Google アナリティクス 4 プロパティのアプリ コンバージョンを測定する

Google 広告アカウントと Google アナリティクス 4 プロパティ(旧称「アプリ + ウェブ プロパティ」)をリンクすると、Google アナリティクス 4 プロパティからコンバージョン(Firebase SDK 経由で収集したコンバージョンを含む)をインポートして、Android アプリや iOS アプリのインストールやアプリ内ユーザー行動の促進に、広告キャンペーンがどの程度役立っているかを確認できるようになります。

この記事では、Google 広告で Google アナリティクス 4 プロパティのアプリ コンバージョン イベントをインポートおよび設定する方法について説明します。

ウェブ コンバージョンについての情報は、Google アナリティクス 4 プロパティのウェブ コンバージョンを測定するでご覧いただけます。

始める前に

アプリ コンバージョンをインポートするには、事前にさまざまな測定の準備を行う必要があります。

Google アナリティクス 4 プロパティを使用している場合

  • Google アナリティクス 4 プロパティ: Google 広告とリンクする前に、Google アナリティクス側でプロパティの設定を行います。プロパティの設定には Google アナリティクス アカウントの「編集」権限が必要です。詳しくは、Google アナリティクスでのプロパティ設定についてをご確認ください。
  • Google アナリティクス 4 プロパティのアプリ データ ストリーム: アプリ データ ストリームを追加すると、アプリのデータを測定できます。詳しくは、アプリ データ ストリームの追加についてをご確認ください。
  • Google アナリティクス 4 プロパティ内で作成されたコンバージョン イベント: 初回起動イベントとアプリ内購入イベントは、自動的にコンバージョン イベントとして有効になります。詳しくは、コンバージョン イベントについてをご確認ください。

Firebase プロジェクトを使用している場合

  • Firebase プロジェクトを作成する: Google 広告で使用する Google アカウントは、Firebase プロジェクトのオーナーである必要があります。詳しくは、Firebase プロジェクトの作成方法に関する記事をご覧ください。
  • アプリに Firebase SDK をインストールする: アプリで Firebase SDK を使用する方法をご確認ください。
  • Firebase プロジェクトを Google 広告にリンクする: Firebase プロジェクトを少なくとも 1 つ、Google 広告アカウントにリンクします。
  • Firebase でコンバージョン イベントを設定する: Firebase でコンバージョン イベントとして設定したイベントをインポートできます。初回起動、アプリ内購入、e コマースは、自動的にコンバージョン イベントとして有効になります。その他のイベントをコンバージョンとして測定するには、Firebase でコンバージョン イベントに設定する必要があります。Firebase では、アプリごとに最大 15 件のコンバージョン イベントを指定できます。
  • iOS アプリの App Store ID を Firebase に入力する: iOS プロジェクトの Apple App Store ID を入力していない場合、そのプロジェクトのコンバージョン イベントは Google 広告に表示されません。App Store ID を追加するには、Firebase を開き、[概要] 画面でご自分の iOS アプリを選択します。次に、その他メニューで [管理] を選択してください。

クロスアカウント コンバージョン トラッキングを使用してクライアント センター(MCC)アカウントでコンバージョンを測定する場合は、Google アナリティクス 4 プロパティまたは Firebase プロジェクトを MCC アカウントにリンクし、MCC アカウントにコンバージョンをインポートする必要があります。

手順

  1. Google 広告にログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン をクリックします。
  3. [測定] で [コンバージョン] をクリックします。
  4. プラスボタン をクリックします。
  5. コンバージョンの種類として [アプリ] を選択します。
    注: コンバージョンの種類として [インポート] を選択し、[Google アナリティクス アプリ + ウェブ] > [アプリ] を選択する方法でも、アプリ コンバージョンをインポートできます。
  6. [Google アナリティクス アプリ + ウェブ(Firebase)] のボタンをクリックして、[続行] をクリックします。
  7. インポートする各イベントの横にあるチェックボックスをオンにして、[インポートして続行] をクリックします。
  8. [完了] をクリックします。

これで、[コンバージョン アクション] の表にアプリ コンバージョン イベントが表示されます。イベントの名前をクリックすると詳細が表示され、コンバージョン アクションの設定を編集できます。

[キャンペーン] の表でセグメント アイコン  > [コンバージョンの発生元] をクリックしても、アプリ コンバージョンのデータを確認できます。「コンバージョンの発生元」セグメントを追加すると、[Firebase] 行にアプリ コンバージョンが表示されます。
 

初回起動の設定

  • 名前: 測定するコンバージョン アクションの名前を入力します。後でコンバージョン レポートに表示されたときに識別しやすい名前を付けてください。
  • 値: インストール 1 回あたりの値を入力します。値を測定しない場合は、[値を設定しない] を選択します。この値は、目標広告費用対効果キャンペーンに影響を与える場合があります。詳しくは、コンバージョン値についてをご確認ください。
  • コンバージョン列に含める:
    • アプリ キャンペーンの場合: アプリ キャンペーンでは、この設定は無視され、キャンペーンごとに指定した初回起動が常に使用されます。初回起動の設定は、キャンペーンの設定ページで確認できます。
    • ウェブ キャンペーンの場合: このコンバージョン アクションのデータをレポートの [コンバージョン] 列(または、その列を使用している自動入札戦略)に含めない場合は、この設定のチェックボックスをオフにします(iOS ではデフォルトでオン、Android ではデフォルトでオフになっています)。自動入札戦略を使用してコンバージョンを最適化している場合、この設定のチェックボックスをオフにすると、自動入札戦略に含めるコンバージョン アクションを選択できます。コンバージョンが重複してカウントされないよう、アプリとイベントごとにコンバージョン アクションを 1 つだけ追加してください。
    • 詳しくは、[コンバージョン列に含める] 設定についてをご確認ください。

