントロールを使用して、ユーザーとイベント データを Google のサーバーに保持する期間を管理します。
  • ユーザー: User Deletion API を使用すると、個々のユーザー(サイト訪問者など)に関連付けられたすべてのデータを Google アナリティクスやアナリティクス 360 のプロパティから削除できます。
  • プロパティとアカウント: Google アナリティクスをご利用のお客様はプロパティアカウントのデータも削除できます。
  • リマーケティング: リマーケティング リストに追加するユーザーのルールは広告主様が管理します。Google アナリティクスをご利用の場合は、パーソナライズド広告を受け取らないように指定しているユーザーへの広告機能が無効に設定されていることをご確認ください。リマーケティング機能や広告レポート機能を含めて、これらのユーザー向けの広告機能を無効にする方法については、ディスプレイ広告機能ガイドの「ディスプレイ機能の無効化」をご覧ください。

IAB 透明性と同意に関するフレームワークの使用

Google は IAB の透明性と同意に関するフレームワークとの統合がまだ完了していません。この数か月間にわたり Google は IAB Europe と協力して、サービスとポリシーが TCF に適合したものとなるよう作業を進め、技術的統合の完成を目指しています。

この統合により、IAB の TCF が使用された場合に Ad Exchange と第三者エクスチェンジ両方からのインプレッションに渡される同意シグナルに合わせて、パーソナライズド広告またはパーソナライズされていない広告の配信を行うことが可能となります。その他の詳細情報については、技術的サポートが完成した段階でご確認いただけます。

Google の IAB 統合が完了するまでは、第三者エクスチェンジ パートナーが同意を収集する第三者の規定のリストを設定するために Google に問い合わせる場合を除き、第三者エクスチェンジで第三者のピクセルを含まないパーソナライズド広告を入札することになります。Google では、第三者エクスチェンジが送信するプロバイダのリストと、広告技術プロバイダ(ATP)リスト(認証プロセス ガイド)内にある認定済みの第三者のリストを照合し、適切な同意の取得が確認されるエクスチェンジに基づいて一致したパーソナライズド広告を配信します。Ad Exchange、AdMob、AdSense では、サイト運営者様が同意を得ているベンダー(サイト運営者の設定に含まれる広告技術パートナー)に基づいて入札が行われます。

Google が IAB のグローバル ベンダー リストに掲載されると、サイト運営者や他のテクノロジーのプロバイダは、IAB の TCF を通じてキャンペーン マネージャー タグを使用するための同意を求めることもできるようになります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。