アプリ内購入

  • 名前: 測定するコンバージョン アクションの名前を入力します。後でコンバージョン レポートに表示されたときに識別しやすい名前を付けてください。
  • カウント方法: 1 回の広告クリックから発生したコンバージョンをすべてカウントするか、1 回としてカウントするかを選択します。詳しくは、コンバージョンのカウント方法をご確認ください。
  • コンバージョン計測期間: 広告がクリックされた後、コンバージョンを計測する期間を選択します。詳しくは、計測期間についてをご確認ください。
  • コンバージョン列に含める: このコンバージョン アクションのデータをレポートの [コンバージョン] 列に含めない場合は、この設定を無効にします(デフォルトでは有効です)。自動入札戦略によるコンバージョン重視の最適化で、このコンバージョン アクションを入札戦略に含めたくない場合も、この設定を無効にしてください。詳しくは、[コンバージョン列に含める] 設定についてをご確認ください。
自動的に測定されるアプリ内購入は、Google アナリティクス 4 プロパティではデフォルトで測定されます。その他のすべてのコンバージョン アクションも、設定に従って測定できますが、その場合は手動で実装していただく必要があります。

その他すべてのコンバージョン アクション(e コマース イベントなど)の設定

  • 名前: 測定するコンバージョン アクションの名前を入力します。後でコンバージョン レポートに表示されたときに識別しやすい名前を付けてください。
  • 値: 各コンバージョン イベントの値が Google アナリティクス 4 プロパティで測定され、Google 広告に自動的にインポートされます。Google 広告でデフォルトの値を設定することもできます。なお、Google 広告でコンバージョンを測定するには、値を数値として送信する必要があります。詳しくは、コンバージョン値についてをご確認ください。
  • カウント方法: 1 回の広告クリックから発生したコンバージョンをすべてカウントするか、1 回としてカウントするかを選択します。「全件」は購入や販売に、「初回のみ」は販売促進に最適です。詳しくは、コンバージョンのカウント方法をご確認ください。
  • コンバージョン計測期間: 広告がクリックされた後、コンバージョンを計測する期間を選択します。詳しくは、計測期間についてをご確認ください。
  • カテゴリ: 対象のコンバージョンに最も当てはまるカテゴリを選択します。このカテゴリを使ってコンバージョン レポートを分割表示できます。注: ホテル キャンペーンでは、入札に「購入」カテゴリを使用する必要があります。
  • コンバージョン列に含める: このコンバージョン アクションのデータをレポートの [コンバージョン] 列に含めない場合は、この設定を無効にします(デフォルトでは有効です)。自動入札戦略によるコンバージョン重視の最適化で、このコンバージョン アクションを入札戦略に含めたくない場合も、この設定を無効にしてください。詳しくは、[コンバージョン列に含める] 設定についてをご確認ください。

コンバージョンの重複について

  • アプリ キャンペーンの場合: アプリ キャンペーンでは [コンバージョン列に含める] 設定は無視され、キャンペーンごとに指定した初回起動が常に使用されます。初回起動の設定は、キャンペーンの設定ページで確認できます。アプリ キャンペーンで選択されている初回起動が 1 つだけの場合、そのキャンペーンではコンバージョンの重複はカウントされません。
  • ウェブ キャンペーンの場合: 同じアプリのインストールを複数のアプリ コンバージョン アクションで測定している場合、コンバージョン アクションの [コンバージョン列に含める] 設定に警告が表示されます。これらの複数のコンバージョン アクションが、同一バージョンのアプリを測定している場合は、いずれか 1 つのみ [コンバージョン列に含める] をオンにし、その他はすべてオフにすることをおすすめします。これで、1 回のアプリ インストールが 1 件のコンバージョンとしてカウントされ、Google 広告の [コンバージョン] 列に表示されます。特に、自動入札戦略を使用してコンバージョンを最適化している場合は、同じアプリのインストールが 2 件のコンバージョンとみなされないようにすることが重要です。

2 つのコンバージョン アクションのコードがそれぞれ異なるバージョンのアプリに挿入されている場合は、いずれかを [コンバージョン] 列から削除する必要はありません。Google 広告 SDK から Firebase へ移行する場合は、以下の説明をお読みください。

iOS の検索キャンペーンでは、データの公開が制限されているため、Google 広告でコンバージョン データを参照することはできません。

Google 広告 SDK から Firebase への移行

現在 Google 広告 SDK をご利用の場合は、コンバージョン トラッキングのソリューションとして Firebase への移行をおすすめします。以下の手順に従って、新しいコンバージョン コードを挿入してください。

上述のように、Firebase SDK を追加し、アプリの新しいバージョンから Google 広告 SDK を削除します。必要であれば、Firebase SDK と Google 広告 SDK のコンバージョン アクションを両方とも、[コンバージョン] 列に含めることができます。その場合、古いコンバージョン アクションは引き続き、前バージョンのアプリのコンバージョンをカウントします。Firebase のコンバージョン アクションは、新しいバージョンのアプリのコンバージョンをカウントします。

お困りの場合

リンク設定に関する問題の解決

Google 広告における Google アナリティクスの活用方法について、ご不明な点がございましたらこちらからお問い合わせください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。